BIGLOBE WiMAX 2+の評判を徹底調査!メリット・デメリットを解説! | マイナビニュース インターネット比較

BIGLOBE WiMAX 2+の評判を徹底調査!メリット・デメリットを解説!

BIGLOBE WiMAX WiMAX

BIGLOBE WiMAX 2+は大手ポケットWiFiの「WiMAX」を提供するプロバイダのひとつです。

これからWiMAXの申し込みを検討していて、BIGLOBE WiMAX 2+を選択肢に入れている方も多いのではないでしょうか?

BIGLOBE WiMAX 2+のおすすめポイントは以下のとおりです。

今回は、BIGLOBE WiMAX 2+の公式情報や他社WiMAXプロバイダ・WiMAX以外のポケットWiFiとの比較内容をまとめてみました。

そして、ユーザーからの評判をもとに、その実態を徹底リサーチしています。

BIGLOBE WiMAX 2+はご自身にとってもっとも合っているポケットWiFiなのか、この記事を参考にぜひ確かめてみてくださいね。

この記事を書いた人
マイナビニュース ネット比較編集部

マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

マイナビニュース ネット比較編集部をフォローする

BIGLOBE WiMAX 2+は長期で縛られたくない人におすすめ!

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX 2+の実質料金や通信速度などは、どうなっているのでしょうか?

BIGLOBE WiMAX 2+の概要表は以下のとおりです。

【BIGLOBE WiMAX 2+の概要】

データ容量 ギガ放題
使用回線 WiMAX2+
対応エリア 日本全国
契約期間 1年
下り最大速度 1.2Gbps
下り平均速度 ※1 37.76Mbps
初期費用 契約事務手数料 3,300円
端末代金 21,120円
キャンペーン内容 新規契約時に同時に端末購入でキャッシュバック17,000円
月額料金 4,378円
3年間実質料金 165,028円
3年間実質月額料金 4,460円

※1 2020年12月時点のみんそく「Speed Wi-Fi NEXT W06 × BIGLOBEの通信速度レポート」より
※価格は全て税込

BIGLOBE WiMAX 2+はWiMAXの中でも実質料金が安いプロバイダではありませんが、唯一1年契約が可能なプロバイダです。

BIGLOBE WiMAX 2+以外のプロバイダはほとんどが3年契約で、3年以内に解約すると違約金が約1万~2万円かかってしまいます。

対して、BIGLOBE WiMAX 2+は1年以内に解約した場合は違約金が1,100円、1年目以降の解約は違約金がかからないという、違約金の負担が非常に少ないのが特徴です。

BIGLOBE WiMAX 2+は、長期利用に不安がある方、口座振替で支払をしたい方におすすめです。

さらに、新規契約時にデータ端末を同時購入すれば、17,000円のキャッシュバックがもらえます。

WiMAXを契約するなら、プランはギガ放題プランがデータ量無制限で使い勝手が良いでしょう。

端末は、最大速度が1.2GbpsのSpeed Wi-Fi NEXT W06がおすすめです。

BIGLOBE WiMAX 2+8つのメリット

BIGLOBE WiMAX 2+で契約すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?
ここでは、BIGLOBE WiMAX 2+の8つのメリットをご紹介します。

1年契約できる唯一のWiMAXプロバイダ

BIGLOBE WiMAX 2+は、WiMAXのプロバイダの中で唯一1年契約ができるプロバイダです。

ほかのプロバイダは、すべて2年契約や3年契約などの、複数年契約です。

また、ほかのプロバイダだと、2年ごとや3年ごとに訪れる更新月以外に解約してしまうと高額な解約違約金が発生することがあります。

しかし、BIGLOBE WiMAX 2+なら1年以内に解約しても違約金は1,100円と安く、1年目以降に解約すればいつでも違約金がかかりません。

そのため、WiMAX利用にあたり長期で縛られるのが嫌な人や解約金を抑えたい人におすすめです。

クレジットカード以外の支払方法にも対応している

BIGLOBE WiMAX 2+は、WiMAXの中でも数少ないクレジットカード以外の支払方法にも対応しているプロバイダです。

クレジットカード以外には口座振替が選択でき、クレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

ただし、口座振替はクレジットカード払いよりも費用がかかり、審査も必要なので利用開始まで時間がかかります。

クレジットカード払いと口座振替の場合にかかる、毎月の手数料は以下のとおりです。

【支払い方法による毎月の手数料】

クレジットカード払い 0円
口座振替 220円

※価格は別込

BIGLOBE WiMAX 2+は口座振替が使えるのが良いとコメントしている方がいました。

通信品質は他のWiMAXプロバイダと同様に良い

BIGLOBE WiMAX 2+の下り平均速度は、37.76Mbpsでした。(2020年12月時点のみんそく通信速度レポート

十分な通信速度が出ているため、通信速度については問題ないでしょう。

通信速度投稿サイトのモバイルルーター最速測定結果を見ると、上位をWiMAXが占めています。

そのため、WiMAXの通信速度はほかのポケットWiFiに比べると安定していることがわかります。

また、3日間で10GB以上使うと通信制限がかかるのも、プロバイダが変わっても同じです。

では、実際の通信速度はどうなっているのでしょうか?

TwitterでBIGLOBE WiMAX 2+を使っている人のコメントを探してみました。

この方は下り速度が58.6Mbps出ており、十分な速さと言えるでしょう。

口コミを見ても、BIGLOBE WiMAX 2+の通信速度は問題ないといえます。

auとUQモバイルのセット割を受けられる

スマホがauかUQモバイルなら、セット割を受けられます。

セット割の内容は以下のとおりです。

【auとUQモバイルのセット割の割引額】

セット割名 割引額
auスマートバリューmine 毎月最大1,100円
ギガMAX月割 毎月最大550円

Twitterでも、WiMAXを契約する際にはセット割が使えるプロバイダかどうかをチェックするという方がいました。

auスマートバリューmine狙いでBIGLOBE WiMAX 2+に乗り換えようかと検討している人もいました。

スマホの料金が安くなるので、セット割は重要ですね。

キャッシュバックをすぐに受け取れる

BIGLOBE WiMAX 2+で新規契約時にデータ端末を同時購入すれば、17,000円のキャッシュバックをもらえます。

しかも、利用開始してから45日以内にもらえるので、うれしいですね。

BIGLOBE WiMAX 2+でキャッシュバックを受け取る方法をご説明します。

  1. BIGLOBE WiMAX 2+を新規契約し、データ端末を同時購入する
  2. BIGLOBEのマイページにログインし、「キャッシュバック対象月」を確認する
  3. 「キャッシュバック対象月」の月初2日目午後以降に、マイページで指定口座の手続きをする
  4. 数日後に指定口座にキャッシュバックが振り込まれる

最短即日発送される

BIGLOBE WiMAX 2+は、最短で申し込んだ日に発送されます。

早くネット環境を整えたい人、他社の回線が速度制限になってしまった人などにおすすめですね。

契約から8日以内であれば無料解約できる

BIGLOBE WiMAX 2+は、契約から8日以内なら無料で契約解除できます。

そのため、使ってみたところ思ったより通信速度が出なかったなどの理由で解約しても、8日以内なら解約金がかかりません。

ただし、データ端末は初期契約解除の対象外ですので、データ端末代金の支払いは発生します。

また、はがきかメールで契約解除の連絡をし、BIGLOBE WiMAX 2+側が8日以内受領する必要があります。

BIGLOBE WiMAX 2+の8日以内の解約についてツイートしている人がいました。

上記でご説明したとおり、注意点をしっかりと確認して解約申請をしましょう。

サポート体制も万全

BIGLOBEはプロバイダの実績が25年もあり、サポート体制が万全です。

Webや電話でのお問い合わせに対応しているので、困ったときにもすぐに対応してくれるでしょう。

Twitterで、BIGLOBEのサポート対応が良いという書き込みを見つけました。

BIGLOBE WiMAX 2+を申し込む前に確認したい3つの注意点

BIGLOBE WiMAX 2+には、上記でご説明したとおりのメリットがありますが、一方で注意点もあります。

ここでは、以下の3つの注意点についてご説明します。

  • WiMAXプロバイダの中で最安ではない
  • 端末代が無料ではない
  • WiMAXは使用環境によって繋がらないこともある

WiMAXプロバイダの中で最安ではない

BIGLOBE WiMAX 2+はプロバイダの中で最安ではありません。

実際に実質料金はどれくらいなのか、WiMAXプロバイダ各社の実質料金を比較してみましょう。

WiMAXプロバイダ各社を、2年間実質月額料金が安い順に表にまとめました。

【WiMAXプロバイダの2年間実質月額料金比較表】

窓口名 2年間実質月額料金 月額料金 キャッシュバック額 端末代金 契約期間
GMOとくとくBBWiMAX
(キャッシュバック・ホームルーター)
3,415円 1〜2ヶ月目:3,969円
3ヶ月目以降:4,689円
33,000円 0円 3年
GMOとくとくBBWiMAX
(キャッシュバック・ポケットWiFi)
3,535円 1〜2ヶ月目:3,969円
3ヶ月目以降:4,689円
30,000円 0円 3年
GMOとくとくBB WiMAX(割引) 3,579円 1〜2ヶ月目:2,849円
3〜24ヶ月目:3,678円
25ヶ月目以降:4,689円
6,000円 0円 3年
Broad WiMAX 3,618円 1~2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
5,000円 0円 3年
DTI WiMAX 3,886円 1ヶ月目:0円
2ヶ月目:2,849円
3ヶ月目以降:4,136円
0円 0円 3年
カシモWiMAX 4,005円 3,971円 0円 0円 3年
So-net WiMAX 4,228円 1〜12ヶ月目:3,718円
13ヶ月目以降:4,816円
0円 0円 3年
TikiモバイルWiMAX 4,389円 1〜35ヶ月目:4,389円
36ヶ月目以降:4,818円
0円 0円 3年
BIGLOBE WiMAX 2+ 4,500円 4,378円 17,000円 21,120円 1年
KT WiMAX 5,060円 4,268円 0円 16,500円 3年
YAMADA air mobile 5,060円 4,268円 0円 16,500円 3年
エディオンネット 5,060円 4,268円 0円 16,500円 3年
UQ WiMAX 5,060円 4,268円 0円 16,500円 2年
DIS mobile WiMAX 5,060円 4,268円 0円 16,500円 3年
ワイヤレスゲートWi-Fi 5,060円 4,268円 0円 16,500円 3年

※価格はすべて税込

この表を見てもわかるとおり、最安のプロバイダは、GMOとくとくBBです。

BIGLOBE WiMAX 2+は公式のUQ WiMAXよりは安いものの、決して安いプロバイダではないことがわかります。

WiMAXはどこでも通信品質やプランが変わらないので、プロバイダは安さが重要になってきます。

ただし、BIGLOBE WiMAX 2+は最安のプロバイダではないものの、1年契約ができ、口座振替も可能という独自のメリットがあります。

この部分を重要視する方にとっては非常におすすめのプロバイダと言えます。

端末代が無料ではない

BIGLOBE WiMAX 2+は、端末代金が無料ではありません。

新規契約時に端末を同時購入すれば、キャッシュバック17,000円をもらえます。

しかし、Speed Wi-Fi NEXT W06だと端末代金が21,120円なので、実質4,120円になります。

WiMAXは使用環境によって繋がらないこともある

WiMAXは使用環境によっては、通信が繋がりにくい場合があります。

たとえば、地下やビルの中などのコンクリートに囲まれた場所、山間部などが特に繋がりにくいと言われています。

上記のような環境にお住まいの方、または、お勤めの方は注意が必要です。

WiMAXがオフィスでは繋がらないという人がいました。

WiMAXはコンクリートの建物内などでは繋がりにくい場合も考えられます。

もしメインで利用する場所がそのような場所である場合は、大手スマホキャリア回線を使いWiMAXより繋がりやすい「クラウドSIM」のポケットWiFiも選択肢に入れると良いでしょう。

クラウドSIMのポケットWiFiについて、詳しくは『WiMAXより繋がりやすい?おすすめのクラウドSIMポケットWiFi4社』で解説しています。

実態と評判からわかったBIGLOBE WiMAX 2+をおすすめできる人

ここまでご説明したBIGLOBE WiMAX 2+のメリットと注意点から、BIGLOBE WiMAX 2+を本当におすすめなのは、以下のような人です。

WiMAX利用にあたり、長期で縛られたくない人

BIGLOBE WiMAX 2+はWiMAXのプロバイダの中で、唯一1年契約ができるプロバイダです。

しかも、1年以内に乗り換えても解約金が1,100円と安く、それ以降は解約金がかかりません。

そのため、引っ越す予定がある、回線を切り替えるかもしれないなど、長期で縛られたくない人や解約金を抑えたい人にぴったりです。

クレジットカード以外の支払方法で申し込みしたい人

BIGLOBE WiMAX 2+はWiMAXプロバイダの中で数少ないクレジットカード以外の支払方法にも対応しているプロバイダです。

クレジットカード以外には口座振替が選択でき、クレジットカードを持っていない人にもおすすめです。

BIGLOBE WiMAX 2+のお得な申し込み方法

ここでは、BIGLOBE WiMAX 2+のキャッシュバックを受け取って申し込む方法についてご説明します。

1.公式サイトから申し込む

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX 2+の公式サイトにアクセスして、申し込みをおこないます。

プランは、無制限にデータを利用できる「ギガ放題プラン」が良いでしょう。
月額料金が安いわりに、データを無制限に利用できます。

端末は、最大速度が1.2GbpsのSpeed Wi-Fi NEXT W06がおすすめです。

なお、キャッシュバックを受け取れるのは、新規申込時にデータ端末を同時購入した場合のみです。

口座振替で支払う場合は、口座を指定後金融機関の審査が必要ですよ。

2.端末が届く

申し込み後、端末が自宅に届きます。

端末にSIMカードを挿して起動しネットワーク設定をすれば、インターネットを使えるようになります。

3. BIGLOBEのマイページでキャッシュバック申請をする

BIGLOBEのマイページにログインし、「キャッシュバック対象月」を確認します。

「キャッシュバック対象月」の月初の2日目午後以降に、マイページで指定口座の手続きができるようになるので、手続きをしましょう。

4.キャッシュバックが振り込まれる

キャッシュバック申請が完了すれば、数日後に指定口座にキャッシュバックが振り込まれます。

BIGLOBE WiMAX 2+とあわせて「Broad WiMAX」も検討してみよう

Broad WiMAX キャンペーンサイト

【BIGLOBE WiMAX 2+とBroad WiMAXの比較】

BIGLOBE WiMAX 2+ Broad WiMAX
月額料金 4,378円 1~2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
3年間実質月額料金 4,460円 3,875円
端末代金 21,120円 0円
契約期間 1年 3年
キャンペーン内容 新規契約と同時に端末購入で
キャッシュバック17,000円
・初期費用20,743円が無料
・他社の解約費用を最大19,000円負担
・解約時にサポートを受けられる「いつでも解約サポート」
・5,000円キャッシュバック

※価格はすべて税込

BIGLOBE WiMAX 2+は1年以内に解約しても違約金は1,100円と安いため、WiMAX利用にあたり長期で縛られるのが嫌な人や解約金を抑えたい人におすすめです。

一方、Broad WiMAXがおすすめなのは、他社から乗り換える際に違約金が高額な人です。

上限19,000円まで他社の解約費用を負担してもらえるので、乗り換え時の負担が少なくて済みます。

とにかく安くするならGMOとくとくBBがもっとも安いのですが、ャッシュバックが1年後と受け取りづらいというデメリットがあります。

一方で、Broad WiMAXは月額料金が最初から安く設定されていますし、「契約解除料負担のお乗り換えキャンペーン」や解約時のサポート「いつでも解約サポート」などのサポートサービスも充実しています。

また、現在5,000円のキャッシュバックキャンペーンもありますので、よりお得に契約することができますよ!

こうた
こうた

開通月の翌月に届くメールから、キャッシュバック申請をしてね!

これらのキャンペーンやサポートを使いたいなら、Broad WiMAXがおすすめです。

WiMAXより繋がりやすい!おすすめのクラウドSIMポケットWiFi4社

WiMAXより繋がりやすいWiFi回線に、クラウドSIM回線があります。

クラウドSIM回線では3大スマホキャリアの回線が使えるので、WiMAXがエリア外だった人向けです。

クラウドSIMのメリットには、以下のようなものがあります。

  • 通信制限がない
  • SIMカードを入れ替える必要がなく3大スマホキャリアの回線が使える
  • そのときにもっとも繋がりやすい回線を使える
  • 海外でも使える

ここでは、20GB、40GB、50GB、150GB、210GBと毎月使うデータ量ごとにおすすめのポケットWiFiをご紹介します。

自分がどれくらいのデータ量を使うかわからないという方のために、データ量の目安についてご説明します。

20GB、40GB、50GB、150GB、210GBのそれぞれのデータ量で見られる動画の時間を表にしました。

【YouTubeで中画質(480p)の動画を観られる時間】

データ量 中画質の動画を観られる時間 1日に観られる時間
1GB 2時間 4分
20GB 40時間 1時間20分(80分)
40GB 80時間 2時間40分(160分)
50GB 100時間 3時間20分(200分)
150GB 300時間 10時間(600分)
210GB 420時間 13時間40分(820分)

20GBや40GBなら、毎日1~2時間の動画しか見られませんが、50GBなら3時間以上、150GBを超えると10時間以上観られることになります。

もちろん、高画質、超高画質の動画だともっと少なくなります。

毎日動画を観る、大量のデータをアップロードしたりダウンロードしたりするという方は、多めのデータ量のWiFiを契約したほうが良いでしょう。

ここでは、データ量ごとに、以下のポケットWiFiをおすすめします。

上記のクラウドSIMポケットWiFiの概要を比較したのが、以下の表です。

【おすすめクラウドSIMポケットWiFiの比較表】

2年間実質月額 データ容量 契約期間 キャンペーン
hi-ho Let’s Wi-Fi 4,323円 210GB 24か月 Let’sお試しキャンペーン
Chat WiFi 4,928円 200GB なし
MONSTER MOBILE 縛りあり:3,960円
縛りなし:4,378円
150GB 縛りあり:1年
縛りなし:なし
どこよりもWiFi 3,718円 100GB 24か月月額割引キャンペーン
Mugen WiFi 3,318円 100GB 24か月 30日間おためし全額返金
10,000円キャッシュバック
事務手数料無料キャンペーン
それがだいじWi-Fi 3,894円 100GB 24か月
Ex Wi-Fi 3,850円 100GB 24か月
ゼウスWiFi 3,894円 100GB 24か月
EX WiMAX 3,894円 およそ100GB 36か月
どこよりもWiFi 3,718円 100GB なし いつでも縛りありに変更可能
ゼウスWiFi 4,840円 100GB なし
MONSTER MOBILE 縛りあり:3,410円
縛りなし:3,828円
90GB 縛りあり:1年
縛りなし:なし
MONSTER MOBILE 縛りあり:2,860円
縛りなし:3,278円
60GB 縛りあり:1年
縛りなし:なし
Ex Wi-Fi 3,080円 50GB 24か月
どこよりもWiFi 3,410円 50GB 24か月
どこよりもWiFi 3,828円 50GB なし
ゼウスWiFi 3,080円 40GB 24か月
ゼウスWiFi 3,410円 40GB なし
ゼウスWiFi 2,310円 20GB 24か月
ゼウスWiFi 2,750円 20GB なし
どこよりもWiFi 3,058円 20GB 24か月
どこよりもWiFi 2,780円 20GB なし

月間20GB・40GBなら「ゼウスWiFi」がおすすめ

ZEUS WiFi_ゼウスWiFi|新トップ画

毎月のデータ容量が20ギガ~40ギガ程度なのであれば、ゼウスWiFiがもっともおすすめです。

実質料金が安い割に、ある程度のデータ量が使えます。

【ゼウスWiFi実質料金】

データ容量 2年間の実質月額料金 月額料金
20ギガ 2,310円 2,178円
40ギガ 3,080円 2,948円
100ギガ 3,894円 1〜2ヶ月目:3,278円
3ヶ月目以降:3,828円

※価格はすべて税込

2年間契約した後は解約費用が0円なので、いつでも解約できます。

そのため、以下のような方におすすめです。

  • ある程度のデータ量を使うがそこまで大量ではない
  • できるだけ料金をおさえたい

月間50GBなら「EX Wi-Fi」がおすすめ

Ex Wi-Fi

月間データ量が50GBなら、「EX Wi-Fi」がもっともおすすめです。

【EX Wi-Fi実質料金】

データ容量 2年間の実質月額料金 月額料金
50ギガ 3,080円 2,948円
100ギガ 3,850円 3,718円

※価格はすべて税込

端末代金は割引されるので実質無料です。また、契約期間は2年です。

EX Wi-Fiがおすすめなのは、以下のような人です。

  • ある程度のデータ量を使いたい
  • できるだけ安くおさえたい

月間100GBなら「MugenWiFi」がおすすめ

MugenWiFiは100GB上限の中で最も安く契約することができます。

2種類のプランで展開していますが、翻訳機能や充電機能を付けると割高になるためMUGEN格安プランを選べば問題ないでしょう。

また料金の安さもさることながら、MugenWiFiは30日間全額返金キャンペーンを行っています。一度試してみたいという方にとっても安心して申し込むことができるのが魅力の一つです。

MUGEN格安プランMUGENアドバンスプラン
データ容量100GB100GB
月額料金3,718円4,268円
事務手数料3,300円3,300円
契約期間24か月24か月
違約金30日間:0円
1年未満:10,900円
1〜2年未満:5,500円
契約更新月以降:0円
30日間:0円
1年未満:10,900円
1〜2年未満:5,500円
契約更新月以降:0円
端末U3G4
端末の特徴・下り150Mbps
・上り50Mbps
・同時接続10台
・バッテリー3,000mAh
・下り150Mbps
・上り50Mbps
・同時接続5台
・バッテリー3,900mAh
・翻訳機能
・充電機能
キャンペーン30日間全額返金キャンペーン
10,000円キャッシュバック
事務手数料無料キャンペーン
30日間全額返金キャンペーン
※現在MUGENアドバンスプランは受付を停止しています。

100GBプランは一番バランスのとれたプランなので、特に容量へのこだわりがない方はMugenWiFiを選ぶとよいでしょう。

MugenWiFiがおすすめなのは、以下のような人です。

  • 大容量のデータ量を使いたい
  • できるだけ安くおさえたい
  • お試ししてみたい!

実質月間210GBなら「hi-ho Let’s Wi-Fi」がおすすめ

hi-ho Let's Wi-Fi

月間210GBのデータを使いたいなら「hi-ho Let’s Wi-Fi」がおすすめです。

ほかにこれだけ使えるポケットWiFiはありません。

1日に7ギガ使える通常プラン(1ヶ月210ギガ)と、1日に4ギガ使えるライトプラン(1ヶ月120ギガ)が用意されています。

【hi-ho Let’s Wi-Fi】

プラン名 データ量 2年間の実質月額料金 月額料金
通常プラン 210ギガ
(1日7GB)
4,323円 1~6ヶ月目:3,278円
7ヶ月目以降:4,730円
ライトプラン 120ギガ
(1日4GB)
3,498円 1〜14ヶ月目:3,278円
15ヶ月目以降:3,828円

※価格はすべて税込

Let’sお試しキャンペーンを開催中で、30日間返金保証に加え、月額、事務手数料を抑えた特典となっています。

ただし、以下のとおり解約金が高額なので注意が必要です。

【hi-ho Let’s Wi-Fiの解約金】

通常プラン 0~11ヶ月目 20,350円
12ヶ月目~2年ごとの更新月以外 10,450円
ライトプラン 更新月以外 21,450円

どちらのプランも、25ヶ月目、37ヶ月目など、2年ごとに訪れる更新月には0円です。

hi-ho Let’s Wi-Fiがおすすめなのは、以下のような人です。

  • 大容量ファイルのダウンロードやアップロードを頻繁にする人
  • 大容量のデータをできるだけ安く使いたい人

BIGLOBE WiMAX 2+の解約方法

BIGLOBE WiMAX 2+を解約する方法について、簡単にご説明します。

BIGLOBE WiMAX 2+の解約手続きは電話でしかできません。

連絡先は以下のとおりです。

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク
  • 0120-827-193(通話料無料)
  • 03-6631-4602(通話料有料)※携帯電話、PHS、IP電話の場合
  • 受付時間:9:00~18:00(365日受付)

解約時には、電話で「BIGLOBE ID」を伝えると手続きがスムーズに進みます。

なお、データ端末割賦代金残債などが残っている場合は、解約違約金以外に負担が発生する場合があるのでご注意ください。

まとめ

この記事では、WiMAXを契約する際にプロバイダをBIGLOBE WiMAX 2+にするメリットや注意点、WiMAXプロバイダの比較やほかにおすすめのクラウドSIM回線などについてご紹介しました。

BIGLOBE WiMAX 2+を選ぶメリットは以下のとおりです。

WiMAX以外のポケットWiFiを選ぶ場合には、データ量ごとに以下のポケットWiFiがおすすめです。

データ量や実質料金を比較して、あなたにぴったりのポケットWiFiを選びましょう!

参考サイト

タイトルとURLをコピーしました