クラウドSIMのポケットサイズのWiFiを全解説!おすすめの人や容量別最安の4社を紹介します | マイナビニュース インターネット比較

クラウドSIMのポケットサイズのWiFiを全解説!おすすめの人や容量別最安の5社を紹介します

クラウドSIM ポケットWiFi

「クラウドSIMのポケットサイズのWiFiとはどんなサービスなのか」「クラウドSIMのポケットサイズのWiFiは自分に合っているのか」など、クラウドSIMに関しての疑問をおもちの方は多いのではないでしょうか。

クラウドSIMは、以下の人におすすめのサービスです。

容量別におすすめのクラウドSIMポケットサイズのWiFiは、以下の通りです。

縛りなし×大容量200GBまで使いたいなら「Chat WiFi」
chat wifi

契約期間に縛りがなく、200GBの大容量を契約できるのはChat WiFiだけ! 最短即日発送で、すぐに使える!

  • 月額料金:200GB/月:4,928円
  • キャッシュバック:なし
  • 平均通信速度:7.51Mbps
  • 海外利用:不可
chat WiFiを申し込む
210GB相当の超大容量を使いたいなら「hi-ho Let’s WiFi」
hi-ho Let’s Wi-Fi

1日7GBまで使える超大容量ポケットサイズのWiFi! 「鬼コスパキャンペーン」で手数料無料&最大12ヶ月間月額料金割引も!

  • 月額料金:7GB/日(210GB/月):3,278円~
  • キャッシュバック:なし
  • 平均通信速度:8.27Mbps
  • 海外利用:可能
hi-ho Let’s WiFiを申し込む
縛りなし×100GBのデータを使いたいなら「クラウド WiFi」
クラウドwifi

いつでも無料解約できる100GBのポケットサイズのWiFi! 同条件なら業界最安値で契約可能!

  • 月額料金:100GB/月:3,718円
  • キャッシュバック:なし
  • 平均通信速度:25.87Mbps
  • 海外利用:可能
クラウドWiFiを申し込む
100GBのデータ容量を安く使いたいなら「Mugen WiFi」
Mugen wifi

2年経過後はいつでも無料解約可能なお手軽ポケットサイズのWiFi!いまなら10,000円キャッシュバック実施中!

  • 月額料金:100GB/月:3,718円
  • キャッシュバック:10,000円
  • 平均通信速度:18.71Mbps
  • 海外利用:可能
Mugen WiFiを申し込む
50GBの少量データを最安値で使いたいなら「MONSTER MOBILE」

契約期間、端末の種類、料金プランを自由に選べる! マンスリープラン50GBなら、業界最安値で契約可能!

  • 月額料金:500GB/月:2,640円
  • キャッシュバック:なし
  • 平均通信速度:21.56Mbps
  • 海外利用:可能
MONSTER MOBILEを申し込む

今回は、そのようなクラウドSIMに興味のある方に向けて、クラウドSIMの特徴やおすすめの会社について詳しく、かつわかりやすく解説をします。

この記事を読んでいただければ、上記のポイントを含めご自身にとって、ポケットサイズのWiFiが合っているかを確かめることができますよ!

この記事を書いた人
マイナビニュース ネット比較編集部

マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

マイナビニュース ネット比較編集部をフォローする

そもそもクラウドSIMってどんな仕組み?

クラウドSIMとは、物理的なSIMカードを必要とせず、クラウド上で管理されたSIM情報に端末からアクセスし、通信をおこなう技術です。

今までのポケットサイズのWiFiは、ルーターにSIMカードを挿入する必要があったため、1端末で1回線での利用が基本でした。

こうた
こうた

ドコモのSIMならドコモ回線のみ、auのSIMならau回線のみ

という具合だね!

ただしクラウドSIMの場合だと、SIM情報がクラウド上にあるため、1つの端末で複数の回線を利用できるのです。

そのため、現在国内で提供されているクラウドSIMポケットサイズのWiFiは、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3社のスマホキャリアが利用できるほか、海外であれば、その国のSIMを利用できます

とくこ
とくこ

スマホがつながる場所ならどこでも使えるから、便利だわ!

クラウドSIMポケットサイズのWiFiの5つのメリット

クラウドSIMのポケットサイズのWiFiを利用するメリットは、以下の5つです。

ユーザーの口コミを交えつつ解説していきましょう。

①3大スマホキャリアの回線を使えるから繋がりやすい

クラウドSIMのポケットサイズのWiFiで利用できる国内回線は、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリア回線です

この3社の回線から、その場その場でもっとも通信環境がいいものを選んで自動的に接続されるため、繋がりやすさに優れています。

こうた
こうた

キャリアスマホの電波が入る場所なら、基本的にどこでも繋がるよ!

一方、ポケットサイズのWiFiの大手「WiMAX」の場合、使える回線はWiMAX回線が基本です。

WiMAX回線は通信速度などに定評があるものの、建物内の奥まった場所や地下、山間部などでは繋がりにくいといった欠点があります。

このツイートにもあるとおり、WiMAXは地下鉄だと電波が届いていません。

しかし、クラウドSIMポケットサイズのWiFiは、地下でも問題なく通信できていますね。

電子決済が主流となった今、地下街でWiFiが使えないのは致命的です。

しかし、クラウドSIMのポケットサイズのWiFiなら地下でも十分な速度を出して繋がるため、WiMAXより利便性は高くなります。

②海外でも同じ端末をそのまま使える

クラウドSIMポケットサイズのWiFiは、海外で電源を入れれば、端末そのままで海外のSIMを使って通信できます。

そのため、現地や空港で専用のSIMを契約したり、レンタルしたりする手間がかかりません。

とくこ
とくこ

海外旅行は準備にバタバタするから、これは嬉しいわね!

ただし、海外での利用には、通常の月額料金と別に海外専用料金が発生します。

料金は、「1日・1週間あたり○GB」や「○GBチャージで○円」など、会社によってさまざまで、利用する国と地域で金額が変わることもありますよ。

一例として、MONSTER MOBILEの場合を見てみましょう。

【海外利用料金(MONSTER MOBILEの場合)】
地域 1GB 3GB
韓国 350円 705円
中国/香港 特別回線 800円 1,600円
台湾 410円 920円
タイ 440円 975円
シンガポール 460円 920円
アメリカ 920円 1,785円
ドイツ 740円 1,785円
スペイン 740円 1,785円
イタリア 740円 1,785円
フランス 740円 1,785円
イギリス 740円 1,785円
オーストラリア 780円 1,785円
※価格は不課税

このように、利用国で料金が倍になることもあるため、料金は渡航前にチェックしておくと安心です。

ツイートにもあるとおり、クラウドSIMは海外好きな方にとって大変使いやすいポケットサイズのWiFiとなっています。

もちろん、国内でも十分使えるため、リモートワークが主流となった今、海外へ行けない間も大活躍してくれますよ!

③自分に合ったデータ容量の会社やプランを選べる

クラウドSIMポケットサイズのWiFiは、少量~大容量、月額制や日額制などさまざまな条件プランを提供しているため、自分に合った内容で契約できる点もポイントです。

ご自身がひと月でどのくらいデータ通信をおこなうか把握しておけば、無駄なく安く使えますよ。

④月額料金が安めに抑えられている

クラウドSIMポケットサイズのWiFiの月額料金は、2,000〜3,000円台と、安めに抑えられています。

同容量帯のポケットサイズのWiFiを各社比較すると、クラウドSIMポケットサイズのWiFiが最安になる場合が多く、料金の安さを優先したい方にもおすすめです。

料金が安いと通信品質が劣るのでは?と心配になる方もいらっしゃると思います。

しかし、このツイートにもあるとおり、クラウドSIMポケットサイズのWiFiは速度も十分出ているため、使用感も問題ありませんね!

⑤最新端末も登場している

クラウドSIMポケットサイズのWiFiからは続々と最新端末が提供されており、新しい端末になるほど、スペックが向上しています。

そのため、端末が選択できるクラウドSIMを契約する場合は最新端末を選んだほうが快適に利用できますよ。

【クラウドSIMポケットサイズのWiFi最新端末】
機種名 U3 Macaroon SE G4
サイズ 6mm × 126mm × 10mm 85mm × 85mm × 23.5mm 136mm × 72.2mm × 12mm
WiFi規格 IEE 802.2b/g/n IEEE 802.11 b/g/n IEEE 802.11 b/g/n
最大下り速度 150Mbps 150Mbps 150Mbps
最大上り速度 50Mbps 50Mbps 50Mbps
最大接続可能数 10台 10台 5台
連続稼働時間 最大12時間 最大20時間 最大12時間

この方は、MONSTER MOBILEの最新端末である「Macaroon SE」を選択したようですね!

前モデルの「Macaroon M1」と比較すると、バッテリー容量が1,000mAhも増えているため、外出先でもより長く使えるようになっています。

ポケットサイズのWiFiは充電が切れると通信できなくなってしまうので、この改良は好ポイントです。

クラウドSIMポケットサイズのWiFiの7つの注意点

クラウドSIMポケットサイズのWiFiを申し込む前に、以下の7つの注意点についても確認しておきましょう。

とくに毎月大量のデータ通信をおこなう人や、速度を最優先する人は要注意です。

ここでもクラウドSIMポケットサイズのWiFiユーザーの口コミを交えながら、解説していきます。

①過去に大規模な障害が起きた

クラウドSIMのポケットサイズのWiFiは、過去に大規模な障害が起こり、ユーザーから大きな批判を受けることがありました

これは、クラウドSIMを提供する各社が「無制限プラン」を乱立させていたことと、一部のヘビーユーザーが際限なくデータ通信をおこなうことを想定していなかったことが原因です。

こうた
こうた

当時はクラウドSIMポケットサイズのWiFiがまったく繋がらず、多くの人が困惑したよ。

現在はこの反省を活かして無制限プランを廃止し、各社100GBや200GBなどの上限を設けることで、通信障害を出さずユーザーに大容量データを利用してもらうことが可能となりました。

②完全無制限プランの受付は各社終了している

前項でも解説したように、現在のクラウドSIMポケットサイズのWiFiでは「完全無制限プラン」の提供を終了しています

ですが、各社代わりに100GBや200GBなど実質無制限といっていいほどの大容量データを格安で提供しはじめたため、実際はいまも無制限プランとほぼ同感覚で利用できているのが現状です。

こちらの方も、無制限プランを実施していた「どんなときもWiFi」から100GBの上限を持つ「それがだいじWiFi」に乗り換えた結果、100GBでも十分とツイートされていますね。

実際、100GBはYouTubeの視聴時間100時間に相当する容量なので、無制限プランが無くなった今でも、そこまで不便さを感じている人は少ないです。

ただし、100GBや200GBでも足りないという人には、3日で10GBを消費しない限り速度制限にかからない「WiMAX」をおすすめします!

WiMAXは月間データ容量に制限のないポケットサイズのWiFiなので、データ消費が多い人も実質無制限感覚で利用できますよ。

WiMAXについては記事後半の「クラウドSIM以外で検討するなら「Broad WiMAX」がおすすめ」で詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。

③速度制限にかかるとほぼ使い物にならなくなる

クラウドSIMポケットサイズのWiFiは、月間のデータ容量に上限を設定しているため、規定のデータ容量を使い切ってしまうと速度制限にかかってしまいます

速度制限にかかった場合の通信速度は、全社最大128kbpsです。

Webページを閲覧したり、LINEでメッセージを受信したりする程度の操作でも約1Mbps(1,000kbps)は必要になるため、128kbpsでは何もできません。

この方は通信制限にかかってしまったせいで、オンラインレッスンを受けられなくなったとツイートされていますね。

現在は授業や英会話などもオンラインレッスンが主流となっていますので、速度制限だけは絶対かからないようにしたいものです。

万が一の事態が心配な人は、データチャージ可能なクラウドSIMポケットサイズのWiFiを選びましょう。

データチャージを行えば即ギガ数を増やせるため、速度制限になりそうなときでも緊急回避できますよ!

とくこ
とくこ

今回紹介している中なら、「MONSTER MOBILE」がデータチャージに対応しているわ!

④接続する回線を自分で選択できない

クラウドSIMは複数の回線を使いわける仕組みになっていますが、接続回線を自分で選択することはできず、すべてクラウドSIMの自動操作となります。

ただし、その利用場所でもっとも環境のいい回線に切り替えをするようになっているため、実際の利用時には、さほど問題になるものではありません

こちらの方もドコモ回線を使ってみたいのに、au回線しか拾わないとツイートされていますね。

クラウドSIMは場所によって接続される回線が異なるため、自分が思う回線を利用できないことも多々あります。

しかし、ツイートにもあるとおり、どの回線でも実測値は十分出るため、使用感は問題ないでしょう。

⑤スペックが他社ポケットサイズのWiFiより少し劣る場合あり

クラウドSIMポケットサイズのWiFiのスペックは、他社のポケットサイズのWiFiより少し劣る場合が多く、とくに最大速度の面で優劣が顕著です。

【ポケットサイズのWiFi速度比較】
ドコモ ワイモバイル WiMAX クラウドSIM
機種名 SH-52A 803ZT W06 U3
下り最大速度 4.1Gbps 988Mbps 1.2Gbps 150Mbps
上り最大速度 480Mbps 46Mbps 64Mbps   50Mbps
平均下り速度 106.08Mbps 47.57Mbps 46.8Mbps 26.05Msbps

動画再生やLINE通話、ビデオ会議など、一般的な用途であればほとんど問題はありませんが、より高速な環境を必要とする方にとっては、物足りない状況が生まれるかもしれません

⑥支払いはクレジットカード払いのみ

クラウドSIMポケットサイズのWiFiを提供しているすべての会社は、月額料金の支払い方法をクレジットカード払いに限定しています。

そのため、クレジットカードを持っていない、支払いに使えない人にとっては、クラウドSIMポケットサイズのWiFiは申し込み自体ができないサービスとなっていしまいます。

ポケットサイズのWiFiを契約する人の中には、1ヶ月など短期間しか利用しない人もいらっしゃるでしょう。

しかし、多くのポケットサイズのWiFiはクレジットカードが無いと契約できないので、カードを持っていない場合、とても面倒なことになってしまいます。

そこで、クレジットカードの作成が面倒な方や、ポケットサイズのWiFiの料金を口座振替にしたい方には、口座振替に対応している「Broad WiMAX」をおすすめします!

Broad WiMAXはクラウドSIMではありませんが、数少ない口座振替に対応したポケットサイズのWiFiです。

国内ならクラウドSIMと大差ない使用感で使えますので、口座振替を希望される方は、「クラウドSIM以外で検討するなら「Broad WiMAX」がおすすめ」の項目をご覧ください。

⑦未成年者名義では申し込めない

クラウドSIMポケットサイズのWiFiは、未成年名義で申し込めません。

なぜなら、クラウドSIMポケットサイズのWiFiの申し込みは、全社Webのみに限定されているからです。

この方も、ご自身が未成年なためにポケットサイズのWiFiを契約できないとツイートされていますね。

利用者が未成年の場合、申し込みは保護者がおこなえば契約できるので、クラウドSIMポケットサイズのWiFiを利用したい未成年の方は、ご両親に許可を得てみてください。

クラウドSIMポケットサイズのWiFiがおすすめの人

ここまでに解説してきたメリットと注意点をもとに、どんな人にクラウドSIMのポケットサイズのWiFiがおすすめかというと、以下のようになります。

どれかひとつだけというよりも、できるだけ多くの項目に該当する人がおすすめだといえますよ。

WiMAXがエリア外 or 容量が足りなかった人

郊外や山間部などに住んでいてWiMAXがエリア外だった人、3日で10GB以上のデータを消費する人は、クラウドSIMポケットサイズのWiFiがおすすめです!

ポケットサイズのWiFi最大手の「WiMAX」は、圧倒的な高速通信と端末スペックの高さで、本来もっともおすすめ度の高いポケットサイズのWiFiになります。

しかし、WiMAXは郊外や山間部などに行くとエリア外になりやすいうえ、直近3日で10GB以上のデータ通信を行うと速度制限にかかるというデメリットがあります。

こうた
こうた

ぼく田舎に住んでるからWiMAXはエリア外かも…

とくこ
とくこ

私は在宅ワークがメインだから、3日で10GBじゃ足りないわ

しかし、クラウドSIMポケットサイズのWiFiなら、これらのデメリットをすべてカバーできるので安心です!

クラウドSIMポケットサイズのWiFiは、キャリアスマホがつながる場所ならどこでも通信できますし、月間(または1日)データ容量をオーバーしなければ速度制限もかかりません。

WiMAXより実測値は遅くなりますが、エリアの広さと容量の多さを重視するならクラウドSIMポケットサイズのWiFiがピッタリですよ!

容量が少なくてもいいから安さ重視で選びたい人

「とにかく料金を安くしたい」という人にも、クラウドSIMのポケットサイズのWiFiはおすすめです。

クラウドSIMポケットサイズのWiFiにはたくさんの種類と料金プランがあるため、データ容量を少なくするほど安く契約できます。

一方、WiMAXは月間データ容量に上限がない代わり、料金が約4,000円に固定されているため、料金重視ならクラウドSIMポケットサイズのWiFiがピッタリですよ!

海外でもポケットサイズのWiFiをそのまま使いたい人

クラウドSIMポケットサイズのWiFiは同端末を海外でも利用できるため、旅行や出張などで頻繁に海外へ行く人にもおすすめです。

クラウドSIMポケットサイズのWiFiがあれば、現地や空港で回線を契約したり、WiFi機器をレンタルしたりする手間が省けます。

クラウドSIMポケットサイズのWiFi全10社を比較!今おすすめの5社を紹介

クラウドSIMポケットサイズのWiFi10社を月間データ容量別に比較し、実質料金の安い順に並べると次のようになりました。

【容量別|クラウドSIMポケットサイズのWiFiの料金比較】
データ容量 サービス名 月額料金 契約期間 契約事務手数料 2年間の実質料金
月額 総額
20GB ゼウスWiFi ~6ヶ月:980円
7ヶ月~:2,178円
2年 3,300円 2,022円 50,562円
どこよりもWiFi 1,900円 2年 2,032円 50,800円
2,400円 なし 2,532円 63,300円
ゼウスWiFi 2,618円 なし 2,750円 68,750円
40GB ゼウスWiFi ~6ヶ月:1,680円
7ヶ月~2,948円
2年 2,776円 69,392円
3,278円 なし 3,410円 85,250円
THE WiFi(ライト) 3,278円 2年 3,410円 85,250円
THE WiFi(通常) ~3ヶ月:3,278円
4ヶ月~:3,676円
2年 3,760円 94,006円
50GB MONSTER MOBILE 2,640円 1年 2,772円 69,300円
どこよりもWiFi 2,900円 2年 3,032円 75,800円
Ex Wi-Fi 2,948円 2年 3,080円 77,000円
どこよりもWiFi 3,400円 なし 3,532円 88,300円
60GB MONSTER MOBIE(2GB/日) 2,728円 1年 2,860円 71,500円
90GB MONSTER MOBILE
(3GB/日)
3,278円 1年 3,410円 85,250円
100GB Mugen WiFi
(10,000円CB)
3,718円 2年 3,450円 86,250円
どこよりもWiFi 3,400円 2年 3,532円 88,300円
クラウドWiFi 3,718円 なし 3,850円 96,250円
Ex Wi-Fi 3,718円 2年 3,850円 96,250円
それがだいじWiFi 3,718円 2年 3,850円 96,250円
ゼウスWiFi ~3ヶ月:3,278円
4ヶ月~:3,828円
2年 3,894円 97,350円
地球WiFi 4,378円 3年 4,203円 105,072円
ゼウスWiFi 4,708円 なし 4,840円 121,000円
200GB Chat WiFi 4,928円 なし 5,103円 127,578円
210GB hi-ho Let’s WiFi(7GB/日) ~12ヶ月目:3,278円
13ヶ月目~:4,730円
2年 4,033円 100,826円
※価格はすべて税込

この比較表をもとに考えると、これからクラウドSIMポケットサイズのWiFiを契約するなら、目的別に次の5社がおすすめです。

おすすめポケットサイズのWiFi

ここからは、上記5社の概要とおすすめポイントを解説していきましょう!

契約期間縛りなしで大容量200GBまで使いたいなら「Chat WiFi」

引用:Chat WiFi

大容量の200GBを契約期間縛りなしで契約したい人には、Chat WiFiをおすすめします!

【Chat WiFiの概要表】
使用回線 ソフトバンク
高速通信可能データ量/月 200GB
月額料金 4,928円
契約事務手数料 3,300円
端末料金 0円
契約期間 なし
解約違約金 なし
海外利用 不可
縛りなしプラン あり(全プラン)
データチャージ なし
※価格は税込

Chat WiFiは、ソフトバンクのメイン回線と同じ回線を使用できるクラウドSIMポケットサイズのWiFiです。

海外利用はできませんが、200GBを4,928円という超低価格で使えるうえ、いつでも無料解約できるため、次のような人におすすめです。

Chat WiFiがおすすめな人
  • 高品質なソフトバンクのメイン回線を使いたい人
  • 海外でポケットサイズのWiFiを使う予定がない人
  • 仕事やオンラインゲームなどで毎日長時間WiFiに接続する人

上のポイントに当てはまる人は、ぜひChat WiFiを検討してみてください!

大容量210GB相当まで使いたいなら「hi-ho Let’s WiFi」

hi-ho Let’s Wi-Fi
引用:hi-ho Let’s WiFi

クラウドSIMポケットサイズのWiFiで最大容量となる210GBを利用したい人は、hi-ho Let’s WiFiを選びましょう!

【hi-ho Let’s WiFiの概要表】
使用回線 ドコモ・au・ソフトバンク
高速通信可能データ量/日 7GB
月額料金 ~12ヶ月目:3,278円
13ヶ月目以降:4,730円
契約事務手数料 3,300円 ※実質無料
端末料金 0円
契約期間 2年
解約違約金 10,450円〜19,800円
海外利用 可能(別途有料)
縛りなしプラン なし
データチャージ なし
※価格は税込

hi-ho Let’s WiFiは、一日あたり7GBを利用できるクラウドSIMポケットサイズのWiFiです。

月間に換算すると、最大210GBの高速通信ができることになるため、在宅ワークなどで毎日長時間WiFi通信が必要になる人も、十分快適に使えます。

また、今なら12ヶ月間3,278円〜と、通常料金から割引された金額で利用することができますよ!

hi-ho Let’s WiFiがおすすめな人
  • 毎日長時間WiFiを利用する人
  • 無料でクラウドSIMポケットサイズのWiFiを試してみたい人
  • 海外でWiFiを利用する予定のある人

契約期間縛りなしで100GBまで使うなら「クラウドWiFi」

縛りなし×100GBの組み合わせを業界最安値で使えるのは、クラウドWiFiです!

【クラウドWiFi】
使用回線 ドコモ・au・ソフトバンク
高速通信可能データ量/月 100GB
月額料金 3,718円
契約事務手数料 3,300円
端末料金 0円
契約期間 なし
解約違約金 なし
海外利用 可能(別途有料)
縛りなしプラン あり(全プラン)
データチャージ なし
※価格は税込

クラウドWiFiは、月間100GBを3,718円と非常に安い料金で利用できます。

先の比較表で見ると、縛りなし×100GBはゼウスWiFiが4,708円で提供しているので、クラウドWiFiがいかに安いかわかりますね!

こうた
こうた

同条件なのに、クラウドWiFiは約1,000円/月も安いんだね!

これらのことから、クラウドWiFiは次のような人におすすめといえます。

クラウドWiFIがおすすめな人
  • いつでも無料解約できる、大容量クラウドSIMポケットサイズのWiFiを探している人
  • 100GB×縛りなしの条件を業界最安値で契約したい人
  • 海外でWiFiを使う予定がある人

上のポイントに当てはまる人は、ぜひクラウドWiFiを検討してみてください。

100GBまで使いたいなら「MugenWiFi」

引用:Mugen WiFi

契約期間に縛りがあってもいいので、とにかく100GBを安く使いたい!という人は、100GBを業界最安値で契約できるMugen WiFiがおすすめです。

【Mugen WiFiの概要表】
使用回線 ドコモ・au・ソフトバンク
高速通信可能データ量/月 100GB
月額料金 3,718円
契約事務手数料 3,300円
端末料金 0円
契約期間 2年
解約違約金 1年以内:9,900円
2年以内:5,500円
3年以降:0円
海外利用 可能(別途有料)
縛りなしプラン あり(+660円/月)
データチャージ なし
※価格は税込

同条件で月額料金だけを比較すると、他社のほうが安くなります。

しかし、Mugen WiFiは現在10,000円キャッシュバックを行っているため、実質料金を最安にできるのです!

また、30日間のお試しキャンペーンを行っているので、試しに使ってみたい人にもおすすめできるクラウドSIMポケットサイズのWiFiとなっています。

Mugen WiFiがおすすめな人
  • クラウドSIMポケットサイズのWiFiを無料で試してみたい人
  • 縛りあり×100GBのポケットサイズのWiFiを業界最安値で利用したい人
  • キャッシュバックをもらいたい人

上のポイントに当てはまる人は、ぜひMugen WiFiを検討してみてください!

50GB以下の小容量で使いたいなら「MONSTER MOBILE」

MONSTER MOBILE」は、50GBを業界最安値で利用できるクラウドSIMポケットサイズのWiFiです。

料金プランは日額制の「デイリープラン」と月額制の「マンスリープラン」から選択できますが、50GBを安く使いたいなら、マンスリープランの50GBを選んでください。

【MONSTER MOBILEの概要表】
使用回線 ドコモ・au・ソフトバンク
高速通信可能データ量/月 20GB 50GB
月額料金 2,090円 2,640円
契約事務手数料 3,300円
端末料金 0円
契約期間 1年
解約違約金 1年以内:10,780円
2年目以降更新月以外:3,300円
海外利用 可能(別途有料データチャージが必要)
縛りなしプラン あり
データチャージ あり
※価格は税込

マンスリープランには、50GBのほか20GBもあります。

契約途中でも1,100円支払えば少量プランに変更することも可能なので、もし50GBが多すぎると感じたときは、無理なく変更してみるといいでしょう。

また、MONSTER MOBILEは500MB~30GBの幅でデータをチャージできるため、途中で速度制限になりそうなときも安心です。

そんなMONSTER MOBILEは、次のような人におすすめです。

MONSTER MOBILEがおすすめな人
  • 50GB/月のデータ容量を業界最安値で使いたい人
  • 途中でプラン変更できるクラウドSIMポケットサイズのWiFiを探している人
  • データチャージできるクラウドSIMポケットサイズのWiFiを利用したい人

クラウドSIMポケットサイズのWiFiの申し込み・解約方法

手順 記載

クラウドSIMポケットサイズのWiFiの申し込み方法と解約方法について解説します。

申し込み・解約どちらも原則Webからの手続きとなる場合が多いですが、各社おおよその流れは共通しているので、以下を参考にしてください。

クラウドSIMポケットサイズのWiFiの申し込み方法

クラウドSIMポケットサイズのWiFiは、以下の手順で申し込みを進めていきます。

①Webからの申し込み

クラウドSIMポケットサイズのWiFiは、各社公式サイトから申し込みをおこないます。

申し込みに必要な情報は、以下のとおりです。

  • 契約者情報(氏名・住所・電話番号・Eメールアドレスなど)
  • 支払い情報(クレジットカード番号)
  • 本人確認書類(免許証・マイナンバーカードなど)

画面の案内に沿って、プランやオプションを選択し申し込みを完了させてください。

②端末の発送・受け取り

申し込み後、端末が発送されます。

発送日は会社によって異なりますが、一般的には2〜3日後に端末が宅配便で到着しますよ。

③利用開始・接続設定

届いたポケットサイズのWiFi端末を充電し、電源を入れれば即時利用開始できます。

電源を入れた後は、スマホやパソコンなど、使用する端末で接続設定をおこないましょう。

接続設定に必要なWiFiのSSID・パスワードは、ポケットサイズのWiFi端末本体や同梱書類に記載されています。

クラウドSIMポケットサイズのWiFiの解約方法

クラウドSIMポケットサイズのWiFiの解約は、事前に解約を連絡することからはじまります。

また、機器の返却の要不要、返却方法については各社異なるため、事前に確認しておきましょう。

①解約の連絡

クラウドSIMポケットサイズのWiFi各社が用意する、解約窓口から解約の申し出をおこないます。

解約窓口は専用のWebフォームやメールが一般的で、一部電話窓口を用意していることもあります。

②解約日の確認

解約の申請をしたタイミングによって、解約が完了する日が異なる場合があります。

とくに、月後半などに申請すると、翌月の末日が解約日となる場合があるため、申請後に到着する解約確認メールには必ず目を通しましょう。

③端末の返却(不要な場合あり)

解約完了後、契約しているクラウドSIMポケットサイズのWiFiの会社・プランによっては、使用端末を返却する必要があります。

返却キットが送られてくるケース、自身で梱包しなくてはならないケースなど、返却方法も各社で異なるため注意しましょう。

また、返送品に欠品がある場合や破損がひどい場合、期日までに返却がされてい場合には、解約金とは別途で機器損害補償金がかかることもあります

クラウドSIMポケットサイズのWiFiの速度が遅いときの対処法

クラウドSIMポケットサイズのWiFiを利用中に、速度が遅い・繋がりづらいと感じる場合、以下のような原因が考えられ、それぞれに対処法があります。

【速度が遅い・繋がりづらい場合の原因と対処法】
原因 対処法
ポケットサイズのWiFiの問題 機器の再起動、リセットをおこなう
接続端末(スマホ・パソコン)の問題 端末を再起動する
利用場所の問題 屋外や窓際など電波の入りがいい場所に移動する
接続回線が最適でない ポケットサイズのWiFiを再起動する
通信制限がかかっている 制限の解除まで待つ、またはデータを追加購入する
通信障害が起こっている 各社の障害情報を確認し改善を待つ

ただし、場合によっては利用者側で改善できないこともあるため、どうしても状況が変わらない場合は、各社のカスタマーサポートへ相談しましょう。

クラウドSIM以外で検討するなら「Broad WiMAX」がおすすめ

BroadWiMAX
引用:Broad WiMAX

クラウドSIM以外のポケットサイズのWiFiを検討するのであれば、「Broad WiMAX」がもっともおすすめです。

通信速度や機器スペックがクラウドSIMよりも優れているため、まずはBroad WiMAXから検討し、利用場所がエリア外やデータ容量が足りない場合にクラウドSIMを検討するといいでしょう。

【Broad WiMAXの概要表】
使用回線 WiMAX・au
高速通信可能データ量 10GB/3日
月額料金 0〜2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
契約事務手数料 3,300円
端末料金 0円
契約期間 3年
解約違約金 10,450円〜31,350円
海外利用 不可
縛りなしプラン なし
データチャージ なし
※価格は税込

WiMAXはさまざまプロバイダから申し込みでき、料金も申し込む窓口によって異なりますが、Broad WiMAXをおすすめする理由は、「料金の安さと手軽さのバランス」です。

実質料金を最安にできるプロバイダは「GMOとくとくBB 」ですが、GMOとくとくBB には以下のデメリットがあります。

  • キャッシュバックの受け取りが1年後
  • 受け取り手続きが複雑

もしキャッシュバックを受け取り損ねてしまうと、かかる費用は圧倒的にGMOとくとくBB WiMAXのほうが高くなってしまうため、全員におすすめとはいえません。

その点、Broad WiMAXは標準で月額料金が割引されているほか、他社解約でかかる違約金を最大19,000円まで還元してくれるなど、サポートサービスも充実しています。

Broad WiMAXキャンペーン
  • 契約解除料負担のお乗換えキャンペーン
    他社からの乗り換えの場合、乗り換え元回線の契約解除料を最大19,000円までBroad WiMAXに負担してもらえる
  • いつでも解約サポート
    Broad WiMAXのサービスに満足が行かなかった場合、解約費用0円でBroad WiMAX指定の固定回線に乗り換えられる
  • 5,000円キャッシュバックキャンペーン
    当サイトからの申し込みで、5,000円の現金キャッシュバックがもらえる

5,000円のキャッシュバックキャンペーンについては、以下の適用条件が必要となりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

    【適用条件】
  • 契約時に「安心サポートプラス」(月額605円)へ加入
  • 契約時に「My Broadサポート」(月額998円)へ加入
  • 開通から翌月に届くメールに沿って申請手続き
こうた
こうた

「My Broadサポート」は最大2ヶ月間無料になるし、2つともキャッシュバックを受け取れば解除していいオプションだから安心してね!

乗り換えユーザーの方や、万が一の際に他社に無料で乗り換える手段を残しておきたいといった方にもおすすめです。

クラウドSIMによくある質問

最後に、クラウドSIMポケットサイズのWiFiを検討している人の多くが気になっている質問をまとめました。

気になる事項がある人は、契約前にすべて解決しておきましょう。 

クラウドSIMのエリアは限られているの?

基本的に、au・ドコモ・ソフトバンクのキャリア回線がつながる場所ならどこでも通信できます。

※詳しくは、記事内の「そもそもクラウドSIMってどんな仕組み?」で解説しています。

また、今回ご紹介した中だと、Chat WiFi以外のポケットサイズのWiFiは海外でも利用できるため、エリアはかなり広いといっていいでしょう。

ただし、海外はサービスによって利用できる国が異なります。

海外利用を予定している人は、契約前に利用可能国をWebサイトでチェックしておくと安心です。

WiMAXとの違いを知りたい

WiMAXとクラウドSIMポケットサイズのWiFiは、使用回線・エリア・実測値・データ容量・料金と多くの面で違います。

以下に両者の違いをまとめてみたので、ご覧ください。

WiMAX クラウドSIMポケットサイズのWiFi
使用回線 WiMAX
au
au
ドコモ
ソフトバンク
エリア 日本全国
※郊外・地下・山間部などはエリア外
日本全国
※キャリアスマホと同じ
実測値 40Mbps前後 10~20Mbps前後
データ容量 実質無制限
※3日で10GB以上利用すると、
翌月から夜間のみ最大1Mbpsに制限

※au回線を月7GB以上利用すると、
月末まで最大128kbpsに制限
1日~ひと月単位や少量~超大容量まで
自由に選択できる
月額料金 4,000円前後 2,000~3,000円前後
海外利用 不可 可能
※価格はすべて税込

実測値の速さを求めるなら「WiMAX」実測値より自分にあったプランで安く契約したいなら「クラウドSIMポケットサイズのWiFi」がおすすめです。

※WiMAXについては、関連記事「WiMAXって実際どう?」で詳しく解説しています。

クラウドSIMがおすすめの人とは?

クラウドSIMポケットサイズのWiFiがおすすめな人は、以下の条件に当てはまるj人です。

詳しくは、記事内の「クラウドSIMポケットサイズのWiFiがおすすめの人」で解説していますので、そちらをご覧ください。

まとめ

クラウドSIMのポケットサイズのWiFiには、以下のようなメリットと注意点があります。

【クラウドSIMポケットサイズのWiFiのメリット・注意点】
メリット 注意点
・3大スマホキャリアの回線を使えるから繋がりやすい
・海外でも同じ端末をそのまま使える
・自分に合ったデータ容量の会社やプランを選べる
・月額料金が安めに抑えられている
・最新端末も登場している
・過去に大規模な障害が起きた
・完全無制限プランの受付は各社終了している
・速度制限にかかるとほぼ使い物にならなくなる
・接続する回線を自分で選択することはできない
・スペックが他社ポケットサイズのWiFiより少し劣る場合あり
・支払いはクレジットカード払いのみ
・未成年者名義では申し込めない

上記メリット、注意点をもとに、クラウドSIMポケットサイズのWiFiをおすすめといえるのは、以下のような人です。

複数社あるクラウドSIMポケットサイズのWiFiから自分に合ったものを選ぶ基準になるのは、「月間のデータ容量」です。

毎月どのくらいのデータ通信をおこなうのかを把握しておけば、必要な容量で最安の契約ができますよ。

ただしポケットサイズのWiFiを検討しているなら、クラウドSIMポケットサイズのWiFiより通信速度や端末のスペックに優れている「Broad WiMAX」を先に検討することをおすすめします。

WiMAXがご自身に合っていないと感じたら、この記事を参考に、目的に合うクラウドSIMポケットサイズのWiFiを選んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました