口座振替できるWiMAXプロバイダは3社!もっともお得なのはどこ?

口座振替できるWiMAXプロバイダは3社!もっともお得なのはどこ? WiMAX

WiMAXは支払い方法として、クレジットカードのみのプロバイダがほとんどです。

しかし、クレジットカードを持っていない人や未成年、カードの支払いと通信費を分けたい人など、口座振替で契約したい場合もありますよね。

2020年9月時点の情報では、WiMAXプロバイダのうち口座振替で契約ができるのは3社です。 実質価格がお得な順にプロバイダを並べると、以下のとおりです。

口座振替できるWiMAX 3社

プロバイダBroad WIMAXは、口座振替が選べるプロバイダ3社の中でも実質総額がもっとも安く済みます。

こうた
こうた

今回は口座振替で契約できるプロバイダについて、キャンペーンや費用面も含めてくわしく解説していくよ!

口座振替での契約方法や必要なもの、注意点なども紹介しますので、口座振替でWiMAXの料金を支払いたい方はぜひ参考にしてくださいね。

この記事を書いた人
わたしのネット

月間100万人が閲覧するインターネットの総合情報サイトの「わたしのネット」の運営者。インターネット回線の正しい比較情報を届けるために、マイナビニュースへ出張中。日本で一番わかりやすいインターネット回線の解説記事を目指しています。

わたしのネットをフォローする

WiMAXで口座振替が利用できるプロバイダ3つ!料金も紹介!

WiMAXで口座振替ができるプロバイダはどの会社がもっともお得なのか、比較してみましょう。

ちなみに、WiMAXの料金を比較する際には、実質総額を算出し、契約期間トータルの料金で検討するのがオススメです。

実質総額(3年間)=3年間の月額料金+契約手数料+端末代金-キャッシュバック額

また、WiMAXプロバイダの特典は、選ぶ機種によってキャッシュバック額などが増減する場合があります。

実質価格を同じ条件で計算するために、今回は最新端末WX06を選択し、契約手数料3,000円の場合で比較しましたよ。

結論、口座振替ができるプロバイダ3社のうち、もっとも安くWiMAXを利用できるのは、Broad WiMAXだとわかりました。

Broad WiMAXBIGLOBE WiMAXUQ WiMAX
月額料金1~2ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25ヶ月~:4,011円
3,980円3,880円
キャンペーン・月額料金割引
・端末代無料
・LTEオプション無料
・いつでも解約サポート
・最大15,000円
キャッシュバック
・LTEオプション無料
・月額料金割引
・LTEオプション無料
初期費用初期費用:18,857円
端末代金:0円
契約手数料:3,000円
端末代金:19,200円
契約手数料:3,000円
端末代金:15,000円
口座振替
手数料
200円200円0円
実質総額
(3年間)
156,398円158,080円157,680円

※価格は税抜 (2020年9月当社調べ)

UQ WiMAX以外は振込手数料が毎月かかります。 振込手数料200円が毎月かかれば、3年間(36か月)で合計7,200円を支払わなくてはいけません。

ただしBroad WiMAXは月額料金が安く設定されているため、口座振替手数料がかかったとしても3社の中でもっとも安く利用できますよ。

とくこ
とくこ

ここからはそれぞれのプロバイダについて、特徴を紹介していくわよ!

3年間の実質総額がもっとも安い!Broad Wimax


出典:Broad WIMAX公式サイト

今回口座振替できるプロバイダ3社の実質総額(3年間)を算出したところ、もっとも安いプロバイダはBroad WiMAXでした

Broad WiMAX
月額料金
(ギガ放題)
~2ヶ月目:2,726円
~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円
キャンペーン・月額料金割引
・端末代無料
・LTEオプション無料
・いつでも解約サポート
初期費用18,857円
口座振替手数料200円/月
3年間の総額156,398円

※価格はすべて税抜(2020年9月当社調べ)

こうた
こうた

Broad WiMAXは月額料金が最初から安く設定されているから、総額としても安く利用できるんだね!

ただし注意点として、Broad WiMAXは口座振替を選択した場合、初期費用が無料になる特典が適用されません。

初期費用として別途18,857円を負担しなければなりませんので、覚えておきましょう。

またBroad WiMAXは、「いつでも解約サポート」など、契約者向けのサービスが充実しているのも特徴です。

いつでも解約サポート
  • Broad WiMAXに満足できなかった場合、紹介した他社回線への乗り換えることで違約金が無料になるサービス
  • 契約後いつでも申し込み可能
  • auひかり、Softbank光、So-net光など、乗り換え先回線も豊富

毎月の月額料金が安く済んだり、各種キャンペーンが充実しているBroad WiMAXはとてもおすすめできるプロバイダといえますよ。

キャッシュバックがオススメ!BIGLOBE WiMAX


出典:BIGLOBE WIMAX公式サイト

口座振替対応のWiMAXプロバイダ2社目は、BIGLOBEです。 大手のプロバイダとして知られるBIGLOBEでは、割引キャンペーンとキャッシュバックキャンペーンを受けられます。

BIGLOBE WiMAX
月額料金
(ギガ放題)
0か月目:0円
1か月目以降:3,980円
キャンペーンLTEオプション無料
キャッシュバック15,000円
端末代金19,200円
口座振替手数料200円/月
3年間の総額158,080円

※価格はすべて税抜(2020年9月当社調べ)

キャッシュバックをもらえば、3年間のトータルコストは158,080円です。

BIGLOBE WiMAXでは最新端末を選んでも、15,000円のキャッシュバックがもらえます。

口座振替を選ぶ場合、端末代金19,200円は初回に一括で支払わなければなりませんが、キャッシュバックが受け取れるので負担は少ないといえますね。

またBIGLOBE WiMAXは契約が1年更新のうえ、更新月以外の解約にかかる契約解除料も1,000円で済むのは、とても魅力的なポイントですよ!

口座振替手数料が無料!UQ WiMAX


出典:UQ WIMAX公式サイト

UQ WiMAXはWiMAX回線の提供元であるUQコミュニケーションズのサービスで、すべてのWiMAXの本家ともいえます。

サポート面での充実ぶりは本家ならではといったところで、口座振替にも対応していますよ。 UQ WiMAXの場合、口座振替の手数料が不要なのもうれしいポイントです。

UQ WiMAX
月額料金3,880円
キャンペーン・月額料金割引
・LTEオプション無料(3年契約)
端末代金15,000円
3年間の総額157,680円
口座振替手数料0円

※価格はすべて税抜(2020年9月当社調べ)

UQ WiMAXは以前はキャッシュバックがあったものの、2020年9月現在はキャッシュバックがありません。

しかし口座振替手数料がかからない上に月額料金もずっと3,880円と変わらないというのはメリットといえますね。

WiMAXで口座振替の申し込み方法!必要書類や利用までにかかる日数

WiMAXを口座振替で利用する場合は、申し込み時、支払い方法の選択欄などで口座振替を選択します。

今回紹介した3社のプロバイダは、いずれもインターネット上での申し込みが可能ですよ。 WiMAXの口座振替の手続きには、本人確認書類が必要ですので用意しておきましょう。

本人確認書類は、以下のような写真付きの証明書があれば確実ですよ。

本人確認書類の例
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

また、各プロバイダで必要な書類は、以下の表を参考にしてくださいね。

Broad WiMAXBIGLOBE WiMAXUQ WiMAX
提出書類・申込書
・本人確認書類(コピー)
支払方法登録申込書・預金口座振替依頼書
・本人確認書類(コピー)
未成年者の提出書類両親の同意書
※19歳以上に限る
保護者の同意書親権者同意書

なお、インターネットで申し込んだ場合は、上記の書類を別途、郵送で送付する方法が一般的です。 たとえば、口座振替の最安値Broad WiMAXで申し込みをする流れは以下のとおりです。

Broad WiMAXでの申し込みの流れ
  1. WebフォームからBroad WiMAXを申し込む
  2. 申し込み後に届く案内メールに沿って、本人確認書類(運転免許証など)の写真を撮影し、送付して返信する
  3. プロバイダでの申込内容確認後、商品が発送される
  4. 商品を代金引き換えで受け取った後、初期設定をして利用開始

口座振替は主要な銀行であればほぼ利用可能

WiMAXの口座振替は、ほとんどの金融機関で対応しています。 主要な都市銀行はもちろん、ゆうちょ銀行や地方銀行、インターネットバンクなどでも可能ですよ。

とはいえ、自分の利用している金融機関が対応していない場合も少なからずありますので、契約前にプロバイダに問い合わせてみてください。

口座振替には審査が必須!即日利用可能にならない点に注意

WiMAXを口座振替で利用する場合は、クレジットカード払いの場合と違い、審査が必要です。

審査のポイントは、提出された振替指定の銀行口座や本人確認書類に間違いがないかという点です。 審査が完了するまでは口座振替が利用できないので注意してください。

こうた
こうた

審査が完了するまでは、請求書を使ってのコンビニ払いなどで対応してね!

審査にかかる期間は2日~2週間程度

WiMAXの口座振替の審査は、書類がプロバイダ側に届いてから始まります。 プロバイダや記載内容の不備の有無にもよりますが、

大体審査にかかる期間は2日~2週間程度です。 UQ WiMAXの場合は、審査に1~2ヶ月かかる場合もあり、他2社のプロバイダに比べ長いので注意してください。

WiMAXの口座振替での支払日はいつ?

WiMAXのプロバイダ3社の口座振替支払日を、一覧表でまとめましたのでご覧ください。

口座振替支払日
BIGLOBE WiMAX26日
Broad WiMAX27日
UQ WiMAX26日

3社とも口座振替日は月末近くなので、25日頃までにはWiMAXの料金を銀行口座に預けておきましょう。

WiMAXで口座振替を利用する際の4つの注意点

WiMAXを口座振替で利用する場合には、さまざまな注意点があります。

口座振替する際の注意点
  • 利用できるプロバイダが限られる
  • 口座振替の手数料が発生するプロバイダがある
  • 審査に時間がかかる
  • 口座振替選択でキャンペーン内容が変わる場合がある

口座振替を選ぶと、クレジットカード払いと比べて契約条件や内容が大きく変わる場合もありますので、4つの注意点をしっかり理解しておきましょう。

とくこ
とくこ

口座振替をする際の注意点について、一つずつくわしく見ていくわよ!

利用できるプロバイダが限られる

WiMAXで口座振替を選べるプロバイダは、限られています。

WiMAXのプロバイダはそれぞれ独自のキャンペーンを展開していますが、口座振替できるプロバイダに絞ると選択肢が少なくなってしまうのには注意が必要です。

こうた
こうた

高額キャッシュバックが魅力のGMOとくとくBBなんかも、クレジットカード払いしか選べないから注意してね!

口座振替の手数料が発生するプロバイダがある

WiMAXは口座振替を選択すると、どうしても支払手数料が発生してしまいます。 UQ WiMAX以外の、Broad WiMAXとBIGLOBE WiMAXは毎月200円が月額料金に上乗せされます。

口座振替手数料がかかると、3年の契約期間では、トータルで7,200円の負担になってしまいます。

とくこ
とくこ

ちりも積もればなんとやら、よね~!

審査に時間がかかる

口座振替は申し込んでからすぐに利用できるわけではないことを、覚えておきましょう。 審査には最長で1~2ヶ月程かかるため、審査完了までは郵送で届く支払い票にてコンビニ払いをしなければなりません。

手数料はかからないものの、わざわざ支払いに行く手間がかかってしまいますし、うっかり忘れてしまわないように注意しましょう。

口座振替選択でキャンペーン内容が変わる場合がある

口座振替対応のプロバイダ3社のうち、Broad WiMAXは口座振替にすることで、本来不要である初期費用が発生してしまいます。

Broad WiMAXは月額最安級の上に、乗り換えサポートや端末代無料などのサービスが充実した人気のプロバイダです。 しかし、口座振替を選択した場合、初期費用18,857円が0円になるキャンペーンは適用対象外となってしまいます。

Broad WiMAXの高いコストパフォーマンスの効力が弱まってしまうのは、残念な点ですね。 BIGLOBE WiMAXは口座振替の場合、キャッシュバック額は変わりませんが、端末代金を初回に支払わなければなりません

さらに、毎月の月額料金が口座振替とクレジットカード払いとでは違うので注意しましょう。

WiMAXをよりお得に契約するなら、クレジットカード払いを選ぼう

WiMAXで口座振替を利用する際の4つの注意点を踏まえると、クレジットカードを持っていないなどやむを得ない事情がある方以外は、クレジットカード対応のプロバイダをオススメします。

こうた
こうた

クレジットカード払いを選ぶことで、以下のようなメリットがあるよ!

クレジットカード払いをする際のメリット
  • クレジットカード払いはすぐに使い始めることができる
  • キャンペーンや月額割引が豊富
  • 口座振替と違い、手数料も不要
  • すべてのWiMAXプロバイダに対応している

WiMAXのプロバイダで展開されているキャンペーンのなかには、クレジットカード払いが条件となっているものも多くあります。

できるだけWiMAXにかかる費用を安く抑えたいのであれば、クレジットカード払いがオススメといえますね。

クレジットカード払いでもBroad WiMAXがオススメ!

クレジットカード払いを選ぶ場合は、Broad WiMAXから申し込むと「初期費用0円」や「違約金負担」といったキャンペーンが受けられます。

月額料金1~2ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25~36ヶ月:4,011円
キャンペーン・初期費用0円
・乗り換えの際の違約金負担
・月額料金割引
・端末代無料
・LTEオプション無料
・いつでも解約サポート
契約事務手数料3,000円
端末代金無料
3年間の総額130,341円
実質月額
(3年間)
3,620円

※価格はすべて税抜(2020年9月当社調べ)

とくに違約金負担キャンペーンは、WiMAXプロバイダの中でもBroad WiMAXのみが実施している、とても魅力的なキャンペーンです。

契約期間に縛りのあるインターネットサービスは、更新月以外のタイミングで解約をすると高額な違約金がかかりますよね。

しかし、Broad WiMAXなら他社違約金を最大19,000円まで負担してくれるので、更新月が来ていなくても、少ない負担額でWiMAXに乗り換えられますよ。

違約金負担キャンペーン の適用条件
  • 支払い方法をクレジットカードにすること
  • 安心サポートプラス(月額550円)に加入すること
  • My Broadサポート(月額907円)に加入すること

他にも、口座振替でも適用できる、「月額料金割引」や「いつでも解約サポート」といったキャンペーンについても、もちろん受けられますよ。

こうた
こうた

豊富なキャンペーンを受けてお得にWiMAXを契約したい方には、Broad WiMAXがぴったりといえるね!

WiMAXのプロバイダごとのキャンペーンについてくわしく知りたい方は、こちらの記事もご覧くださいね。

まとめ

WiMAXのプロバイダの中で、口座振替に対応したものは以下の3社のみです。

口座振替できるWiMAX 3社

UQ WiMAX以外の、BIGLOBE WiMAXとBroad WiMAXは口座振替手数料が毎月200円かかります。 3年間の実質総額でプロバイダ3社を比較した結果は、以下のとおりです。

<3年間の実質総額>
Broad WiMAX156,398円
BIGLOBE WiMAX158,080円
UQ WiMAX157,680円

※価格はすべて税抜(2020年9月当社調べ)

3年間の実質総額でいうと、口座振替を選んだ場合にもっとも安いプロバイダはBroad WiMAXです。 ただし、WiMAXで口座振替を利用する際には、4つの注意点があります。

口座振替をする際の注意点
  • 利用できるプロバイダが限られる
  • 口座振替の手数料が発生するプロバイダがある
  • 審査に時間がかかる
  • 口座振替選択でキャンペーン内容が変わる場合がある

口座振替でWiMAXを利用したい方は、上記の注意点も踏まえて申し込みするようにしてくださいね!

クレジットカードを持っている方は、できるだけクレカ払いでWiMAXを契約したほうがいいといえます。

その際は、月額割引をはじめとした各種キャンペーンが充実しているBroad WiMAXからの申し込みがオススメですよ。

タイトルとURLをコピーしました