インターネット料金の相場とは?料金を抑える5つの方法・おすすめ回線も紹介

インターネット

インターネットを契約するうえで、料金を知ることは大切ですよね。

既に契約している人の中には、「現在払っているインターネット料金は高すぎるのでは?」と疑問に思っている方もいるでしょう。

今回は「ポケットWiFi ・ホームルーター・固定回線」にわけて、インターネット料金の相場を紹介します。

この記事を読むことで、自分が契約しようとしている、あるいは既に契約しているインターネットが安いのか高いのかがわかりますよ。

この記事を書いた人
わたしのネット

インターネットの総合情報サイトの「わたしのネット」の運営者。インターネット回線の正しい比較情報を届けるために、マイナビニュースへ出張中。
日本で一番わかりやすいインターネット回線の解説記事を目指しています。

わたしのネットをフォローする

インターネット料金の相場

インターネット回線は大きくわけて3つのタイプがあり、それぞれ料金相場は異なります。

  • ポケットWiFi
  • ホームルーター
  • 固定回線

ネット回線にはいろいろな種類があるけれど、どれを選べばよいのかわからないという人もいるのではないでしょうか?

それぞれ、どのような特徴があり、どれが一番安いのでしょうか?

ここでは、それぞれの回線の料金相場を順番にご説明しますので、ご自分に合った回線のタイプはどれなのかを検討してみてください。

ポケットWiFiの料金相場

ポケットWiFiとは、モバイル回線ともいいますが、持ち運びが可能なWiFiルーター端末を使った回線のことです。

ポケットWiFiをスマホやパソコン、タブレットなどと無線で接続すればインターネット通信ができます。

自宅でネットを使えるのはもちろん、持ち運べば外出先でもネット通信ができるのが大きなメリットです。

また、ポケットWiFi端末があれば回線工事が不要というメリットもあります。

ポケットWiFiがおすすめなのは、次のような人です。

  • 外出先でインターネットを使いたい人
  • 月額料金を抑えたい人
  • 自宅で工事ができない人
  • すぐに使いはじめたい人

ポケットWiFiの料金相場は、3,500円前後です。

ホームルーターの料金相場

ホームルーターとは、回線工事などをしなくてもコンセントにつなげるだけでインターネットが使える、自宅据え置き型のモバイルルーターのことです。

機能はほぼポケットWiFiと同じですが、自宅専用という点と、ポケットWiFiよりも通信が安定するという点が違います。

外出先でネットを使わない、または外出先はスマホがあれば十分という人に向いているでしょう。

ホームルーターがおすすめなのは、以下のような人です。

  • 自宅だけでネットを使いたい人
  • 工事が不要で、安定した速度のネットを使いたい人
  • すぐに使いはじめたい人

ホームルーターの料金相場は、3,500円前後です。

固定回線の料金相場

固定回線とは、自宅に光回線を引いて使うインターネット回線です。

固定回線にはフレッツ光や光コラボなどのNTTの光回線と、それ以外のauひかり、NURO光などの独自回線があります。

固定回線を選ぶ際に重要なポイントは、スマホとのセット割が使えるかどうかです。

たとえば、ドコモユーザーならドコモ光、auユーザーならSo-net光プラス、ソフトバンクユーザーならNURO光やソフトバンク光など、セット割が使える回線は決まっています。

セット割が使えるとスマホの料金の割り引きを受けられますから、まずはセット割が使えるかどうかを確認しましょう。

光回線の料金はマンションと戸建てで異なります。

また、回線工事が必要なので、料金は高くなりがちです。

各社の月額料金比較してみましょう。

【光回線料金比較】

回線名 戸建て マンション
フレッツ光 東日本 5,400円+プロバイダ料金 3,050~4,050円+プロバイダ料金
西日本 4,730円+プロバイダ料金 3,575~4,345円+プロバイダ料金
ドコモ光 5,000~5,400円 3,800~4,200円
NURO光 4,743円 4,743円
auひかり 4,743円 4,050円
※価格は全て税抜き

インターネット料金に含まれるもの

インターネット回線を選ぶ際に重要なのが料金ですが、インターネット料金には何が含まれているのでしょうか。

ここでは、インターネット料金に含まれるものについて、詳しくご説明します。

インターネット料金の内訳を知ることで、どうすれば料金を安くできるかがわかるでしょう。

初期費用

インターネット回線を導入する際にかかる初期費用には、次のようなものがあります。

・事務手数料

ほとんどの回線で、初回に事務手数料が3,000円かかります。

・回線工事費(固定回線の場合)

固定回線の場合、回線工事費がかかります。

15,000円~60,000円と回線によって費用に差があり、マンションと戸建てで費用が違うこともあります。

ほとんどの場合、工事費は分割で月額料金と一緒に請求されます。

申込特典により工事費が実質無料になるケースもあるので、しっかりと調べておくとよいでしょう。

・端末料金(ポケットWiFi・モバイルルーターの場合)

ポケットWiFiやモバイルルーターの場合、端末を購入するときには端末料金がかかりますが、申込特典で実質無料になる場合もありますので確認しましょう。

回線によっては、レンタルの方がお得なケースもあるので比較してみてください。

月額利用料

毎月支払う月額利用料には、次のようなものが含まれます。

・回線使用料

回線を使う際に必ず必要な料金です。

・機器レンタル料金

光回線のルーター機器、ポケットWiFiやホームルーターなどをレンタルしている場合には、毎月機器レンタル料金がかかります。

・オプション加入料

光電話オプションやポケットWiFiの端末保証オプション、セキュリティー費用など、さまざまなオプションがあります。

有料オプションをつけている場合は、毎月オプション加入料の支払いが発生します。

なお、フレッツ光のみ、回線使用料とは別にプロバイダ料がかかり、プロバイダによってプロバイダ料が違うので、注意しましょう。

プロバイダ料

フレッツ光のみ、回線使用料とは別にプロバイダ料がかかります。

プロバイダ料は500円から1,200円ほどで、プロバイダによって異なります。

その他の回線は、ほとんどが回線使用料とプロバイダ料が一緒になった月額料金となっています。

【補足】解約時には違約金と工事費残債がかかる

回線を解約する際には、違約金と工事費残債がかかる場合があります。

違約金とは、2年や3年の継続契約をしている場合にかかる違約金のことです。

9,800円ほどの場合がほとんどですが、中には18,000円など高額な場合もあります。

ただし、継続契約の場合は契約更新月が設定されており、更新月に解約すれば違約金はかかりません。

工事費残債とは、光回線の工事費を分割払いしている途中で解約したときの、残りの工事費のことです。

工事費が残っている状態で解約すると、残りの工事費を解約時にまとめて支払う必要がありますので、解約の際は注意しましょう。

インターネット料金を抑える5つの方法

インターネット料金の内容がわかったところで、料金を抑えるための5つの方法をご紹介します。

少しでも安い料金でインターネットを契約するために、ぜひチェックしてみてください。

➀月額料金の安い回線を選ぶ

候補に挙がっている回線の月額料金を比較して、できるだけ安い回線を選びましょう。

ただし、安さだけで選ぶのは危険です。

月額料金が安い回線は、通信速度が安定していなかったり、サービス内容が悪かったりする可能性もあります。

通信速度に不安がある場合は、IPv6対応の回線を選ぶのがおすすめです。

➁特典を利用して申し込む

インターネット回線を申し込む際には、特典を利用するとお得です。

今は、ほとんどの回線に工事費実質無料などの特典がありますし、現金キャッシュバックや月額料金割引などのお得な特典も利用できます。

また、公式サイトにも特典がある場合がありますが、代理店やプロバイダを通して申し込むことで、より多くの特典を利用できます。

それぞれの回線の特典を調べて、1番お得な窓口から申し込むのがおすすめです。

➂スマホとのセット割を適用させて申し込む

インターネット回線自体の料金を抑える方法ではありませんが、スマホのセット割を利用すればスマホ料金の割り引きを受けられる場合があります。

たとえば、ドコモ光でドコモのセット割、So-net光プラスでauのセット割、ソフトバンク光でソフトバンクのセット割が、それぞれ使えます。

セット割を受けることで月々のスマホ料金が割り引きされ、家族にも割り引きが適用されます。

たとえば、1人1,000円の割り引きが家族4人に適用されれば、家族で4,000円もの節約が可能です。

インターネット回線とスマホの両方を使うなら、セット割を適用させることで全体の料金が安くなってお得です。

➃不要なオプションを解約する

申し込みときに特典を受けるために加入したオプションや、利用しなくなったのに放置しているオプションなどがあれば、解約してしまいましょう。

たとえば、月に500円のオプションでも、使っていなければ1年で6,000円も無駄にしていることになるのです。

一度、使っていないオプションがないか、確認してみましょう。

もしかしたら、月額料金を安くできるかもしれませんよ。

➄お得な回線に乗り換える

今お使いのインターネット回線の月額料金が高いと感じたら、お得な他の回線に乗り換えましょう。

今よりも月額料金が安い回線やスマホとのセット割が使える回線が、他にあるかもしれません。

また、上記でご紹介したような、申し込み特典でキャッシュバックや月額料金の割り引きが受けられる回線に乗り換えることで、料金が安くなる場合もあります。

もし、解約するなら違約金がかからない契約更新月がおすすめです。

違約金がかかってしまう場合でも、中には乗り換え先の回線で違約金負担キャンペーンを行っているところもあります。

更新月前に解約しなければならない場合は、違約金負担キャンペーンがあるところを探してみましょう。

今の回線が高いと感じているなら、少しでも料金を安くできる回線が他にないか、一度探してみてくださいね。

料金重視で選ぶ!おすすめのポケットWiFを紹介

ここでは、月額料金が安いおすすめのポケットWiFiをご紹介します!

少しでも安いポケットWiFiに乗り換えたい方は、ぜひ参考にしてください。

いますぐ申し込むならなら「GMOとくとくBB」から WiMAX

gmo-wimax

いますぐ申し込みたいなら、Web窓口「GMOとくとくBB」からWiMAXに申し込むのがおすすめです。

WiMAXのエリアは全国対応で、回線や機種のスペックも高いのが特徴です。

また、WiFiの需要が急増している現在も安定したサービスを提供しているので、安心して使えるでしょう。

WiMAXの基本情報は以下のとおりです。

【WiMAX(ギガ放題プラン)の基本情報】

初期費用 月額料金 違約金 更新月
3,000円 1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目~:4,263円
~12ヶ月目:19,000円
13~24ヶ月目:14,000円
25ヶ月目~:9,500円
3年ごと
※価格は全て税抜き

WiMAXの窓口としておすすめなのは「GMOとくとくBB」です。

今なら最大27,200円のキャッシュバック(6月限定)をもらえて、高速WiFiの端末代金も0円です。

大変お得に契約できるので、WiMAXの契約を検討中の方は、GMOとくとくBBからのお申し込みがおすすめです。

速度制限を気にせず使いたいなら完全無制限WiFi

速度制限を気にしない使い放題のプランがいいなら、完全無制限WiFiがおすすめです。

WiMAXには「3日間で10GBまで」という速度制限があり、10GBを超えると速度が遅くなります。

速度制限が気になるという方は、完全無制限がおすすめです。

いくつかの完全無制限WiFiの月額料金や違約金について比較してみましたので、無制限WiFi選びの参考にしてみてください。

【完全無制限WiFi比較表】

初期費用 月額料金 違約金 更新月
ZEUS WiFi 3,000円 1~6ヶ月目:2,980円
7ヶ月目~:3,280円
9,500円 2年ごと
Mugen WiFi 3,000円 3,280円 1年未満:9,000円
1~2年未満:5,000円
2年目~:0円
2年ごと
THE WiFi 3,000円 3,480円 9,800円 2年ごと
めっちゃWiFi 3,000円 3,480円 4ヶ月目まで:9,800円
25ヶ月目~:0円
2年ごと
限界突破WiFi 0円 3,500円 2年未満:18,000円
2年目~:5,000円
1年ごと
どんなときもWiFi 3,000円 1~24ヶ月:3,480円
25ヶ月目~:3,980円
0~12ヶ月目:19,000円 2年ごと
※価格は全て税抜き

料金重視で選ぶ!おすすめのホームルーターを紹介

料金重視でホームルーターを選びたい方におすすめの回線をご紹介します。

速度を求めるなら「GMOとくとくBB」から WiMAX

gmo-wimax

通信速度を重視するなら、WiMAXのホームルーターをおすすめします。

WiMAXとモバレコエアーの最大速度を比較した表は以下のとおりで、WiMAXの方が機種のスペックが高いことがわかります。

機種名 下り最大速度
WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W06 1.2Gbps
モバレコエアー Airターミナル4 962Mbps

WiMAXの基本情報は以下のとおりです。

【WiMAX(ギガ放題プラン)の基本情報

初期費用 月額料金 違約金 更新月
3,000円 1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目~:4,263円
0~12ヶ月目:19,000円
13~24ヶ月目:14,000円
25ヶ月目~:9,500円
3年ごと
※価格は全て税抜き

WiMAXの窓口としておすすめなのは、ポケットWiFiのときと同じ「GMOとくとくBB」です。

最大27,200円のキャッシュバック(6月限定)をもらえて、高速WiFiの端末代が0円というのは、魅力的です。

ホームルーターを選ぶ際も、GMOとくとくBBがもっともお得になるので、ぜひ検討してみてください。

速度制限を気にせず使いたいならモバレコエアー

mobarecoair

速度制限を気にせずにネットを使いたいなら、モバレコエアーがおすすめです。

WiMAXの場合、3日間で10GBという速度制限がありますが、モバレコエアーなら速度制限はありませんから、速度制限を気にせずにネットを使えます。

さらに、ソフトバンクユーザーならおうち割光セットを適用できるので、ソフトバンクのスマホが最大1,000円割り引きされます。

また、家族にも割り引きが適用されるので、家族にソフトバンクユーザーが多ければよりお得です。

モバレコエアーの基本情報は以下のとおりです。

【モバレコエアー(端末購入)の基本情報】

初期費用 月額料金 違約金 更新月
3,000円 1~12ヶ月目:950円
13~24ヶ月目:3,344円
25ヶ月目~:4,880円
9,500円 2年ごと
※価格は全て税抜き

窓口としておすすめなのは「モバレコエアー」です。

「ソフトバンクAirスタート割」と「モバレコAir限定月額キャンペーン」が使えて、端末購入の場合月額料金が1年間950円と安くなります。

自宅で速度制限を気にせずにネットを使い放題にしたいなら、月額料金が割り引きされるモバレコエアーがおすすめです。

料金重視で選ぶ!おすすめの固定回線を紹介

固定回線を契約するなら、お使いのスマホとのセット割が使える回線を選ぶのがおすすめです。

ここでは、スマホのキャリアごとにおすすめの回線をご紹介していきます。

auユーザーならSo-net光プラス

sonet-hikari

auユーザーなら、通信速度が安定していて料金が安いSo-net光プラスがもっともおすすめです。

So-net光プラスは光コラボ回線の一つで、全国で使える回線です。

また、通信速度が速いと定評があるSo-netが扱っているので、速度重視の方にもおすすめできます。

So-net光プラスの基本情報を、以下の表にまとめました。

【So-net光プラスの基本情報】

対象エリア 日本全国
スマホのセット割 auスマートバリュー
割引額 (新規契約の場合) 戸建て 1~24ヶ月:3,000円割引
25~60ヶ月:400円割引
マンション 1~24ヶ月:3,000円割引
25~48ヶ月:500円割引
月額料金 戸建て 1~24ヶ月:2,980円
25ヶ月目~:5,580円
マンション 1~24ヶ月:1,980円
25ヶ月目~:4,480円
※価格は全て税抜き

So-net光プラスを申し込むなら「So-net公式」

So-net光プラスを申し込む場合は、So-net公式サイトからの申し込みがおすすめです。

So-net公式サイトで受けられる特典は以下のとおりです。

  • 2年間月額料金割引
  • v6プラス対応ルーターの月額料金400円が永年無料

So-net光プラスの基本情報でご説明した通り、月額料金割引で料金がとても安くなります。

また、v6プラス対応ルーターをずっと無料で使えるのもメリットです。

公式サイトの特典で十分お得なので、So-net光プラスを申し込むなら「So-net公式サイト」からお申し込みください。

So-net光プラスがエリア外ならauひかりもおすすめ

au-hikari

So-net光プラスがエリア外で使えなかった場合は、auひかりもおすすめです。

auひかりは、auスマートバリューが適用でき、東海、関西、沖縄エリア以外なら全国で利用できます。

auひかりの基本情報を、以下の表にまとめました。

【auひかりの基本情報】

対象エリア 東海、関西、沖縄エリア以外
スマホのセット割 auスマートバリュー
割引額 最大60,000円キャッシュバック
月額料金 ホーム1ギガ 5,600円 (ずっとギガ得プラン 3年)
マンション ギガ 4,050円
※価格は全て税抜き

auひかりのおすすめ窓口は「フルコミット」です。

フルコミットなら最大60,000円の高額キャッシュバックをもらえるので、とてもお得です。

ドコモユーザーならドコモ光

docomo-gmo

ドコモユーザーの場合は、ドコモのセット割を使える回線がドコモ光だけなので、ドコモ光一択といえます。

ドコモ光では多くのプロバイダを選べます。

通信速度を安定させたいなら、v6プラスを使えるプロバイダから申し込みましょう。

ドコモ光の基本情報は以下のとおりです。

【ドコモ光の基本情報】

対象エリア 日本全国
スマホのセット割 ドコモ光セット割
割引額 最大20,000円キャッシュバック+dポイント5000pt
月額料金 戸建て 5,600円 (ずっとギガ得プラン 3年)
5,000円~5,400円 3,800円~4,200円
※価格は全て税抜き

ドコモ光を申し込むなら「GMOとくとくBB」

ドコモ光を申し込むなら、GMOとくとくBBからの申し込みがお得です。

「GMOとくとくBB」から申し込めば、以下のような特典がもらえます。

  • 最大20,000円キャッシュバック+dポイント5000pt
  • v6プラス対応ルーター無料レンタル

また、GMOとくとくBBはv6プラスに対応しているので、通信速度が安定するでしょう。

ドコモ光を申し込む際には、「GMOとくとくBB」から申し込むのがおすすめですよ。

ソフトバンクユーザーならNURO光

nuro-sonet

ソフトバンクユーザーなら、NURO光がおすすめです。

NURO光は標準プランでも下りの最大速度が2Gbpsと、通信速度に定評がある光回線です。

より速い速度を求めるなら、6ギガや10ギガのプランも選べます。

ただし、NURO光は対応エリアが限られているので、ご注意ください。

NURO光の基本情報は以下のとおりです。

【NURO光の基本情報】

対象エリア 北海道、関東、関西、東海、九州
スマホのセット割 おうち割光セット(ソフトバンク)
割引額 最大45,000円キャッシュバック
月額料金 4,743円
※価格は全て税抜き

NURO光を申し込むなら「NURO公式」

NURO光を申し込む場合は、NURO公式からの申し込みがおすすめです。

NURO公式サイトなら、最大45,000円のキャッシュバックをもらえます。

しかも、開通してから2ヶ月後にもらえるので、もらい忘れもありません。

NURO光のお申し込みは、「NURO公式」からご確認ください。

NURO光がエリア外ならソフトバンク光もおすすめ

NURO光がエリア外だった場合は、ソフトバンク光もソフトバンクのセット割を使えるのでおすすめです。

通信速度を安定させたい場合は、IPv6高速ハイブリッドを申し込みましょう。

月額500円のオプションパックをつける必要がありますが、IPv6高速ハイブリッドにすれば、夜間など通信が混雑する時間帯も通信が安定するでしょう。

ソフトバンク光の基本情報は以下のとおりです。

【ソフトバンク光の基本情報】

対象エリア 日本全国
スマホのセット割 おうち割光セット(ソフトバンク)
割引額 最大33,000円キャッシュバック
月額料金 戸建て 5,200円
マンション 3,800円
※価格は全て税抜き

ソフトバンク光の申込窓口としてもっともおすすめなのが、代理店「NEXT」です。

「NEXT」から申し込めば、最大33,000円のキャッシュバックがもらえます。

振り込みは開通月の2ヶ月後なのですぐにもらえますし、有料のオプションをつける必要もありません。

まとめ

今回の記事では、インターネット回線の料金の内訳と、料金を抑える方法についてご説明しました。

インターネット料金を抑えるための5つの方法は以下のとおりです。

  • 月額料金の安い回線を選ぶ
  • 特典を利用して申し込む
  • スマホとのセット割を適用させて申し込む
  • 不要なオプションを解約する
  • お得な回線に乗り換える

そして、インターネット回線のタイプごとの料金や、それぞれおすすめの申込窓口についてもあわせてご紹介しました。

  • ポケットWiFi:WiMAX、完全無制限WiFi
  • ホームルーター:WiMAX、モバレコエアー
  • 固定回線:auユーザーならSo-net光プラス
         ドコモユーザーならドコモ光
         ソフトバンクユーザーならNURO光かソフトバンク光

これからインターネット回線を契約や他の回線への乗り換えを検討している方は、この記事を参考にしてご自分に合った回線を選んでください。

タイトルとURLをコピーしました