自宅で使えるWiFiのおすすめ比較!置くだけWiFi(ホームルーター)・ポケット型WiFi・光回線一挙解説! | マイナビニュース インターネット比較

自宅で使えるWiFiのおすすめ比較!置くだけWiFi(ホームルーター)・ポケット型WiFi・光回線一挙解説!

WiFi おすすめ WiFi(インターネット)

「テレワークのためにWiFiを用意したい」「趣味を楽しむために速いWiFiが欲しい」といった理由で、自宅にWiFiを引きたい方は多いでしょう。

しかしWiFi(インターネット)には様々な種類があり、窓口も多いので、どの会社を選べば良いのかわかりにくいですよね。

こうた
こうた

どんな種類のWiFiを契約すると使いやすいんだろう?

自宅にWiFi(インターネット)を引く方法は以下のように3パターンがあり、それぞれおすすめできる人が異なります。

【WiFiの特徴一覧表】
項目 置くだけWiFi ポケット型WiFi 光回線
開通工事 × ×
外出先でも使える × ×
速度
料金

それぞれの回線をおすすめできるのは、以下に該当する人です。

今回は、自宅のWiFi(インターネット)の選び方やおすすめの回線・お得な窓口について解説していきます。

とくこ
とくこ

おすすめのWiFi(インターネット)については、速度や料金、スマホのセット割、サポートサービス、キャンペーン内容といったさまざまな点から詳しく紹介するよ!

この記事を読めば、ご自身の自宅にもっとも合ったインターネット回線の種類、もっとも合った1社がかならずわかりますよ!

この記事の監修者
マイナビニュース インターネット比較

マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

マイナビニュース インターネット比較をフォローする

自宅にWiFiを引く方法は3パターン!

自宅にWiFiを引く方法は全部で3パターンです。

それぞれおすすめできる人が異なるので、性質を比較する表をご用意しました。

【WiFiの特徴一覧表】
項目 置くだけWiFi ポケット型WiFi 光回線
開通工事 × ×
外出先でも使える × ×
速度
料金

これら3つの回線は、それぞれ以下に該当する人におすすめです。

こうた
こうた

このあとの項目では、それぞれの回線についてさらに詳しく解説していくよ!

ポケット型WiFi【工事不要】

ポケット型WiFiは、WiMAXやドコモ、au、ソフトバンクなどのWiFiに接続できる機器で、外出先からでも接続できる特徴があります。

メリットと注意点を表にまとめました。

【ポケット型WiFiのメリットと注意点】
メリット 注意点
・開通工事なしで利用できる
・端末を携帯できるため、外出先からでも接続できる
・回線の種類が豊富で、使い方に合った会社が選びやすい
・プランを選べる
・光回線と比べると回線が不安定で速度が出にくい
・端末の充電が切れると利用できなくなる

これらの特徴を踏まえると、ポケット型WiFiをおすすめできるのは以下のような人です。

ポケット型WiFiがおすすめの人
  • 外出先からでもインターネットに接続したい人
  • 自分の使い方に合った無駄のないプランを選んで契約したい人
  • 自宅で光回線の工事ができない人

置くだけWiFi【工事不要】

置くだけWiFiは、自宅のコンセントにケーブルを挿し込むだけでWiFi環境を整えられるインターネット回線です。

とくこ
とくこ

契約した住所以外では利用できず、外出先からではインターネットに接続できないよ!

置くだけWiFiのメリットと注意点は以下のとおりです。

【置くだけWiFiのメリットと注意点】
メリット 注意点
・開通工事なしで利用できる
・スマホとのセット割を適用できる
・ポケット型WiFiと比べると回線が速く、安定しやすい
・外出先からは利用できない
・光回線と比べると回線が不安定で、速度が出にくい

置くだけWiFiの特徴を考慮すると、以下のような人におすすめできます。

置くだけWiFiがおすすめの人
  • 自宅で光回線の工事ができない人
  • 光回線に準ずる高速インターネット環境を手に入れたい人
  • スマホのセット割を適用してお得に使いたい人

光回線【工事あり】

光回線は、物理的なケーブルを自宅内に引いて接続するインターネット回線で、無線と比べて回線が安定しやすく速いことがメリットです。

まずは光回線のメリットと注意点を表で確認してみましょう。

【光回線のメリットと注意点】
メリット 注意点
・電波の干渉を受けないため回線が安定しやすい
・スマホとのセット割を適用できる
・速度制限なしで好きなだけ通信できる
・開通工事ができなければ利用できない
・そのほかのインターネット回線と比べると
・月額料金がやや高い

これらのポイントを考慮すると、光回線は以下のような人におすすめです。

光回線がおすすめの人
  • 高速で快適なインターネット通信を楽しみたい人
  • 容量無制限の回線を利用したい人
  • スマホセット割を適用してお得に接続したい人

自宅に引くWiFi(インターネット回線)の選び方!注目したい7つのポイント

インターネット回線選びで悩んだときは、以下の7項目に注目しましょう。

こうた
こうた

こういったポイントに注目すると、快適でお得なインターネット回線を絞り込めるね!

ここからは、それぞれのポイントを具体的に解説していきます。

①自宅がサービス提供エリア内である回線を選ぶ

光回線の場合は、自宅のエリアによって契約できる会社と契約できない会社にわかれます。

【主な光回線の提供エリア】
回線名 提供エリア
ドコモ光 日本全国
NURO光 北海道
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県
愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県
広島県、岡山県
福岡県、佐賀県
ソフトバンク光 日本全国
auひかり 以下を除く日本全国
長野県、岐阜県、静岡県、愛知県
三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
沖縄県
So-net光プラス 日本全国
とくこ
とくこ

たとえばNURO光の場合、東北地方などからは契約できないよ

ポケット型WiFiや置くだけWiFiの場合は日本全国ほぼすべての地域から接続できますが、場所によっては電波が届かない地域があるため注意しましょう。

サービス提供エリアは、各インターネット回線の窓口で案内しています。

まずは自宅をサービス対象エリア内に含んでいるインターネット回線に絞り込むことで、時間を無駄にすることなく契約先候補を見つけられますよ。

②実質料金の安い回線を選ぶ

インターネット回線は「月額料金」ではなく「実質料金」を比較して選ぶことが大切です。

  • 実質料金とは、契約期間の中で実際に支払う金額の合計額です。

各回線や代理店では、毎月支払う料金が自動的に割引される「月額割引」や、契約後に所定の金額を受け取れる「キャッシュバック」などのキャンペーンを実施しています。

また、「事務手数料」や「工事費」、「端末代」などの初期費用と、必要に応じて契約して毎月支払う「オプション料金」といった、月額料金とは別にかかる費用を支払わなければなりません。

これらの要素を足し引きして、契約期間中に実際に支払う費用をあらわしたものが実質料金です。

こうた
こうた

追加料金や割引を足し引きした後の金額が実質料金なんだね!

  • 契約月数分の月額料金・オプション代+初期費用-キャンペーンの割引額=実質料金

たとえばA社の月額料金が5,000円で、B社の月額料金が5,500円だとしても、キャンペーンの内容次第では、B社のほうが実質料金で割安になる可能性があります。

この記事では、それぞれの回線をもっともお得に契約できる窓口を紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

③速度が速い回線を選ぶ

WiFi(インターネット)の速度が速ければ、ダウンロード速度が速くなり、動画の視聴中にカクカクしたり止まったりしにくくなります。

反対にWiFi(インターネット)の速度が遅いと、ダウンロード速度が遅くなったり、動画がスムーズに再生できなくなったりといった問題が起こりがちです。

結論として、速い速度のスペックがあるWiFi(インターネット)を選ぶことをおすすめします。

とくこ(ビックリ)
とくこ(ビックリ)

各回線のホームページには「1Gbps」「2Gbps」といった回線速度が表示されているけど、これはその回線が持つ最大速度で、実際にその速さで接続できるわけではないんだよね。

実際にどの程度の速度が出るのかを知りたい場合は、みんなのネット回線速度などで公表されている「実測値」をチェックしましょう。

実測値は、回線契約者が実際に計測した速度なので、多くの人が計測した実測値の平均値は非常に参考になります。

こうた
こうた

ただし、実測値は接続する場所や時間帯によって左右されるから、あくまでも参考程度に活用しようね。

参考までに、どの程度の実測値があると滞りなく接続できるのかを紹介します。

【用途別に見た必要な回線速度一覧表】
速度 用途
1Mbps Webサイトの閲覧、メールの送受信、LINE
3Mbps YouTube(標準画質)、ビデオ通話
5Mbps YouTube(高画質)、スマホ向けオンラインゲーム
25Mbps 4K動画再生、PC向けオンラインゲーム

④自分のスマホとのセット割がきく回線を優先的に検討する

インターネット回線の種類によっては、自分自身や家族が使っているスマホとのセット割を適用できる場合があります。

セット割を適用すれば、相場として最大1,100円が毎月のスマホ料金から割引されるため、セット割がきく回線を優先的に検討しましょう。

セット割がきく回線は以下のとおりです。

【インターネット回線別に見たスマホセット割の対応状況】
キャリア 回線名 最大割引額
ドコモ ドコモ光 1,100円/月
au auひかり So-net光プラス 1,100円/月
ソフトバンク NURO光 ソフトバンク光 1,100円/月
楽天 楽天ひかり 月額基本料金1年無料
UQモバイル WiMAX 1,100円/月
※すべて税込み

セット割は家族が契約する端末にも適用され、ドコモは20回線まで、そのほかは10回線まで月額最大1,100円がスマホ料金から割引されます。

とくこ
とくこ

たとえばドコモのスマホを持っている場合、1人でも毎月最大1,100円、家族4人なら毎月最大4,400円の割引を受けられるよ!

⑤キャンペーンが豊富に用意されている回線を選ぶ

キャンペーンで注目しがちなのはキャッシュバック額や割引額ですが、それ以外のキャンペーンにも注目しましょう。

キャンペーンには以下のようなものがあります。

主なキャンペーンの種類
  • キャッシュバック
  • 月額料金割引
  • 他社違約金補てん
  • ルーター(端末代)無料
  • 初期設定サポート
  • セキュリティサービス無料
  • 工事費無料

たとえば「他社違約金負担キャンペーン」を実施していれば、契約中の回線を解約する際にかかる違約金・回線撤去費の全額、または一部を新しい契約先が負担してくれます。

こうた
こうた

通常は1台数万円もするルーターが無料になるキャンペーンや、難しくて面倒な初期設定を専門スタッフが自宅に訪問して代行してくれるキャンペーンもありますよ。

WiFi(インターネット)では、契約する回線によって、利用できるキャンペーンの種類や数が異なるので、各社が用意しているキャンペーンの内容に注目してみましょう。

⑥Web申し込み限定の窓口を選ぶ

インターネット回線の営業はあちこちで行われています。

家電料品店でお買い物をした際にキャンペーンスタッフから勧誘されたり、電話による勧誘を受けたりした経験がある人も多いのではないでしょうか。

結論として、もっともお得なキャンペーンを利用できるのは「Web窓口」です。

とくこ
とくこ

Web窓口ってどうしてお得なの?

こうた
こうた

他の窓口よりキャンペーンがお得って、なんだか怪しいんじゃない?

家電量販店などでキャンペーンを実施すると、契約数に応じたマージンを支払ったり、キャンペーンスタッフにアルバイト代を支払ったりしなければなりません。

Web窓口の場合はそのような諸費用がかからないため、経費を削減でき、ユーザーにとってより魅力的な金額のキャンペーンを還元できるのです。

Web窓口は格安ですが、代理店として正式に許可を得ている会社によるサービスなので、怪しくなく安全に契約できます。

⑦違約金などの解約条件も確認する

違約金とは、契約途中に解約した場合に請求される料金のことです。

たとえばドコモ光なら、契約期間が2年なので、契約更新月以外に解約すると戸建てで14,300円、マンションで8,800円の違約金がかかります。

とくこ
とくこ

インターネット回線を解約する際は、違約金や撤去工事費、工事費の残債といった費用が請求される可能性があるんだよね。

違約金は契約期間満了時に、工事費は支払いが完了後に解約すると無料ですが、撤去工事費は原則としてかならず請求されるため注意が必要です。

解約時にかかる費用は契約するインターネット回線によって異なりますが、10,000円~30,000円程度が相場と考えましょう。

インターネット回線を契約する際は、解約するときのことも考えて、解約条件をチェックしておくことも大切なポイントです。

2022年最新のおすすめインターネット回線3選【置くだけWiFi】

2022年に契約できる置くだけWiFiの種類は「ソフトバンクエアー」「home 5G」「WiMAX」の3種類です。

それぞれの特徴を比較しやすいように、まずは各インターネット回線で契約できる最新端末のスペックや、月額料金などの基本を確認しておきましょう。

【置くだけWiFi最新端末のスペック比較表】
項目 ソフトバンクエアー
(Airターミナル5)
home 5G
(HR01)
WiMAX
(L12)
通信方式 5G、4G、LTE 5G、4G 5G、4G LTE、WiMAX2+
下り最大速度
(実測値)
2.1Gbps
(81.02Mbps)
4.2Gbps
(181.8Mbps)
2.7Gbps
(44.2Mbps)
契約期間 なし なし 3年
スマホ割 ソフトバンク ドコモ au
実質月額料金
(3年)
4,687円 5,039円 5,344円
端末代 71,280円 39,600円 21,780円
※すべて税込み
こうた
こうた

また、上記3つの回線を契約できる窓口は非常に多いけど、当サイトがもっともおすすめしている窓口は以下のとおりだよ!

ここからは、おすすめ窓口で契約した場合の実質料金を含む概要を詳しく紹介します。

安さ重視ならソフトバンクエアーの「モバレコエアー」

モバレコエアーは、その他の置くだけWiFiと比べて実質料金が安いため、安く置くだけWiFiを契約したい人におすすめです。

対象エリアは日本全国ですが、ソフトバンクの公式サイトからエリア確認を行いましょう。

モバレコエアーの概要を表にまとめました。

【モバレコエアーの概要表】
エリア 日本全国
5G対応 対応
契約期間 なし
セット割 ソフトバンク/おうち割 光セット:1,100円/月
初期費用 手数料 3,300円
端末代 71,280円 (実質無料)
月額料金 1~2ヶ月目:2,167円
3~24ヶ月目:3,679円
25ヶ月目以降:5,368円
契約期間中の総額 31,103円
契約期間中の実質月額 2,393円
違約金 なし
特典 ・他社違約金最大10万円還元
・端末代実質無料
・17,000円キャッシュバック
・24ヶ月間月額料金割引
※すべて税込み、総額と実質月額は1年契約の場合

モバレコエアーは、ソフトバンクエアーの回線と端末を使って接続する置くだけWiFiです。

とくこ
とくこ

ソフトバンクエアーと通信の品質は変わらず、実質無制限で接続できるけど、月額割引やキャッシュバックといった特典を生かせるため、ソフトバンクエアーの公式窓口で申し込むよりも実質料金を大幅に引き下げられるよ。

【ソフトバンクエアーの窓口比較表】
項目 モバレコエアー NEXT ブロードバンドナビ Yahoo!BB 公式
実質月額料金 2,393円 1,111円 726円 1,495円 3,418円
契約期間 なし なし なし なし なし
キャンペーン 17,000円キャッシュバック
他社違約金還元
30,000円キャッシュバック
他社違約金還元
35,000円キャッシュバック
他社違約金還元
25,000円キャッシュバック
他社違約金還元
他社違約金還元
※すべて税込み、1年間利用の場合

また、契約年数が設けられていないこともソフトバンクエアーの特徴で、いつ解約しても違約金がかかりません。

ただし端末代は3年間の分割払いとなり、契約期間中は全額の割引を受けられますが、3年以内に解約すると残債が一括請求される点には注意しましょう。

こうた
こうた

他社違約金還元キャンペーンについては、ソフトバンク公式のキャンペーンだから、どの窓口から申し込んでも適用されるよ!

なお、モバレコエアー限定の17,000円キャッシュバックを受け取るための条件は以下のとおりです。

モバレコエアーのキャッシュバックを受け取るための条件
  • 支払い方法をクレジットカードにする
  • 24ヶ月間の利用を約束する
  • サービス開通から特典受け取りまで継続利用する
  • キャッシュバック申請メールに記載の登録期間中にキャッシュバックの手続きをする

利用端末は、現在は5Gに対応した「Airターミナル5」が最新端末ですが、より安く使うなら旧端末の「Airターミナル4 NEXT」の契約も検討することをおすすめします。

速さ重視ならhome 5Gの「GMOとくとくBB」

ドコモスマホを利用している人や、置くだけWiFiの中で最速のインターネット回線を選びたい人には、ドコモが提供するhome 5Gをおすすめします。

home 5Gの申し込み窓口の中で、もっともお得な窓口はGMOとくとくBBです。

【home 5Gの概要表】
エリア 日本全国
5G対応 対応
契約期間 なし
セット割 ドコモ/ドコモ光 セット割:1,100円/月
初期費用 手数料 3,300円
端末代 39,600円(実質無料)
月額料金 4,950円
契約期間中の総額 49,650円
契約期間中の実質月額 3,819円
違約金 なし
特典 18,000円分のAmazonギフト券プレゼント
※すべて税込み、総額と実質料金は1年契約の場合

2021年8月27日にサービス提供が始まったばかりの置くだけWiFiで、下り最大4.2Gbpsという超高速通信を可能にしています。

とくこ
とくこ

容量無制限で接続できることも特徴的なため、光回線の工事ができない人やドコモのセット割を適用できるドコモスマホユーザーにおすすめだよ。

おすすめ窓口のGMOとくとくBBから契約すると、所定の手続きを済ませるだけで18,000円分のAmazonギフト券を受け取れるキャンペーンを実施しています。

【home 5Gの申し込み窓口比較表】
項目 GMOとくとくBB 公式
実質月額料金 3,819円 5,204円
契約期間 なし なし
キャンペーン 18,000円キャッシュバック
端末代無料
端末代無料
※すべて税込み

公式窓口から契約するよりも実質料金が大きく下がるので、home 5Gを契約する際はGMOとくとくBBを経由しましょう。

特典重視ならWiMAXの「Broad WiMAX」

WiMAXは回線速度の速さが評価されており、各窓口が個性的なキャンペーンを準備しています。

概要表で各社の特徴を確認してみましょう。

【Broad WiMAXの概要表】
エリア 日本全国
5G対応 対応
契約期間 3年
セット割 au/auスマートバリュー:1,100円/月
初期費用 手数料 3,300円
端末代 21,780円
月額料金 1~2ヶ月目:2,090円
3~36ヶ月目:3,894円
3ヶ月目以降:4,708円
契約期間中の総額 159,351円
契約期間中の実質月額 4,307円
違約金 1年未満:20,900円
2年未満:15,400円
3年未満:10,450円
特典 5,000円キャッシュバック
他社違約金19,000円負担
いつでも解約サポート
※すべて税込み

WiMAXも5Gに対応する置くだけWiFiを提供しており、回線速度の速さに定評がありますが、3日で15GBまでの制限があり、超過後は1Mbpsにまで速度を落とされます。

1Mbpsは制限としては緩く、以下のような用途なら問題なく利用できる速度です。

【1Mbpsでできること】

  • Webサイトの閲覧
  • LINE、メールの送信
  • TwitterなどテキストがメインのSNS
  • 地図の閲覧
  • YouTubeの標準画質動画視聴
こうた
こうた

速度制限は、3日で15GBを超過した翌日のネットワーク混雑時間帯(18時頃~翌2時頃)までかかり、その後は通常の通信速度に戻るよ。

もっともおすすめの窓口は、乗り換え解約サポートを充実させている「Broad WiMAX」です。

【WiMAXの比較表】
契約窓口 Broad WiMAX GMOとくとくBB BIGLOBE WiMAX
契約期間中の実質月額 4,307円 3,940円 4,827円
契約期間 3年 3年 1年
端末代 21,780円 0円 21,912円
特典 5,000円キャッシュバック
他社違約金19,000円負担
いつでも解約サポート
13,000円キャッシュバック 15,000円キャッシュバック
24ヶ月間550円月額料金割引
※すべて税込み

WiMAXを解約する際、Broad WiMAXから他社回線に乗り換えると、通常発生する違約金最大20,900円が無料。

また、他社違約金も19,000円まで負担してくれるので、契約するときも解約するときもメリットを感じられる窓口ですよ。

他社違約金負担の条件
  • 支払い方法をクレジットカード払いにする
  • 安心サポートプラス、MeBroadサポートに加入する
  • キャッシュバック受け取り前に解約しないこと

また、マイナビニュースからの申し込み限定で、5,000円のキャッシュバックも受け取れます!

とくこ
とくこ

WEBフォームから申し込みをすると、最短開通月の半年後の月末に、指定した口座に5,000円が振り込まれるよ!

こちらも「安心サポートプラス」と「MeBroadサポート」に加入して、利用開始から半年後まで利用確認が取れた場合に受け取り条件を達成できます。

2022年時点では実質料金も最安なので、WiMAXを契約する際は文句なしでBroad WiMAXをおすすめします。

2022年最新のおすすめインターネット回線5選【ポケット型WiFi】

ポケット型WiFiにはいろいろな種類がありますが、検討するなら以下の5回線がおすすめです。

【ポケット型WiFiのおすすめ回線】
種類 ポケット型WiFi 平均月額
WiMAX+5G Broad WiMAX 4,728円
クラウドSIM THE WiFi Air-Wi-Fi 3,718円
SoftBankSIM 縛りなしWiFi バナナWiFi 4,389円
ドコモSIM どこよりもWiFi 3,400円
楽天モバイル 楽天モバイル 3,278円
ソフトバンク Pocket WiFi 3,696円
  • ドコモ、au、ソフトバンクが使用している電波を使ったWiFiのこと。
    使用する場所によってもっともつながりやすいキャリアに接続するため、日本全国のほとんどのエリアから接続できる。
こうた
こうた

ドコモなどが提供しているキャリア型SIMは平均料金が高く、コスパがよくないためおすすめできないよ。

この記事では、容量や契約期間別に見た、もっともおすすめのポケット型WiFiをご紹介します。

以下の4つのポイントをチェックしましょう。

ポケット型WiFiは、契約する窓口によって以下の3点が異なります。

ポケット型WiFiを選ぶうえの3つの違い
  • データ容量
  • 契約期間
  • 速度

動画の閲覧やオンラインゲームを利用することが多く、大容量通信が必要な場合は、月間100GB以上~無制限のポケット型WiFiを選ぶとよいでしょう。

また、回線によって平均速度が速いものもあれば、あまり速くないものもあります。

どれを重視して選ぶか、それぞれデータ容量や契約期間などを考慮して、自分に合った回線を探すことが大切です。

「50GB」「100GB」という数字を見ても、実際にどれくらいの通信ができるデータ容量なのかピンとこない人が多いはずです。

そこで、データ容量別に見たできることの目安を表にまとめました。

【データ容量別に見たできることの目安一覧表】
容量 メール LINE通話 ビデオ通話 SNS閲覧 YouTube
20GB 400万通 1,000時間 60時間 10万回 40時間
50GB 1,000万通 2,250時間 135時間 22万回 100時間
100GB 2,000万通 5,500時間 270時間 45万回 200時間
200GB 4,000万通 11,000時間 540時間 90万回 400時間
300GB 6,000万通 16,500時間 810時間 135万回 600時間

ごく一般的な使い方をするのであれば、100GBほどのデータ容量があれば十分です。

契約期間は以下のような基準で選びましょう。

使い方に応じたおすすめのポケット型WiFi
  • 短期間だけ使いたい、割高になってもいいからいつでも解約できるものがいい・・・契約期間なしのポケット型WiFi
  • 長期間使いたい、月額料金が安いものがいい・・・契約期間ありのポケット型WiFi

ポケット型WiFiの実測値は契約する回線によって大きく異なりますが、速度の速さに定評があるのが「WiMAX」です。

他社と比較して平均料金は割高ですが、何よりも速度の速さを求めるのであれば、迷わずにWiMAXを選ぶとよいでしょう。

このあとの項目では、WiMAXを含め、容量別に見た安いポケット型WiFiを紹介していきます。

安さ重視で使いたいなら容量別にこれがおすすめ

解約するタイミングによって違約金が発生し、速度もそこまで速くないデメリットはありますが、料金の安さ重視でポケット型WiFiを選ぶなら、月間100GBの「THE WiFi」がおすすめです。

THE WiFiと同じ月間100GB・契約期間ありのポケット型WiFiを比較してみましょう。

【100GB・契約期間ありのポケット型WiFi比較表】
項目 THE WiFi Air Wi-Fi Mugen WiFi それがだいじWiFi MONSTER MOBILE クイックWiFi どこよりもWiFi ポケットモバイル EX WiFi ゼウスWiFi ギガゴリWiFi
実質月額料金 3,304円 3,532円 3,450円 3,450円 3,642円 3,530円 3,532円 3,850円 3,850円 3,694円 3,905円
契約期間 2年 1年 2年 2年 1年 2年 2年 2年 2年 2年 2年

このように、2022年時点でTHE Wi-Fiの実質料金が最安です。

THE WiFiの概要をより詳しく紹介しましょう。

【THE WiFiの概要表】
使用回線 ドコモ、au、ソフトバンク
下り最大速度 非公開
契約期間 2年
初期費用 手数料 2,200円
端末代 無料
月額料金 3,828円
契約期間中の総額 82,588円
契約期間中の実質月額 3,304円
特典 4ヶ月間月額料金無料
※すべて税込み

THE WiFiでは、契約から4ヶ月間にわたって月額料金が無料になるキャンペーンを実施しているため、実質月額が実質料金を下回っています。

とくこ
とくこ

大手3大キャリアの回線を利用するため通信の品質にも問題がなく、高画質動画を1日数時間単位で視聴するなどせず、標準的な使い方をする人におすすめだよ。

また、THE WiFiはクレジットカード払いでしか利用できません。

口座振替を希望する場合は、同じく100GBを利用できるMugen WiFiの利用をおすすめします。

「Mugen WiFi」
【300×250】

  • 月額:3,438円
  • 口座振替可能
  • 月間100GB
Mugen WiFiを詳しく見る

ほかの容量がよい場合は、20GB・50GB・200GB・300GBに対応する別の会社を選びましょう。

また、対応している支払い方法にも要注目です。

結論として、20GBのおすすめは「どこよりもWiFi」です。

こちらも同条件の他社WiFiと実質料金を比較してみましょう。

【20GB・契約期間ありのポケット型WiFi比較表】
回線 どこよりもWiFi ゼウスWiFi THE WiFi MONSTER MOBILE ギガゴリWiFi
実質月額料金 2,032円 2,166円 2,200円 2,344円 2,299円
契約期間 2年 2年 2年 1年 2年
※すべて税込み

どこよりもWiFiの概要は以下のとおりです。

【どこよりもWiFiの概要表】
使用回線 ドコモ、au、ソフトバンク
下り最大速度 150Mbps
契約期間 2年
初期費用 手数料 3,300円→キャンペーンで0円
端末代 無料
月額料金 1,900円
契約期間中の総額 47,500円
契約期間中の実質月額 1,900円
特典
※すべて税込み

どこよりもWiFiは使ったデータ容量に応じて月額料金が変動し、5GBまでなら900円、20GBを超過しても50GBまでなら2,900円で利用できます。

20GB・契約期間ありの実質料金では最安なので、小容量を安く使いたい人はどこよりもWiFiを選びましょう。

「どこよりもWiFi」
【300×250】

  • 月額料金:1,900円
  • 初期手数料:キャンペーンで0円
  • 下り最大速度:150Mbps
どこよりもWiFiを詳しく見る

50GB・契約期間ありのポケット型WiFiを比較してみましょう。

【50GB・契約期間ありのポケット型WiFi比較表】
回線 MONSTER MOBILE それがだいじWiFi どこよりもWiFi クイックWiFi EX WiFi 縛りなしWiFi 縛られないWiFi
実質月額料金 2,894円 2,880円 3,032円 3,080円 3,080円 3,025円 3554円
契約期間 1年 2年 2年 2年 2年 3年 1年
※すべて税込み

比較した結果、もっとも月額料金が安く、おすすめできるのはMONSTER MOBILEでした。

【MONSTER MOBILEの概要表】
使用回線 ドコモ、au、ソフトバンク
下り最大速度 150Mbps
契約期間 1年
初期費用 手数料 3,300円
端末代 無料
月額料金 2,640円
契約期間中の総額 37,620円
契約期間中の実質月額 2,894円
特典
※すべて税込み

MONSTER MOBILEは契約期間も1年間と短く、気軽に契約できるポケット型WiFiです。

容量が足りなくなった場合は追加でチャージできるので、まずは最低限のデータ容量で契約しても良いでしょう。

「MONSTER MOBILE」
【300×250】

  • 月額料金:2,640円
  • 端末代:無料
  • 下り最大速度:150Mbps
MONSTER MOBILEを詳しく見る

続いて約200GB・契約期間ありのポケット型WiFiを比較してみましょう。

【200GB・契約期間ありのポケット型WiFi比較表】
回線 Hi-ho Let’s Wi-Fi ギガゴリWiFi
実質月額料金 4,033円 6,182円
契約期間 2年 2年
※すべて税込み

毎月200GBのプランを提供している会社は少ないのですが、hi-ho Let’s Wi-Fiは約210GBを利用でき、ギガゴリWiFiと比較しても圧倒的にお得です。

【hi-ho Let’s Wi-Fiの概要表】
使用回線 ドコモ、au、ソフトバンク
下り最大速度 150Mbps
契約期間 2年
初期費用 手数料 3,300円→キャンペーンで0円
端末代 無料
月額料金 1~11ヶ月目:3,278円
12ヶ月目以降:4,730円
契約期間中の総額 100,826円
契約期間中の実質月額 4,033円
特典 12ヶ月間月額料金割引
事務手数料3,300円が無料
※すべて税込み

現在は「もっと!鬼コスパキャンペーン」を実施しており、初期費用が無料になることに加え、契約から12ヶ月の間、通常月額料金4,730円が3,278円に割引されます。

注意点として、1日あたり7GBまでという制限があることを覚えておきましょう。

キャンペーンを適用できる今のタイミングを逃さずに契約すれば、約4,000円で毎月210GBのポケット型WiFiを持てますよ。

「hi-ho Let’s Wi-Fi」
【300×250】

  • 月額料金:1~11ヶ月目:3,278円
    12ヶ月目以降:4,730円
  • 端末代:無料
  • 下り最大速度:150Mbps
hi-ho Let’s Wi-Fiを詳しく見る

300GB・契約期間ありのポケット型WiFiですが、現時点でサービスを提供している会社は「バナナWiFi」以外にありません。

【バナナWiFiの概要表】
使用回線 ドコモ、ソフトバンク
下り最大速度 150Mbps
契約期間 1年
初期費用 手数料 3,300円
端末代 無料
月額料金 4,400円
契約期間中の総額 60,500円
契約期間中の実質月額 5,042円
特典 3週間以内の返却で全額返金保証
※すべて税込み

バナナWiFiの契約期間は1年間と短く、さらに自宅で思うように接続できなかった場合などには、3週間以内に端末を返却すると全額返金保証を受けられます。

とにかく大容量のプランを契約したいなら、どの会社よりも容量が大きいバナナWiFiを利用しましょう。

「バナナWiFi」
【300×250】

  • 月額料金:4,840円
  • 端末代:無料
  • 下り最大速度:150Mbps
バナナWiFiを詳しく見る

契約期間なしで使えるポケット型WiFi

この項目では、GB数ごとに契約期間なしで使えるお得なポケット型WiFiを紹介・解説します。

こうた
こうた

契約期間ありに比べると割高ではあるけど、解約時に違約金がかからないため、ポケット型WiFiが不要になったタイミングでいつでも解約できるよ。

契約期間なしで使えるポケット型WiFiの中でもっともおすすめできるのが、月間100GBまでを利用できる「Air-WiFi」です。

まずはAir-WiFiの概要を見ておきましょう。

【Air-WiFiの概要表】
使用回線 ドコモ、au、ソフトバンク
下り最大速度 150Mbps
契約期間 なし
初期費用 手数料 3,300円
端末代 無料
月額料金 3,608円
契約期間中の総額 50,204円
契約期間中の実質月額 3,862円
特典 30日間お試しモニター
※すべて税込みでサクッとプランの場合、実質料金は1年分

Air-WiFiの月額料金は通常3,278円で、これに契約期間なしオプションを月額330円で付帯することにより、合計月額3,608円で契約期間なしの契約ができます。

とくこ
とくこ

30日間お試しモニターというキャンペーンを実施中で、30日以内に解約した場合は月額費用 0円で解約できるため、自宅からWiFiがつながるか不安な人でも安心だね。

100GB・契約期間なしのポケット型WiFiを比較してみましょう。

【100GB・契約期間なしのポケット型WiFi比較表】
回線 Air WiFi Mugen WiFi クラウドWiFi どこよりもWiFi MONSTER MOBILE 縛りなしWiFi 縛られないWiFi ゼウスWiFi Y!mobile
実質額料金 3,631円 3,863円 3,972円 4,032円 4,192円 4,730円 4,874円 4,577円 5,986円
契約期間 なし なし なし なし なし なし なし なし なし
※すべて税込み、実質料金は1年分

このように、実質料金ではAir-WiFiの安さが際立っています。

こうた
こうた

1年実質4万円台で契約できる唯一の100GB・契約期間なしの回線だから、100GBまでの要領で十分な人はAir-WiFiを最優先にしよう!

ただし、Air WiFiは口座振替に対応していないので、同じ容量で口座振替ができる会社を選びたい場合はMugen WiFiを利用しましょう。

「Mugen WiFi」
【300×250】

  • 月額:3,438円
  • 口座振替可能
  • 月間100GB
Mugen WiFiを詳しく見る

ほかの容量・支払い方法がよい場合は、20GB・50GB・200GB・300GBに対応する別の会社を選びましょう。

まずは20GB・契約期間なしの回線を比較してみましょう。

【20GB・契約期間ありのポケット型WiFi比較表】
回線 どこよりもWiFi クラウドWiFi ゼウスWiFi MONSTER MOBILE Chat WiFi
実質月額料金 2,645円 2,834円 2,872円 2,894円 3,114円
契約期間 なし なし なし なし なし
※すべて税込み

契約期間ありのおすすめ回線として紹介した「どこよりもWiFi」が、契約期間ありの20GBプランの中でも最安でした。

【どこよりもWiFiの概要表】
使用回線 ドコモ、au、ソフトバンク
下り最大速度 150Mbps
契約期間 なし
初期費用 手数料 3,300円
端末代 無料
月額料金 2,400円
契約期間中の総額 34,500円
契約期間中の実質月額 2,654円
特典
※すべて税込み

契約期間ありのプランを選んだ場合、同じどこよりもWiFiで2年契約を結ぶ際と比べて、月額500円割高です。

どれくらいの期間WiFiを利用するのかを考えて、よりお得な契約年数を選びましょう。

「どこよりもWiFi」
【300×250】

  • 月額料金:1,900円
  • 初期手数料:キャンペーンで0円
  • 下り最大速度:150Mbps
どこよりもWiFiを詳しく見る

50GB・契約期間ありのポケット型WiFiを比較してみます。

【50GB・契約期間ありのポケット型WiFi比較表】
回線 クラウドWiFi MONSTER MOBILE 縛りなしWiFi どこよりもWiFi 縛られないWiFi
実質月額料金 3,234円 3,444円 3,575円 3,654円 3,774円
契約期間 なし なし なし なし なし
※すべて税込み

実質料金最安の窓口としておすすめできるのは「クラウドWiFi」です。

【クラウドWiFiの概要表】
使用回線 ドコモ、au、ソフトバンク
下り最大速度 150Mbps
契約期間 なし
初期費用 手数料 3,300円
端末代 無料
月額料金 2,980円
契約期間中の総額 42,040円
契約期間中の実質月額 3,234円
特典
※すべて税込み

クラウドWiFiでは、20GB・50GB・100GBという3つのプランを提供しており、50GBを契約期間なしで使う場合は最安です。

世界134ヶ国で端末をそのまま利用できるため、海外旅行に出かける機会が多い人や、海外出張に出かけることがある人にもおすすめできます。

「クラウドWiFi」
【300×250】

  • 月額料金:2,980円
  • 端末代:無料
  • 下り最大速度:150Mbps
クラウドWiFiを詳しく見る

月間200GBで契約期間なしのプランを用意しているのは「Chat WiFi」のみです。

【Chat WiFiの概要表】
使用回線 ドコモ、au、ソフトバンク
下り最大速度 150Mbps
契約期間 なし
初期費用 手数料 4,378円
端末代 無料
月額料金 通常4,928円→マイナビニュースからの申し込みで4,378円
契約期間中の総額 61,292円
契約期間中の実質月額 4,715円
特典 マイナビ限定クーポンで月額料金割引
※すべて税込み

Chat WiFiでは、回線契約の際にマイナビ限定のクーポンを利用でき、通常料金と比べて1年間の実質月額で7,150円もお得です。

これにより、1年間の実質月額は4,715円に収まり、契約期間なしで200GBの大容量でも割安な契約が可能ですよ。

「Chat WiFi」
【300×250】

  • 月額料金:マイナビニュースからの申し込みで4,378円
  • 端末代:無料
  • 下り最大速度:150Mbps
Chat WiFiを詳しく見る

300GBの超大容量に対応しているのは「バナナWiFi」だけです。

【バナナWiFiの概要表】
使用回線 ドコモ、ソフトバンク
下り最大速度 150Mbps
契約期間 なし
初期費用 手数料 3,300円
端末代 無料
月額料金 4,840円
契約期間中の総額 65,340円
契約期間中の実質月額 5,445円
特典 3週間以内の返却で全額返金保証
※すべて税込み

バナナWiFiでは、通常の月額料金に「バナナアンロック」というオプションを月額440円で追加すると、契約期間なしにプランを変更できます。

こちらのオプションは初月無料で利用できるため、1ヶ月以内の超短期間での解約を考えている人にもおすすめです。

「バナナWiFi」
【300×250】

  • 月額料金:4,840円
  • 端末代:無料
  • 下り最大速度:150Mbps
バナナWiFiを詳しく見る

WiMAX・・・速度重視の人におすすめ

WiMAXは速度の速さに定評があり、様々な窓口が独自のキャンペーンを展開していることが特徴的です。

とくこ
とくこ

速度重視のポケット型WiFiを探している人はWiMAXを選ぼう!

WiMAXの契約窓口は多いのですが、もっともおすすめできるのは実質料金が最安でサービスも手厚い「Broad WiMAX」ですよ。

Broad WiMAXなら、他社違約金を19,000円まで負担してもらえますし、WiMAX解約時に違約金がかからない「いつでも解約サポート」の利用ができます。

【Broad WiMAXの概要表】
契約窓口 Broad WiMAX
エリア 日本全国
5G対応 対応
契約期間 3年
セット割 au/auスマートバリュー:1,100円/月
UQ/自宅セット割:1,188円/月
初期費用 手数料 3,300円
端末代 21,780円
月額料金 1~2ヶ月目:2,090円
3~36ヶ月目:3,894円
3ヶ月目以降:4,708円
契約期間中の総額 159,351円
契約期間中の実質月額 4,307円
違約金 1年未満:20,900円
2年未満:15,400円
3年未満:10,450円
特典 5,000円キャッシュバック
他社違約金19,000円負担
いつでも解約サポート
※すべて税込み

Broad WiMAXは、以下の表で比較するとおり、5GプランのWiMAXの中で実質料金が最安です。

【WiMAXの実質料金比較表】
回線 Broad
WiMAX
ヨドバシ
WiMAX
GMOとくとくBB
WiMAX
カシモ
WiMAX
Vision
WiMAX
BIGLOBE
WiMAX
UQ
WiMAX
KT
WiMAX
YAMADA
air mobile
エディオン
ネット
DIS mobile
WiMAX
実質月額料金 4,307円 4,946円 3,940円 4,462円 4,368円 4,827円 4,671円 5,124円 5,124円 5,124円 5,124円
契約期間 3年 3年 3年 3年 3年 3年 2年 3年 3年 3年 3年
端末代 21,780円 21,780円 0円 0円 0円 21,912円 21,780円 21,780円 21,780円 21,780円 21,780円
※すべて税込み

GMOとくとくBBのほうが実質月額料金は安いものの、キャンペーンが豊富で実質料金も最安クラスなBroad WiMAXをおすすめします。

こうた
こうた

契約時には、他社を解約する際にかかる違約金を19,000円まで肩代わりしてくれるから、乗り換えの際にかかる費用を軽減できるね。

また、解約したくなった場合は「乗り換え解約サポート」を利用することで違約金を無料にすることも可能です。

ただし、支払い方法を口座振替に指定したい場合は、BIGLOBE WiMAXからの契約がおすすめです。

とくこ
とくこ

口座振替で申し込めるWiMAXの窓口は以下の3つだよ!

回線 BIGLOBE WiMAX Broad WiMAX UQ WiMAX
実質月額料金 5,081円 5,087円 5,491円
契約年数 1年 3年 2年
※すべて税込み

わずかな差ではありますが、Broad WiMAXよりもBIGLOBE WiMAXのほうが実質料金が下がるためお得です。

Broad WiMAXに次いでおすすめのWiMAX窓口2社
  • 料金プランがシンプル・・・カシモWiMAX
  • 契約期間なしで使える・・・縛られないWiFi

それぞれをBroad WiMAXと比較してみましょう。

【WiMAXの概要表】
契約窓口 Broad WiMAX カシモWiMAX 縛られないWiFi
エリア 日本全国
5G対応 対応 非対応
契約期間 3年 3年 なし
セット割 au/auスマートバリュー:1,100円/月
初期費用 手数料 3,300円
端末代 21,780円 無料 無料
月額料金 1~2ヶ月目:2,090円
3~36ヶ月目:3,894円
3ヶ月目以降:4,708円
1ヶ月目:1,408円
2ヶ月目以降:4,455円
3,520円
契約期間中の総額 159,351円 165,088円 49,060円
契約期間中の実質月額 4,307円 4,462円 3,774円
違約金 1年未満:20,900円
2年未満:15,400円
3年未満:10,450円
5,500円
特典 5,000円キャッシュバック
他社違約金19,000円負担
いつでも解約サポート
※すべて税込み

カシモWiMAXは1ヶ月目の月額料金が割引されますが、それ以降の月額料金は4,455円に固定され、シンプルに利用できることが特徴です。

「カシモWiMAX」
【300×250】

  • 月額1ヶ月目:1,408円
    2ヶ月目以降:4,455円
  • 端末代:無料
  • 5G対応
カシモWiMAXを詳しく見る

また、縛られないWiFiのWiMAXプランは、WiMAXでは珍しく契約期間なしで使えることがメリットで、いつ解約しても違約金がかかりません。

「縛られないWiFi」
【300×250】

  • 月額:3,520円
  • 端末代:無料
  • 5G非対応
縛られないWiFiを詳しく見る

もっともおすすめできるのは、実質料金最安でサービスも充実しているBroad WiMAXですが、口座振替を希望するならBIGLOBE WiMAXを、それ以外では上記の2社もおすすめできます。

2022年最新のおすすめインターネット回線5選【光回線】

こうた
こうた

光回線を契約する場合は、まず使っているスマホのキャリアに合った回線を最優先で選ぼう!

セット割を適用できれば、毎月のスマホ料金が最大で1,100円も安くでき、家庭の通信費がお得になります。

しかもセット割は同居している家族・離れて暮らす家族にも適用されるので、仮に一家4人全員がセット割を適用できれば、毎月最大4,400円も通信費を節約できますよ。

【キャリア別のおすすめ光回線】
キャリア 回線名 最大割引額
ドコモ ドコモ光 1,100円/月
au auひかり So-net光プラス 1,100円/月
ソフトバンク NURO光 ソフトバンク光 1,100円/月
楽天 楽天ひかり 月額基本料金1年無料
UQモバイル WiMAX 1,100円/月
※すべて税込み
とくこ
とくこ

ただしセット割は格安SIMの方にとって魅力的なものではなく、そもそもスマホ割とは関係なく光回線を選びたい人もいるはずだよね。

そういった方は、速度や安さなど重視するポイントを整理して、総合的にどれが1番よい回線なのかを考えましょう。

【光回線の比較表】
光回線名 ドコモ光 NURO光 ソフトバンク光 auひかり So-net光プラス 楽天ひかり
実質月額料金 5,574円 4,592円 5,966円 3,903円 4,943円 5,586円
契約期間 2年 3年 2年 3年 3年 3年
最大速度 1Gbps 2Gbps 1Gbps 1Gbps 1Gbps 1Gbps
キャンペーン 20,000円キャッシュバック
新規工事費無料
dポイント2,000ptプレゼント
45,000円キャッシュバック
新規工事費無料
設定サポート1回無料
37,000円キャッシュバック
新規工事費無料
開通前WiFiルーターレンタル無料
65,000円キャッシュバック
他社違約金30,000円負担
新規工事費無料
60,000円キャッシュバック
WiFiルーターレンタル無料
新規工事費無料
スマホと同時申し込みで
基本料金1年無料
※すべて税込み

速度重視で選ぶならNURO光、料金重視で選ぶならauひかりがよいでしょう。

auひかりも実測値の速い回線なので、満足度が高いはずですよ。

  • 平均ダウンロード速度:421.08Mbps(光回線全体で第8位)

ただし、回線ごとに対応するエリアなどに違いがあります。

一覧表で取り上げた6つの光回線をそれぞれ詳しく解説するので、どれがもっとも合っているかチェックしていきましょう。

ドコモ光・・・ドコモユーザーにおすすめ

ドコモ光の概要は以下のとおりです。

【ドコモ光の概要表】
項目 戸建て マンション
エリア 日本全国
契約期間 2年
セット割 ドコモ/ドコモ光 セット割:最大1,100円/月
初期費用 手数料 3,300円
工事費 19,800円 16,500円
月額料金 5,720円 4,400円
契約期間中の総額 133,780円 102,100円
契約期間中の実質月額 5,574円 4,254円
違約金 14,300円 8,800円
特典 20,000円キャッシュバック
工事費実質無料
dポイント2,000ptプレゼント
※すべて税込み
こうた
こうた

ドコモ光は、ドコモのセット割を適用できる唯一の光回線だから、ドコモスマホユーザーなら真っ先に契約を検討しよう!

契約窓口としては、最大額のキャッシュバックを受け取ってお得に契約できる「ドコモオンラインコンシェルジュ」がおすすめです。

20,000円のキャッシュバックを受け取れることに加えて、dポイント2,000ptプレゼントといった特典を受け取れます。

【ドコモ光の比較表】
窓口 オンラインコンシェルジュ ネットナビ GMO @nifty OCN ぷらら
実質月額料金 5,574円 5,574円 5,574円 5,574円 5,794円 5,783円
契約期間 2年 2年 2年 2年 2年 2年
キャンペーン 20,000円キャッシュバック
新規工事費無料
dポイント2,000ptプレゼント
20,000円キャッシュバック
新規工事費無料
dポイント2,000ptプレゼント
開通前モバイルWiFiレンタル無料
高性能WiFiルーター無料
20,000円キャッシュバック
新規工事費無料
dポイント2,000ptプレゼント
開通前モバイルWiFiレンタル無料
20,000円キャッシュバック
新規工事費無料
dポイント2,000ptプレゼント
開通前モバイルWiFiレンタル無料
20,000円キャッシュバック
新規工事費無料
dポイント2,000ptプレゼント
15,000円キャッシュバック
WiFiルーターレンタル無料
訪問設定サポート1回無料
セキュリティソフト24ヶ月無料
※料金は戸建ての場合

NURO光・・・ソフトバンクユーザーにおすすめ

他の光回線の標準速度が1Gbosであることに対し、最大2Gbpsの超高速インターネットを楽しみたいという方にはNURO光がおすすめです。

以下の概要表では戸建て料金を紹介しますが、マンションでNURO光の契約をしている場合は「NURO光 for マンション」に加入できます。

NURO光 for マンションでは、実質速度は戸建てプランと比べて下がる傾向にありますが、3年実質月額料金が2,037円~2,697円にまで下がりますよ。

【NURO光の概要表】
エリア 北海道
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県
愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県
広島県、岡山県
福岡県、佐賀県
契約期間 3年
セット割 ソフトバンク/おうち割 光セット:最大1,100円/月
初期費用 手数料 3,300円
工事費 44,000円
月額料金 5,200円
契約期間中の総額 165,300円
契約期間中の実質月額 4,592円
違約金 10,450円
特典 45,000円キャッシュバック
基本工事費実質無料
設定サポート1回無料
※すべて税込み

サービス提供エリアが限られているため注意が必要ですが、NURO光は最大速度・実測値ともに速く、実質料金もリーズナブルです。

「みんなのネット回線速度」が公開している光回線の通信速度ランキングをチェックしてみましょう。

【光回線の実測値ランキング】
順位 回線 下り平均速度
1 コミュファ光 564.18Mbps
2 CTY光 542.72Mbps
3 NURO光 502.7Mbps
4 KCT光 475.64Mbps
5 eo光 443.78Mbps
7 auひかり 408.9Mbps
25 ソフトバンク光 313.72Mbps
28 So-net光プラス 296.87Mbps
34 ドコモ光 266.96Mbps
48 楽天ひかり 208.47Mbps
※2021年10月~12月までの集計結果

トップ5に入っている回線のうち、全国から契約できる会社はNURO光だけです。

とくこ
とくこ

そのほかの回線と比較してもずば抜けた実測値を計測しているから、スムーズにインターネットに接続したい人はNURO光を選ぼう!

窓口のおすすめは、45,000円のキャッシュバックを受け取れる公式特設サイトです。

【NURO光の窓口比較表】
窓口 公式 公式特設サイト 価格.com
実質月額料金 4,435円 4,592円 3,066円
契約期間 3年 3年 2年
キャンペーン 1年間の月額料金を980円に割引
工事費実質無料
訪問設定サポート無料
45,000円キャッシュバック
工事費実質無料
訪問設定サポート無料
96,000円キャッシュバック
開通月最大5,700円割引
11ヶ月間2,022円割引
※すべて税込み

ソフトバンク光・・・ソフトバンクユーザー(NURO光エリア外)におすすめ

NURO光がエリア外でソフトバンクスマホを使っている人には、ソフトバンクスマホの月額料金が毎月1,100円安くなる「おうち割 光セット」を適用できるソフトバンク光がおすすめです。

こうた
こうた

ワイモバイルのスマホも月額最大1,188円安くなるよ!

【ソフトバンク光の概要表】
項目 戸建て マンション
エリア 日本全国
契約期間 2年
セット割 ソフトバンク/おうち割 光セット:最大1,100円/月
初期費用 手数料 3,300円
工事費 26,400円
月額料金 5,720円 4,180円
契約期間中の総額 143,180円 106,220円
契約期間中の実質月額 5,966円 4,426円
違約金 10,450円
特典 37,000円キャッシュバック
開通前WiFiレンタル無料
工事費実質無料
他社違約金最大10万円負担
※すべて税込み

先ほど紹介したNURO光と比べると実質料金が上がってしまいますが、ソフトバンクスマホのセット割を適用できるため、ソフトバンクユーザーならお得に契約できます。

37,000円のキャッシュバックに加えて、他社違約金を最大10万円まで肩代わりしてくれるので、違約金が高すぎて今の回線を解約できない人にもおすすめです。

また、契約窓口で「代理店STORY」を選ぶと、さらにお得な特典が付いてきますよ。

【ソフトバンク光の窓口比較表】
Yahoo!BB STORY NEXT アウンカンパニー エヌズカンパニー アイネットサポート ゼロプラス ブロードバンドナビ LifeBank オープンプラット 公式
実質月額料金 6,466円 5,966円 5,966円 5,966円 5,966円 5,924円 6,258円 6,174円 4,383円 4,591円 7,508円
契約期間 2年 2年 2年 2年 2年 2年 2年 2年 2年 2年 2年
キャンペーン 25,000円キャッシュバック
工事費実質無料
他社違約金10万円還元
37,000円キャッシュバック
工事費実質無料
開通前WiFiルーターレンタル無料
他社違約金10万円還元
37,000円キャッシュバック
工事費実質無料
開通前WiFiルーターレンタル無料
他社違約金10万円還元
37,000円キャッシュバック
工事費実質無料
開通前WiFiルーターレンタル無料
他社違約金10万円還元
37,000円キャッシュバック
工事費実質無料
他社違約金10万円還元
38,000円キャッシュバック
工事費実質無料
開通前他社違約金10万円還元
30,000円キャッシュバック
工事費実質無料
他社違約金10万円還元
33,000円キャッシュバック
工事費実質無料
開通前WiFiルーターレンタル無料
他社違約金10万円還元
最大75,000円キャッシュバック
工事費実質無料
他社違約金10万円還元
最大70,000円キャッシュバック
工事費実質無料
他社違約金10万円還元
他社違約金10万円還元
※すべて税込み、戸建ての場合

STORYでは、特典を「A」と「B」のいずれかから選べます。

【代理店STORYの選べる特典】
特典A 37,000円キャッシュバック
特典B Nintendo Switchプレゼント

Nintendo Switchはコロナ禍に需要が拡大し、現在も品薄の状態が続いているので、「スイッチが欲しい!」という人にもソフトバンク光×代理店STORYのコンボは魅力的でしょう。

また、簡単にキャッシュバックを受け取れる窓口を探している人には、代理店NEXTもおすすめできます。

とくこ
とくこ

NEXTでもNintendo Switchプレゼントキャンペーンを実施しているから、現金かゲームのいずれかを受け取れるよ。

auひかり・・・auユーザーにおすすめ

auひかり NEXT

auスマホを利用している人は、auのセット割を適用できるauひかりがおすすめです。

【auひかりの概要表】
項目 戸建て マンション
エリア 日本全国 ※以下の2府10県はサービス提供エリア外
長野県、岐阜県、静岡県、愛知県
三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
沖縄県
契約期間 3年 2年
セット割 au/auスマートバリュー:最大1,100円/月
初期費用 手数料 3,300円
工事費 41,250円 33,000円
月額料金 1~12ヶ月目:5,610円
13~24ヶ月目:5,500円
25ヶ月目以降:5,390円
4,180円
契約期間中の総額 150,490円 52,640円
契約期間中の実質月額 4,180円 2,193円
違約金 16,500円+撤去費31,680円 7,700円
特典 65,000円キャッシュバック 60,000円キャッシュバック
他社違約金最大55,000円負担
工事費実質無料
※すべて税込み

auのセット割を適用できるauひかりは、戸建てかマンションかによって契約期間や工事費、キャンペーン内容等が異なるため注意しましょう。

先ほども紹介しましたが、全国各地から契約できる光回線の中では、実測値が速く安定していることも特徴的です。

【光回線の実測値ランキング】
順位 回線 下り平均速度
1 コミュファ光 564.18Mbps
2 CTY光 542.72Mbps
3 NURO光 502.7Mbps
4 KCT光 475.64Mbps
5 eo光 443.78Mbps
7 auひかり 408.9Mbps
25 ソフトバンク光 313.72Mbps
28 So-net光プラス 296.87Mbps
34 ドコモ光 266.96Mbps
48 楽天ひかり 208.47Mbps
※2021年10月~12月までの集計結果
こうた
こうた

NURO光を契約できなかった人で、料金よりも回線の速さを優先したい人は、スマホセット割を無視してでもauひかりを契約する価値があるね。

また、代理店NEXTから契約を結ぶと、最大で65,000円の高額キャッシュバックも受け取れます。

【auひかりの窓口比較表】
窓口 GMO So-net NEXT フルコミット グローバルキャスト アイネットサポート NNコミュニケーション BIGLOBE DTI @nifty au one net @TCOM ASAHIネット
実質月額料金 3,741円 3,961円 3,903円 4,236円 4,153円 4,458円 4,541円 3,769円 4,930円 5,137円 5,430円 4,597円 6,444円
契約期間 3年 3年 3年 3年 3年 3年 3年 3年 3年 3年 3年 3年 3年
キャンペーン 61,000円キャッシュバック
高性能WiFiルータープレゼント
工事費実質無料
35ヶ月間月額料金割引 65,000円キャッシュバック
工事費実質無料
63,000円キャッシュバック
工事費実質無料
66,000円キャッシュバック
工事費実質無料
55,000円キャッシュバック
工事費実質無料
訪問設定サポート無料
52,000円キャッシュバック 60,000円キャッシュバック 38,000円キャッシュバック 30,000円キャッシュバック 20,000円キャッシュバック 50,000円キャッシュバック
※すべて税込み、戸建ての場合

So-net光プラス・・・auユーザー(auひかりエリア外)におすすめ

前述したauひかりは関西地方などから契約できないため、auひかりがエリア外なauスマホユーザーは、auスマートバリューを適用できるSo-net光プラスを選びましょう。

【So-net光プラスの概要表】
項目 戸建て マンション
エリア 日本全国
契約期間 3年
セット割 au/auスマートバリュー:最大1,100円/月
初期費用 手数料 3,300円
工事費 26,400円
月額料金 6,138円 4,928円
契約期間中の総額 177,930円 135,580円
契約期間中の実質月額 4,943円 3,766円
違約金 20,000円
特典 60,000円キャッシュバック
工事費実質無料
WiFiルーター永年無料
訪問設定サポート無料
開通前WiFiレンタル無料
※すべて税込み

So-net光プラスの代理店So-net公式では、25周年記念の大還元祭と銘打って、戸建て・マンションともに60,000円のキャッシュバックを提供中です。

60,000円キャッシュバックの受け取り方
  • So-net光プラスへ新規入会・コース変更で入会すること
  • 申し込みから6ヶ月後の月末までに利用を買いすすること
  • 受け取り期間内に専用ページから受取口座指定を済ませること

So-net公式は様々な特典が充実しているため、満足度の高い窓口としておすすめできますよ。

とくこ
とくこ

たとえば「開通前WiFiレンタル無料」特典を利用すれば、引っ越し完了から工事完了までのブランク期間にWiFiを使ってインターネットに接続できるよ!

訪問設定サポートも無料なので、申し込み後にパソコンの設定をするのが面倒・難しいという人でも安心です。

【So-net光プラスの窓口比較表】
窓口 ライフサポート GrandNetwork So-net NEXT bloom BIGUP ネットナビ
実質月額料金 6,331円 4,943円 4,943円 6,054円 5,220円 6,054円 6,331円
契約期間 3年 3年 3年 3年 3年 3年 3年
キャンペーン 10,000円キャッシュバック
工事費実質無料
60,000円キャッシュバック 60,000円キャッシュバック
開通前WiFiレンタル無料
WiFiルーター永年無料
セキュリティソフト無料
訪問設定サポート無料
20,000円キャッシュバック
工事費実質無料
50,000円キャッシュバック
高速WiFiルーター2ヶ月無料
20,000円キャッシュバック
工事費実質無料
無線LANルーター12ヶ月無料
10,000円キャッシュバック
工事費実質無料
※すべて税込み、戸建ての場合

ご覧のように、特典の内容でSo-net公式が抜きんでていることがわかりますね。

楽天ひかり・・・楽天モバイルユーザーにおすすめ

楽天モバイルを契約する予定がある人は、セットで申し込むと楽天ひかりの月額料金が1年間無料になる「楽天ひかり」が圧倒的におすすめです。

【楽天ひかりの概要表】
項目 戸建て マンション
エリア 日本全国
契約期間 3年
セット割
初期費用 手数料 880円
工事費 19,800円 16,500円
月額料金 1~12ヶ月目:3,080円
13ヶ月目以降:5,280円
1~12ヶ月目:1,980円
12ヶ月目以降:4,180円
契約期間中の総額 201,080円 159,280円
契約期間中の実質月額 5,586円 4,424円
違約金 10,450円
特典 楽天モバイルとのセット契約で月額料金が1年間無料
工事費実質無料
楽天ポイント1,000ptプレゼント
※すべて税込み

楽天モバイルとの同時契約が条件ですが、楽天ひかり1年目の月額料金最大33,880円が無料になるキャンペーンを実施しています。

こうた
こうた

また、楽天ひかり契約者はSPUの対象となるから、楽天市場のお買物で貯まるポイントが最大で15倍にアップするよ!すごいね!

  • 「スーパーポイントアッププログラム」の略で、楽天を使ってお買い物をする際、通常の数倍~数十倍のポイント還元を受けられるサービスです。

普段から楽天を利用する機会が多い人は、楽天ひかりに申し込むとお得です。

楽天ひかりの場合、他社のように代理店窓口がないため、公式サイトから申し込みましょう。

自宅にWiFiを引くまでの手順をわかりやすく解説!

手順 記載

自宅にWiFiを引くまでの手順は合計8ステップです。

とくこ
とくこ

手順が多く感じるかもしれないけど、この項目を読みながら手続きを進めれば、あっという間に自宅でWiFiを利用できるよ。

①提供エリアを確認する

まずは、WiFiの提供エリアを確認しましょう。

クラウドSIMはドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアの回線を使用するため、各キャリアがサービス対象エリア内に含まれていれば、問題なく自宅からWiFiに接続できる確率が高いです。

提供エリアの検索は以下のサイトから行えます。

<提供エリア検索ページ一覧表>
ドコモ こちら
au、WiMAX こちら
ソフトバンク こちら
ドコモ光 こちら
NURO光 こちら
auひかり こちら
ソフトバンク光 こちら
So-net光プラス こちら

②キャンペーン内容を確認する

お住まいのエリアで使えるWiFiがわかったら、各社が用意しているキャンペーン内容を確認します。

主なキャンペーンの概要をまとめました。

主なキャンペーンの概要
  • キャッシュバック・・・契約後に受け取れる現金
  • 月額料金割引・・・手続き不要で毎月の料金が割引されるサービス
  • 工事費実質無料・・・開通時にかかる工事費が実質無料になる
  • 他社違約金補てん
  • セキュリティサービス無料

ただし、キャンペーンの内容によっては、高額なオプションに加入しなければ適用されないものもあるため注意しましょう。

この記事でお伝えしてきた窓口は、高額・多数のオプション加入が不要で条件のよいキャンペーン特典を得られる窓口ばかりです。

③初期費用や月額料金を確認する

めぼしい回線が見つかったら、初期費用や月額料金を確認しましょう。

契約事務手数料、端末代、工事費といった初期費用は、初回請求時に一括請求されます。

料金の安いインターネット回線を探したい場合は、月額料金よりも実質料金に注目することがポイントです。

④おすすめ窓口から申し込む

WiFiを契約できる窓口は非常に多く、どこから契約すればよいのか悩んでしまいがちです。

こうた
こうた

窓口によって割引額やキャンペーンの内容が異なるから、お得に契約するためには窓口を詳しく確認しなければならないよね。

この記事でお伝えした窓口は、実質料金が最安の窓口が中心なので、当サイトから申し込みを行えばもっとも安く理想的なWiFi環境が手に入りますよ。

⑤端末を受け取る(開通工事を行う)

おすすめ窓口から申し込みを行うと、早ければ翌日~翌々日までには端末が自宅に届きます。

WiFiの場合は工事不要なので、端末が到着したその日からインターネットに接続が可能です。

光回線の場合は、日程を打ち合わせた上で開通工事を行います。

⑥初期設定を行って機器に接続する

端末を受け取ったら、初期設定を行って機器に接続します。

とくこ
とくこ

ポケット型WiFiの場合、充電が十分ではない可能性があるから、まずはコンセントにつないで充電しよう。

基本的には、端末の本体や外箱に書かれているパスワードを入力するだけで、インターネットにつながります。

⑦利用を開始する

初期設定が終わったら、そのまま利用を開始しましょう。

万が一接続できないという場合は、契約先のカスタマーサポートに連絡すると対応してもらえます。

⑧キャッシュバックなどの受け取り手続きをする

キャッシュバックやスマホセット割の申請ができるのは、利用開始後です。

各社の受け取り条件を確認して、期限内に忘れないように申し込みを行いましょう。

自宅に引くWiFiについてのよくある質問

自宅に引くWiFiに関する質問でとくに多いのは以下の6点です。

こうた
こうた

それぞれに詳しくお答えしましょう。

自宅にWiFiを引く方法にはどんなものがある?

自宅にWiFiを引く方法は以下の3つです。

それぞれに特徴があるので、自分が求めている要素を備えている回線の種類を選びましょう。

詳しく知りたい方は、自宅にWiFiを引く方法は3パターン!をご覧ください。

いまおすすめのインターネット回線は?

2022年おすすめのインターネット回線は、記事内にあるそれぞれの項目で詳しく紹介しました。

ポケット型WiFiの場合、使いたい容量に合った会社を選ぶことがお得に契約するコツです。

また、光回線を契約する場合は、スマホとのセット割を適用できる回線を優先しましょう。

ポケット型WiFiのおすすめが知りたい方は2022年最新のおすすめインターネット回線5選【ポケット型WiFi】を、光回線のおすすめが知りたい方は2022年最新のおすすめインターネット回線5選【光回線】をご確認ください。

WiFiはどの程度速度が出たら速いといえる?

インターネットの使い方に応じた、必要な回線速度の目安は以下のとおりです。

【必要な回線速度の目安】
インターネットサーフィン 1~10Mbps
メール、LINE 1Mbps
SNS 3~10Mbps
YouTubeの視聴 3~25Mbps

目安として25Mbps以上の実測値が出るWiFiなら、接続しにくいなどの問題は起こらないでしょう。

WiFiの実測値は、「みんなのネット回線速度」やSNSへの投稿から確認できます。

上記でおすすめした回線の実測値を見てみましょう。

【おすすめ回線ごとの下り平均速度一覧表】
タイプ 回線 下り平均速度
置くだけWiFi モバレコエアー 46.71Mbps
home 5G 173.25Mbps
WiMAX 49.15Mbps
ポケット型WiFi どこよりもWiFi 17.61Mbps
MONSTER MOBILE 29.63Mbps
Hi-ho Let’s Wi-Fi 15.55Mbps
バナナWiFi データなし
Chat WiFi 12.84Mbps
光回線 ドコモ光 266.96Mbps
NURO光 502.7Mbps
ソフトバンク光 313.72Mbps
auひかり 408.9Mbps
So-net光プラス 296.87Mbps
楽天ひかり 208.47Mbps
※2021年10月~12月の集計結果
とくこ
とくこ

どの回線を選んだとしても、おおむねストレスなくインターネットを利用できるはずだよ!

速度制限のないWiFiはある?

原則、速度制限なしで利用できるWiFiは以下の2社です。

速度制限のないWiFi

ただし、どちらも通信環境次第では速度制限がかかる場合があると明記しているため、確実に速度制限を回避できるわけではありません。

WiMAXも原則使い放題ですが、直近の3日間で合計15GB以上を消費した場合は、通信速度が1Mbpsに下がるため注意しましょう。

完全無制限でインターネットに接続したい場合は、光回線の契約がおすすめです。

自宅のWiFiのセキュリティ対策はどうすればいい?

セキュリティ設定を一切していないWiFiは「オープンネットワーク」と呼ばれ、電波が届く範囲内にいる人なら誰でも接続できます。

こうた
こうた

最悪の場合は、自分のパソコンの中に入っているアドレス帳やクレジットカード情報といったデータが漏えいする恐れがあるから、まずはパスワードを設定しよう。

それ以上のセキュリティ強化を望む場合は、セキュリティ性能が高い最新式のWiFiルーターを使い、ファームウェアを最新のものにアップデートすることをおすすめします。

また、インターネット回線の契約窓口によっては、契約者に向けてセキュリティソフトを無料で提供するキャンペーンを実施することもあるため、これを利用するのも有効な手段です。

自宅のWiFiが遅くなったときの対処法は?

自宅のWiFiが遅くなったときは、以下の対処法を試しましょう。

WiFiが遅くなったときの対処法
  • ルーターや機器を再起動する
  • ルーターの置き場を窓の近くなどに変える
  • 機器を最新の状態にアップデートする
  • 同時接続台数が多い場合は、優先度の低い端末の接続を解除する
とくこ
とくこ

これらの対策をしても改善できない場合は、他社への乗り換えを選択肢に入れるとよいでしょう。

まとめ

自宅で利用するWiFiは、以下の3種類の中から選びましょう。

【WiFiの特徴一覧表】
項目 置くだけWiFi ポケット型WiFi 光回線
開通工事 × ×
外出先でも使える × ×
速度
料金

回線の種類によって、得意としていることと注意点が異なります。

まずはどんな使い方をすることが多いのかを考えて、希望に当てはまる強みや特徴を持った回線の種類を選びましょう。

また、条件別に見たおすすめのインターネット回線は以下のとおりです。

インターネット回線は、同じ種類の回線だとしても、契約する窓口によって実施しているキャンペーンの内容が異なり、実質料金が大きく変化します。

この記事では、データ容量や使っているスマホキャリア別に見た、もっともお得な回線・窓口を詳しく解説してきました。

ぜひ参考にご活用いただき、お得で快適な回線を見つけて契約してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました