WiMAXは短期レンタルもできる!お得なショップや手続き方法、注意点を解説 | マイナビニュース インターネット比較

WiMAXは短期レンタルもできる!お得なショップや手続き方法、注意点を解説

WiMAXの短期レンタルのお得な業者は?長期で使うおすすめプロバイダも紹介! WiMAX

「お試し感覚でWiMAXを使ってみたい」「WiMAXが1ヶ月だけ欲しい」と考えている方も、多いのではないでしょうか。

ポケットWiFiをレンタルしているショップでは、WiMAXを取り扱っているお店もあります。

違約金を気にすることなく、数日~数ヶ月などご自身の好きな期間だけWiMAXを使えますよ。

WiMAXの選び方をリストアップしました。

現在WiMAXをレンタルできる9社を比較した結果、もっともおすすめできるのはWiFiレンタルどっとこむです。

今回は、WiMAXを短期レンタルするにあたってのショップの選び方や、おすすめショップ、レンタル前の注意点などを総まとめします。

なお、レンタルは長期で使うと高くなってしまうため、数ヶ月~1年以上という期間の契約におすすめできるWiMAXプロバイダもあわせてご紹介します。

ご自身にとってWiMAXレンタルがお得なのかどうか、もっともよいショップはどこなのか、ぜひこの記事を参考に確かめてみてくださいね。

この記事を書いた人
マイナビニュース ネット比較編集部

マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

マイナビニュース ネット比較編集部をフォローする

WiMAXは短期レンタルもできる!

ポケットWiFiはおもに、WiMAXとクラウドSIM系WiFiの2つに分類できます。

そこでWiMAXを選ぶメリットは、「速度」と「容量」で優れている点です。

WiMAXの最新端末「W06」の下り最大速度は1.2Gbpsで、これは光回線の標準速度となる1Gbpsを上回る数字です。

また、直近3日間で10GBを消費すると緩い速度制限がかかるものの、原則として使い放題感覚でインターネットを楽しめることも魅力といえるでしょう。

WiMAXは、通常1~3年という単位で契約を結び、契約期間中に解約をすると数万円単位の違約金がかかります。

しかし、短期間のレンタルを行っている窓口がありますので、「お試し感覚で少しだけWiMAXを使ってみたい」といった希望を叶えられますよ。

注意すべきなのは、レンタルは割高になるケースが多いという点です。

数ヶ月~1年以上の長期契約をお考えなら、この記事の【WiMAXの長期契約がお得なプロバイダ3社を紹介】を参考にしていただき、お得なプロバイダで契約することをおすすめします。

WiMAXレンタルショップの選び方

WiMAXをレンタルできるショップは多いため、以下の基準で選びましょう。

各項目を詳しくご紹介します。

まずはエリア確認でWiMAXが使えることを確認する

レンタル後に電波が入らなければ、WiMAXを利用できません。
まずはご自宅など、WiMAXを利用する予定のエリアに電波が届くかどうかを確認しましょう。

エリア確認は、プロバイダのエリア確認画面からチェックできます。
たとえばBroad WiMAXのHPから「サービスエリアマップ」を開いてみましょう。
都道府県をクリックして、ピンク色もしくは紫色のエリアであれば、WiMAXを利用可能です。

残念ながらエリア外だったという場合は、別の回線でインターネットに接続する必要があります。
【最新】レンタルできるおすすめポケットWiFiはこれだ!比較とあわせて詳しく解説から、エリア内かつお得なポケットWiFiをみつけてくださいね。

データ容量無制限プラン「ギガ放題」が使えるショップを選ぶ

WiMAXにはいくつかのプランがありますが、WiMAXのポテンシャルを存分に発揮するプランは、データ容量無制限の「ギガ放題」プランです。
ギガ放題プランを選ぶと、ギガ容量を気にすることなく、好きなだけインターネットに接続できます。
高画質動画の視聴や、大容量ファイルの送受信も自由自在です。
せっかくWiMAXをレンタルするのなら、容量を気にせずに利用できるギガ放題プランで契約できるショップを優先しましょう。

ギガ放題は3日間で10GB使うと軽い速度制限にかかる

原則無制限なギガ放題ですが、3日間で10GBを消費すると軽い速度制限にかかるため、注意が必要です。
どういった条件でどのような制限がかかるのか、まずは表にまとめてみました。

通信制限がかかるデータ量 直近3日間で10GB以上
※WiMAX2+とau 4G LTEの合算
制限時間 上限を超えた翌日の18時頃~翌2時頃
制限後の最大通信速度 約1Mbps(YouTubeの標準画質動画を視聴可能な速度)

速度制限がかかる期間については、以下の画像のとおりです。

出典:UQ WiMAX公式HP

速度制限は一時的なものであり、上限を突破した翌々日の深夜2時過ぎには制限が解除されます。
緩い速度制限ではありますが、このような条件があることを知っておきましょう。

端末は最新の「W06」「HOME L02」で申し込めるのが望ましい

WiMAXの速度や同時接続台数は、利用する端末によって異なります。
以下の最新機種を選べるショップが望ましいでしょう。

  • ポケットWiFi:W06
  • ホームルーター:HOME L02

上記の端末を取り扱っているショップで契約すると、WiMAXのポテンシャルを存分に発揮できる通信環境が手に入りますよ。

送料なども含めた実質料金で比較する

1日あたりのレンタル料の安さばかりを優先していると、送料などを含めた総額で他社よりも出費が増え、損をする可能性があります。
レンタルショップの場合は、以下の計算式で求められる「実質料金」から、1回のレンタルでかかる費用の総額を比較して、安いショップを選びましょう。

  • レンタル料金+往復の送料(ショップまでの交通費)=実質料金

マイナビでは、「WiFiレンタルどっとこむ」を特別料金で利用できるプランをご用意しておりますので、料金などをのちほど詳しくご紹介します。

受け取り・返却手続きが簡単なショップを選ぶ

WiMAXの端末を受け取る方法・返却する方法はさまざまで、なかには事務所まで出向かなければならないショップも存在します。
事務所から遠ければ交通費が多くかかりますし、都合により期日までに返却できなければ延滞料金が発生するため、要注意です。
郵送やポスト投函に対応しており、受け取りや返却手続きが簡単なショップを選ぶこともポイントのひとつでしょう。

WiMAXをレンタルできるショップ9社の料金を比較!

2021年4月現在、WiMAXのレンタルを実施している代表的なショップは以下の9社です。

  • WiFiレンタルどっとこむ
  • GMOとくとくBB
  • NETAGE
  • ワイマックスレンタル.com
  • WiFiレンタル屋さん
  • どこでもネット
  • WiFiレンタルサービス
  • WiFiレンタルJAPAN
  • e-ca

ここからは、上記9社が取り扱っている最新端末の料金比較を行います。

【WiMAXレンタル料金の比較表】

会社名 最新端末 1日 3日 7日 14日 30日
WiFiレンタルどっとこむ※1 W06 550円 1,650円 3,850円 7,700円 8,030円
WiFiレンタルサービス W06 539円 1,617円 2,188円 7,546円 5,267円
e-ca W06 605円 1,815円 4,235円 8,470円 8,470円
NETAGE W06 820円 11,000円
WiFiレンタル屋さん W06 1,470円 3,430円 6,860円 7,350円
ワイマックスレンタル.com W06 7,689円
GMOとくとくBB※2 W06 4,950円
WiFiレンタルJAPAN W05 480円 3,360円 5,580円 5,580円
どこでもネット W05 1,485円 3,465円 8,635円
※すべて税込
※1マイナビ×WiFiレンタルどっとこむの特別料金
※2別途事務手数料3,300円(税込)が必要

この表をみるとわかるように、レンタルショップによって取り扱っている端末料金、そして対応可能なレンタルの日数は異なっています。

まずは希望する端末があるか、希望する日数のレンタルが可能かどうかを確認し、同等の条件のなかからより安く、利用しやすいお店を選びましょう。

おすすめレンタルショップは「WiFiレンタルどっとこむ」

結論として、当サイトがおすすめするレンタルショップは「WiFiレンタルどっとこむ」です。
当サイト限定の料金プランも用意されており、さらに安く最新のWiMAXをレンタルできますよ。
まずは、WiFiレンタルどっとこむの概要を表にまとめましたので、確認してみましょう。

【WiFiレンタルどっとこむの概要】

料金(W06の場合) 通常 当サイト限定
1日:605円
2日:1,210円
3日:1,815円
4日:2,420円
5日:3,025円
6日:3,630円
7日:4,235円
8日:4,840円
9日:5,445円
10日:6,050円
11日:6,655円
12日:7,260円
13日:7,865円
14日以上:8,470円
31日以降1日あたり273円
1日:550円
2日:1,100円
3日:1,650円
4日:2,200円
5日:2,750円
6日:3,300円
7日:3,850円
8日:4,400円
9日:4,950円
10日:5,500円
11日:6,050円
12日:6,600円
13日:7,150円
14日以上:7,700円
31日以降1日あたり259円
取扱端末(WiMAXのみ) W06、WX06、W05、HOME02
受け取り・返却方法 空港カウンター、宅配・ポスト、コンビニ
受け取り費用 空港:550円
宅配:550円
コンビニ:550円
返却費用 空港:550円
宅配:実費
ポスト:517円
キャンペーン 15時までの申し込みで当日出荷OK
※すべて税込

WiFiレンタルどっとこむでは、最新機種のW06をはじめとする端末のレンタルを行っており、受け取り・返却方法も豊富に用意されています。

当サイト限定の料金プランを適用すると、通常プランと比べて10%ほど安く契約可能です。

お得にWiMAXの最新機種をレンタルできますよ。

5日刻み、1週間刻みという期間でレンタルするショップもありますが、WiFiレンタルどっとこむでは1日刻みでレンタル可能です。
必要とする日数だけ端末を借りられることも、メリットのひとつでしょう。
受け取り・返却にかかる最安の費用は合計で1,067円(税込)と安く、実質料金を抑えられることに加えて、15日までに申し込むと当日出荷を受けられます。

WiMAXの短期レンタルにあたっての注意点

WiMAXを短期レンタルする場合、以下の3点には注意しましょう。

・長期間だとプロバイダで契約(端末購入)したほうが安くなる
・エリアや使用環境によってはうまくつながらない場合がある
・WiMAXは海外利用には対応していない

料金だけではなく、使い道に関する注意点も含まれますので、契約前に確認することが大切です。

長期間だとプロバイダで契約(端末購入)したほうが安くなる

WiMAXを長期間利用する場合は、レンタルよりもプロバイダで契約したほうが安くなります。
イチオシの「WiFiレンタルどっとこむ」と、プロバイダ「BIGLOBE WiMAX」の料金を比較してみましょう。

【WiFiレンタルどっとこむとBIGLOBE WiMAXの料金比較表】

項目 WiFiレンタルどっとこむ BIGLOBE WiMAX
料金(1ヶ月) 7,700円 4,378円
初期費用 手数料 0円 3,300円
端末代 0円 21,120円
解約金(1年未満) 0円 1,100円
受け取り・返却費用 1,067円 0円
キャッシュバック 17,000円
※すべて税込

BIGLOBE WiMAXのほうが月額料金は安いのですが、その代わりにレンタルではかからない初期費用と解約金が合計25,520円必要です。
この初期費用やキャッシュバックを踏まえて、何ヶ月程度WiMAXの利用を継続すると合計料金が逆転するのかを計算すると、以下のような結果になりました。

契約月数 WiFiレンタルどっとこむ BIGLOBE WiMAX
1ヶ月 8,767円 12,898円
2ヶ月 16,467円 17,276円
3ヶ月 24,167円 21,654円
※すべて税込

わずか3ヶ月で合計金額が逆転します。
3ヶ月以上にわたってWiMAXを利用する場合は、レンタルではなく契約(端末購入)したほうが安くなりますよ。

エリアや使用環境によってはうまくつながらない場合がある

WiMAXは独自回線であり、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアの回線と比較すると、電波が届く範囲が限定されます。
さらに以下のような場所を苦手にしています。

  • 入り組んだ屋内
  • 車や電車の中
  • 地下
  • トンネルの中
  • ビルに囲まれた場所
  • 高層階
  • 山間部

こういった場所でWiMAXを利用する予定があるならば、【最新】レンタルできるおすすめポケットWiFiはこれだ!比較とあわせて詳しく解説を参考に、つながりやすい回線を選びましょう。

WiMAXは海外利用には対応していない

WiMAXは利用できるのは日本国内に限定されており、海外旅行や海外出張の際にレンタルしても、旅先でインターネットに接続できません。
海外利用をご希望であれば、【最新】レンタルできるおすすめポケットWiFiはこれだ!比較とあわせて詳しく解説をみながら、海外に対応するクラウドSIM系WiFiを探しましょう。

WiMAXを短期レンタルする手順

WiFiレンタルどっとこむを例に、WiMAXを短期レンタルする手順をお伝えします。
受け取りと返却の両方を順番に確認していきましょう。

受け取りの手順

受け取りの手順は、申し込み・受け取り・利用開始という3つのステップに分かれます。

申し込み

まずは申し込み画面から好きな端末を選びます。

出典:WiFiレンタルどっとこむ公式HP

続いて受け取り・返却方法を選びます。

※出典:WiFiレンタルどっとこむ公式HP

最安の方法は、「宅配・コンビニ・店頭」で受け取り、「ポスト」で返却することです。
次に、利用する期間を選びます。

※出典:WiFiレンタルどっとこむ公式HP

安心補償サービスやオプションを利用する場合も、この画面で選びましょう。

※出典:WiFiレンタルどっとこむ公式HP

選択が終了したら「次へ」をクリックします。
次の画面では、以下のように契約内容の確認が可能です。

※出典:WiFiレンタルどっとこむ公式HP

問題がなければ、個人情報を入力しましょう。

※出典:WiFiレンタルどっとこむ公式HP

氏名や住所、連絡先を入力しましょう。
最後に、クレジットカードで決済します。

※出典:WiFiレンタルどっとこむ公式HP

入力が完了したら、画面下の「お申込み」をクリックして、手続き完了です。

受け取り

宅配、空港、コンビニいずれかの方法で受け取ります。

※出典:WiFiレンタルどっとこむ公式HP

宅配を選んだ場合、自宅で受け取れます。

利用開始

端末を受け取ったあとは、PCやスマホなどで接続設定を行い、すぐに利用を開始できます。

返却の手順

返却の手順は利用終了・返却・契約終了の3ステップに分かれます。

利用終了

契約期間終了日に利用終了となります。
1泊2日の場合、2日目が利用終了日です。

返却

利用終了日中に、指定した方法で返却を行います。

※出典:WiFiレンタルどっとこむ公式HP

返却方法によって送料が異なります。
最安のポスト返却の場合は、利用終了日翌日の朝8時が投函期限です。
最寄りのポストに投函するだけでOKなので、とても簡単ですよ。

契約終了

WiFiレンタルどっとこむへの返却完了をもって、契約終了となります。
返却し忘れた部品などがある場合は、事務局から連絡が届きますので、指示に沿って手続きを行いましょう。

WiMAXを長期契約がお得なプロバイダ3社を紹介

先ほどご紹介したように、目安として3ヶ月以上WiMAXを利用する場合は、レンタルではなくプロバイダから長期契約をしたほうがお得になります。
WiMAXのプロバイダは多数存在しますが、サポートが手厚く、利用料金も安いおすすめのプロバイダは以下の3社です。

これから、それぞれのプロバイダの特徴や料金をご紹介します。
各社の特徴からご自身にマッチするプロバイダを選び、WiMAXを端末購入で契約しましょう。

1年以内の短期利用でも安い「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX

WiFiレンタルどっとこむとの比較でもご紹介した「BIGLOBE WiMAX」は、1年未満に解約しても違約金が1,100円(税込)、2年以上なら0円と格安です。
概要表をご用意しましたので、BIGLOBE WiMAXの特徴をチェックしてみましょう。

【BIGLOBE WiMAXの概要】

契約期間 3年
セット割 キャリア au
割引額 最大1,100円/月
初期費用 手数料 3,300円
端末代 21,120円
月額料金 4,378円
契約期間内の総額 165,028円
契約期間内の実質月額 4,460円
代表的キャンペーン 17,000円キャッシュバック
※すべて税込

BIGLOBE WiMAXでは3年契約を結ぶことになりますが、1年未満で解約しても違約金が1,100円(税込)と格安ですので、好きなタイミングで解約しやすいことがメリットです。
2021年3月現在は、17,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しており、実質料金を引き下げられることも特徴といえるでしょう。

データ端末は最短で申し込みの翌日発送となること、送料が無料になることもメリットであり、利用料金はクレジットカード払いのほか口座振替で支払うこともできます。
最新端末のW06(ポケットWiFi)、HOME L02(ホームルーター)を指定して契約できるため、WiMAXのよさを存分に感じられることも魅力的ですよ。

3ヶ月~1年程度でWiMAXを解約する可能性が高い方には、とくにおすすめのプロバイダですので、該当する方は公式サイトから契約を申し込みましょう。

格安料金・手厚いサポートもある「Broad WiMAX」

毎月の料金をなるべく安くしたい方や、手厚いサポートを受けられる会社を選びたい方にぴったりなプロバイダが「Broad WiMAX」です。
こちらも概要表をご用意しておりますので、どんな特徴をもつ会社なのかチェックしてみましょう。

【Broad WiMAXの概要】

契約期間 3年
セット割 キャリア auスマートバリュー
割引額 最大1,100円/月
初期費用 手数料 3,300円
端末代 20,743円
月額料金 1~2ヶ月目:2,999円
3~24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
契約期間内の総額 143,424円
契約期間内の実質月額 3,876円
代表的キャンペーン ・5,000円キャッシュバック
・初期費用20,743円還元
・いつでも解約サポート
※すべて税込

Broad WiMAXは、月額2,999円から利用できるプロバイダであり、3年間トータルの実質月額も3,876円という料金の安さです。
当サイト限定で5,000円のキャッシュバック、初期費用の20,743円が無料になるキャンペーンがあり、気軽に契約できることもメリットです。

Broad WiMAXは、1年未満で解約する際の違約金が31,350円と高額ですが、独自に実施している「いつでも解約サポート」で指定回線に乗り換えると、違約金が実質無料になります。

Broad WiMAXでも、最新端末のWX06やHOME02といった端末で契約できますし、クレジットカードと口座振替のいずれかを決済手段にできます。
毎月の料金を確実に抑えたい方や、サポートのクオリティが高いプロバイダを選びたい方は、Broad WiMAXの公式サイトから契約しましょう。

高額キャッシュバックのある「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB WiMAX

高額キャッシュバックを受け取れるプロバイダを選びたい場合は、「GMOとくとくBB」で決まりです。
GMOとくとくBBの概要も表にまとめていますので、どのような特徴をもつ会社なのかをチェックしていきましょう。

【GMOとくとくBBの概要】

契約期間 3年
セット割 キャリア au
割引額 最大1,100円/月
初期費用 手数料 3,300円
端末代 0円
月額料金 1~2ヶ月目:3,970円
3ヶ月目以降:4,690円
契約期間内の総額 144,670円
契約期間内の実質月額 3,910円
代表的キャンペーン 30,000円キャッシュバック
※すべて税込

GMOとくとくBBは、今回ご紹介している3つのプロバイダのなかで最大額となる、30,000円のキャッシュバックを提供中のプロバイダになります。
キャッシュバックは現金で受け取れますので、WiMAXの料金を支払うためにあてるのも、その他のお買い物にあてるのも自由です。
また、端末代が0円という点も特徴的であり、初期費用を抑えて契約できることもメリットといえるでしょう。

さらに、WiMAXの電波が自宅に入るかどうか心配な方は、「20日以内キャンセル無料」というサービスを利用できます。
もしも電波に問題があり、WiMAXの接続ができないことがわかったら、端末の到着から20日以内に申請をして返却するだけで、違約金無料でWiMAXを解約することが可能ですよ。

30,000円の高額キャッシュバックを受け取れる、お得なプロバイダをお求めなら、GMOとくとくBB公式サイトから申し込みを行いましょう。

WiMAXをお試しで使ってみたい人は「Try WiMAX」もおすすめ

WiMAXの使用感を確かめたいという方は、GMOとくとくBBの20日以内キャンセル無料サービスを利用する手もありますが、「Try WiMAX」ならより手軽にWiMAXを試せます。
Try WiMAXは契約前に15日間無料でWiMAXを利用できる、「UQ WiMAX」のサービスです。
あくまでも「お試し」で契約するため、気軽に申し込めることがメリットでしょう。

Try WiMAXは、以下のような用途で利用できます。

  • 自宅や外出先でWiMAXの電波が使えるか試す
  • 動画やネットの通信速度を実感できる
  • パソコンやスマホ、ゲーム機に接続できるかどうかをチェックできる

契約するための条件を表にまとめました。

【Try WiMAXの利用条件】

申し込み条件 ・日本国内在住で20歳以上の方
・クレジットカード情報を登録できる方
・過去180日以内に本サービスの利用歴がない方
利用料金 無料
利用期間 受け取った日から15日間
端末 ポケットWiFi W06、W05、WX05、W04
ホームルーター HOME L02、HOME L01/L01s

利用手順は以下のように3ステップです。

  1. Try WiMAXから申し込みを行う
  2. 15日間無料でWiMAXを試す
  3. 出荷から15日後までに返却する

注意点は以下のとおりです。

  • クレジットカードの有効性が確認できない場合、申し込みがキャンセルされる
  • 返却期限が過ぎたあとも返却しなかった場合、弁償しなければならない
  • 利用期間終了後にWiMAXを契約する場合、端末を新品に交換する必要がある

期限を守って返却すれば、完全無料でWiMAXを試せます。
電波の状況に不安を感じている場合、まずはTry WiMAXを利用してみましょう。

WiMAXレンタルについてのよくある質問

最後に、WiMAXレンタルに関するよくある質問にお答えします。

気になる項目があれば、まずはこの記事を参考に疑問を解消してみてくださいね。
ここでご紹介しきれていない質問があるという場合は、レンタルショップやプロバイダに問い合わせを行いましょう。

WiMAXは短期レンタルできる?

最短1日単位で短期レンタルできます。
詳しくは【WiMAXをレンタルできるショップ9社の料金を比較!】でご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。
当サイトのおすすめは、マイナビ限定の特別割引を適用できる「WiFiレンタルどっとこむ」です。

受け取りの手順は?

レンタルショップのHPから申し込みを行うだけで大丈夫です。
指定した住所以外に、空港やコンビニで受け取れるレンタルショップもあります。

返却の手順は?

レンタルショップによって異なりますが、返却用の封筒に端末や付属品を梱包して、ポストに投函するだけという手順のショップが大半です。
WiFiレンタルどっとこむの場合、517円(税込)という低価格で返却ができますので、実質料金が上がらずに済みます。

プロバイダで購入契約するのとどっちがお得?

契約する期間に応じて異なります。
数ヶ月~1年単位でWiMAXを利用する場合は、初期費用や解約金がかかったとしても、購入契約したほうがお得になるケースが多いです。
WiFiレンタルどっとこむと、BIGLOBE WiMAXの料金を比較した表をご用意しました。

契約月数 WiFiレンタルどっとこむ BIGLOBE WiMAX
1ヶ月 8,767円 12,898円
2ヶ月 16,467円 17,276円
3ヶ月 24,167円 21,654円
※すべて税込

この2社で比較した場合、2ヶ月間の利用であればレンタルのほうが割安ですが、3ヶ月目から合計料金が逆転して端末を購入したほうがお得になります。

プロバイダで契約する端末と使い勝手は同じ?

レンタルで利用できる端末は、プロバイダで契約する端末とまったく同じものであり、性能や使い勝手は変わりません。
ただし、レンタルの場合は最新の端末を契約できないショップもあり、購入できる端末とは機種そのものが異なる場合があることには注意しましょう。
また、プロバイダと契約する際に大半の人が選ぶ、「ギガ放題プラン」を選択できないレンタルショップがあり、速度制限の条件が異なる可能性もあります。

まとめ

ポケットWiFiのレンタルを行っているショップのなかには、WiMAXのレンタルに対応しているショップがあり、最短1日から好きな期間を選んでWiMAXをレンタルできます。

WiMAXをレンタルする際は、以下の5項目を満たすショップを選びましょう。

  • まずはエリア確認でWiMAXが使えることを確認する
  • データ容量無制限プラン「ギガ放題」が使えるショップを選ぶ
  • 端末は最新の「W06」「HOME L02」で申し込めるのが望ましい
  • 送料なども含めた実質料金で比較する
  • 受け取り・返却手続きが簡単なショップを選ぶ

2021年4月時点で、WiMAXのレンタルを実施しているおもなショップは9つありますが、当サイトがおすすめするのは、マイナビ限定の割引プランがある「WiFiレンタルどっとこむ」です。
WiFiレンタルどっとこむには、送料を含めた実質料金が最安級で、受け取りや返却方法が簡単というメリットがあります。

WiMAXは数ヶ月~1年単位で利用する場合、レンタルよりもプロバイダを通して端末購入したほうが割安です。
おすすめのプロバイダは以下の3社になります。

また、WiMAXの使用感や電波の状態を事前に確認したいという場合は、15日間の無料レンタルができる「Try WiMAX」の利用がおすすめです。

利用する期間を事前に整理したうえで、レンタルがお得なのか、それとも端末購入したほうがお得なのかを見極めて、契約する会社を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました