ビッグローブ光は本当に申し込むべき?評判からわかった実態を解説!

ビッグローブ光

ビッグローブ光をご検討中の方は、「速度は速いの?」「お得に使えるの?」など気になることがたくさんあるでしょう。

公式の情報だけでは、自分に本当に合っているかどうかわかりませんよね。

そこで今回は、ビッグローブ光のメリットや注意点を徹底的に洗い出し、本当に申し込むべきかどうかを解説します

実際に使っている人の評判を見てみると必ずしもいい評判ばかりではないので、注意が必要ですよ。

また、2020年最もお得に申し込めるビッグローブの窓口も紹介します。

この記事を読めば、ビッグローブ光がご自身に適しているか、どうやったらお得に申し込めるのかがわかりますよ!

この記事を書いた人
わたしのネット

インターネットの総合情報サイトの「わたしのネット」の運営者。インターネット回線の正しい比較情報を届けるために、マイナビニュースへ出張中。
日本で一番わかりやすいインターネット回線の解説記事を目指しています。

わたしのネットをフォローする

ビッグローブ光は光コラボ回線

ビッグローブ株式会社が運営する、インターネットプロバイダサービスのブランド名を「ビッグローブ(BIGLOBE)」といいます。

ビッグローブ株式会社は、2014年にNECグループから独立し、2017年からはKDDIグループに属しています。

「ビッグローブ光」は、東西NTTのフレッツ光回線とBIGLOBEのプロバイダサービスをセットにした、光回線サービス</strong>です。

さっそく、ビッグローブ光の概要について見ていきましょう。

【ビッグローブ光概要】
運営会社 ビッグローブ株式会社
使用回線 フレッツ光
スマホセット割 au
最大速度 1Gbps
提供タイプ マンションタイプ 戸建てタイプ
月額料金 3,980円 4,980円
契約事務手数料 3,000円
工事費用 27,000円(実質無料) 30,000円(実質無料)
キャンペーン内容 ・現金25,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・IPv6対応ルーター12ヶ月無料
※価格は税抜

ビッグローブ光はNTTのフレッツ光回線を利用して提供される「光コラボレーション」回線になります。

運営元は大手プロバイダのビッグローブ株式会社で、auなどを提供するKDDIグループの傘下企業です。

月額料金については高くもなく、安くもなくといった金額ですが、キャンペーンやスマホとのセット割を使うことで費用を抑えられます

光コラボとは?

光コラボレーション(光コラボ)」とは、今までNTTとユーザーが直接契約していたフレッツ光回線を、他事業者が仲介する契約形態のことです。

NTTは営業や販売にかかる経費を削減できるため、リーズナブルに貸し出ししているのです。

光コラボ事業者は、NTTから光回線を借り受け独自のサービスと価格設定で提供することが可能になり、ユーザーにとって以下のようなメリットがあります。

光コラボのメリット
  • 価格競争により料金が安くなる
  • 契約先の選択肢が増える
  • 事業者の独自サービスが合わせて使える
  • 高品質のフレッツ光回線が使える

それまでは選択肢の少ない光回線契約でしたが、2015年より光コラボが開始されたことで「自分に合った光回線」を選べるようになりました。

また提供されるのは、フレッツ光回線と同じものであるため、回線品質についても折り紙つきです。

このような光コラボ事業者は、東エリアで約560社、西エリアで約380社あるといわれています。

ビッグローブ光を申し込む5つのメリット

数多ある光コラボ回線の中から、ビッグローブ光を選ぶメリットは以下の5つが挙げられます。

ビッグローブ光のメリット
  • エリアが全国区
  • au・BIGLOBEモバイルの料金が安くなる
  • 工事費が実質無料
  • 無料のIPv6オプションで速度も問題なし
  • フレッツ光から無料で乗り換えられる

エリアが全国区

ビッグローブ光はフレッツ光回線を使う光コラボであるため、申込可能なエリアもフレッツ光に準拠していて、日本全国で利用可能です。

フレッツ光は47都道府県すべてを提供エリアとしていますが、ごく一部提供エリア外もあるため、申し込み前にかならず確認しておきましょう。

フレッツ光提供エリア判定

 東日本エリア:こちらから

 西日本エリア:こちらから

上記URLのページで郵便番号からお住まいの住所の提供可否を確認できます。

auひかりなど独自回線のサービスは提供エリアが限られていますが、そのような地域でもビッグローブ光の契約は可能です。

地域によっては唯一フレッツ光回線のみが使えるという場合もあります。

au・BIGLOBEモバイルの料金が安くなる

ビッグローブ光は、auとBIGLOBEモバイルの2種類のスマホ回線のセット割引を使えます。

auスマホの場合は「auマートバリュー」、BIGLOBEモバイルの場合は「光☆SIMセット割」が対象ですが、これらの併用はできません。

割引はそれぞれのスマホプランに対して、以下の組み合わせで適用されます。

【auスマートバリュー】
スマホプラン 割引額
ピタットプラン 5G ピタットプラン 4G LTE 1GBまで 割引対象外
1GB超~7GBまで 500円/月
データMAX 5G
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 4G LTE
データMAX 4G LTE Netflixパック
auデータMAXプランPro
auデータMAXプラン Netflixパック
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
1,000円/月
※価格は税抜 【光☆SIMセット割】
スマホプラン 割引額
3ギガプラン(プランD)
6ギガプラン(プランD)
12ギガプラン(プランD)
20ギガプラン(プランD)
30ギガプラン(プランD)
300円/月
※価格は税抜

auスマートバリューは上記の割引額が最大10回線まで適用されます。

しかし光☆SIMセット割は、複数のBIGLOBEモバイル回線があっても、割引は月300円で一律です。

割引メリットとしてはauの方が高いといえます。

つまり、auスマホのユーザーであればビッグローブ光がおすすめの光回線なのです。

それに比べると、BIGLOBEモバイルユーザーはそこまでの恩恵はありません

BIGLOBEモバイルを含む格安SIMユーザーは、ビッグローブ光よりもNURO光などの回線速度がより速い他社回線がおすすめです。

auスマートバリューが目的のauひかり提供外エリアの方はビッグローブ光が有力な候補です。

BIGLOBEモバイルは低価格な格安SIMであるため合わせて乗り換えることで通信費全体の節約ができます。

工事費が実質無料

ビッグローブ光では、回線工事費として戸建てタイプ30,000円、マンションタイプ27,000円が発生しますが、キャンペーンによって無料になります。

【ビッグローブ光工事費・キャンペーン】
戸建てタイプ マンションタイプ
工事費 30,000円(750円×40ヶ月) 27,000円(675円×40ヶ月)
キャンペーン −750円×40ヶ月 −675円×40ヶ月
※価格は税抜

それぞれの工事費は40ヶ月に分割されて請求されます。

同時に、毎月同額の割引が適用され、結果的に相殺されるのです。

回線契約を40ヶ月以上継続すれば工事費は完全相殺、支払いは一切不要です。

また、ビッグローブ光では契約期間中に引っ越しをする場合、新たな住所にビッグローブ光契約を移転させる際の工事費用が無料になるというメリットもあります。

転勤などで引っ越しの機会が多い方にはとても有用な特典です。

ビッグローブ光では月々の支払いに工事費用は加算されません。

ビッグローブ光の提供エリアは全国対応であるため、引っ越し時の工事費無料特典は大きなメリットです。

無料のIPv6オプションで速度も問題なし

回線の速度・安定性が大きく向上する「IPv6」通信規格にも、ビッグローブ光は対応しています。

このIPv6オプションの利用には以下の条件と料金が必要です。

【IPv6オプション条件・料金】
条件 月額料金
光電話追加 500円
IPv6対応ルーターレンタル 500円
※価格は税抜

ビッグローブ光ではこのIPv6対応の無線LANルーターを12ヶ月間無料でレンタルするキャンペーンを行なっており、実質12ヶ月間無料で使えます。

<IPv6接続とは?> IPv6接続とは新しいインターネット接続の方式の1つで、従来型は「IPv4接続」というものになります。 IPv4接続はすでに利用者が多く、特に夜間などユーザー数が増えるタイミングでは混雑しやすく、問題となっています。 一方新しい通信規格であるIPv6は、まだユーザー数も少なく、設備もIPv4と比べ強靭であるため、混雑を避けたスムーズな通信が可能です。

IPv6の恩恵は絶大で、オンラインゲームにも耐えうる速度が出ます。

IPv6対応ルーターは自身で購入したものも使えます。

フレッツ光から無料で乗り換えられる

ビッグローブ光は光コラボ回線であるため、フレッツ光から「転用」で乗り換えられます。

転用とは、フレッツ光の回線を解約せずに光コラボに変更することであり、工事費など通常乗り換えにかかる費用は必要ありません

フレッツ光ユーザーがビッグローブ光に転用することで以下のようなメリットがあります。

転用するメリット
  • 月額料金が安くなる
  • スマホのセット割が使える
  • IPv6で速度の向上が期待できる
  • 別途発生していたプロバイダとの契約がなくなり、一本化されるため管理しやすい

インターネットを利用するには、回線事業者との契約だけでは使えません。

プロバイダとよばれるインターネット接続事業者とセットで契約してはじめて使える仕組みになっています。

フレッツ光契約の場合、回線契約の他にプロバイダとの契約が別途必要で、料金はその分上乗せされます。

しかしビッグローブ光の場合は、光回線とプロバイダの契約がセットになったサービスなので、月額料金がその分安くなっていますし、管理も一本化されて便利です。

auユーザーであれば転用でスマホ料金の割引も見込め、よりお得に利用できます。

転用で速度が向上したという評判も見られます。

ビッグローブ光2つの注意点

ビッグローブ光を契約するにあたって以下の2点について注意しましょう。

ビッグローブ光注意点
  • 3年契約を選ばないと損になる!
  • 速度が遅いという評判もある

3年契約を選ばないと損になる!

ビッグローブ光のプランには2年契約と3年契約の2種類ありますが、お得に利用できるのは3年契約の方です。

キャッシュバックや開通工事費実質無料などのキャンペーンは3年契約でしか適用されないため2年契約プランでは実質の料金が高額です。

また、ビッグローブ光の特徴の一つである「契約中の引っ越しにかかる工事費が無料」という特典も、2年契約では使えません

速度が遅いという評判もある

IPv6オプションで速度が向上するビッグローブ光ですが、中には回線速度が遅いという評判も聞かれます。

速度が遅い理由には以下のようなものが考えられるため、細かく確認をしなくてはなりません。

回線速度が遅い理由
  • 利用時間帯が混雑しやすいタイミングである
  • 同じマンションでの利用者が多い
  • IPv6オプションを使っていない
  • ルーターなど機器の劣化・不具合

夕方から夜間にかけては利用するユーザーが急激に増えるため速度が遅くなりがちです。

またマンションタイプでは、共有スペースから各戸に分配されるため、戸建てタイプよりも速度が出にくい傾向があります

使っているルーターなど機器に起因する場合もあります。

古い機種や、IPv6(IPoE)に対応しているルーターを使っているかなども確認が必要です。

ビッグローブ光がおすすめの人

ビッグローブ光の契約をおすすめできる人を表すと以下のとおりです。

ビッグローブ光がおすすめな人
  • auひかりがエリア外のauユーザー
  • 引っ越しの機会が多い人

auユーザーには、キャンペーン内容や回線の安定性においても「auひかり」が最もおすすめです。

しかし、auひかりは提供エリアが限定されているため申し込みできない場合があり、その際には次点としてビッグローブ光がおすすめです。

また、転勤などで引っ越しの機会が多い人には、移転工事費がかからないビッグローブ光が最もおすすめです。

au以外のキャリアでスマホの契約をしている方はそもそも他社の回線のほうがお得になるケースが多く、ビッグローブ光もauひかりもおすすめではありません

他社回線について詳しくは、「ビッグローブ光以外のおすすめ光回線」で後述しています!

ビッグローブ光を最もお得に申し込めるのは代理店NEXT!

代理店など複数の申込窓口がある中で、ビッグローブ光を最もお得に申し込みできるのは「代理店NEXT」です。

NEXTからの申込みであれば以下のキャンペーンがすべて適用されます。

ビッグローブ光公式窓口キャンペーン
  • 最大44,000円キャッシュバック
  • 工事費実質無料
  • IPv6対応ルーター6ヶ月無料

これらのキャンペーンで受けられる還元をすべて合計すると、59,000円にもなります。

またビッグローブ光契約中に引っ越しをする場合は、「移転工事費無料」も対象です。

【ビッグローブ公式】
マンションタイプ 戸建てタイプ
月額料金 3,980円 4,980円
契約事務手数料 3,000円
工事費用 27,000円(実質無料) 30,000円(実質無料)
キャンペーン内容 ・最大44,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・IPv6対応ルーター6ヶ月無料
実質料金(3年間) 102,280円 138,280円
実質月額(3年間) 2,841円 3,841円
※価格は税抜

失敗しないビッグローブ光の申込方法【新規申し込み】

ビッグローブ光の申込方法を、まずは新規契約の場合で解説します。

ビッグローブ光申し込み手順(新規)
  1. 代理店NEXTから申し込む
  2. 工事日の調整をする
  3. 開通工事をして利用開始する

①代理店NEXTから申し込む

代理店NEXTにアクセスし、「お申し込み」の項目から進みます。

画面の案内に沿って必要な項目を選択・入力していきます。

特に注意すべき点は以下です。

申込時注意事項
  • IPv6オプションの有無
    光電話機能か無線LANルーター(6ヶ月無料)をつけることで有効です。
  • auスマートバリューの有無
    光電話機能の付加が必須です。
  • 工事希望日時

②工事日の調整をする

申し込みから数日で郵送されてくる「開通のご案内」で開通工事日の告知があります。

工事日を変更したい場合は、書面記載の電話番号に電話して調整を行います。

③開通工事をして利用開始する

決定した工事日に工事担当が訪問し工事を行い、完了すると開通です。

戸建てタイプの場合は電柱から光ファイバーの引き込み、マンションタイプでは共有スペースからの配線接続が工事の主な内容です。

接続機器(無線LAN付き)が設置されたら、パソコンやタブレット、ゲーム機、スマホなど、各機器へのWiFi接続設定を行って、利用開始できます。

ビッグローブ光電話でWiFi環境を整えたい場合

ビッグローブでIPv6通信を利用したいときには、光電話追加もしくはIPv6対応ルーターレンタルが必須ですが、光電話対応機器の場合、無線LAN機能がないため、WiFiを構築できませんのでご注意ください。

追加料金(東エリア税別300円/月・西エリア税別100円/月)を払って無線LAN機能、または無線LANカードを追加すればWiFiが使えるようになります。

もしくは無線LANルーターを自己調達になります。

MAP-E機能を搭載していればIPv6(IPoE方式)が使えますが、全機種で機能するかなど、動作をサポートしていません。

ビッグローブが用意する機器以外で動作確認をしている機種は、公式HPに掲載されています。

ビッグローブIPv6サービス対応動作確認機種

こちらから

失敗しないビッグローブ光の申込方法【転用・事業者変更】

転用や事業者変更でビッグローブ光を申し込む場合は、新規とは手順が異なります。

ビッグローブ光申し込み手順(転用・事業者変更)
  1. 転用承諾番号 or 事業者変更承諾番号を取得する
  2. 代理店NEXTから申し込む
  3. 利用開始の案内がきたら完了

転用とはフレッツ光から、事業者変更は他社光コラボ回線からの乗り換えを指します。

①転用承諾番号 or 事業者変更承諾番号を取得する

現在契約中の回線事業者から転用承諾番号または事業者変更承諾番号を取得します。

それぞれのWebや電話窓口から取得が可能です。

転用の場合はフレッツ東日本と西日本で窓口が異なることに注意しましょう。

転用承諾番号取得窓口

 フレッツ光東日本:0120-140-202

 フレッツ光西日本:0120-553-104

また、承諾番号には15日間の期限があります

期限が近い状態だと申し込めない場合もあるため、取得後はすぐに申し込みしましょう。

②代理店NEXTから申し込む

代理店NEXTから申し込みを行います。

新規申し込みとページが異なるため注意が必要です。

以下の注意点に気をつけながら画面の指示に従い選択・入力してください。

申込時注意事項
  1. auスマートバリューの有無
    光電話機能の付加が必須です。
  2. ビッグローブ会員であるか
    フレッツ光とプロバイダビッグローブで契約中の方は、既存のそのままプロバイダ契約を引き継ぎできます。
  3. 承諾番号
    正しい承諾番号を入力しましょう。

③利用開始の案内がきたら完了

申し込みから数日で郵送される「開通のご案内」で転用・事業者変更の完了日が告知されます。

工事は不要であるため、完了日になればビッグローブ光としての利用が可能です。

転用の場合、完了後は現在のプロバイダ契約を解消しなければなりませんので、別途、解約手続きをしてください。

違約金がかかるケースもありますが、詳しくは元のプロバイダへ問い合わせください。

フレッツ光利用時に、プロバイダビッグロープで元々契約していた場合は、プロバイダ解約は不要です。

ビッグローブ光以外のおすすめ光回線

ここからは、ビッグローブ光以外でのおすすめ光回線を紹介していきます。

基本的には現在契約をしているスマホとのセット割引が組める回線を選びましょう。

ビッグローブ光以外のおすすめ光回線

auユーザーなら「auひかり」

【auひかり】
使用回線 au
スマホセット割 au
最大速度 1Gbps
提供タイプ マンションタイプ 戸建てタイプ
月額料金 3,800円
+500円(光電話)
1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目:4,900円
+500円(光電話)
契約事務手数料 3,000円
工事費用 30,000円(実質無料) 37,500円(実質無料)
キャンペーン内容 ・最大60,000円キャッシュバック
・工事費全額無料
実質金額(3年間) 79,800円 126,600円
実質月額(3年間) 2,216円 3,516円
※価格は税抜

auユーザーであればまず「auひかり」を、auひかりのエリア外であればビックローブ光を検討しましょう

大きく異なるのは料金面と速度面の2つで、auひかりでは高額のキャッシュバックが受け取れるため実質料金が大きく下がります。

また、回線の最大速度は1Gbpsと同等ですが、auひかりは独自回線であるため混雑しにくく速度が出やすいという特徴があります。

auスマートバリューについては最大割引金額は1,000円で光電話月額500円が必要と、内容も条件も全く同じです。

申し込みは代理店の「フルコミット」からであれば最大60,000円の高額キャッシュバックを受け取れます。

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

docomo-gmo
【ドコモ光】
使用回線 フレッツ光
スマホセット割 ドコモ
最大速度 1Gbps
提供タイプ マンションタイプ 戸建てタイプ
月額料金 4,000円 5,200円
契約事務手数料 3,000円
工事費用 15,000円(キャンペーンで無料) 18,000円(キャンペーンで無料)
キャンペーン内容 ・最大20,000円キャッシュバック
・dポイント5,000ポイントプレゼント
・v6プラスルーター無料レンタル
・工事費全額無料
実質金額(2年間) 88,500円 117,300円
実質月額(2年間) 3,688円 4,888円
※価格は税抜

ドコモのスマホとのセット割が可能なのは「ドコモ光」のみで、ドコモユーザーの選択肢は一択と考えて良いでしょう。

セット割である「ドコモ光セット割」ではドコモスマホ1台あたり最大1,000円の月額料金割引が受けられます。

申込窓口は「GMOとくとくBB」が最もおすすめです。

独自特典の最大20,000円の現金キャッシュバック、無線LANルーター無料レンタルの他、dポイント5,000ポイントや工事費無料などの公式キャンペーンももれなく対象です。

ソフトバンクユーザー・格安SIMユーザーなら「NURO光」「ソフトバンク光」

nuro-sonet
【NURO光】
使用回線 NURO
スマホセット割 ソフトバンク
最大速度 2Gbps
提供タイプ マンションタイプ・戸建てタイプ共通
月額料金 4,743円
契約事務手数料 3,000円
工事費用 40,000円(キャンペーンで実質無料)
キャンペーン内容 ・最大45,000円キャッシュバック
・工事費全額無料
実質金額(3年間) 128,748円
実質月額(3年間) 3,576円
※価格は税抜

ソフトバンクスマホとのセット割引が使える光回線は「NURO光」と「ソフトバンク光」の2つがありますが、まずはNURO光を検討すべきです。

その理由は圧倒的な回線速度で、通常の光回線が最大1GbpsであるところNURO光は2Gbpsが最大速度になっています

キャッシュバックも公式から45,000円の高額で受け取れるため料金も格安。

さらにスマホセット割の「おうち割 光セット」でスマホ料金が月最大1,000円割引されます。

NURO光エリア外のソフトバンクユーザーは「ソフトバンク光」

【ソフトバンク光】
使用回線 フレッツ光
スマホセット割 ソフトバンク
最大速度 1Gbps
提供タイプ マンションタイプ 戸建てタイプ
月額料金 3,800円 5,200円
契約事務手数料 3,000円
工事費用 24,000円
キャンペーン内容 最大33,000円キャッシュバック
実質金額(2年間) 85,200円 118,800円
実質月額(2年間) 3,550円 4,950円
※価格は税抜

NURO光は提供エリアがかなり限定されているため、申し込み自体ができない地域が多くあります。

そのような地域にお住まいのソフトバンクユーザの方はソフトバンク光を検討しましょう

フレッツ光回線を使う光コラボ回線であるため、NURO光エリア外でも問題なく契約できます。

「おうち割光セット」もNURO光と同等の1台あたり最大1,000円の月額料金割引を適用可能。

また、代理店「NEXT」からの申し込みであればオプション不要で最大33,000円のキャッシュバックも受け取れます。

ビッグローブ光に関するQ&A

最後に、ビッグローブ光に関するQ&Aでよく見られるものをまとめました。

解約にかかる違約金は高い?

ビッグローブ光の解約時の金額は以下のとおりです。

【ビッグローブ光解約時費用】
戸建てタイプ マンションタイプ
解約違約金 20,000円
工事費残債 750円×残り月(40ヶ月−契約月数) 675円×残り月(40ヶ月−契約月数)

違約金は特別に高い費用ではありませんが、工事費は注意が必要です。

ビッグローブ光の工事費は40ヶ月分割されたものを同額割引し、40ヶ月で完全相殺する実質無料形式であるため、40ヶ月未満での解約では未償却分の支払いが発生します

「BIGLOBE 光パック Neo with フレッツ」との違いは?

「BIGLOBE 光パック Neo with フレッツ」は、回線が東西NTTの「フレッツ光」でプロバイダが「ビッグローブ」の組み合わせの契約を指します。

回線とプロバイダがそれぞれ別契約であるため、月額料金の支払いもそれぞれ別となり、合算が月々の費用です。

【フレッツ光・ビッグローブ光月比較(戸建てタイプ)】
ドコモ光 フレッツ光東日本 フレッツ光西日本
回線速度 最大1Gbps
スマホセット割 au:最大1,000円/月
BIGLOBEモバイル:300円/月
BIGLOBEモバイル:100円/月
月額料金 4,980円
(プロバイダ料金込み)
5,300円
(回線:4,700円
+プロバイダ:600円)
4,900円
(回線:4,300円
+プロバイダ:600円)
※価格は税抜 【フレッツ光・ビッグローブ光比較(マンションタイプ)】
ドコモ光 フレッツ光東日本 フレッツ光西日本
回線速度 最大1Gbps
スマホセット割 au:最大1,000円/月
BIGLOBEモバイル:300円/月
BIGLOBEモバイル:100円/月
月額料金 3,980円
(プロバイダ料金込み)
4,300円
(回線:4,050円
+プロバイダ:250円)
3,650円
(回線3,250円
+プロバイダ:400円)
※価格は税抜

BIGLOBE 光パック Neo with フレッツの場合はauスマートバリューも対象外

BIGLOBEモバイルの光☆SIMセット割の割引金額も月100円まで下がります。

ひかり電話や光テレビも申し込める?

ひかり電話、光テレビも有料オプションとして追加可能です。

【ビッグローブ光電話・光テレビ】
光電話 光テレビ
月額料金 500円 750円
初期費用 設置工事日:1,000円 設置工事費:3,000円
サービス登録料:2,800円
※価格は税抜

auスマートバリューを希望する場合はひかり電話は必須のオプションです。

引越し費用はかかる?

ビッグローブ光を3年更新で契約していれば、引っ越し時の回線移転の工事費はかかりません

ただし、引っ越し先がビッグローブ光提供エリア外であった場合は違約金等の支払いをもっての解約です。

まとめ

ビッグローブ光はNTTのフレッツ光回線を使った光コラボレーションの回線で、以下のような人におすすめです。

ビッグローブ光がおすすめな人
  • auひかりがエリア外のauユーザー
  • 引っ越しの機会が多い人

「auスマートバリュー」が使えることがauユーザーに対しておすすめの理由ですが、キャッシュバックや回線の安定性などでauひかりの方が優れているため最もおすすめとはいいきれません

auひかりの提供エリア外の次点の候補です。

また、引っ越し時にかかる移転工事費が不要であることは特筆すべき点であり、転勤などが多い方には大きなメリットです。

ビッグローブ光の申し込みは代理店NEXTからが最もキャンペーンが充実しています

ビッグローブ光公式窓口キャンペーン
  • 現金44,000円キャッシュバック
  • 工事費実質無料
  • IPv6対応ルーター6ヶ月無料

速度の向上が見込める「IPv6」オプションはぜひ付加したいところですが、光電話(月額500円)の申込か、IPv6対応ルーターの導入(月額500円)が条件です。

IPv6対応ルーターはキャンペーンにて12ヶ月間無料でレンタルすることも可能です。

なお光電話対応機器は、単独で無線LAN機能は付随していないのでご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました