マイナビニュース お知らせ

2015年09月30日

IT製品を導入検討中の皆様に向けた会員制サイト「IT Search+」をオープンいたしました。類似製品の違い、各製品の特徴、費用や評判に着目した情報提供を展開して参ります。

会員制サイトのIT Search+では、これまで資料ダウンロードの際に都度お願いしていた個人情報の入力が、会員登録時のみで済みます。ログイン中は1クリックで資料のダウンロードが可能。履歴ページもご用意しており、過去にダウンロードした資料の再入手も簡単です。ブックマーク機能を利用すれば、スマートフォンでチェックしたページを後でまとめてPCから閲覧するといったことも可能になります。

市場で提供されている製品情報もジャンル別に整理してお届けしていく予定です。マイナビニュースの新たな展開にぜひご注目ください!!

2014年10月16日

会員ページへログインする際の不具合のお知らせ


2014年10月15日23:27から、システムの不具合により、会員ページへログイン出来ない現象が発生していましたが、2014年10月16日3:00に復旧をいたしました。

マイナビニュース会員の皆様には、ご不便、ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございません。今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

2014年09月18日

マイナビニュースは9月18日、新たに「ホワイトペーパー」チャンネルを開設いたしました。ITを中心とした企業向け製品/サービスの技術解説、導入事例、運用ノウハウをまとめた資料が、これまで以上に入手しやすくなっています。

「ホワイトペーパー」チャンネルでは、「エンタープライズ」チャンネルや「テクノロジー」チャンネルに掲載していた、資料提供型の特別企画を集約。さらに、各記事をジャンル別に分類し、それぞれの人気ランキングを表示するなど、製品/サービスを導入検討中の皆様が目的の資料にアクセスしやすい環境を用意しています。

「ホワイトペーパー」チャンネルは今後、読者の皆様にとっての利便性を高めるべく大幅な機能強化を予定しています。併せて多様なコンテンツも投入する計画ですので、ぜひともご期待ください。

2014年04月14日

先週末より一部のスマートフォンで古いキャッシュ情報が残っている場合に表示が崩れてしまう不具合が発生しておりました。
古いキャッシュ情報をクリアする対応を実施いたしましたが、もしも、まだ表示崩れが続くようでしたら、お手数おかけいたしますが、以下の対応のいずれか、もしくは、全てを御対応ください。

(1)ホーム画面のアイコン(ショートカット)を削除する。

(2)ブラウザの履歴を削除する(開いているタブを閉じる)。

(3)ブラウザのキャッシュとcookieを削除する。
※マイナビニュース以外のサイトの保存している情報(パスワード等)も削除されてしまいますのでご注意ください。

(4)スマートフォンの電源をOFF/ONする。

2014年03月19日

会員ページへログインする際の不具合のお知らせ 2014年3月19日未明から、システムの不具合により、会員ページへログイン出来ない現象が発生していましたが、2014年3月19日午前9時30分時点で復旧をいたしました。

現在、会員ページの改修作業を実施しており、今後もログインしづらくなる現象が発生することがございます。その際は、しばらく待って再度お試しいただくか、各種お手続きの御依頼でしたら、マイポ運営事務局 point@mynavi.jp へメールにてご連絡ください。

マイナビニュース会員の皆様には、ご不便、ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございません。今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

2013年06月19日

2013年6月18日21時頃から19日9時15分頃まで、マイナビニュースにアクセスすると
ログインを要求するポップアップ画面が表示される現象が発生しておりました。

原因としましては、マイナビニュースで導入しています、PlatformID社のXrostDMPシステムの
サーバーで障害が発生し、2分の1の確率で当該現象が発生いたしました。

当該現象による影響はログイン要求されるのみで、
読者様のPC環境に悪影響(ウイルス感染など)はございません。

今後、PlatformID社と協議を進め、再発防止策を徹底致します。

読者の皆様、関係者の皆様にはご迷惑お掛けしたことを心よりお詫び申し上げます。
今後とも、マイナビニュースをご愛読のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

2013年03月05日

2013年3月5日現在、マイナビニュースにアクセスすると「このウェブサイトにアクセスすると、コンピュータに損害が生じる可能性があります。」などと表示され、サイトにアクセスできない場合があり、原因を究明中です。読者の皆様ならびに関係各位には深くお詫び申し上げます。

・2013年3月5日18時追記
3月5日午前11時ころより「Google Chrome」「Firefox」でのマイナビニュースの表示が不安定でした。原因を究明中ですが、順次復旧中です。
googleによると
「サイトで不正なソフトウェアをホストしていたかどうか
いいえ、このサイトでは過去 90 日間に不正なソフトウェアのホスティングは検出されていません。」
とされています。
読者の皆様、関係者の皆様にはご迷惑おかけしており申し訳ございません。

・2013年3月6日11時追記
3月5日午前より発生した、「Google Chrome」「Firefox」でのマイナビニュースの閲覧障害、Google検索からのアクセス障害は解消されました。原因は究明中ですが、当サイトの不正なソフトウェアのホスティングはありませんでした。読者の皆様、関係者の皆様にはご迷惑お掛けしたことを心よりお詫び申し上げます。

2013年01月01日

読者の皆様、あけましておめでとうございます。平素よりマイナビニュースをご愛読いただき誠にありがとうございます。

昨年のマイナビニュースは、「恋愛・結婚」や「住まい・インテリア」といった情報チャンネルを新規開設するなど、より多くの読者の皆様の生活に、広く密接にかかわる総合情報メディアとなることを目指し、誌面の充実に取り組みました。

これまでのマイナビニュースが得意としていた、パソコン・デジタル・IT情報についても、読者の皆様のニーズを深く理解し、世の中に役立つために必要な情報とは何であるのかを精査し、さらなる誌面の充実に取り組みました。特にB to Bの読者の皆様に、より有益な情報をお届けできるよう、チャンネルの再編を実施するなどし強化を図っています。

新たな年を迎えたマイナビニュースでも、これまでの取り組みを引き続き追求し、さらにより多くの読者の皆様に必要とされる情報メディアを目指して参ります。昨今のスマートフォンやタブレットの普及にあわせて、従来のパソコンからの閲覧だけではなく、スマートデバイスからの閲覧も増えております。本年は、そういった新たなデバイスから閲覧しやすい仕組みを備えた、より幅ひろく読者の皆様にとって使いやすい情報メディアに向けた、サイトの改善も計画しています。

本年もご愛読のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

2012年10月01日

マイナビニュースは2012年10月1日より情報ジャンルを拡大し、さらに見やすくリニューアルいたしました。
生活関連ジャンルでは「恋愛・結婚」チャンネルを開設いたします。またビジネス・IT関連などを取り扱うB to B系のIT情報チャンネルの再編と「開発・SE」チャンネルを開設いたします。

この夏、「旅行」、「住まい・インテリア」チャンネルを開設し、生活情報の充実を図りましたが、新たに「恋愛・結婚」チャンネルを開設いたしました。

本気で恋愛・結婚したい男女に恋愛、婚活、プロポーズ、結婚式といった切り口でニュース、アンケート、心理学を絡めた記事を提供。さらに結婚後のキャリア・マネープラン・夫婦間のコミュニケーションコンテンツも必見のチャンネルです。

また、B to Bの読者の皆様にご愛読いただいていた「エンタープライズ」、「経営」、「ビジネスPC」、「ネット」各チャンネルがより読みやすい分類に生まれ変わります。

リニューアルされた「エンタープライズ」チャンネルは、企業のIT担当者や中小企業の経営者を対象に最新のITトレンドや製品・サービス関連情報を提供いたします。

「開発・SE」チャンネルは、ソフトウェアやハードウェアのエンジニア向けチャンネル。システム構築からスマホアプリ開発、エレクトロニクス分野まで幅広い情報をお届けいたします。

パソコン・デジタル・IT情報はもとより、生活情報もますます充実したマイナビニュースにご期待ください。

2012年01月01日

読者の皆様、あけましておめでとうございます。平素よりマイナビニュースをご愛読いただき誠にありがとうございます。

昨年も多くの出来事があり、未曽有の災害が降りかかりました。被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。そのような状況下での情報発信の大切さと難しさを痛感いたしました。

また、昨年はマイナビニュースが生まれた年でもありました。11月8日にマイコミジャーナルとCOBS ONLINEが一つに統合され、当サイトに生まれ変わりました。

閲覧履歴やログイン情報から読者一人ひとりの興味に即した情報を自動で表示する「リコメンド機能」や、ソーシャルメディアと連動して記事にコメントを書き込むことができる「コメント機能」などを搭載してまいりましたが、今後も読者の皆様にタイムリーな情報をお届けできるよう改善を重ねて参ります。

本年もご愛読のほど何卒よろしくお願い申し上げます。