【2020年版】おすすめポケットWiFi総まとめ!後悔しないための5条件で徹底比較

ポケットWiFi

これから身の回りのインターネット環境をつくるため、ポケットWiFiの申し込みを検討している方が多いと思います。

ポケットWiFiは工事が要りませんから、テレワークなどで急にWiFi環境が必要になった方にもおすすめですよ!

こうた
こうた

でもポケットWiFiはたっくさん種類があるから、どれが一番お得なのかよくわからないよ~。

そこで今回は、以下の5条件で各社を比較し、あなたに最適なポケットWiFiをご紹介します。

  • 料金の安さ
  • データ容量
  • 速度制限の内容
  • エリアの広さ
  • 速度の速さ

2020年現在もっとも安く申し込める窓口も紹介しますので、この記事を読めばベストなポケットWiFi選びができますよ!

とくこ
とくこ

2020年現在、おすすめできるポケットWiFiは以下の3つよ!

使い方にあわせて選ぶのがコツよ!

おすすめのポケットWiFi

1番おすすめ:「WiMAX

短期間なら:「縛りなしWiFi

使い放題なら:「ゼウスWiFi

この記事を書いた人
わたしのネット

インターネットの総合情報サイトの「わたしのネット」の運営者。インターネット回線の正しい比較情報を届けるために、マイナビニュースへ出張中。
日本で一番わかりやすいインターネット回線の解説記事を目指しています。

わたしのネットをフォローする

おすすめできるポケットWiFiの5条件

ポケットWiFi選びにおいてまず、チェックすべきポイントは以下の5つです。

ポケットWiFi選びのポイント

①料金:実質料金が安い

サービスの料金比較において、サイトなどに記載されている月額料金だけを参考にはできません。

ポケットWiFiの契約には初期費用やキャッシュバックなどキャンペーンもさまざまに用意されているため、それらを全て含めた「実質料金」を比較して本当にお得なのかがわかります。

加算項目
  • 月額料金×契約月数
  • 初期費用(事務手数料・端末代金)
減算項目
  • キャッシュバック
  • 月額料金割引

実質料金の算出にあたり加算・減算の対象となるのは上記の項目です。

また、この実質料金を契約月数で割ることで、ひと月あたりの実質料金である「実質月額」もわかります

Broad WiMAXを例に見てみましょう。

※※価格はすべて税抜
月額料金×契約月数 2,726円×2ヶ月
3,411円×22ヶ月
4,011円×12ヶ月
初期費用 3,000円(事務手数料のみ)
キャッシュバック 月額割引適用
3年間の実質料金 131,626円
実施月額 3,656円

キャンペーン期間が終了するタイミングもまちまちですから、2年、3年……と支払う金額をトータルで算出して比較すると、差がはっきりしてきますよ。

②データ容量:無制限がベスト

どのくらいの量の通信を行えるのか「データ容量」もポケットWiFi選びにおいて重要な項目です。

多くのサービスでは月間のデータ容量が「無制限」または「20〜30GB」に設定されていて、その範囲内での利用に限ります。

このデータ容量を超えてしまうと、以降で解説する「速度制限」にかかってしまうため、できれば無制限のポケットWiFiを選ぶのがベストです。

しかし、以下に用意した目安内の使用で間に合うのであれば、20~30GBの上限でも不自由なく使えます。

【20GB・30GBでできること】

20GB 30GB
Webページ閲覧 約46,940回 約70,410回
写真添付メール送信
(500万画素)
約6,660通 約9,990通
You Tube再生(360p) 約3,173分(約53時間) 約4,760分(約79時間)
Google Map読み込み 約41,760回 約62,640回
ネット音声通話(Skype) 約34,080分(約568時間) 51,120分(約852時間)

また、今回紹介するポケットWiFiの月間データ容量は以下のとおりです。

【月間データ容量別ポケットWiFi一覧】

③速度制限:全くないか軽い内容である

サービスごとに定める条件を超えた利用をすると、通信速度が制限されるポケットWiFiがあります。

先述の月間データ容量の超過を含め、他にも以下のようなパターンがあります。

【速度制限条件】

条件 サービス
1日または1ヶ月当たり
●●GB使うと厳しい速度制限
縛りなしWiFi
NEXT mobile(20GB/30GB)
ワイモバイル
ドコモ
3日間に10GB以上使うと
翌日夜に軽い速度制限
WiMAX
無制限 ゼウスWiFi
どんなときもWiFi
など

厳しい速度制限の部類であると、データの受信が遅すぎて、Webサイトの閲覧でさえもほぼ見えません

制限中はほとんど使い物にならないため、軽い速度制限か無制限のサービスでの契約がおすすめです。

④エリア:全国の幅広い範囲で使える

今回紹介するポケットWiFiは全て日本全国で契約可能ですが、稀にエリア外の地域もあります。

持ち運びも目的に含まれる場合、お住まいだけでなく頻繁に行く場所でも、電波が送受信できなくては利用に支障が出ます。

各社のHPで公開している、提供エリアの判定ページから必ず確認しておきましょう。

⑤速度:実測値が安定して高い

サービス概要の速度にある「最大〇〇Mbps」という表記はあくまで理論値であり、実際に使う際の速度は必ずこれよりも遅くなります。

そこで確認しておくべきは「実測値」です。

実測値は実際に利用した際の通信速度のことであり、既存ユーザーの口コミや速度評価サイトから確認できます。

また、あわせて速度遅延や通信障害が頻発していないかも確認しましょう。

100Mbpsを超える速度はかなりの高速と考えて問題ありません。WiMAXは特に速度に定評があり、「W06」など最新機種にその傾向は顕著です。

完全無制限のゼウスWiFiでも、利用に不足がないほどの速度が出ています。

2020年おすすめのポケットWiFi3社を紹介!

ここでは、当サイトがおすすめするポケットWiFiを3社ご紹介します。

それぞれ以下のような特徴を持っており、どの部分を優先するかが選択の基準です。

【おすすめポケットWiFi】

WiMAX ・速度・安定性に優れている
・速度制限が軽い
縛りなしWiFi ・料金が安い
・契約の縛りがない
ゼウスWiFi ・完全無制限
・3大キャリアの回線が使える

おすすめ一番は「WiMAX」

サービスのバランスがとれており、最もおすすめであるのが「WiMAX」です。

料金や速度においても申し分ない設定です。

また、テレワークの増加によるポケットWiFi需要の急増に対応できている点も、その他のサービスと異なります。

他社では端末発送が遅れたり、新たに通信制限を設けたりするなど、問題が起きている中でWiMAXはこれまでどおりの品質でサービスを安定して提供しています

「ギガ放題」でデータ量無制限・通信品質も良い

WiMAXの契約プランで月間データ容量が無制限であるのは「ギガ放題」プランです。

月間上限7GBのプランもありますが、小容量のためおすすめできません。

ただし、ギガ放題には短期間でのデータ容量上限・速度制限があることに注意が必要です。

【ギガ放題速度制限】

条件 直近3日間で10GB以上の利用
期間 超過日翌日の18時頃から翌2時ごろまで
制限中の速度 最大1Mbps

制限中の速度は最大1Mbps

高速ではありませんが、サイトの閲覧や標準画質のYouTube再生など実用には耐えられます。

制限の期間も夜間の8時間程度と短めであるため、ほぼ使い放題の感覚で利用できるといっていいでしょう

機種によっては最大速度が1Gbpsを超えるWiMAX。

上記は稀ですが超高速の数値が出るポテンシャルを秘めています。

30Mbpsもあれば一般的に十分以上と言えます。

負荷の重いオンラインゲームや極端に容量の大きいデータの送受信などをしないのであれば、ストレスなく利用可能です。

WiMAXのプロバイダ「Broad WiMAX」からの申し込みがおすすめ

WiMAXの申し込み窓口には複数の選択肢がありますが、お得に契約できるのはプロバイダ「Broad WiMAX」です。

WiMAXの月額料金やキャンペーンなど、各窓口で独自に設定していて、申し込む場所で支払う金額が変動します。

窓口が違っても実際に提供される端末のスペックや回線品質に違いはないため、料金の安さやキャンペーンの充実度で選ぶべきです。

エリア 全国
月間データ容量 無制限
速度制限の有無 あり
(直近3日間で10GB以上の利用)
最大速度 1.2Gbps(機種:W06)
下り速度実測値平均 33.67Mbps
月額料金 1~2ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25~36ヶ月:4,011円
契約事務手数料 3,000円
端末代金 0円
キャンペーン内容 月額割引
初期費用0円のWEB割キャンペーン
全端末無料キャンペーン
契約解除料負担のお乗換えキャンペーン
実質金額(3年間) 131,626円
実質月額(2年間) 3,656円
※価格は税抜

Broad WiMAXにはキャッシュバックこそないものの、最初から無条件で月額割引が適用となっています。

その他にも下記のように、キャンペーンが豊富なのがなにより魅力です。

Broad WiMAXのキャンペーン
  • 初期費用0円!Web割キャンペーン!
    ・初期費用を18,857円割引
  • 最新機種含む全端末無料キャンペーン!
    ・端末代金0円
  • 違約金当社負担乗換えキャンペーン!
    ・他社で発生した違約金を最大19,000円還元
  • 学生応援キャンペーン!
    ・18~25歳の学生対象で12ヶ月間685円割引
  • 2台目キャンペーン!
    ・2台同時申込で10,000円キャッシュバック

キャッシュバックが貰える窓口もありますが、ほとんど12ヵ月後に貰える、という窓口なのが事実。月額割引があり、なおかつその他キャンペーンも充実している窓口からの申込が堅実ですよ。

短期間だけレンタルするなら「縛りなしWiFi」がおすすめ

契約期間を短期で考えているという方には「縛りなしWiFi」がおすすめのサービスです。

ひと月ごとの契約となるため、不要になったタイミングで無料解約が可能。

月額料金も3,300円とポケットWiFi最安レベルです。

【縛りなしWiFi】

エリア 全国
月間データ容量 無制限
速度制限 あり(1日で2GB以上)
最大速度 612Mbps(機種601HW)
下り速度実測値平均 27.79Mbps
月額料金 3,300円
事務契約手数料 1,000円
端末代 0円
キャンペーン なし
実質料金(2年間) 80,200円
実質月額(2年間) 3,342円
※価格は税抜

契約翌月からはいつでも無料で解約できる

縛りなしWiFiの契約は1ヶ月ごとであり、2年や3年などの長期間の契約を前提としていません。

違約金の設定もないため、いつでも無料で解約できます。

ただし、解約の申請ができるのは利用開始の翌月からです。

厳しい速度制限があるので注意

縛りなしWiFiの速度制限は厳しい設定になっています。

【縛りなしWiFi速度制限】

条件 1日2GB以上の利用
期間 当日中
制限中速度 最大128kps
※「縛りなしプラン」の「通常プラン」の場合

制限中の速度は128kbpsとWebサイトの閲覧でさえ困難な速度になるため使いすぎに注意しましょう。

1日2GB用途によってはすぐに到達してしまいます。

【2GBでできること】

Webページ閲覧 約4,694回
写真添付メール送信(500万画素) 約666通
YouTube再生(360p) 約317分(約5.3時間)
Google Map読み込み 約4,176回
ネット音声通話(Skype) 約3,408分(約56.8時間)

大容量データの送受信を行うテレワークや動画を長時間流し続けるオンライン授業にはあまり向いていません。

このような用途であればWiMAXでの契約がおすすめです。

また、縛りなしWiFiにも速度制限が軽い「WiMAXプラン(3日間10GB、1Mbps)」もありますが月額料金が4,300円と通常プランより1,000円も高くなってしまいます。

料金面で見るとあまりお得ではありません。

使い放題のポケットWiFiなら「ゼウスWiFi」がおすすめ

ゼウスWiFi」は毎月・毎日どれだけデータ通信を行なっても速度制限がない使い放題のポケットWiFiです。

【ゼウスWiFi】

エリア 全国
月間データ容量 無制限
速度制限 なし
最大速度 150Mbps
下り速度実測値平均 18.52Mbps
月額料金 〜6ヶ月目:2,980円
7ヶ月目以降:3,280円
事務契約手数料 3,000円
端末代 0円
キャンペーン なし
実質料金(2年間) 79,920円
実質月額(2年間) 3,330円
※価格は税抜

ドコモ・au・ソフトバンク3社のエリアで繋がる

ゼウスWi-Fiが対応している回線はドコモ・au・ソフトバンクの大手スマホキャリア3社です。

スマホが日本全国どの地域・環境でも繋がるようにゼウスWi-Fiはトンネルや地下、建物内、山間部でも繋がりやすく、WiMAXよりもそのエリアは広いと言えます。

また、これら3社の回線のうち、最も通信環境が良いものに適宜自動でつなぎ変えていくため安定性に関しても優れています。

海外でもそのまま使える

ゼウスWiFiの特徴のうちの1つが「海外でも使える」という点です。

別途端末を借りる必要もなく、ゼウスWiFiのポケットWiFiをそのまま現地で使えます。

使える国は世界106ヶ国。

「1日300MB」「3日1GB」「30日3GB」の3プランから選択でき、利用する国によってそれぞれの金額が違います。

【注意】現在端末発送を一時停止中!

ゼウスWiFiにおいて最も注意すべきは「申し込んでもすぐに端末が届かない」点です。

現在、新型コロナの影響による需要増に追い付かず、端末の発送を一時停止しています。

また、あわせて既存ユーザーのデータ利用量も急増しており通信障害が出やすく、設備の増強にも時間がかかるとの公式アナウンスもあります。

今からポケットWiFiを申し込むなら、現在でも安定したサービスを提供できているWiMAXの方が良いでしょう。

軽い速度制限はありますが、安定した通信環境がすぐに手に入るWiMAXの選択が、今は賢明です。

ポケットWiFi以外の手段がおすすめな場合もある!

ポケットWiFiは外出先に持ち運べることが大きな特徴ですが、外で利用することがないのであれば以下2つの回線の方がおすすめです。

ポケットWiFi以外のおすすめ回線

これらは自宅内での利用に限られる分、通信品質がポケットWiFiよりも優れています。

自宅でのみ使うなら「ホームルーター」もおすすめ

ホームルーターは自宅据え置き型のWiFiルーターです。

ホームルーターには以下のようなメリットがあります。

ホームルーターのメリット
  • ポケットWiFiよりも端末スペックが高い
  • 工事不要

ホームルーターはポケットWiFiよりも端末のスペックを優先できるため、通信の安定性や同時接続可能台数などが優れています。

また、本体をコンセントにつなぐだけで利用でき直ぐにインターネットに接続可能。

「光回線の工事ができない」または「すぐに使いたいけど自宅のみで利用する人」におすすめだと言えます。

WiMAXにもホームルーターの機種があり、高スペックの端末を工事不要で契約可能です。

WiMAXホームルーターのなかでおすすめの機種は最新機種の「HOME L02」です。

特に顕著なのは同時接続台数で対応台数は42台

おすすめプロバイダであるBroad WiMAXでもこのホームルーターの取り扱いがあり、ポケットWiFiと同額の料金で契約可能です。

高速性能を重視するなら「光回線(固定回線)」がおすすめ

光回線は、自宅内に直接ネット回線を引き込む回線のことです。

ポケットWiFiやホームルーターのように、無線で通信を行うわけではありません。

光回線のメリット
  • 回線速度が高速
  • データ容量・速度に制限がない
  • スマホ料金が割引される

物理的な回線を引き込むため、回線の速度と安定性は最も高いと言えます。

ただし、回線引き込みに工事が必要であり、開通までに2週間〜1ヶ月ほどかかることもあります。

以上から光回線は「とにかく速い回線を無制限で使いたい人」におすすめといえます。

光回線は数多くの事業者から提供されており、料金やキャンペーンもさまざまあります。

選択の指標となるのが「現在契約中のスマホキャリアがどこであるか」です。

特定のスマホキャリアと光回線の組み合わせはセット割引の対象となり、スマホ料金に毎月最大1,000円割引を適用できます。

スマホキャリア別おすすめ光回線

ドコモユーザー:ドコモ光

auユーザー:auひかり、エリア外ならSo-net光プラス

ソフトバンクユーザー:NURO光、エリア外ならソフトバンク光

格安SIMユーザー:NURO光、エリア外ならSo-net光プラス

格安SIMユーザーは基本的に大きなスマホセット割引がないため、単純に速度や料金面で優れている光回線を選びましょう。

後悔しないポケットWiFiの申込方法

ここではポケットWiFiの申し込み方法を解説していきます。

①まずは自分にポケットWiFiが合っているかを確認

始めに自身の用途にポケットWiFiが合っているかを今一度確認しましょう。

特に外出先での利用がないのであれば、ホームルーターや光回線の方が、速度や安定性において優れています。

②自分のこだわり条件を整理する

次に、冒頭でも示した5つのポイントうち、こだわる条件はどれなのかを整理します。

ポケットWiFi選びのポイント
  • 料金の安さ
  • データ容量
  • 速度制限の内容
  • エリアの広さ
  • 速度の速さ

全てにおいて優れているポケットWiFiは残念ながら現状ありません。

これだけは外せないというポイントが移行の選択の基準です。

③ポケットWiFiを選ぶ

②で定めたこだわり条件を元にポケットWiFiを選択します。

特に速度を優先するのであれば「WiMAX」、料金の安さであれば「縛りなしWiFi」、速度制限の内容であれば「ゼウスWiFiがおすすめです。

④特典窓口から申し込む

WiMAXを契約する場合は申し込み窓口の選択が必要です。

窓口となるプロバイダによって料金やキャンペーンが変わりますが、サービスに違いはないため料金を優先して選びましょう。

豊富な特典でお得に利用できるWiMAXのプロバイダは「Broad WiMAX」です。

また、他のポケットWiFiは公式Webサイトからの申し込みに限られます

⑤端末が届いたら利用開始

申込完了後数日で端末が到着します。

すでに開通はしているため以下の初期設定が完了すれば利用開始です。

ポケットWiFi初期設定
  1. SIMカードを端末に挿入
  2. 充電
  3. スマホ・パソコンに接続設定

ポケットWiFiに関するQ&A

最後にポケットWiFiに関するよくある質問とその回答をご紹介します。

ポケットWiFiとWiMAXってどう違うの?

ポケットWiFiとは正式には「モバイルWiFiルーター」と言い、持ち運びができるWiFiルーターの総称です。

一方のWiMAXは「UQコミュニケーションズ」が運営する持ち運びができるWiFiルーターのサービス名です。

つまり、WiMAXもポケットWiFiサービスの一つだといえます。

スマホのセット割はある?

一部のポケットWiFiにも、光回線のようなスマホとのセット割引はあります。

今回ご紹介した中ではWiMAXが該当し、auスマホとのセット割である「auスマートバリューmine」が適用可能です。

ただし、対応しているプロバイダとそうでないものがあります。

auスマートバリューmine対応プロバイダ
  • UQ WiMAX
  • GMOとくとくBB
  • BIGLOBE WiMMAX
  • Broad WiMAX
  • So-net WiMAX

auスマートバリューmineでは、1台のauスマホに対して最大1,000円の月額料金割引が適用されます。

口座振替で支払える?

ほとんどのポケットWiFiは支払いをクレジットカードのみとしており、口座振替に対応しているのはごく一部です。

口座振替対応ポケットWiFi
  • UQ WiMAX
  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • NEXT mobile
  • どんなときもWiFi
  • ワイモバイル
  • ドコモ

また、口座振替の場合、クレジットカードではかからない口座振替手数料(毎月)がかかる場合や、対象プランが限られることもあります

クーリングオフはできる?

初期契約解除制度」というクーリングオフにあたる制度があります。

利用開始から8日以内の申告と端末の返送で、契約を白紙に戻せます。

ただし、これは端末購入の契約の場合に限られる制度で、縛りなしWiFiのようにレンタルではできない場合があります。

まとめ

数あるポケットWiFiから最適なサービスを選ぶためには以下5つのポイントに注目しましょう。

どのポイントを最優先するかで選択すべきポケットWiFiが変わります。

ポケットWiFi選びのポイント
  • 料金の安さ
  • データ容量
  • 速度制限の内容
  • エリアの広さ
  • 速度の速さ

当サイトでおすすめするのは「WiMAX」「縛りなしWiFi」「ゼウスWiFi」の3つです。

【ポケットWiFiおすすめポイント】

WiMAX ・速度
・安定性に優れている
・速度制限が軽い
縛りなしWiFi ・料金が安い
・契約の縛りがない
ゼウスWiFi ・完全無制限
・3大キャリアの回線が使える

ただし、ゼウスWiFiに関しては現在端末の発送を一時停止しているためすぐに利用できません。

また、外出先で利用する機会がないのであれば、より通信品質に優れているホームルーターや光回線の方がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました