【重要】マンションでインターネットを使うために確認・注意しておきたいことを解説!

マンションでインターネットを使うために確認・注意しておきたいことを解説! インターネット

マンションやアパートにお住まいの人がインターネットを契約しようとすると、必然的にマンションタイプの契約になります。

建物がマンションタイプに対応していない場合は戸建てタイプでの申し込みになる可能性もあります。その際はオーナーや大家に工事をしていいか確認をとる必要など様々な注意点もあります。

本稿ではマンションやアパートなどの、集合住宅でインターネットの契約をする際に覚えておきたい点を解説します。

マンションでオススメのインターネット

速度重視なら:光回線

エリア外の場合スマホとセット割ができる光回線

光回線が引けないなら:ポケットWiFiやホームルーター

この記事を書いた人
わたしのネット

月間100万人が閲覧するインターネットの総合情報サイトの「わたしのネット」の運営者。インターネット回線の正しい比較情報を届けるために、マイナビニュースへ出張中。日本で一番わかりやすいインターネット回線の解説記事を目指しています。

わたしのネットをフォローする

マンションで利用可能なインターネットの種類

マンションでは、以下のインターネットが利用可能です。

選ぶインターネットによって、料金や速度などが変わってきますので、ご自身の利用環境と照らし合わせて選びましょう。

マンションで利用可能なインターネット
  • 光回線:無制限、速度が速い、オンラインゲームや大容量通信をする
  • ポケットWiFi:制限あり、オンラインゲームには向かない、外出先にも持ち運びしたい
  • ホームルーター:無制限、光回線は引きたくない、ある程度の速度安定性が欲しい

マンションでインターネットをはじめる時の確認事項

ポケットWiFiやホームルーターを契約するには、電波が届くかのエリア確認が必要となりますが特に注意点はなく、申し込んで端末が届いたらすぐ利用ができます。

ただ光回線については、マンションに設備が整っていることなど様々な確認ポイントがあります。

光回線事業社はほぼすべて集合住宅を対象とした、いわゆる「マンションタイプ」のプランを取り扱っています。

ではここからは集合住宅で光回線によるインターネット契約をする場合の注意点をいくつか解説します。

光回線が引けるかどうか?

集合住宅で光回線を利用するには、その集合住宅の建物に光回線を引き込む設備があるかどうかが最も重要で、根本的な問題です。

もしその設備自体がなければ、契約は不可能です。

設備があるとは、その集合住宅に野外の電柱から光ファイバーを引き込み、各部屋に回線を結ぶ【共有スペース】が設置されているかどうかの問題です。

引用:フレッツ光公式

この共有スペースが設置されている集合住宅が、いわゆる「インターネット対応」の集合住宅です。

共有スペースがあれば、光回線を部屋まで引き込む設備が整っているため、光回線業者に申し込みをすれば対応してくれます。

その設備がない場合は、マンションタイプではなく戸建て回線での引き込みになる可能性が高いです。

その集合住宅がインターネットに対応しているかどうかは、その集合住宅の賃貸情報に記載されているはずです。

もし自身が賃貸契約している部屋が対応しているかわからない場合は大家さんか、担当の仲介業者などの、物件の管理責任者に連絡して確認してみるといいでしょう。

インターネット完備のマンション

集合住宅によっては「インターネット完備」という場合もあります。この場合はすでに部屋までインターネット回線が接続されている状態です。

つまりインターネット契約がすでにされており、自分で契約しなくてもインターネット利用が可能です。これは家賃にインターネット利用料が含まれているというタイプの賃貸で、わざわざ自分で契約する必要がないということです。

このような場合に自分から契約変更の申し込みをするときも、とにかく大家さんや仲介業者に相談し、了解を取ることが先決です。

集合住宅がとても古い建物の場合などは、インターネット接続のための共有スペースが設置されていないこともあります。そのような場合は光回線を契約することは不可能ですが、ポケットWiFiやホームルーターを契約するという選択肢があります。

どのくらい同じマンションに住むかどうか?

昨今のインターネット契約は数年単位で契約することで月額料金が安くなるサービスが増えています。

例えば4年契約、つまり48カ月間、契約を継続することを前提に、月々の利用料金を割引する、というような割引プランが増えています。このような長期契約プランは多くの場合、契約年数よりも早く解約してしまうと違約金が発生します。

マンションやアパートなどの賃貸は2年単位で契約することが多く、契約更新のタイミングで引っ越すことも珍しくありません。

マンション、アパートに越してきたばかりでインターネット契約をする際は、何年くらい住むのかをよく考えて、インターネットの長期契約には注意しましょう。

エリア内かどうか?

インターネットは野外から建物内に光ファイバーを引き込んで利用するため、野外に光ファイバー網があることが前提です。つまり現住所が対応エリア内かどうかの問題です。

日本は光回線がほぼ全域に普及しているため、エリア外の地域は年々減少していますが、それでも人口密度の低い地方はエリア外の可能性もあります。

光回線の契約を検討する際はまず、現住所が対応エリア内かどうかを確認しましょう。

インターネット回線の料金はいくらか?

本稿の冒頭で、光回線の契約は、一戸建てがホームタイプ、集合住宅がマンションタイプであると解説しました。両者の一番の違いは料金です。

基本的にホームタイプのほうが割高です。マンションタイプはその集合住宅の規模によって3段階くらいで料金が異なる場合があります。

基本的に部屋数が多い、大規模な集合住宅ほど割安料金です。このため、例えば別のマンションに住んでいる友だちが自分と同じ回線業者とマンションタイプで契約していても基本料金が異なることもあり得るということです。

上記のようにフレッツ光のマンションタイプは集合住宅の規模によって料金が異なりますが、料金は一律の場合もあり、事業社によってさまざまです。

マンションタイプのおすすめインターネットを紹介!

マンションでインターネットを引くには、建物にインターネット設備があるかが重要です。またエリア確認をして、マンションタイプ、戸建てタイプどちらの引き込みになるのかによって、オーナーや大家の確認も必要になるでしょう。

ここでは、マンションでインターネットを始める際に、おすすめのインターネットを紹介します。

速度重視なら光回線

光回線は通常プランで最大1Gbpsを誇る回線です。電柱から直接線を引いてくるため、通信の安定性も他のインターネットには負けません。

月額1,900円~:NURO光 for マンション

引用:NURO光公式サイト

その中でも月額1,900円~使えるNURO光 for マンションが最もオススメの光回線といえます。

なぜならNURO光 for はマンションは料金もさることながら、通常プランでも最大2Gbpsの高速通信に対応しているからです。

またNURO光はSoftBankスマホとのセット割にも対応しているため、スマホ料金から最大1,000円の割引が受けられます。かなりお得ですよね。

ただし注意点として、NURO光 for マンションの設備がマンションに備わっていること、住宅でNURO光 for マンションの利用人数が10人以上いることが条件となっています。

NURO光 for マンションの料金体系
  • 6人以下:2,500円
  • 7人:2,400円
  • 8人:2,300円
  • 9人:2,200円
  • 10人以上:1,900円

契約を迷われている方は、まずはエリア確認および、利用人数の把握を行いましょう。

またエリアに関しても、北海道、関東、中部、関西、九州の一部と限られているため、エリア外の方は次で説明する光回線を参考にしてみてください。

エリア外の方はスマホとセット割ができる光回線

上記で紹介したNURO光 for マンションですが、安く使える代わりにエリアも条件も厳しくなっています。そのためここでは、「光コラボ」と呼ばれる全国エリアに展開している光回線を紹介します。

スマホとのセット割が最大1,000円受けられるため、スマホに合わせた光回線を選べば間違いないでしょう。

キャッシュバックキャンペーンを行っている窓口もありますので、最もお得な窓口も合わせて紹介します。

スマホキャリアごとにおすすめの光回線はこちらです。

回線名月額料金セット割キャッシュバック
So-net光(公式)2,080円/24か月au月額割引
※月額料金に適用済
ドコモ光(GMOとくとくBB)4,000円/24か月docomo最大20,000円
ソフトバンク光(NEXT)3,800円/24か月SoftBank最大33,000円

またNURO光と同じく独自回線となり、エリアに限りはありますがauスマホとのセット割ができるauひかり(3,800円/24か月)もあります。キャッシュバックはマンションタイプで最大50,000円を誇りますので、エリア確認をしておいて損はないでしょう。

それ以外の方向け:ポケットWiFi・ホームルーター

最低限インターネットが利用できればいい方や、持ち運びしたい方、光回線が引きたかったけどマンションの都合で引けなかった方には、ポケットWiFiやホームルーターがおすすめです。

Broad WiMAX:ポケットWiFi・ホームルーターに対応

Broad WiMAXは、月額料金が安く、初期費用無料キャンペーンなどの特典も豊富なのが魅力的なインターネットです。

ポケットWiFiもホームルーターも、WiMAXは「3日間で10GB以上」の利用で、翌18時から翌々2時まで1Mbpsの通信制限がかかります。その点に注意して使用すれば問題はありません。

ポケットWiFiであれば、小さな端末なので持ち運びも可能です。ホームルーターはコンセントにさすだけで使える光回線とポケットWiFiの中間のような端末です。

気になる方は公式サイトから詳細をチェックしてみてください。

モバレコエアー:無制限のホームルーター

mobarecoair

モバレコエアーはソフトバンクエアーと端末は全く同じですが、17,000円のキャッシュバックを行っていたり、特典が豊富なのが魅力的なインターネットです。

またWiMAXであった通信制限も、モバレコエアー(ソフトバンクエアー)ならありません。そのため長時間の動画視聴などにも対応可能です。

通信速度や安定性の面から、オンラインゲームには向かない可能性がある点には注意が必要です。

こちらも気になる方は公式サイトから詳細をチェックしてみてください。

まとめ

マンションでインターネットを使いたい方は以下を基準にして選びましょう。

マンションでオススメのインターネット

速度重視なら:光回線

  • 月額1,900円~:NURO光

エリア外の場合スマホとセット割ができる光回線

  • docomo:ドコモ光
  • SoftBank:ソフトバンク光
  • au:So-net光

光回線が引けないなら:ポケットWiFiやホームルーター

  • Broad WiMAX
  • モバレコエアー

マンション、アパートなどの集合住宅で光回線を利用する場合は、その賃貸物件にインターネットを利用するための設備(共有スペース)が設置されているかどうかがポイントです。

設置されていれば個人で光回線業者と契約し、自室でインターネット利用ができるようです。賃貸情報に「インターネット対応」と記載されていれば、インターネット契約は自由、と解釈して問題ないですが、契約するときは、大家さんや仲介業者など、物件の管理責任者に連絡し、許可を得ておくべきです。

「ポケットWiFi・ホームルーター」の場合はその建物の設備は関係ないため、特に許可を取る必要はありません。

住所に関係なく、引っ越し先でも使えるため、引っ越しが多いという人に便利な存在です。

この記事を参考に条件、用途にあったインターネットを選んで、快適なネットライフを送っていただけると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました