【2020年】WiMAXのキャッシュバック内容を徹底比較!もっともお得なプロバイダはココだ!

WiMAX キャッシュバック WiMAX

WiMAXを申し込むなら、キャッシュバックを受け取って、少しでもお得に申し込みたいですよね。

WiMAXは選ぶプロバイダによって速度やサービスは変わらないため、料金が重要な判断基準です

結論からいうと、WiMAXを申し込むなら最大31,000円の高額キャッシュバックが受け取れる「GMOとくとくWiMAX」がおすすめです。

今回はWiMAXのプロバイダ別キャッシュバック内容を徹底比較しました。

この記事を読むことで、もっともお得に申し込める窓口がわかるだけでなく、キャッシュバックキャンペーンを利用してWiMAXを申し込む際の注意点もわかりますよ。

この記事を書いた人
わたしのネット

月間100万人が閲覧するインターネットの総合情報サイトの「わたしのネット」の運営者。インターネット回線の正しい比較情報を届けるために、マイナビニュースへ出張中。日本で一番わかりやすいインターネット回線の解説記事を目指しています。

わたしのネットをフォローする

WiMAXを申し込むなら「GMOとくとくWiMAX」がおすすめ!

GMOとくとくBB WiMAXの9月度キャンペーン

WiMAXを申し込むなら、GMOとくとくBBからがもっともおすすめです。

GMOとくとくBBは2020年現在最高額のキャッシュバックを用意しており、キャッシュバックを含めた実質料金も最安です。

【GMOとくとくBBのキャッシュバック概要】
初期費用 端末代:0円
事務手数料:3,000円
キャッシュバック金額 Speed Wi-Fi NEXT W06 28,000円
WiMAX HOME 02 31,000円
Speed Wi-Fi NEXT WX06 本体のみ:28,000
本体+クレードル(充電器)セット:24,000円
Speed Wi-Fi HOME L02 24,000円
キャッシュバッ受け取り時期 最短12ヶ月目末日
キャッシュバッ受け取り条件 ・クレジットカード払い
・過去にGMOとくとくBBを契約していないこと
キャッシュバック手続き方法 11ヶ月目に届くメールから振込先口座を登録
実質月額料金 3,330円(W06の場合)
契約期間 3年間
スマホとのセット割 ・auスマートバリューmine(auスマホとセットで最大月額1,000円割引)
・ギガMAX月割(UQスマホとセットで最大月額500円割引)
※表示はすべて税抜き

GMOとくとくBBのキャッシュバックは最大31,000円で、数あるWiMAXプロバイダの中でも最高額です。

さらに、端末代もかかりません。

また、auユーザーであればauスマートバリューmineが、UQモバイルユーザーであればギガMAX月割が適用され、毎月のスマホ代がプランに応じて500~1,000円割引されます。

WiMAXのプロバイダ別キャッシュバック内容を徹底比較

実際にWiMAXのプロバイダ別キャッシュバック内容を比較し、実質料金の順に以下の表にまとめました。

キャッシュバックのないプロバイダは月額料金割引を行っている場合が多いので、実質料金にも注目しながら比べていきましょう。

【WiMAXのプロバイダ別キャッシュバック内容】
プロバイダ名 実質月額料金 初期費用 キャッシュバック金額 受け取り時期 受け取り条件 手続き方法 契約期間
GMOとくとくBB(キャッシュバック) 3,414円 端末代:0円
事務手数料:3,000
28,000円 最短12ヶ月目末日 ・クレジットカード払い
・過去にGMOとくとくBBを契約していないこと
11ヶ月目に届くメールから振込先口座を登録 3年間
GMOとくとくBB(割引) 3,490円 端末代:0円
事務手数料:3,000円
3,000円 最短12ヶ月目末日 クレジットカード払い 11ヶ月目に届くメールから振込先口座を登録 3年間
DTI WiMAX 3,498円 端末代:0円
事務手数料:3,000円
3年間
Broad WiMAX 3,545円 端末代:0円
事務手数料:3,000円
・月額最安プランをWeb申し込み
・クレジットカード払い
・指定オプション加入
3年間
カシモWiMAX 3,655円 端末代:0円
事務手数料:3,000円
3年間
TiKiモバイルWiMAX 3,963円 端末代:0円
事務手数料:3,000円
・ギガ放題に新規またはコース変更で申し込み
・NEXT WX06を同時購入
3年間
ワイヤレスゲートWi-Fi 3,994円 端末代:15,000円
事務手数料:3,000円
ヨドバシカメラ商品券5,000円 契約後15日~翌月末までに郵送 ・対象機種の契約 3年間
So-net WiMAX 4,035円 端末代:0円
事務手数料:3,000円
・So-netのホームページ、電話からの申し込み
・3ヶ月後の月末までに利用開始
・申し込み時点での決済情報確定
3年間
BIGLOBE WiMAX 4,069円 端末代:19,200円
事務手数料:3,000円
15,000円 最短2ヶ月目 ・指定サイトより端末とSIMの同時申し込み 特典適用期間内にマイページから振込先口座を登録 1年間
KT WiMAX 4,272円 端末代:15,000円
事務手数料:3,000円
3年間
YAMADA air mobile 4,272円 端末代:15,000円
事務手数料:3,000円
3年間
エディオンネット 4,272円 端末代:15,000円
事務手数料:3,000円
3年間
UQ WiMAX 4,272円 端末代:15,000円
事務手数料:3,000円
2年間
DIS mobile 4,272円 端末代:15,000円
事務手数料:3,000円
3年間
※表示はすべて税抜き
※金額はW06の場合

この表から、GMOとくとくBBはキャッシュバックが最高額であるうえに、実質料金も最安であることがわかりますね。

キャッシュバックキャンペーンを利用してWiMAXを申し込む際の注意点

キャッシュバックキャンペーンを利用してWiMAXを申し込む際は、以下の3点に注意しましょう。

キャッシュバック金額だけでなく、支払う実質料金にも注目する

WiMAXのプロバイダの中には、キャッシュバックではなく月額料金割引で還元を行っているところもあります。

そのため、単にキャッシュバックの金額だけに注目していては、本当にお得なプロバイダを選ぶことはできません。

本当にお得なプロバイダを選ぶためには、実質料金に注目しましょう。

実質料金とは「毎月実際に払う金額の平均」であり、以下の計算式で算出できます。

(月額料金×利用月数+加算項目-減算項目)÷利用月数

加算項目とは初期費用や工事費などの支払いに実質プラスされる金額、減産項目はキャッシュバックなどの実質マイナスされる金額です。

最新端末が選べるプロバイダか確認する

WiMAXはルーターの機種によって最大速度が異なるため、快適に使うためにはできるだけ最新の機種を選ぶ必要があります。

しかしながら、一部のプロバイダではキャッシュバックを受け取る代わりに、古い機種しか選べない場合もあります。

そのため、キャッシュバック額と同時に対象の機種についても確認しておくとよいでしょう。

以下に、現在WiMAXで主に使われている機種について簡単にまとめました。

【モバイルWiFiルーター】
機種名 下り最大 上り最大
WX06 440Mbps 75Mbps
W06 有線:1.2Gbps
Wi-Fi接続時:867Mbps
75Mbps
WX05 440Mbps 75Mbps
W05 758Mbps 112.5Mbps
【ホームルーター】
機種名 下り最大 上り最大
HOME02 440Mbps 75Mbps
HOME L02 有線1.0Gbps
Wi-Fi接続時:867Mbps
75Mbps
HOME01 440Mbps 75Mbps
HOME L01/L01s 440Mbps 75Mbps

最大速度を考慮すると、モバイルWiFiルーターならばW06、ホームルーターならばHOME L02がもっともおすすめです。

キャッシュバックのもらい忘れに注意する

プロバイダが行うキャッシュバックキャンペーンの中には、「受け取り時期が遅い」「手続きが複雑」というものも少なくありません。

受け取り時期や手続きの内容によっては、もらい忘れてしまう可能性も考えられます。

もらい忘れが心配な場合は、月額料金割引キャンペーンを行っているプロバイダを選びましょう。

月額料金割引キャンペーンであれば、手続きを行わなくても初月から自動適用されるため、もらい忘れて損をする心配がありません。

なお、月額料金割引キャンペーンについても、おすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。

プロバイダ名 実質月額料金 初期費用 キャッシュバック金額 受け取り時期 受け取り条件 手続き方法 契約期間
GMOとくとくBB(キャッシュバック) 3,414円 端末代:0円
事務手数料:3,000
28,000円 最短12ヶ月目末日 ・クレジットカード払い
・過去にGMOとくとくBBを契約していないこと
11ヶ月目に届くメールから振込先口座を登録 3年間
GMOとくとくBB(割引) 3,490円 端末代:0円
事務手数料:3,000円
3,000円 最短12ヶ月目末日 クレジットカード払い 11ヶ月目に届くメールから振込先口座を登録 3年間

GMOとくとくBBの月額料金割引キャンペーンは、同プロバイダのキャッシュバックキャンペーンに続き、2番目に安い実質料金を誇っています。

WiMAXの申し込みからキャッシュバックを受け取るまでの手順

ここでは、WiMAXの申し込みからキャッシュバックを受け取るまでの手順を、GMOとくとくBBを例に解説します。

①使う場所が対象エリア内か確認し、Web申し込みをする

WiMAXには使用可能エリアがあり、申し込み住所が対象エリア内でなければ、契約ができません。

まずは、GMOとくとくBBのサイトで対象エリア内かを確認し、問題ない場合はそのままWeb申し込みに進みましょう。

申し込み画面では、希望の端末・プラン・オプションなどを選択してください。

WiMAXがエリア外であった場合は、トリプルキャリア対応のMugen WiFiがおすすめです。

Mugen WiFiは大手3社すべての電波に対応しているため、エリアが広く、月額も3,150円に固定されており変動がありません。

月間データ量は最大100GBまでですが、翻訳機能がついた端末も無料で利用できます。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてくださいね。

②商品が届く・利用開始

申し込み内容に不備がなければ、最短即日に商品が出荷されます。

工事不要のWiMAXならば、受け取った当日からすぐにインターネットの利用が可能です。

③11ヶ月目に届く案内メールに従って、キャッシュバックの受取口座を登録する

申込時に新規作成されるメールアドレス宛に、契約から11ヶ月目にGMOとくとくBBからメールが届きます。

該当のメールから、キャッシュバックの振込先口座を登録してください。

キャッシュバックは、登録完了の翌月末に振り込まれます。

速度を重視する人は光回線という選択肢も!スマホキャリア別におすすめ5社を紹介

一般的にモバイルWiFiルーターやホームルーターは、光回線よりも速度が遅い傾向があります。

速度を重視するならば、光回線を検討してみましょう。

光回線を選ぶ際の最大のポイントは、「スマホとのセット割が適用できるか」です。

大手3社は毎月1,000円程度のセット割を提供しており、上手く利用すれば通信料金を大幅に削減できます。

ドコモユーザーなら「ドコモ光」一択

【ドコモ光の概要】
エリア 全国
セット割 ドコモ光セット割
500~1,000円/月
最大速度 1Gbps
※10Gbpsプランあり(料金・エリアは異なる)
初期費用 事務手数料:3,000円
工事費:新規契約で無料
月額料金 戸建て マンション
5,200円 4,000円
3年間の実質金額 165,000円 123,000円
3年間の実質月額 4,583円 3,417円
キャンペーン内容 ・v6プラス対応高性能Wi-Fiルーターの無料レンタル
・ドコモ光専用無料訪問サポート
・dポイント2,000ptプレゼント
・20,000円キャッシュバック
※表示はすべて税抜き

ドコモ光はドコモのスマホとのセット割が適用される唯一の光回線で、スマホの月額料金がプランに応じて500~1,000円割引されます。

契約するプロバイダは、安定した速度が期待できるv6対応のものを選びましょう。

ドコモ光を契約するならば、代理店ネットナビの経由がおすすめです。

有料オプション加入不要で翌月末20,000円の独自キャッシュバックを行っています。

さらに、v6対応プロバイダであるだけでなく、v6対応ルーターも無料でレンタルできます。

ソフトバンクユーザーなら「NURO光」

【NURO光の概要】
エリア 北海道・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県
茨城県・愛知県・静岡県・岐阜県・三重県・大阪府・京都府
兵庫県・滋賀県・奈良県・福岡県・佐賀県
セット割 ソフトバンク おうち割光セット
500~1,000円/月
最大速度 2Gbps
※10Gbps・6Gbpsプランあり(料金・エリアは異なる)
初期費用 事務手数料:3,000円
工事費:新規契約で無料
月額料金 戸建て マンション
4,743円
3年間の実質金額 124,005円
3年間の実質月額 3,445円
キャンペーン内容 ・45,000円キャッシュバック
・設定サポートサービスが無料
※表示はすべて税抜き

NURO光はソフトバンクスマホとのセット割対象の光回線で、スマホ1台ごとに最大1,000円が毎月割引されます。

さらに、標準下り2Gbpsと通信速度も高速です。

NURO光を申し込むならば、NURO公式窓口がおすすめです。

NURO公式窓口ならば、45,000円の高額キャッシュバックが受け取れ、設定サポートサービスも無料で利用できます。

NURO光がエリア外なら「ソフトバンク光」がおすすめ

【ソフトバンク光の概要】
エリア 全国
セット割 ソフトバンク おうち割光セット
500~1,000円/月
最大速度 1Gbps
※10Gbpsプランあり(料金・エリアは異なる)
初期費用 事務手数料:3,000円
工事費:2,000円(立ち合いなし)または24,000円(立ち合いあり)
月額料金 戸建て マンション
5,200円 3,800円
3年間の実質金額 176,000円 127,000円
3年間の実質月額 4,889円 3,528円
キャンペーン内容 ・36,000円キャッシュバック
・開通前レンタル
・他社違約金負担キャンペーン
・他社からの乗り換えならば工事費無料
※表示はすべて税抜き

NURO光がエリア外の場合は、ソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンク光もソフトバンクスマホとのセット割対象となっており、全国の広いエリアで利用できます。

ソフトバンク光を申し込むならば、NEXTの経由がおすすめです。

NEXTのキャッシュバックは36,000円と高額なだけでなく、面倒な加入必須オプションや受け取り手続きも一切必要ありません。

申込時に振込先口座を伝えるだけで、最短2ヶ月後には現金が振り込まれます。

auユーザーなら「auひかり」

【auひかりの概要】
エリア 全国
セット割 auスマートバリュー 500~1,000円/月
最大速度 1Gbps
※10Gbps・5Gbpsプランあり(料金・エリアは異なる)
初期費用 事務手数料:3,000円
工事費:実質無料
月額料金 戸建て マンション
1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目:4,900円
3,800円
3年間の実質金額 118,100円 76,000円
3年間の実質月額 3,281円 2,111円
キャンペーン内容 ・電話と同時申し込みで最大60,000円キャッシュバック
・他社違約金負担キャンペーン
※表示はすべて税抜き

auひかりはauスマホとのセット割対象の光回線で、スマホ1台ごとに最大1,000円が毎月割引されます。

さらに、独自回線を使用しているため、安定した速い速度が期待できます。

auひかりを申し込むならば、フルコミットの経由がおすすめです。

フルコミットのキャッシュバックは最大60,000円と高額なだけでなく、面倒な強制加入オプションや受け取り手続きも一切必要ありません。

申込時に振込先口座を伝えるだけで、最短翌月には現金が振り込まれますよ。

auひかりがエリア外なら「So-net光プラス」がおすすめ

【So-net光プラスの概要】
エリア 全国
セット割 auスマートバリュー
500~1,000円/月
最大速度 1Gbps
初期費用 事務手数料:3,000円
工事費:実質無料
月額料金 戸建て マンション
1~24ヶ月目:3,080円
25~60ヶ月目:5,580円
1~24ヶ月目:2,080円
25~48ヶ月目:4,480円
3年間の実質金額 138,300円 102,200円
3年間の実質月額 3,842円 2,839円
キャンペーン内容 ・月額料金割引(上記は割引後の月額料金)
・訪問設定サポート無料
・セキュリティソフト無料
・v6プラス対応ルーターレンタル無料
※表示はすべて税抜き

※表示はすべて税抜き

auひかりがエリア外の場合は、So-net光プラスがおすすめです。

So-net光プラスもauスマホとのセット割対象で、auひかりよりも広いエリアで利用できます。

So-net光プラスを契約する際は、So-net光プラス公式窓口から申し込みましょう。

So-net光プラス公式窓口ならば、2年間でトータル69,600円の割引が受けられるほか、訪問設定サポート・セキュリティソフト・v6プラス対応ルーターレンタルも無料で利用できます。

まとめ

WiMAXプロバイダのキャッシュバックキャンペーンを比較した結果、もっともお得な窓口はGMOとくとくBBであることがわかりました。

GMOとくとくBBのキャッシュバックは最大31,000と高額であり、さらに実質料金も最安です。

なお、WiMAXのキャッシュバックキャンペーンを利用する際は、以下の3点に注意してください。

キャッシュバックキャンペーンを申し込む際の注意点
  • キャッシュバック金額だけでなく、支払う実質料金にも注目する
  • 最新端末が選べるプロバイダか確認する
  • キャッシュバックのもらい忘れに注意する

また、速度を重視するならば、WiMAXよりも高速かつ安定した光回線がおすすめです。

光回線を選ぶ際はスマホとセット割が組めるところを選び、できるだけ通信料を削減しましょう。

スマホキャリアごとのおすすめ光回線は、以下のとおりです。

スマホキャリア別 おすすめの光回線
タイトルとURLをコピーしました