ポケット型WiFiの料金を最新20社で徹底比較!レンタルや海外向けで安い会社も紹介 | マイナビニュース インターネット比較

ポケット型WiFiの料金を最新20社で徹底比較!レンタルや海外向けで安い会社も紹介

ポケットWiFiの料金を安くする方法は? ポケットWiFi

ポケット型WiFiの契約を検討している人がとくに気になるポイントといえば「料金」ですよね。

誰もが最安のポケット型WiFiを契約して、月々支払う料金をおさえたいと思っているでしょう。

結論からいうと、最安のポケット型WiFiは20GBまでの小容量プランが安く契約できる「ゼウスWiFiですが、速度の安定度やデータ容量の安心感を合わせて考えると1番おすすめなのは「WiMAXです。

今回はポケット型WiFi20社の料金を徹底比較し、あなたにもっともお得な契約先はどこなのか解説していきますよ。

こうた
こうた

本当に安くポケット型WiFiを契約するなら月額料金だけでなく、キャッシュバックや割引キャンペーンにも注目すべきだよ!

とくこ
とくこ

料金以外にポケット型WiFiの契約でチェックすべきポイントもあわせて解説していくから、ぜひ参考にしてね!

また、記事の後半では短期間だけポケット型WiFiを契約できるレンタル向けポケット型WiFiや、海外向けポケット型WiFiの料金も比較し、オススメを紹介します。

この記事を読めば、自分がどのポケット型WiFiを契約すべきかわかるだけではなく、申し込む際の注意点や気になる疑問の答えもわかるので、最後まで読んでみてくださいね。

この記事を書いた人
マイナビニュース ネット比較編集部

マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

マイナビニュース ネット比較編集部をフォローする

ポケット型WiFiの料金相場は?最新20社を徹底比較!

現在、ポケット型WiFiはWiMAXやクラウドSIM、ワイモバイル、docomo…と、多くのキャリアが販売しているため、どれを契約すべきか迷ってしまうのではないでしょうか。

結論からいうと、コスパ重視なら以下の2社がおすすめです!

料金重視のポケット型WiFi2選
  • 安くて速いポケット型WiFi!無制限ならBroadWiMAX
  • 月間20GBまでの小容量プランなら最安値!ゼウスWiFi

BroadWiMAXは月額料金からの大幅割引が2年間も続き、毎月の支払いが安いうえに、キャッシュバックや乗りかえキャンペーンなどの特典も豊富です。

データ容量も無制限のプランが契約できるので、コスパを考えるともっともおすすめですよ。

また、とにかく安くポケット型WiFiを契約したいなら、月間20GBまで月額2,178円と最安値で契約できるゼウスWiFiもチェックしましょう。

こうた
こうた

今回オススメする2社が本当に安いのか、人気ポケット型WiFi20社で料金やキャンペーンを比較してみたよ!

とくこ
とくこ

ポケット型WiFiで料金以外にも注目してほしい、データ容量や速度もあわせて比較したから確認しておいてね!

【主要ポケットWi-Fi20社比較一覧表】
契約先 データ量 実質月額料金
(3年)
※1
キャンペーン 月額料金 平均速度
※2
速度制限
ゼウスWiFi
(縛りあり)
20GB
2,138円
ZEUSサマーキャンペーン
端末無料
0〜3ヶ月:980円
4ヶ月以降:2,178円
15.47Mbps
20GB以上で
翌月まで最大128Kbps
Ex Wi-Fi
50GB
3,037円
端末実質無料
2,948円

(データなし)
50GB以上で
翌月まで最大128Kbps
MUGEN
WiFi
100GB
3,537円
・端末無料
・10,000円
キャッシュバック
3,718円
16.33Mbps
100GB以上で
翌月まで最大128Kbps
縛りなしWiFi
(縛りあり)
実質60GB
3,169円
端末無料
3,080円
28.76Mbps
1日2GB以上で
翌日まで最大128Kbps
どこよりもWiFi
(縛りあり)
100GB
3,489円
端末無料
3,400円
17.67Mbps
100GB以上で
翌月まで最大128Kbps
THE WiFi
100GB
3,858円
・3,000円分
のギフト券
・端末無料
0~3ヶ月目:0円
4ヶ月目以降:4,226円
10.69Mbps
100GB以上で
翌月まで最大128Kbps
Broad
WiMAX
実質無制限
※3
3,876円
・端末無料
・料金大幅割引
・5,000円キャッシュバック
・他社違約金負担
0~2か月:2,999円
3~24か月:3,753円

25か月~:4,413円
43.72Mbps
3日間に10GB以上で
約8時間おおむね1Mbps
GMOとくとくBB
WiMAX

(CB)
実質無制限
※3
3,935円
・端末無料
・料金割引
最大29,000円
キャッシュバック
0〜2か月目:3,969円
3か月目〜:4,688円
43.72Mbps
3日間に10GB以上で
約8時間おおむね1Mbps
カシモ
WiMAX
実質無制限
※3
3,994円
月額割引
0か月目:1,518円
1か月目~:3,971円
43.72Mbps
3日間に10GB以上で
約8時間おおむね1Mbps
DTI
WiMAX
実質無制限
※3
3,967円
月額割引
0~1か月目:0円
2か月目:2,849円
3か月目~:4,136円
43.72Mbps
3日間に10GB以上で
約8時間おおむね1Mbps
EX
WiMAX
実質無制限
※3
4,010円
・月額割引 ・違約金負担
3,905円
43.72Mbps
3日間に10GB以上で
約8時間おおむね1Mbps
Tikiモバイル
WiMAX
実質無制限
※3
4,401円
・月額割引 ・事務手数料無料
0~35ヶ月目:4,389円
36ヶ月目以降:4,818円
43.72Mbps
3日間に10GB以上で
約8時間おおむね1Mbps
So-net
WiMAX
実質無制限
※3
4,414円
月額割引
初月無料
1〜12ヶ月目:3,700円
13ヶ月目以降:4,817円
43.72Mbps
3日間に10GB以上で
約8時間おおむね1Mbps
BIGLOBE
WiMAX
実質無制限
※3
4,460円
17,000円CB
0か月目:0円
1か月目~:4,378円
43.72Mbps
3日間に10GB以上で
約8時間おおむね1Mbps
hi-ho
Let’s WiFi
210GB
4,259円
・端末無料
・事務手数料無料
0~11ヶ月目:3,278円
12ヶ月目以降:4,730円
10.16Mbps
1日7GB以上で
翌々日中最大128Kbps
UQWiMAX
実質無制限
※3
4,803円
4,268円
43.72Mbps
3日間に10GB以上で
約8時間おおむね1Mbps
エディオンネット
WiMAX
実質無制限
※3
4,803円
4,268円
43.72Mbps
3日間に10GB以上で
約8時間おおむね1Mbps
KTWiMAX
実質無制限
※3
4,803円
4,268円
43.72Mbps
3日間に10GB以上で
約8時間おおむね1Mbps
ワイモバイル
実質無制限
※3
5,228円
端末代金
18,000円引き
4,818円
41.83Mbps
3日間に10GB以上で
約7時間おおむね1Mbps
docomo Wi-Fi STATION
100GB
9,245円
8,415円
134.09Mbps
100GB以上で
翌月まで最大3Mbps
※1:実質料金=事務手数料+月額料金×37か月分―キャッシュバック額÷37か月
※2:みんなのネット回線速度調べ
※3:速度制限あり

WiMAXは速度が速く、データ容量や速度制限の内容も他社より安心して利用できるのが魅力です。

ただし、WiMAXはプロバイダによって料金や特典内容が大きく違ってくるため、コスパを重視するならお得に申し込めるプロバイダを見つけ出すことが重要です。

こうた
こうた

BroadWiMAXはWiMAXのプロバイダでもっとも安く契約できるから、料金重視で選ぶならオススメなんだね!

また、ポケット型WiFiは1か月のデータ容量によって料金が変わる会社も多く、小容量プランなど自分にあったサービス内容を選べばその分費用も安く抑えられますよ。

ポケット型WiFiの料金相場は4,000円前後

ポケット型WiFiの料金相場は、4,000円前後です。

したがって、月額料金が4,100円以上なら高く、3,900円以下なら安いといっていいでしょう。

ただし、この料金相場はサイトに掲示されている月額料金ではなく、契約期間内の実質料金から算出した実質月額です。

実質料金は以下の計算式で算出していますよ。

【3年間の実質料金】

月額料金×37か月分(契約初月含む)+初期費用(事務手数料・端末代金)
-キャッシュバック・割引額÷37

とくこ
とくこ

月額料金だけに注目しても、契約先によって端末代金が無料だったり、キャッシュバックがもらえたりするから、本当にお得なポケット型WiFiがどこかわかりにくいわよ。

こうた
こうた

実質料金で比較すれば、契約期間内に支払うトータルの費用から1か月あたりの料金を算出するからどこが一番安いかわかりやすいね!

料金相場を比較する際は、少々面倒でも実質料金で比べてくださいね。

料金重視のポケット型WiFi!おすすめはこの2社

料金を重視してポケット型WiFiを選ぶなら、以下の2社がおすすめです。

料金重視のポケット型WiFi2選
  • 安くて速いポケット型WiFi!無制限ならBroadWiMAX
  • 月間20GBまでの小容量プランなら最安値!ゼウスWiFi

インターネットをある程度利用して速度も十分なものを選びたいなら、無制限プランで月額料金割引が受けられるBroadWiMAXを契約すれば満足できますよ。

ただし、あまりインターネットを使わない方や、自宅に光回線があり外出時のみポケット型WiFiを使いたい方は小容量プランが最安値で契約できるゼウスWiFiを検討しましょう。

こうた
こうた

さっそく、おすすめポケット型WiFi2社のサービス内容やくわしいキャンペーンをみていこう!

安くて速いポケット型WiFi!無制限なら「Broad WiMAX」

引用:BroadWiMAX

コスパ重視でポケット型WiFiを選ぶなら、迷わずWiMAXをおすすめします。

WiMAXは独自のWiMAX2+回線とauのLTE回線を使って、高速で安定した速度で利用できます。

1か月のデータ容量無制限の「ギガ放題」も契約でき、動画視聴やゲームなどインターネットをたっぷり使いたい人にもオススメですよ。

とくこ
とくこ

WiMAXで最安値のプロバイダ・BroadWiMAXの特徴は以下のとおりよ!

【Broad WiMAX サービス内容】
プラン名 ギガ放題プラン
月額料金 0〜2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
端末代 無料
契約事務手数料 3,300円
キャンペーン内容 ・月額料金割引
・他社解約違約金負担
・いつでも解約サポート
3年間の実質料金 143,424円
実質月額料金 3,876円

Broad WiMAXでは2年間、月額料金からの大幅割引が受けられます。

引用:BroadWiMAX

さらに申込みから半年後には、5,000円のキャッシュバックが指定の口座に振り込まれますよ。

こうた
こうた

BroadWiMAXのキャッシュバックを受けるには、事前に振込用口座の登録が必要だからあわせて確認しておいてね。

BroadWiMAXキャッシュバック申請方法
  1. BroadWiMAX申し込み後にキャッシュバック申請用メールが届く
  2. メールから振込用口座を登録
  3. 申し込みから6か月後に指定口座へ5,000円が振り込まれる

BroadWiMAXではほかにも、他社回線からの乗り換え費用を最大19,000円まで還元してくれるキャンペーンや、利用後に光回線などへ無料で乗り換えられる「いつでも解約サポート」なども実施しています。

とくこ
とくこ

月額料金の安さだけじゃなく、充実したキャンペーンが受けられるのもBroadWiMAXのメリットなのね。

ただし、WiMAXはギガ放題でも3日間に10GB以上通信すると、速度制限がかかります。

速度制限にかかるとインターネット検索もできないくらい超低速になるポケット型WiFiが多い中、WiMAXなら制限期間が夕方6時~深夜2時間までの約8時間と短く、制限中の速度もおおむね1Mbpsの速度が出るので安心です。

WiMAXを契約される方は、ぜひBroad WiMAXからの申し込みを検討してみてくださいね。

月間20GBまでの小容量プランなら最安値!「ゼウスWiFi」

ゼウスWiFi7月
引用:ゼウスWiFi

インターネットを使う頻度が少ない場合や必要な容量を選んで契約したいなら、データ容量に上限があるポケット型WiFiの中で最安のゼウスWiFiがオススメです。

【ゼウスWiFi サービス内容】
プラン名 縛りあり20GBプラン
月額料金 0〜3ヶ月目:980円
4ヶ月目以降:2,178円
端末代 無料
契約事務手数料 3,300円
キャンペーン内容 ZEUSサマーキャンペーン
3年間の実質料金 79,094円
実質月額料金 2,138円

ゼウスWiFiでは契約期間2年のプラン以外にも、契約期間を定めない「フリープラン」も選べます。

引用:ゼウスWiFi

また、20GB以外にも40GB・100GBのプランも選べるので、自分のインターネット利用量や目的にあわせられるのはうれしいですね。

こうた
こうた

1か月にどれくらいのデータ容量が必要か、目安を知りたい人はのちほど20GBでできることを解説しているから参考にしてね。

ゼウスWiFiはクラウドSIMのポケット型WiFiで、速度はWiMAXと比べると遅いですが、広い範囲でつながりやすいですよ。

とくこ
とくこ

クラウドSIMはau・ソフトバンク・ドコモといった3大携帯電話キャリアのLTE回線を使う最新技術で、その場所でもっともつながりやすい電波を自動的に切り替えてくれるのよ。

クラウドSIMのポケット型WiFiは海外でもそのまま、同じ端末を持って行ってインターネットをつなげられるので重宝しますよ。

レンタル料金が安いポケット型WiFi比較!

短期間だけポケット型WiFiを安く使いたい人には、レンタルサービスがおすすめです。

こうた
こうた

数日間の旅行や入院でポケット型WiFiを契約するなら、日数で料金が決まるレンタルサービスのほうが無駄なく安いこともあるよ。

とくこ
とくこ

基本的にポケット型WiFiの契約は2~3年の期間が定められていて、解約時には違約金が発生することもあるから、状況によってレンタルも検討してみて!

では、ポケット型WiFiのレンタル会社5社の料金を比較してみましょう。

契約期間なしで利用できるゼウスWiFiの20GBフリープランもあわせて比較するので、どれくらいの期間ならレンタルよりお得になるかもチェックしてくださいね。

データ容量 2泊3日 6泊7日 13泊14日 30泊31日 その他費用
Wi-Fiレンタル
どっとこむ
(601HW)
1日1GB
1,320円
3,080円
6,160円
6,600円
受取手数料:550円
送料:517円~
WiFi東京
(501HW)
1日3GB
1,320円
3,080円
6,160円
6,600円
往復送料:
1,100円
Wi-Fi
レンタル屋さん
(WX05)
3日10GB
1,470円
3,430円
6,860円
7,350円
往復送料:
1,100円
WiFiレンタル
Japan
(601HW)
月100GB
3,360円
6,720円
7,450円
往復送料:
990円~ 1,100円
ゼウスWiFi
月20GB
2,618円
事務手数料:3,300円
こうた
こうた

初回のみかかる事務手数料を含めても、2週間以上利用するならゼウスWiFiを契約した方が安いんだね。

とくこ
とくこ

2週間以下の利用ならポケット型WiFiをレンタルで契約したほうが、解約の手間も省けるし便利ね!

レンタルのポケット型WiFiなら「WiFiレンタルどっとこむ」

ポケット型WiFiをレンタルしたい人には、WiFiレンタルどっとこむをおすすめします。

WiFiレンタルどっとこむでは、ソフトバンク・ドコモ・au・WiMAX・ワイモバイルの5社が発売しているポケット型WiFiを1日からレンタルできます。

たとえば、ソフトバンクのポケット型WiFi・601HWは1日440円でレンタルができますよ。

また、WiFiレンタルどっとこむはレンタル専用の会社なので、レンタル期間が終了すれば違約金を払うことなく解約できます。

たとえば、WiMAXなら1年以内の解約で20,900円の解約金がかかるので、安心ですね。

端末は平日15時までの申し込みで当日発送が可能です。

急いでいる人は新宿営業所に行くと当日受け取りも可能なので、短期間だけポケット型WiFiを使いたい人はWiFiレンタルどっとこむを利用してみてくださいね。

海外料金が安いポケット型WiFi比較!

旅行や出張で海外でもポケット型WiFiを使いたい方に向けて、海外向けポケット型WiFi5社も比較してみましょう。

レンタル料金
(最安値)
送料・その他費用 対応可能な
国や地域
受取・返却方法
グローバル WiFi
670円~/日
(韓国、300MB)
・空港での受取
(国内・現地、返却込):0円
・国内配送(返却込):0円
・補償:220円~/日
200以上
・国内配送
・国内空港
・現地空港
Sakura Mobile
680円~/日
(台湾、無制限)
・現地での受取返却無料
・国内配送(返却込)
:1,100円
・補償:220円~/日
アジアと欧米
など10か国
・国内配送
・国内空港
・現地空港
イモトのWiFi
680円~/日
(韓国、500MB)
・東京本社での受取返却無料
・国内空港や配送での受取:550円
・補償:220円~/日
200以上
・国内配送
・国内空港
・東京本社で受取
Wi-Ho!
750円~/日
(韓国、300MB)
・商品手配手数料550円
・国内配送無料
(3,000円以上利用の場合)
・補償:330円~/日
200以上
・国内配送
・国内空港
ゼウスWiFi
161円~/日
(韓国、300MB)
+月額2,618円
事務手数料:3,300円
/初回のみ
106か国
国内配送

海外で使えるポケット型WiFiは大きくわけて、以下の2種類があります。

  • 海外向けレンタルポケット型WiFi:レンタルした日数で料金が発生
  • クラウドSIMのポケット型WiFi:月額料金+海外で電源を入れた日数で海外料金が発生
こうた
こうた

海外向けのレンタルポケット型WiFiは何となくわかるけど、クラウドSIMのポケット型WiFiって海外でも使えるの?

先ほど紹介したゼウスWiFiでも採用されている技術・クラウドSIMは、同じ端末をそのまま海外へ持っていき電源をオンにするだけで、現地のLTE回線を自動的にキャッチし日本と同じようにインターネットができます。

とくこ
とくこ

クラウドSIMならわざわざ、海外向けのポケット型WiFiをレンタルしなくていいのね!

ただし、海外向けのポケット型WiFiは渡航する日数だけレンタルできますが、クラウドSIMは基本的に1か月単位で月額料金が発生します。

一週間くらいの短期間、海外へ行くならレンタルのポケット型WiFiのほうが安いですし、日本でもポケット型WiFiを使いたい人でたまに海外へも行くという人はクラウドSIMのほうが便利ですね。

海外向けポケット型WiFiなら「グローバル WiFi」

引用:グローバルWiFi

海外向けのポケット型WiFiをレンタルするなら、料金が安いグローバルWiFiがオススメです。

レンタル料金は渡航する国や1日に利用するギガ数で変わるので、契約前に確認しておいてくださいね。

グローバルWiFiの公式サイトでは渡航国と利用予定日を入力すると、すぐに料金シミュレーションができるのでわかりやすいですよ。

グローバルWiFiではキャンペーンで通常500円の受取手数料などが0円なので、基本的にレンタル料金だけで利用できるのもうれしいポイントです。

こうた
こうた

4,000円以上の契約で、レンタル料金が1,000円引きになるキャンペーンもあわせて受けられるからお得だよ!

料金だけじゃない!ポケット型WiFi選びで注目したい4つのポイント

ポケット型WiFiを選ぶ際には、料金の安さだけでなく、以下4つのポイントに注目しなければ快適に利用できません。

こうた
こうた

安さと快適さ、どちらも十分なサービスこそが「コスパのよいポケット型WiFi」といえるね!

月間データ容量が十分か

ポケット型WiFiのデータ容量は、無制限または20~100GBに上限が設けられている場合が多いです。

無制限ならどれだけ使っても速度制限にかかりませんが、上限が決められている場合は月末までに上限を超えると速度制限がかかるので注意する必要があります。

ここでは多くのポケット型WiFiの上限値として採用されている20GBの容量で、どれくらいのことができるのか、具体例を表にまとめました。

スマホ パソコン
Web閲覧 約64,000ページ 約47,000ページ
画像添付のメール受信 約6,660通 約6,660通
YouTube標準画質
(4分40秒の動画)
約1,720回
※YouTubeアプリ使用
約680回
スカイプ 約368時間 約568時間
※参考:hi-ho(http://hi-ho.jp/support/faq/ans/service-3.php)

上記を超えるような使い方をしている場合は、無制限系のポケット型WiFiを選びましょう。

速度制限の条件が緩いか

ポケット型WiFiの速度制限は、プランや会社によって以下3パターンにわかれます。

  • 1日または1ヶ月あたり〇〇GB使うと厳しい速度制限
  • 3日間に10GB以上使うと翌日夜に軽い速度制限(WiMAXのみ)
  • 1か月のデータ容量が基本的に無制限

この中では「1日または1ヶ月あたり○○GB」がもっとも厳しい制限となるので、こちらの制限が当てはまるプランを利用するときは使い過ぎに要注意です。

万が一、速度制限にかかると月末までインターネット検索すらできないレベルに制限されてしまうサービスもあるので気をつけましょう。

超低速の制限が心配なら、速度制限がかかっても夕方から深夜までの短期間で解除され、おおむね1Mbpsの速度で動画視聴もできる程度のWiMAXがおすすめですよ。

とくこ
とくこ

WiMAXの速度制限についてはこちらの記事でくわしく解説しているから、あわせて読んでみてね。

速度の実測値がしっかりと出ているか

公式サイトに掲載されている最大速度はベストエフォート値なので、最大150Mbpsなどと書かれていても、そこまでのスピードが出ることはありません

実際の速度が知りたい人は、Twitterの口コミやユーザーの実測値をまとめている「みんなのネット回線速度」の速度ランキングなどをチェックするほうが確実ですよ。

また、速度遅延や通信障害の頻度も重要なチェック項目です。

いくら最大速度が速くても障害などが頻発しているポケット型WiFiは快適に使えません。

これらの情報もTwitterの口コミで確認できるので、契約前に調べておくといいでしょう。

こうた
こうた

ちなみに今回比較した20社のポケット型WiFiで最速は、docomo Wi-Fi STATIONの5G対応機種・SH-52Aだよ。

とくこ
とくこ

ただし、料金は100GBで8,415円とかなり高額だから、料金も速度も満足のWiMAXのほうがオススメね。

使う予定の場所がエリア内か

ポケット型WiFiは原則、日本全国が対象エリアとなっていますが、山間部や海側など、まれにエリア外となる地域も存在します。

せっかく契約したのに使う予定地がエリア外だと意味がないので、申し込み前には必ずエリア確認を行っておきましょう

ちなみに、WiMAXで利用するWiMAX2+回線や端末の提供元であるUQWiMAXでは、15日間無料でポケット型WiFiをお試し利用できる「Try WiMAX」を実施しています。

まずは無料でWiMAXの端末をお試しして自宅やよく行く場所でしっかり使えることを確認してから、お得なキャンペーンを受けられるBroad WiMAXで申し込むのがおすすめですよ。

知っておきたいポケット型WiFiのメリット・注意点

ポケット型WiFiの契約に進む前に、メリットと注意点をまとめたので確認しておきましょう。

ポケット型WiFiは本当に自分にあったサービスなのか、考えながら読んでみてくださいね。

ポケット型WiFiのメリット

ポケット型WiFiのメリットは以下の3つです。

とくこ
とくこ

ポケット型WiFiのメリットを理解しておけば、本当に契約しても問題ないのかわかるわよ。

小型で持ち運べる

ポケット型WiFi最大のメリットは、端末が手元にあれば場所を選ばず、どこにいてもWiFiが使えることです。

自宅だけでなく、カフェや公園、出張先などの外出先でも頻繁にネットを使う人は、ポケット型WiFiがあるとデータ通信量を節約できます。

こうた
こうた

スマホで大容量のデータ通信プランを契約するより、無制限のポケット型WiFiのほうが基本的に安いよ!

とくこ
とくこ

一人暮らしで自宅より外にいる時間のほうが長い人も、ポケット型WiFiのほうがオススメね。

光回線やホームルーターと比べて料金が安い

ポケット型WiFiはインターネットサービスの中でも、料金が安めに設定されています

簡単に光回線・ホームルーター・ポケット型WiFiの料金相場を比較しました。

インターネットサービス 月額料金相場
光回線 5,000円前後
ホームルーター 4,000~5,000円
ポケット型WiFi 3,000~4,000円

このように、ポケット型WiFiなら毎月3,000~4,000円程度でインターネットが使えます。

ネット料金を安くしたいとういう人にも、ポケット型WiFiはおすすめです。

また、自宅に光回線を開通させる際には20,000円~40,000円の工事費がかかります。

多くの光回線が工事費実質無料キャンペーンを行っていますが、月額料金から工事費と同額を差し引き、2~3年以上継続利用してはじめて相殺されることがほとんどですよ。

契約期間中に解約をすると高額な工事費残債を請求されてしまうので、その点においても工事不要なポケット型WiFiは安心ですね!

工事不要ですぐに使える

ポケット型WiFiは光回線のように、開通工事が必要ありません。

そのため、自宅に光回線を開通させたくても工事ができないマンションやアパート、賃貸住宅に住んでいる人には大変おすすめです。

ポケット型WiFiは端末が自宅に届けば、電源を入れて簡単な設定をするだけですぐに使えるので、開通までの流れもシンプルですよ。

ポケット型WiFiを申込んで利用する流れ
  1. 契約したいポケット型WiFiの窓口から申込む
  2. 端末が発送される
  3. 端末が到着したら設定して利用開始

契約したポケット型WiFiによっては、最短で当日には端末を発送してくれるところもあるので、早くインターネット環境を必要とする人にもオススメですよ。

ポケット型WiFiの注意点

ポケット型WiFiを選ぶ際は以下4つの点に注意し、契約後に後悔をしないようにしてください。

とくこ)
とくこ)

とくに解約金や支払方法は必ずチェックしておいてね!

契約更新月以外に解約すると違約金がかかる

ポケット型WiFiには原則契約期間が設けられているため、契約更新月以外に解約をすると違約金がかかります

実際、今回おすすめとご紹介したポケット型WiFiを例に、契約期間と違約金の額を見てみましょう。

ポケット型WiFi名 契約期間 違約金
WiMAX 3年 1ヶ月目(発送端末月+翌月)~12ヶ月目:20,900円
13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円
25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円
37ヶ月目:0円(更新月)
38ヶ月目以降、更新月以外:10,450円
どこよりもWiFi 2年 【しばりなしプラン】
0円
【しばりありプラン】
1~23ヶ月目:10,450円
24ヶ月目:0円(更新月)
25ヶ月目以降、更新月以外:10,450円
ゼウスWiFi 2年 【しばりなしプラン】
0円
【しばりありプラン】
課金開始月~30日以内:0円
31日目~23ヶ月目:10,450円
24ヶ月目:0円(更新月)
25ヶ月目以降、更新月以外:10,450円
WiFiレンタルどっとこむ 利用開始4日前までのキャンセル:0円
利用開始3日前以降のキャンセル:申込金の100%

ただし、「ゼウスWiFi」や「どこよりもWiFi」で用意されている契約期間に縛りのないプランであれば、いつ解約をしても違約金がかかりません

解約時に違約金を払いたくない人や、いつでも好きなタイミングで無料解約をしたい人は、縛りなしプランがある「ゼウスWiFi」などを検討してみましょう。

口座振替に対応する会社が少ない

クレジットカードを持っていない人は、支払方法が口座振替に対応しているかの確認が必要です。

ここでは主要なポケット型WiFi会社の口座振替対応状況を一覧にしているので、口座振替希望の方はチェックしてみてください。

口座振替に対応している 口座振替に対応していない
UQ WiMAX
Broad WiMAX
BIGLOBE WiMAX 2+
docomo
au
SoftBank
ワイモバイル
縛りなしWiFi
GMOとくとくBB WiMAX
DTI WiMAX
カシモWiMAX
So-net WiMAX
どこよりも WiFi
ゼウスWiFi

このように見ていくと、多くのポケット型WiFiが口座振替に対応していることがわかります。

ただし、口座振替を選択すると毎回振替手数料がかかったり、月額料金が高くなったり、適用されるキャンペーン内容が変わったりするので要注意です。

こうた
こうた

たとえば、BroadWiMAXでは口座振替を選ぶと初期費用無料や他社解約違約金負担の特典が受けられなくなるよ!

同時接続できる機器が少ない

ポケット型WiFiは、端末によって同時接続できる接続機器(パソコンやスマホ、ゲーム機など)の台数が決められています

しかしポケット型WiFiは基地局の電波を周辺の契約者とシェアしているため、同時接続可能台数分をフル活用してしまうと、シェアされた回線を自分で再シェアすることになり、速度が落ちてしまうのです。

ちなみに、ポケット型WiFiの速度低下は一人でパソコンやスマホ、プリンター、ゲームなど複数台の機器へ同時接続しても同じことが起こるので注意しましょう。

家族など同時に複数人でWiFiを利用したい、いろんな家電をネットでつなぎたい人は、ポケット型WiFiでなく、光回線のほうがおすすめです。

速度が不安定になることがある

ポケット型WiFiは基地局から飛んでくる電波をキャッチして流すため、周りの電波干渉を受けやすく、場所によっては通信速度が不安定になることもあります。

ポケット型WiFiは電子レンジなどの家電製品とも電波干渉を起こしやすく、速度が遅くなることがありますよ。

こうた
こうた

電子レンジなどで使われる2.4GHzの周波数帯は多くのポケット型WiFiで使用されている周波数で、同時に使うと通信速度に悪影響を及ぼしてしまうんだ!

ちなみに2.4GHzの電波は通信距離が長く、障害物があっても影響を受けにくいという特徴があるため、自分が電子レンジを使っていなくても近所の人が使うだけで影響を受けてしまうこともあります。

これでは日々満足にポケット型WiFiを利用できないので、ポケット型WiFiの速度が遅いときは周波数帯を5GHzに変更しましょう

5GHzは通信距離が短く、屋外では利用できない周波数帯ですが、自宅でスマホやパソコンへ接続するには十分です。

5GHzなら家電と電波干渉を起こす可能性は低くなるので、本体の設定画面から周波数帯を変更してみましょう。

また、ポケット型WiFiは端末で電波をキャッチしているので、窓際や障害物の少ない場所など置き場所を工夫するだけでも速度が改善することがありますよ。

ポケット型WiFiの料金にまつわるQ&A

最後にポケット型WiFiに関するよくある質問に答えていきましょう。

こうた
こうた

契約するときに料金はやっぱり気になるポイントだけど、わかりにくい部分もあるからここで解決しておこう!

料金が安いポケット型WiFiは?

今回紹介した料金が安いポケット型WiFiは、目的別に以下の4社です。

【安いポケット型WiFiはこの2社!】

  • 安くて速いポケット型WiFi!無制限ならBroadWiMAX
  • 月間20GBまでの小容量プランなら最安値!ゼウスWiFi

【レンタルポケット型WiFiなら!】

【海外向けポケット型WiFiなら!】

とくこ
とくこ

ポケット型WiFiを選ぶときは料金だけでなく、データ容量や速度制限、利用できるエリアなどもあわせてチェックしてね!

ポケット型WiFiの料金確認方法は?

ポケット型WiFiの契約中に利用料金を確認したいときは、多くの会社で24時間オンラインで契約内容や料金明細をみられるマイページを用意しているので、そこから調べましょう。

とくこ
とくこ

今は郵送で料金明細を送付する会社は少なくなっていて、どうしても郵送してもらうなら有料サービスになることも!

ただし、月額料金が契約後ずっと変わらず、サービス内容自体もシンプルなクラウドSIMのポケット型WiFiなどはマイページが設けられていない会社もあります。

マイページがない場合は支払いに使っているクレジットカードの明細などを確認して、支払料金をチェックしましょう。

ポケット型WiFiはスマホとの料金割引受けられる?

たとえば光回線の場合、スマホとのセット割が利用できる事業者は多く、1台あたりの携帯電話料金が毎月1,100円安くなるといった割引も受けられます。

しかし、ポケット型WiFiでスマホとのセット割が適用されるサービスは少なく、WiMAXだけです。

とくこ
とくこ

WiMAXでは以下のスマホとのセット割が利用できるわよ!

【au】auスマートバリューmine
auピタットプランN(s)
(1GB~2GB)
550円
・auフラットプラン25 NetflixパックN
・auフラットプラン20N
・auピタットプランN(s)
(2GB超~20GB)
1,100円
[ケータイ]カケホ
(3Gケータイ・データ付)
1,027円
【UQモバイル】ギガMAX月割
スマホプラン
550円
・おしゃべりプラン
・ぴったりプラン
330円
※新規受付プランのみ記載

ただし、auとの「auスマートバリューmine」は自動適用されないので、auユーザーはWiMAX端末が届き次第、最寄りのauショップ、KDDIお客様センターで申し込みましょう。

KDDIお客様センター
  • 電話番号:151(auケータイ)
         0077-7-111(その他)
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)
こうた
こうた

auスマートバリューmineはインターネット上のマイページMy auでは申込めないから注意して!

UQモバイルとの「ギガMAX月割」はmy UQ mobileから申し込みができますよ。

ポケット型WiFiの料金は日割りになる?

契約初月の月額料金は、ポケット型WiFiによって全額請求や日割り、あるいは無料など設定が違います

そのため、より料金を安くしたいなら、以下のように初月の請求方法によって申し込むタイミングを変えましょう。

初月の請求料金 お得な申し込みタイミング
全額 月始め
日割り 月末
無料 月始め

申し込みのタイミングを工夫するだけで、初月の料金の無駄を省けますよ。

ちなみに、解約時の月額料金はほとんどの会社が日割り計算になりませんので、いつ解約しても1か月分の支払いがくると覚えておきましょう。

まとめ

料金の安いポケット型WiFiを目的別に区分すると、以下4社のポケット型WiFiがおすすめです。

【安いポケット型WiFiはこの2社!】

  • 安くて速いポケット型WiFi!無制限ならBroadWiMAX
  • 月間20GBまでの小容量プランなら最安値!ゼウスWiFi

【レンタルポケット型WiFiなら!】

【海外向けポケット型WiFiなら!】

ただし、ポケット型WiFiを選ぶ際は料金の安さだけでなく、月間データ容量や速度制限の条件内容なども重視する必要があります。

今回ご紹介した中だと、Broad WiMAX」が月間データ容量も無制限なうえ、速度制限の内容もゆるくなっています

さらに、Broad WiMAXで利用する独自のWiMAX2+回線は、実際に出る速度も他社ポケット型WiFiに比べてに速いのでおすすめです。

ぜひこの記事を参考に、ご自身にぴったり合うポケット型WiFiを見つけてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました