WiMAXの短期レンタルのお得な業者は?長期で使うおすすめプロバイダも紹介!

WiMAXの短期レンタルのお得な業者は?長期で使うおすすめプロバイダも紹介! WiMAX

WiMAXを短期間だけ使う、出張中だけ使うなどの理由で、レンタルという手段を検討している方もいらっしゃるでしょう。

今回短期間からレンタルできるWiFiレンタル業者を、「最新端末」「料金の安さ」で比較した結果一番おすすめなのは「WiFiレンタルどっとこむ」でした。

こうた
こうた

長期間レンタルする場合は、この記事で紹介する業者だと逆に高くついてしまう可能性もあるよ!
その場合は、記事後半で解説している2年以上契約する場合にオススメのプロバイダをチェックしてね!

この記事では、WiFiレンタル業者の期間ごとの料金比較をして、どこでWiFiをレンタルするのがベストなのか解説していきますよ!

この記事を書いた人
わたしのネット

月間100万人が閲覧するインターネットの総合情報サイトの「わたしのネット」の運営者。インターネット回線の正しい比較情報を届けるために、マイナビニュースへ出張中。日本で一番わかりやすいインターネット回線の解説記事を目指しています。

わたしのネットをフォローする

WiMAXのレンタル業者比較!お得な業者はココ!

WiMAXをレンタルできる業者は複数あります。

多くはインターネット経由で申し込み、郵送で端末を受け取り、期限が来たら返送するという形をとっています。

WiMAXの端末には古いものから新しいものまであり、最新機種は下記になります。

WX06 (2020年1月30日発売) オススメ!
・W06 (2019年1月25日発売)
・WX05 (2018年11月1日発売)
・W05 (2018年1月19日発売) ※新しいものの方が通信速度や品質が高い

以下のWiFiレンタル業者を比較した結果、最新端末がレンタルできて料金が安い業者は、「WiFiレンタルどっとこむ」でした!

レンタル期間によっても料金がかわるのでしっかりチェックしてみてくださいね!

業者名最新端末3日間1週間2週間1ヶ月間2ヶ月間3ヶ月間送料 その他費用
WiFiレンタルどっとこむ 限定WX061,500円3,500円7,000円7,000円13,975円20,950円受取手数料:500円 返送送料:500円
WiFiレンタル屋さん
(7月より新規受付停止中)
WX051,470円3,430円6,860円7,350円13,050円18,300円往復送料:1,080円
WiFiレンタルJAPANW053,360円6,720円7,200円14,400円21,600円往復送料
関東:990円
関東以外:1,080円
e-caW061,650円3,850円7,700円7,700円15,388円23,088円送料:540円
※返却時:送料必要

※料金は税別
※2020年9月時点

WiFiレンタルどっとこむは、わたしのネットからの申し込みで通常価格より安くレンタルできるキャンペーンも実施中なので、チェックしてみてくださいね!

WiMAXのレンタルの前にチェックすべきポイント6つ

WiMAXをレンタルする前にチェックすべきポイント5つを紹介します。

WiMAXのレンタル前にはエリア確認を行っておこう!

WiMAXのレンタルを使用したい方は、まず「エリア確認」を行う必要があります。WiMAXの提供エリアは、下記のページで確認できます。→WiMAXのエリア確認はこちら

上記ページで利用場所を確認し、判定が「○」であれば問題なくWiMAXの利用が可能です。

もし判定が「△」や「×」だったとしても、確実に利用できないとは限りません。

その場合は一度、15日間無料でお試しが可能な Try WiMAXをレンタルし、インターネット通信ができるかどうか確認してみることをオススメします。

WiMAXでうまく通信できなくても、LTE通信を利用したハイスピードプラスエリアモードであれば、利用可能エリアが拡大できる可能性もありますよ。

モバイルルーターの機種はできるだけ新しいものを

WiMAXのレンタル業者によっては、レンタル可能なモバイルルーターの機種が古い場合があります。

たとえばWi-Fiレンタル屋さんの場合、レンタルができる機種はW03という旧機種で、速度は下り最大370Mbpsと最新機種のW06の3分の1以下です。

速度にこだわりがある方は、多少割高となっても最新機種がレンタルできる業者を選んだ方がいいでしょう。

データ使い放題のギガ放題プランかどうか

WiMAXは、7GBのデータ制限があるプランと、データの制限がないギガ放題プランの2つがあります。

7GB以内の使用を想定している場合は問題ありませんが、7GBを超えて使用する可能性がある、またはどのくらいのデータ量を使うかわからない場合はギガ放題プランの方がオススメです。

レンタル業者をチェックする場合は、ギガ放題プランでレンタルできるかどうかを確認しましょう。

ギガ放題プランでも3日間で10GBを利用すると速度制限がかかる

ギガ放題プランを選択したとしても、実はギガ放題にも速度に関する制約があります。

もし3日間で10GB以上の高速データ通信を行った場合、通信速度制限がかかってしまいます。

内容は下記のとおりです。

  • 制限がかかる時間:高速データ通信が3日間で10GBを超過した日の翌日18時から翌々日の2時までの間
  • 制限速度:最大1Mbps ※契約プランがギガ放題であっても、ハイスピードプラスエリアモードで7GB利用した場合は、通信制限中の速度は最大128Kbps

WiMAXの速度制限シミュレーション 引用:WiMAX2+サービス ネットワーク混雑回避のための速度制限について/【公式】UQ Communications

ギガ放題であっても、無限に使ってよいわけではない点を理解しておいてください。

受け取りや返却方法が簡単かどうか

レンタル端末のやり取りに関する注意事項は、あらかじめ確認しておきましょう。

レンタル端末の受け取りや返却は、できるだけストレスがなく簡単な方法で行うことができるかをチェックしておくといいですね。

ポイントは下記の3点です。

  • 受け取りの日にちの指定ができるか
  • 返却日はいつまでなのか
  • 返却方法(発送方法)はどうすればよいのか

WiMAXの返却方法については、契約時に送られてくる契約用紙に記載されていますので確認してくださいね。

レンタル期日を過ぎてしまうと延滞金が発生してしまうので、返却日にはとくに気をつけましょう。

WiMAXは海外で利用することはできない

WiMAXは海外では使用できません。

2020年9月時点で、WiMAXは日本国内限定のサービスとなっており、国際ローミングなどにも対応していません。

WiMAXのレンタルの流れは?全手順をチェック!

1.利用可能エリアを確認する

まずは、利用予定の場所がWiMAXの利用可能エリア内かどうかをチェックしましょう。

前述の見出し:WiMAXのレンタルの前にはエリア確認を行っておこう!を参考にしてくださいね。

2.Web経由で申し込み

エリア確認で問題がなければ、申し込み手続きに進みます。

レンタルWiMAXの申込み方法はWeb上で行います。

パソコンやスマホなどを使用し、契約者情報や端末の配達先などを入力して手続きしてください。

レンタルWiMAXの申込み方法引用:Wi-Fiレンタル屋さん

3.本体が届く

Webで申し込み後、レンタル端末が郵送で届きます。

届いたその日からインターネットが使用可能です。

スマホやパソコンで接続設定を行い、インターネット接続をお楽しみください。

なお、利用期間は確実に守って使用するようにしましょう。
 
また、端末は返却が必要なものですので、故障したり紛失したりすることがないよう大切に使用し、しっかり管理してくださいね。

4.ポスト・郵便局など、指定の方法で返却

WiMAXの利用が終わったら返却です。
 
ポスト投函で返却できるものや、郵便局から発送手続きが必要なものもあります。

返却方法はレンタル会社によって異なりますので、指定された方法で返却手続きをするようにしてください。

レンタルWiMAXの返却方法引用:Wi-Fiレンタル屋さん

返却が遅れると延滞金が発生する場合もあります。

余裕を持ってスムーズに手続きや返却をするようにしてくださいね。

WiMAXを2年以上使うなら契約がお得!オススメのプロバイダは?

WiMAXを2年以上使うのであれば、レンタルより契約の方がお得です。

結果として、2年以上のレンタルで一番お得なのはBroad WiMAXとなっています。

【プロバイダごとのキャッシュバック額と実質料金】

プロバイダ契約期間キャッシュバック額端末代3年間の実質料金実質月額WX06の
在庫
GMOとくとくBB36ヶ月27,500円0円123,397円3,428円
DTI WiMAX36ヶ月0円0円125,910円3,498円不明
Broad WiMAX36ヶ月0円0円127,615円3,545円
カシモWiMAX36ヶ月0円0円131,589円3,655円
So-net WiMAX36ヶ月0円0円145,276円4,035円不明
BIGLOBE WiMAX36ヶ月15,000円19,200円146,500円4,069円
UQ WiMAX36ヶ月0円15,000円153,800円4,272円不明

※2020年8月時点の情報です。 ※価格は税抜

上記の通り、GMOとくとくBBでは高額キャッシュバックを受け取れるため、3年間の実質料金を安くできることがわかります。

しかしGMOとくとくBBのキャッシュバックは、開通後11ヶ月後に届くメールに沿って申請する必要があり、もらい忘れの可能性も高いです。

もしキャッシュバックを受け取れなかった場合の金額を算出すると、実質月額は4,191円とかなり高額になってしまいますよ。

そのため、キャッシュバック申請なしで最初から月額料金が安く設定されているBroad WiMAXをぜひともおすすめします。

とくにBroad WiMAXは、他社解約違約金負担キャンペーンを実施しているので、他社から乗り換える際も安心です。

また最新端末のWX06を提供しているのも嬉しいポイントですね。

まとめ

どこかに旅行にいくなど、短期間の中でネット通信をしたい場合、WiMAXのレンタルは非常に便利です。

今回短期間でWiMAXをレンタルできる業者を比較した結果、最新端末で安くレンタルできるのは、「WiFiレンタルどっとこむ」ということがわかりました。

ちなみに、2年以上の利用を検討しているのであれば、レンタルするよりも契約してしまった方がお得です。

2年以上の契約の場合、WiMAXを契約するなら「Broad WiMAX」が最もオススメです。

レンタルしたい期間やコスト・利用したい機種などのニーズに応じて、賢くレンタル業者を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました