ジャパネットウォーターの引っ越し手続き総まとめ!

メーカーで選ぶ

ジャパネットウォーターの引っ越しを行う際に、一体どのような方法で引っ越しをするのかと疑問に思っていませんか?

引っ越しの手数料は発生するのか?という疑問や、サーバーの移設はどうなるのか?など、気になることはたくさんあります。

そこで、この記事ではジャパネットウォーターの引っ越しについてまとめました。引っ越しの際の注意点など、不明だったことが解消される内容なので、ジャパネットウォーターの引っ越しについて考えている方は読んでおくと良いでしょう。

ジャパネットウォーターのウォーターサーバーは引っ越しできるの?

まずはジャパネットウォーターの引っ越しは可能なのか?という疑問を解消していきましょう。年数縛り(最低利用期間)や費用についてもチェックしていきましょう。

ジャパネットウォーターの引っ越しは可能

ジャパネットウォーターは、引っ越しの手続きができるウォーターサーバーです。

そのため、引っ越し後も引き続きジャパネットウォーターを利用する場合は、解約せずに継続することが可能です。

引っ越しが出来ないウォーターサーバーだった場合、引っ越しに伴ってサービスの解約をしたり、引っ越し先で使うウォーターサーバーを探すなどの手間がかかってしまうので、引っ越しできるという点は嬉しいポイントですね。

年数縛り(最低利用期間)の有無について

ジャパネットウォーターを引っ越しする際に、気になってくることに契約年数の縛り(最低利用期間)は関係あるのか?という疑問です。

ジャパネットウォーターには、そもそも契約年数縛り(最低利用期間)が設定されていません。そのため、引っ越しする際も契約期間は関係ありませんし、引っ越しを機会に解約する場合も違約金はありません。

ただし、契約時に初期費用を支払っているので、早期解約をしてしまうと初期費用分がもったいないなという状況になります。

初期費用を支払っているということを考慮すると、年数縛りがなかったとしても、早期解約は可能な限り避けたいウォーターサーバーです。

必要な引っ越し費用について

ジャパネットウォーターを引っ越しする際、引っ越し手数料などは必要になるのでしょうか?住所変更手数料のようなものがあれば知っておきたいところです。

ジャパネットウォーターの引っ越し手続きは、手数料無料で手続き可能です。

ここまでの内容を総合すると、ジャパネットウォーターの引っ越しのために必要な手数料などはないという条件で、引っ越しすることが可能というのが結論となります。

ジャパネットウォーターを引っ越す際の移設や梱包はどうなるの?

続いて、ジャパネットウォーターのサーバーの移設について紹介していきます。サーバーの移動は誰が行うのか?水抜きや梱包はどうなるのか?という疑問が解消される項目となっていますのでチェックしていきましょう。

水抜きや梱包は利用者が行うのか?業者が行うのか?

ウォーターサーバーの引っ越し時には、サーバーの水抜きや梱包が必要になります。この水抜きや梱包は業者にお任せできるパターンと、利用者自身が行うパターンがあるのですが、ジャパネットウォーターの場合はどうなのでしょうか?

ジャパネットウォーターの場合、引っ越しのためのサーバーの水抜きや梱包は、利用者が行うことになっています。そのため、サーバーを移動する前に水抜きや梱包を行う必要があります。

ただ、水抜きや梱包を行いましょうと言われても、やり方が分からない方の方が多いですよね?よくわからないまま水抜きや梱包を行ってしまい、水漏れや故障などのトラブルになっては大変です。

水抜きや梱包のやり方については、アフターサービスの窓口でへ問い合わせることで教えてもらえるので、自分だけの判断では行わずに、アフターサービスの窓口でやり方を教えてもらいましょう。

移設は利用者が行うのか?業者が行うのか?

ウォーターサービスの引っ越しで気になる点として、サーバーの移設は誰が行うのか?という疑問があります。ジャパネットウォーターの業者の方に移設をお願いできるのか?それとも自分で何とかする必要があるのか?ということは気になりますよね。

ジャパネットウォーターの引っ越しを行う場合、サーバーの移設は利用者側で行うことになります。そのため、サーバーの移動は引っ越し業者に依頼するか、ご自身で引っ越し先に運ぶことになります。

また、設置については引っ越し業者の方も専門外になるため、利用者本人が行うことになります。

ただ、設置について不安な場合は、こちらもアフターサービスの窓口で相談できるので、遠慮なくアフターサービスの窓口で相談しながら設置すると安心です。

引っ越し後の環境にも注意が必要

ウォーターサーバーの引っ越しには、引っ越し先の状況も把握した上での引っ越しが大切になってきます。引っ越し先の状況によっては引っ越し先で使えないケースもあるので、チェックしておきましょう。

引っ越し後の地域で利用できるか確認する

ウォーターサーバーの引っ越し時には、引っ越し先で同じサービスが利用できるのか?という点を確認しておく必要があります。というのも、引っ越し先がサービスのエリア外だった場合、契約は継続できずに解約することになるからです。

ジャパネットウォーターの場合、離島など一部地域はサービスの対象外なので、引っ越し先で利用できるのかは確認する必要があります。

引っ越し先で利用できる前提で引っ越しを進めていると、急遽解約や他のサーバーの契約を考えることになり、ドタバタしてしまいますので、引っ越し先が決まり次第確認しておくことをおすすめします。

引っ越し後の地域で料金に違いが無いか確認する

ウォーターサーバーの引っ越しを行う場合、引っ越し先でも同じ料金で利用できるのか?という点を確認しておく必要があります。例えば利用する地域によってお水の料金が変わったり、お水の料金は同じでも送料が変わるというケースがあるからです。

ジャパネットウォーターの場合、利用地域によって送料が必要になる場合があります。ジャパネットウォーターはほとんどの地域で送料無料となっているのですが、沖縄と一部の離島に関しては1,650円(税込)の送料が発生します。

そのため、引っ越し先によっては今までと料金が変わってしまうので、現状と引っ越し先で料金に違いがないかは確認しておきましょう。

その他のジャパネットウォーター引っ越し時の注意点

ここまでで、まだ紹介していないジャパネットウォーター引っ越し時の注意点を紹介します。サーバーの移動についての注意点をメインにお話ししていきます。

無理せず複数人で運ぶ

ジャパネットウォーターの引っ越しは、サーバーの移動を利用者で行うことになります。引っ越しの荷物と一緒にサーバーも引っ越し業者に運んでもらうということであれば安心ですが、サーバーを自分で運ぶとなった場合は、複数人で運ぶようにしましょう。

というのも、ジャパネットウォーターのサーバーの重さは床置きタイプで18kg、卓上タイプでも15kgあるので、運ぼうと思うとなかなかの重さです。

少し移動させるだけなら一人でも大丈夫かもしれませんが、引っ越し先までとなると不安があります。サーバーの移動は無理せずに複数人で運ぶようにしましょう。

サーバー本体を傾けない様にする

先ほどの「無理せず複数人で運ぶ」の項目にも関連しますが、サーバーは立てた状態で運ぶのが理想的です。傾けてしまうと水漏れしてしまい、他の荷物や周辺を濡らしてしまうからです。

サーバーを立てた状態で運ぼうと思うと、一人で運ぶのは難しくなるので、サーバーを傾けないためにという意味でも複数人で運ぶことが理想的です。

トラブルが無いように慎重に扱う

ウォーターサーバーの引っ越し時には、サーバーを壊さないようにという注意が必要です。

というのも、ジャパネットウォーターのサーバーを壊してしまうと、最大で28,000円(非課税)が請求されてしまうことがあるためです。これは、利用者起因によってサーバーを破損した場合に請求される料金です。

そのため、引っ越しの移動中に壊してしまったとなれば、利用者起因となるので、修理代金が請求されてしまいます。

修理代金を請求されるようなことになると大変なので、サーバーの移動は慎重に行いましょう。

ジャパネットウォーターの引っ越し手続きの方法

ジャパネットウォーターの引っ越し手続きは、ジャパネットたかたカスタマーセンターで受け付けています。引っ越しが決まりましたらカスタマーセンターに連絡しましょう。

カスタマーセンターへ連絡する際は、次回のお水が届く予定の日の5営業日前には電話するようにしましょう。連絡が遅くなってしまうと発送済みのお水が引っ越し前の住所に届くことになってしまいます。

そのため、日程には余裕を持って引っ越し手続きを行うことをおすすめします。

ジャパネットたかたカスタマーセンター
0120-551-661

ジャパネットウォーターから他社へ乗り換えるという選択肢もある

ジャパネットウォーターに少しでも不満な部分があった方は、引っ越しを機会に他社のウォーターサーバーへ乗り換えるという選択も考えてみましょう。

この項目では、ジャパネットウォーターへの不満の原因を解消できる可能性がある、おすすめのウォーターサーバーを紹介していきます。

オシャレなサーバーが良い→プレミアムウォーター

ジャパネットウォーターの引っ越し手続き総まとめ!
初回金 初回登録事務手数料3,300円(税込)
サーバーレンタル料 0〜1,100円(税込)/月
水代 3,542円(税込)~/7 L×2本
3,974円(税込)~/12L×2本
配送料 無料~※1
休止手数料 800円(税抜)~※2
解約手数料 10,000円(不課税)~※3
※1 基本的には全国送料無料、ただし選択する水の種類によって一部地域で配送料が必要となるので要確認。
※2 60日間連続で休止した場合は800円(税抜)の休止事務手数料が発生。さらに、90日間経過後も800円(税抜)、120日間経過後で強制解約となる。
※3 基本プランに加入していて2年以内に解約の場合には、早期解約手数料として10,000円~(税抜)、PREMIUM3年パックの場合には3年以内に解約で15,000円~(税抜)がかかる。マムクラブの場合は3年以内に解約で20,000円~(税抜)がかかる。

ジャパネットウォーターのサーバーはシンプルな形で、いかにもウォーターサーバーという感じのデザインです。

そのため、デザイン性に不満があるという方もいるかと思います。ウォーターサーバーにはデザインが魅力的なものもあるので、今のサーバーのデザインに不満があるようでしたら、オシャレなデザインのウォーターサーバーに乗り換えてみるのも良いですね。

サーバーのデザインがオシャレなウォーターサーバーには、プレミアムウォーターがあります。

ジャパネットウォーターの引っ越し手続き総まとめ!

プレミアムウォーターにはシンプルなサーバーもあれば、amadanaとのコラボサーバーがあるなど、オシャレなデザインが魅力的なウォーターサーバーとなっています。

また、プレミアムウォーターでは新規契約者の方にギフト券がもらえるというキャンペーンを行っているので、キャンペーンを利用しながらの申し込みも可能です。

ジャパネットウォーターのサーバーのデザインに不満があったという方は、プレミアムウォーターのサーバーのデザインを一度見てみてくださいね。

お水の交換を楽にしたい→コスモウォーター

ジャパネットウォーターの引っ越し手続き総まとめ!
初回金 なし
サーバーレンタル料 無料※1
水代 2,052円(税込)/12L
配送料 無料※2 
休止手数料 880円(税込)/月※3
解約手数料 9,900円(税込)※4
※1 smartプラス(ウッド・ライトウッド)の場合のみ、初回に限定カラー料2,000円(税別)が別途かかる。
※2 北海道の場合は、お水1本につき送料200円(税別)が別途かかる
※3 2カ月以上連続して停止する場合(特選水の場合、1カ月以上連続して停止する場合)は、休止手数料として1台につき、月額税込880円の支払いが必要
※4 規定利用期間(2年)満了前に解約する場合、サーバー引取手数料税込9,900円が発生

ジャパネットウォーターのボトルは、サーバーの上部に設置するタイプとなっています。そのため、ボトルの設置が大変…。と感じていた方も多いのではないでしょうか?そんなボトルの設置に不満があったという方は、設置が楽なウォーターサーバーへ乗り換えてみるのもありですね。

ボトルの設置が楽なウォーターサーバーにはコスモウォーターがあります。コスモウォーターはお水の設置場所がサーバーの下にあるので、重たいお水を上に持ち上げなくてもお水の設置ができる点が魅力的です。

ジャパネットウォーターの引っ越し手続き総まとめ!

さらに、乗り換えキャンペーンの特典でキャッシュバックがもらえるので、ジャパネットウォーターから乗り換えるという方にとっては乗り換え特典を受け取るチャンスともなっています。

今までお水の設置に苦労していたという方は、設置が楽なコスモウォーターへの乗り換えを検討してみましょう。

使い放題が良い→ウォータースタンド

ジャパネットウォーターの引っ越し手続き総まとめ!
初回金 なし※1
サーバーレンタル料 2,480円~7,980円(税抜)/月※2
水代 使用した水道代
配送料 なし
休止手数料 – ※3
解約手数料 10,000円(税抜)※4
※1 代理店対応エリアの一部では初期設置費用が別途有料になる場合あり
※2 通常プランの場合の料金。お得な「長得プラン」もあり
※3 設置から1年未満の利用休止(一時的利用停止)の場合、撤去費用10,000円(税抜)
※4 設置から1年未満の解約の場合、撤去費用10,000円(税抜)

ジャパネットウォーターのお水は、月2本の利用で3,480円(税込)で、月3本であれば3,980円(税込)のように、お水を注文した本数によって利用料金が変わってきます。

たくさん使う分、1本あたりの料金がお得になりますが、使えば使うだけ月々の料金は高くなってしまいます。「お水がっ使い放題だったら嬉しいのに…」と考えている場合、使い放題のウォーターサーバーに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

ウォータースタンドというウォーターサーバーであれば、お水をどれだけ使っても定額で利用できます。なぜなら、お水は水道水をろ過して利用するタイプのサーバーなので、お水を購入する必要がないからです。

使い放題という条件に魅力を感じたという方は、引っ越しを機会にジャパネットウォーターからウォータースタンドへの乗り換えも検討してみましょう。

ジャパネットウォーターのウォーターサーバーの引っ越し まとめ

ジャパネットウォーターは引っ越し可能なウォーターサーバーです。引っ越しの際は別途手数料などは不要で手続きを行うことができます。

ただし、サーバーの移設は利用者自身で行うことになるので、引っ越し業者に依頼するなどの手間は発生してしまいます。

サーバーの水抜きや設置なども利用者側で行うことになるので、不明点がある時はアフターサービスの窓口へ相談しながら行いましょう。

もしもジャパネットウォーターに不満を感じていたという方は、その不満が解消されるようなウォーターサーバーを見つけて、乗り換えるという選択も考えてみましょう。

この記事を監修した人
水メガネ

大手企業で6年間ウォーターサーバーの営業を経験し、そこで得たお客様からのダイレクトな意見を活かして本当におすすめ出来るウォーターサーバーについての日々研究しています。これまでに複数のウォーターサーバーを自ら試した経験からニーズに合わせた最適なウォーターサーバーをご提案します。

水メガネをフォローする

◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。

メーカーで選ぶ
水メガネをフォローする
ウォーターサーバー比較
タイトルとURLをコピーしました