クリクラのウォーターサーバーの引っ越し手続き総まとめ!

メーカーで選ぶ

ウォーターサーバーの引っ越しを行うとなると、手続きはどうなるのか?という疑問やサーバーはどうやって運ぶのか?など、わからないことが出てきますね。

引っ越し自体が頻繁に行うことではありませんし、ウォーターサーバーの引っ越しとなるとなおさら分からないことが多いものです。

公式サイトを覗いてみても、新規契約の情報は多くありますが、引っ越しについては少ししか紹介されていないことも多く、引っ越しの不明点はなかなか解消できません。クリクラの引っ越しについても、情報が少なくて困っている方はいると思います。

そこで、この記事ではクリクラのウォーターサーバーの引っ越しについてまとめています。この記事を読むことで、引っ越しの手続きはどのように行うのか?という悩みや、サーバーはどのように移設するのか?という疑問まで解消されますよ。

クリクラを契約中の方で、引っ越しの予定がある方は参考にしてくださいね。

クリクラのウォーターサーバーは引っ越しできるの?

まずはクリクラのウォーターサーバーは引っ越しできるのか?というそもそもの部分のお話しからスタートします。引っ越しできるのか?費用はかかるのか?という疑問についてお答えする項目となっています。

クリクラの引っ越しは可能

クリクラのウォーターサーバーは引っ越しは可能です。住所変更の手続きという形で引っ越しの手続きを行います。

引っ越しの際は1~2週間前までに連絡しておく必要があるので、忘れないように手続きを済ませましょう。

ただし、沖縄県や離島はクリクラ対応エリア外になります。クリクラの提供エリア内での引っ越しであれば引っ越し可能という条件はあるので覚えておきましょう。

年数縛り(最低利用期間)の有無について

クリクラの引っ越しには、年数縛りは関係ありません。そのため、契約から間もない場合でも、問題なく引っ越し可能です。

そのため、例えば半年後など契約後短期間で引っ越しの予定があるという場合でも、引っ越し可能です。

必要な引っ越し費用について

クリクラの引っ越しには費用はかかりません。解約金なども発生しないので、安心して引っ越しできます。また、引っ越し先によってサーバーの引き取りや移設を依頼することになるのですが、その際の費用も無料で対応してくれます。

このように、クリクラの引っ越しには費用はかかりませんのでご安心ください。

引っ越し向けのキャンペーンはあるの?

クリクラには引っ越し向けのキャンペーンはありません。

しかし、無料で移設の依頼が可能であったり、引っ越しに伴い担当店舗が変わる場合は無料でサーバーの交換が行われるなど、キャンペーンの特典と言っても良いほどに引っ越しへの対応は手厚いです。

そのため、引っ越しキャンペーンという名目はなくても、お得な気分を感じながらの引っ越しができるウォーターサーバーとなっています。

クリクラを引っ越す際の移設や梱包はどうなるの?

続いて、クリクラのサーバーの移設や梱包についてお話ししていきます。サーバーの移動は誰が行うのか?という疑問や、水抜きや梱包は自分で行う必要があるのか?という点について解説していきます。

水抜きや梱包は利用者が行うのか?業者が行うのか?

クリクラでは、引っ越しの際のサーバーの水抜きや梱包は業者の方が行ってくれます。そのため、サーバーのことは何も気にせずに引っ越しすることが可能です。

ただ、サーバーにお水が残っているともったいない気はするので、引っ越し前に水抜きの意味も込めて、お水を使い切っておきましょう。

移設は利用者が行うのか?業者が行うのか?

ウォーターサーバーの引っ越しで気になることに、サーバーの移設は誰が行うのか?という疑問があります。移動が誰が行うのか?設置はどうするのか?という部分ですね。

クリクラの引っ越しでは、サーバーの移設は業者の方が行ってくれます。移動はもちろんのこと、設置も任せてしまって大丈夫なので、サーバーの移設について不安に思うことはありません。

ただ、引っ越し先に業者の方を入れたくないという方もいるかと思います。そんな時は設置の方法を教えてもらい、自分で設置するという選択もできます。また、サーバーの移動は引っ越し業者に頼むなど、利用者側で移動させる予定ということであれば、ご自身で移動の手配をしても問題ありません。

ということで、クリクラのサーバーの移設はクリクラに任せることも利用者で行うこともできるので、好きな方法を選択肢て、引っ越し先にサーバーを移設させましょう。

引っ越し後の環境にも注意が必要

ウォーターサーバーの引っ越しを行う際は引っ越し先の環境にも注意が必要です。環境次第では引っ越し後に困ってしまうことになりかねないので、引っ越し前に知っておいた方が良い内容となっています。

引っ越し後の地域で利用できるか確認する

ウォーターサーバーの引っ越しに伴い、注意しなければいけない項目に「引っ越し先がエリア内かどうか?」というものがあります。引っ越し先で使えなければ引っ越しの手続き自体ができませんからね。

クリクラのエリアはとても広いですが、沖縄と離島(一部地域を除く)はエリア外となっています。そのため、引っ越し先が沖縄や離島だった場合は、他のウォーターサーバーへの乗り換えを考えなければいけません。

他にもこんな違いに注意

ウォーターサーバーの引っ越しをする際は、引っ越し前にサーバーの設置場所の確保を行いましょう。サーバーの設置場所を決めておかないと、引っ越し後にサーバーを置く場所が無いなんてことになりかねません。

例えば今まで寝室の枕元に設置していた場合、また同じような位置に設置すればいいと考えると思います。しかし、引っ越しを機に寝室の配置が変わり、同じ位置に置けないなんてことになるかも知れません。場合によっては寝室以外に設置することになるケースも考えられます。

このように、引っ越し前の感覚で、当然設置できると思っていた場所が、引っ越してみたら設置できないということはあり得るため、引っ越し前に事前にサーバーの位置を決めておくことをおすすめします。

クリクラの引っ越し手続きの方法

この項目では、クリクラの引っ越し手続きの方法について紹介していきます。引っ越し手続きをどこから行うのか?という内容をお話ししていきます。

引っ越し手続きの方法

クリクラの引っ越しの手続きは「お引越し時の住所変更」のページから行えます。住所変更のページで郵便番号を入力すると、引っ越し先の住所がクリクラの対応エリアなのかどうかの確認ができます。

そのため、引っ越し先でクリクラを使うと決める前の段階で、そもそもクリクラが利用可能なエリアなのかを調べるために、一度は確認しておくと良いページとなっています。

「お引越し時の住所変更」のページはこちら
http://form.crecla.jp/kensaku.cgi

実際に住所変更を申し込む際は、引っ越しの1~2週間前までに連絡するようにしましょう。

引っ越し後の担当店舗を確認する

クリクラは、利用する地域によって担当の店舗が変わります。そのため、引っ越し前に担当店舗に連絡をして、サービス内容を確認しておくと安心です。

というのも、担当店舗が変わったとしても、基本的には同じクリクラのサービスとなるのですが、店舗によってはサービス内容が若干違うケースがあるためです。

そのため、今までの内容と違いが無いか、念のため確認しておきましょう。

クリクラから他社へ乗り換えるという選択肢もある

ここまでクリクラを継続しながら引っ越しをするというお話しをしてきました。ただし、必ずクリクラのまま引っ越しをしなければいけないというわけではありません。

引っ越しを機会に他のウォーターサーバーに乗り換えるという選択も普通にあります。

この項目では、引っ越しを機会にクリクラから他のウォーターサーバーへの乗り換えを検討したいという方のために、おすすめのウォーターサーバーを紹介しています。情報として知っておいて損はないので、参考に読んでみてくださいね。

ボトル交換がつらい→コスモウォーター「Smartプラス」

初回金なし
サーバーレンタル料無料※1
水代2,052円(税込)/12L
配送料無料※2 
休止手数料880円(税込)/月※3
解約手数料9,900円(税込)※4
※1 smartプラス(ウッド・ライトウッド)の場合のみ、初回に限定カラー料2,000円(税別)が別途かかる。
※2 北海道の場合は、お水1本につき送料200円(税別)が別途かかる
※3 2カ月以上連続して停止する場合(特選水の場合、1カ月以上連続して停止する場合)は、休止手数料として1台につき、月額税込880円の支払いが必要
※4 規定利用期間(2年)満了前に解約する場合、サーバー引取手数料税込9,900円が発生

クリクラのサーバーは、ボトルを上部に設置するタイプのサーバーしか用意されていません。そのため、力の弱い方にとってはボトルの設置が大変で、毎回大変な思いをしていたのではないでしょうか?

重たいボトルを持ち上げるのが大変という方のために、6Lという小さめのボトルも用意されていますが、ボトルが小さくなるということは交換頻度が増えることになるので、これも負担だと感じる方もいると思います。

そんなクリクラのボトルの設置に不満があったという方は、引っ越しを機にお水の設置が楽なウォーターサーバーに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

お水の設置が楽なウォーターサーバーには【コスモウォーター】があります。コスモウォーターにはお水を足元で設置するタイプのサーバーが用意されていて、片手でもお水の設置が出来るほどにボトルの設置が楽という特徴があります。

そんな設置が楽なコスモウォーターですが、乗り換えで契約した場合は5,000円分のキャッシュバックがあるというキャンペーンを行っています。

そのため、現在クリクラを契約中という方であれば、キャンペーンの特典をもらいつつ乗り換えできるので、お得なタイミングとなっていますよ。

色々な天然水から選びたい→プレミアムウォーター

初回金なし
サーバーレンタル料0〜1,100円(税込)/月
水代3,542円(税込)~/7 L×2本
3,974円(税込)~/12L×2本
配送料無料~※1
休止手数料800円(税抜)~※2
解約手数料10,000円(不課税)~※3
※1 基本的には全国送料無料、ただし選択する水の種類によって一部地域で配送料が必要となるので要確認。
※2 60日間連続で休止した場合は800円(税抜)の休止事務手数料が発生。さらに、90日間経過後も800円(税抜)、120日間経過後で強制解約となる。
※3 基本プランに加入していて2年以内に解約の場合には、早期解約手数料として10,000円~(税抜)、PREMIUM3年パックの場合には3年以内に解約で15,000円~(税抜)がかかる。マムクラブの場合は3年以内に解約で20,000円~(税抜)がかかる。

クリクラのお水は、最先端テクノロジーの逆浸透膜(RO膜)システムで不純物を取り除いたRO水です。そのため、できるだけ不純物の少ないお水が飲みたいという方におすすめのサービスです。

しかし、RO水ばかりを飲んでいると、自然のミネラルが豊富な天然水も飲みたいという気持ちになることもありますよね?そんな時は、引っ越しのタイミングで天然水が飲めるウォーターサーバーに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

天然水が魅力的なウォーターサーバーにはプレミアムウォーターがあります。

プレミアムウォーターは「富士吉田」「富士」「北アルプス」「朝来」「金城」「南阿蘇」という6種類の天然水が用意されているので、天然水に興味がある方にはとても魅力的なウォーターサーバーとなっています。

実は天然水に興味があったという方は、引っ越しを機会にプレミアムウォーターへの乗り換えも検討してみましょう。

使い放題が良い→ウォータースタンド

初回金なし※1
サーバーレンタル料2,480円~7,980円(税抜)/月※2
水代使用した水道代
配送料なし
休止手数料– ※3
解約手数料10,000円(税抜)※4
※1 代理店対応エリアの一部では初期設置費用が別途有料になる場合あり
※2 通常プランの場合の料金。お得な「長得プラン」もあり
※3 設置から1年未満の利用休止(一時的利用停止)の場合、撤去費用10,000円(税抜)
※4 設置から1年未満の解約の場合、撤去費用10,000円(税抜)

クリクラのお水は1本12Lのボトルが1,460円(税込)で、6Lのボトルは1本890円(税込)という価格です。そのため、たくさん使おうと思うとお水の値段が気になってしまい、節約しながら使っているという方もいるかと思います。

そんなお水の値段が気になって使う量を我慢しているという方は、使い放題のウォーターサーバーに乗り換えてみましょう。

使い放題のウォーターサーバーにはウォータースタンドがあります。ウォータースタンドは水道水を使用するウォーターサーバーなので、お水をどれだけ使ってもウォータースタンドに追加料金を支払う必要はありません。そのため、お水の追加購入という負担がなくなります。

ウォータースタンドのお水はRO水なので、同じくRO水のクリクラからの乗り換えになるという意味でも、相性の良い乗り換え先と言えるでしょう。

クリクラのウォーターサーバーの引っ越し まとめ

クリクラのウォーターサーバーの引っ越しは、サーバーの移設までクリクラ側に依頼することが可能です。引っ越し手数料は不要なので、遠慮せずにサーバーの移設までお願いしましょう。

ただし、他のウォーターサーバーが気になっているという方は、引っ越しのタイミングで他のサービスに乗り換えるという選択もありだと思います。

丁度いい機会なので、一度他社の情報も調べてみると楽しいと思いますよ。

この記事を監修した人
水メガネ

大手企業で6年間ウォーターサーバーの営業を経験し、そこで得たお客様からのダイレクトな意見を活かして本当におすすめ出来るウォーターサーバーについての日々研究しています。これまでに複数のウォーターサーバーを自ら試した経験からニーズに合わせた最適なウォーターサーバーをご提案します。

水メガネをフォローする
メーカーで選ぶ
水メガネをフォローする
ウォーターサーバー比較
タイトルとURLをコピーしました