auひかりの引越し方法を完全ガイド!費用や注意点、解約する場合のお得な方法も解説 | マイナビニュース インターネット比較
"工事不要"のおすすめ置くだけWiFi特集はコチラ!

auひかりの引越し方法を完全ガイド!費用や注意点、解約する場合のお得な方法も解説

auひかり

auひかりを利用中で、これから引越しを控えている方は、引越しするにあたってどんな手続きが必要になるのか、なかなかわかりませんよね。

auひかりの引越し方法は、大きくわけて「継続利用」と「解約新規」の2種類です。

【それぞれおすすめできる方】
「継続利用」がおすすめの方 「解約新規」がおすすめの方
・手続きを簡単に済ませたい方 ・多少手間がかかってもお得さを重視したい方
こうた
こうた

auひかりの引越しにあたっては、費用や手続きが発生するので、上記のうち、どちらが自分に合っているのか見極めることが大切です。

今回は、auひかりの引越しについて、具体的な方法や手順、費用、注意点などを解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

【法人向け光回線】おすすめはビッグローブ光!選び方ガイドも徹底解説!
この記事の監修者
小川 正人(Ogawa Masato)

通信サービスに関するコンサルティング会社、QUANTA代表。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。

現在は光回線をはじめ、携帯キャリア・格安SIM、ポケット型WiFiなどのインターネット回線やモバイルサービスの専門家としてマイベストプロにも掲載。

「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いから月間60万PVの通信サービスメディアサイトを運営した実績を持つ。
>>プロフィールページはこちら

小川 正人(Ogawa Masato)をフォローする
  1. auひかりの引越し方法は「継続利用」または「解約新規」の2パターン!
    1. 手続きを簡単に済ませたいなら「継続利用」がおすすめ
    2. お得さを重視したいなら「解約新規」がおすすめ
  2. auひかりの引越しでかかる費用
    1. 引越し先での開通工事費
    2. 事務手数料
    3. 開通工事費の残債
    4. 撤去工事費
    5. auひかりの解約費用
  3. auひかりで「継続利用」手続きをする場合の引越し手順
    1. KDDIに引越しの連絡を入れる
    2. 工事日を調整
    3. 「ご利用開始のご案内」と「宅内機器」が届く
    4. 開通工事を実施
    5. 宅内機器を接続
    6. 利用開始
  4. auひかりで「解約新規」手続きをする場合の引越し手順
    1. プロバイダへ解約の連絡を入れる
    2. 現住所での撤去工事
    3. レンタルしていた機器を返却する
    4. 希望するプロバイダから申し込む
    5. 工事日を調整
    6. 「ご利用開始のご案内」と「宅内機器」が届く
    7. 開通工事を実施
    8. 宅内機器を接続
    9. 利用開始
  5. auひかりの引越しに関する注意点
    1. auひかりを利用できないエリアが存在する
    2. マンションの場合はプラン変更になる場合がある
    3. 電話番号を継続できない場合がある
    4. 工事完了まで時間がかかる場合がある
  6. auひかりを解約する場合のおすすめ乗り換え先
    1. 全国で申し込めてauスマートバリューを適用できる「So-net光プラス」
    2. 全国で申し込めて違約金負担もある「ソフトバンク光」
    3. トップレベルの高速性能を誇る「NURO光」
    4. 高速でauスマートバリューを適用できる「地方電力系光回線」
  7. auひかりの引越しに関するよくある質問
    1. 引越しの際にauひかりで必要な手続きは?
    2. 引越し先で継続利用するより解約して再契約したほうが良いって本当?
    3. 引越し先がauひかりエリア外だったらどうする?
    4. auひかりの引越しで気をつけるべきことは?
  8. まとめ

auひかりの引越し方法は「継続利用」または「解約新規」の2パターン!

現在auひかりを契約していて、引越しの予定がある場合、引越し先でもauひかりを使いたいのであれば、2つの方法があります。

とくこ
とくこ

通常、光回線の引越し手続きは回線事業者やプロバイダから手続きをおこなう「継続利用」ですが、auひかりは、一度現住所での契約を解約して、新住所で再契約する「解約新規」という方法も選べます。

それぞれの方法について解説していきます。

手続きを簡単に済ませたいなら「継続利用」がおすすめ

新住所でエリア検索をしてみて、auひかりのエリア内であれば、移転の申し込みをすることで継続利用が可能です。

auひかり公式サイトにある「お引越し情報入力フォーム」から手続きをすすめます。

KDDIやプロバイダの指示に従って手続きするだけなので、簡単に移転したい方におすすめです。

契約していたプロバイダによっては、撤去費用や開通工事費用を負担してくれるキャンペーンをおこなっています。

お得さを重視したいなら「解約新規」がおすすめ

解約新規では現住所での契約を解約し、新住所で再契約するので、手間がかかります。

しかし、その手間をかけてでも解約新規を選ぶ方がいることには、理由があります。

それは、新住所で再契約すると、プロバイダによってはキャッシュバックなどのお得なキャンペーンが適用されるためです。

継続利用する場合と、解約新規の場合とで、費用にどのくらいの違いがあるのかを見てみましょう。

【継続利用と解約新規の費用比較】※解約新規でNEXTから申し込んだ場合
継続利用 解約新規
引越し先での開通工事費 41,250円 実質0円
事務手数料 3,300円 3,300円
開通工事費の残債 実質0円 一括請求
現住所での撤去工事費 31,680円 31,680円
auひかりの解約費用 0円 4,730円
キャッシュバック 76,000円
合計 76,230円 -35,290円+工事費残債
※表示はすべて税込み
※戸建て3年プランの場合

継続利用する場合だと、引越しの際に76,230円かかります。

逆に解約新規の場合では自己負担がないうえに、キャッシュバックが35,290円余る計算です。

こうた
こうた

35,290円あれば、工事費残債があってもそこから出せるので、自己負担はほとんどありません。

しかも、auひかりを解約するタイミングが更新月だったら、解約違約金は発生しないので、その分も金額も浮きます。

結論、auひかりを引越し先でも利用する場合は、継続利用よりも解約新規のほうがお得です。

継続利用するなら、お得なキャッシュバックキャンペーンを実施している申込窓口を選びましょう。

とくこ
とくこ

おすすめの申込窓口は、最大76,000円のキャッシュバックがもらえるKDDI正規代理店NEXTです。

auひかりの引越しでかかる費用

引越しをする際に、auひかりに関してかかる費用はどんなものがあるのか、知りたい方も多いでしょう。

auひかりの引越し費用は以下のとおりです。

継続利用の場合と、解約新規の場合とでは、必要となる費用が異なるので比較しつつ解説していきます。

引越し先での開通工事費

新住所でもauひかりを使いたいのであれば、当然、新住所での開通工事が必要です。

【開通工事費】
継続利用の場合 解約新規の場合
戸建て 41,250円 41,250円(実質0円)
マンション 33,000円 33,000円
土日祝日工事 +3,300円
※表示はすべて税込み

新住所の開通工事費は、必ず発生する費用のひとつです。

ただし、解約新規の場合、申し込むプロバイダによっては実質0円になるキャンペーンをおこなっています。

手続き後、工事が実施されるまで約3~7週間、時期によってはそれ以上の期間を待たなければならない可能性があります。

こうた
こうた

インターネット通信を使えない期間を無くしたいなら、早めの手続きがおすすめです。

事務手数料

手続きをするためには、事務手数料を支払わなければなりません。

【事務手数料】
継続利用の場合 解約新規の場合
戸建て 3,300円 3,300円
マンション 3,300円 3,300円
※表示はすべて税込み

事務手数料も回避できない費用のひとつです。

開通工事費の残債

現住所でおこなった開通工事費を分割払いにし、残債があった場合、引越しの際に請求される可能性があります。

【開通工事費の残債】
継続利用の場合 解約新規の場合
戸建て 実質0円 一括請求
マンション 実質0円 一括請求
とくこ
とくこ

開通工事費の残債は、解約新規の場合一括で支払う必要があります。

契約利用の場合も一度は一括請求されますが、新住所での利用額から支払った分を減額、または還元してもらえるので、実質0円です。

撤去工事費

現住所のauひかり回線は、引越しする際に撤去しておかなければなりません。

【撤去工事費】
継続利用の場合 解約新規の場合
2018年2月28日以前に契約 11,000円 11,000円
2018年2月28日以降に契約 31,680円 31,680円
※表示はすべて税込み

事情があって撤去工事ができない場合でも、設備の維持費相当が請求されるので、覚えておきましょう。

契約した時期によって、撤去工事費が異なるので、自分の場合はいくらになるのかを、契約書などを確認して把握しておきましょう。

auひかりの解約費用

契約期間のあるプランでauひかりを利用していた場合、途中解約すると解約違約金が発生します。

解約違約金はプランによって異なります。

【解約違約金】
継続利用の場合 解約新規の場合
戸建て ずっとギガ得プラン(3年) 0円 4,730円
ギガ得プラン(2年) 0円 4,461円
標準プラン 0円 0円
マンション お得プラン(2年) 0円 2,730円
お得プランA(2年) 0円 2,290円
標準プラン 0円 0円
※表示はすべて税込み

継続利用の場合は、途中解約であっても解約違約金が免除されます。

こうた
こうた

解約新規の場合は、通常どおりプランに応じた解約違約金が請求されるので、可能であれば違約金が発生しない更新月のタイミングで解約しましょう。

解約新規で申し込むプロバイダのなかには、「乗り換えの際の解約違約金を負担」というキャンペーンを実施しているものもありますが、auひかりやKDDI関連のサービスからの乗り換えでは適用されないので注意しましょう。

auひかりで「継続利用」手続きをする場合の引越し手順

手順 記載

auひかりを継続利用する際の手続き方法を解説していきます。

順調に手続きが進んだとしても、申し込みから新住所でauひかりの利用を開始するまでに3~7週間かかります。

とくこ
とくこ

3~5月の引越しシーズンは、2ヶ月以上かかる可能性があるので、引越し予定が決まり次第、すぐに手続きを開始することをおすすめします。

それぞれの手順について詳しく解説していきます。

KDDIに引越しの連絡を入れる

引越しの予定が決まったら、auひかり公式サイトにある「お引越し情報入力フォーム」からKDDIに連絡します。

自分のケースに当てはまる方法で手続きをすすめましょう。

工事日を調整

KDDIからメール、または電話がくるので、新住所での開通工事日を調整しましょう。

工事には立ち会いが必要なので、在宅できる日に決めてください。

時期によっては混みあっていて、工事を実施できるまでしばらくの期間待っておかなくてはならない可能性があります。

こうた
こうた

早めに手続きを開始する、モバイルルーターを準備するなど待ち期間のインターネット環境対策を整えておくなど、自分が不便にならない工夫をしましょう。

「ご利用開始のご案内」と「宅内機器」が届く

工事日の前に、宅配便で使用する機器一式が届きます。

一緒に利用開始のためのガイドが届くので、手元に荷物が届いたら同梱物やガイドを確認しておきましょう。

開通工事を実施

自宅近くの電柱から光ファイバーを引き込む工事をおこないます。

工事日調整から実施までは約2~4週間かかります。

順調であれば工事は1~2時間で終わりますが、作業中、どんなトラブルが起こるかわかりません。

予定よりも時間がかかってしまう可能性もあるので、できれば1日、最低でも半日は在宅できるようにしておきましょう。

宅内機器を接続

工事前に届いていた宅内機器を接続するのは、自分自身です。

接続設定ガイドを確認しながら丁寧におこなえば、だれにでもできる作業ですが、もしも自信がない方や、どうしてもわからないという方は、設定サポートを利用しましょう。

利用開始

設定が完了したらいよいよ新住所でのauひかりの利用開始です。

これまでと同様にauひかりのサービスを利用できます。

auひかりで「解約新規」手続きをする場合の引越し手順

手順 チェック

解約新規で手続きするための手順を解説していきます。

うまくタイミングをつかめれば、解約費用がいらないどころか、手元にキャッシュバックが残る可能性もあります。

それぞれの手順について詳しく解説していきます。

プロバイダへ解約の連絡を入れる

auひかりを解約するためには、現在契約しているプロバイダへ解約の連絡を入れる必要があります。

自分が契約しているプロバイダの連絡先を確認し、解約したいことを伝えましょう。

とくこ
とくこ

ただし、プロバイダをau one netにしている場合はKDDIお客さまセンターに連絡をします。

【プロバイダをau one netにしている場合の連絡先】
電話番号 受付時間
KDDIお客さまセンター 0077-7068 9:00~18:00
利用できない場合 0120-22-0077 9:00~18:00

現住所での撤去工事

現住所で利用していたauひかりの設備は原則、撤去しなければなりません。

ただし、集合住宅に住んでいた場合は、オーナーや管理会社によっては撤去を不要とするケースもあるので、確認してみましょう。

レンタルしていた機器を返却する

解約手続きが完了すると10日前後でKDDIから「着払い伝票」が届きます。

伝票には返却が必要な機器名やシリアルナンバーが記載されているので、確認しながら返却しなければならない機器をすべて準備しましょう。

KDDIから機器を受け取ったときの箱に梱包して、宅配便で返却します。

こうた
こうた

配送中に機器が破損しないように、緩衝材などを用いて丁寧に梱包しましょう。

返却が確認されない場合は違約金が請求される可能性があるので、確実に返却するようにしましょう。

希望するプロバイダから申し込む

現住所での解約が完了したら、新住所での新規契約に移ります。

自分が希望するプロバイダから申し込みをしましょう。

選択するプロバイダによって、受け取れる特典が異なります。

とくこ
とくこ

せっかくお得に引っ越すために解約新規をおこなっているのだから、キャッシュバックなどのキャンペーンを比較してお得な窓口を選びましょう。

工事日を調整

契約の申し込みをおこなうと、新住所での開通工事日の調整をおこないます。

立ち会い可能な日で決めなくてはいけませんが、平日はどうしても仕事などで都合がつかないという場合は、3,300円の追加料金で土日祝日でも工事可能です。

「ご利用開始のご案内」と「宅内機器」が届く

工事日の前に、宅配便で使用する機器一式が届きます。

一緒に利用開始のためのガイドが届くので、手元に荷物が届いたら同梱物やガイドを確認しておきましょう。

開通工事を実施

自宅近くの電柱から光ファイバーを引き込む工事をおこないます。

工事日調整から実施までは約2~4週間かかります。

順調であれば工事は1~2時間で終わりますが、作業中、どんなトラブルが起こるかわかりません。

予定よりも時間がかかってしまう可能性もあるので、できれば1日、最低でも半日は在宅できるようにしておきましょう。

宅内機器を接続

工事前に届いていた宅内機器を接続するのは、自分自身です。

接続設定ガイドを確認しながら丁寧におこなえば、だれにでもできる作業ですが、もしも自信がない方や、どうしてもわからないという方は、設定サポートを利用しましょう。

利用開始

設定が完了したらいよいよ新住所でのauひかりの利用開始です。

auひかりの引越しに関する注意点

auひかりを契約している方が引越しする場合、知っておきたい注意点があります。

引越しは、荷造りや各種手続きなどでバタバタしてしまうものですが、現代社会で快適に生活するうえでインターネット環境は欠かせないものなので、後悔しないように注意点をチェックしておきましょう。

auひかりを利用できないエリアが存在する

auひかりは全国区で使えるわけではなく、提供エリアが限られています。

auひかりを利用できないエリア
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 和歌山県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 沖縄県

上記のエリアではauひかりを契約できないので、引越し先がこれらの地域だった場合、auひかり以外の光回線に乗り換える必要があります。

こうた
こうた

なぜ、上記のエリアはauひかりのエリア外かというと、KDDIは電力系光回線と関わりがあり、中部電力系の「コミュファ光」、関西電力系の「eo光」と競合するわけにはいかないためです。

沖縄県には「auひかり ちゅら」があるので、同じ理由でauひかりを契約できません。

auひかり ホーム10ギガ・5ギガはさらにエリアが狭い

auひかりには、ホーム10ギガ・5ギガという超高速プランも用意されていますが、これらの超高速プランを契約できるエリアも限られています。

ただでさえ、全国区ではないauひかりですが、そのなかでもさらに狭い範囲での提供なので、エリア内に住んでいる方はラッキーです。

ただ、超高速プランでなく、通常の1ギガプランであっても、日常的にインターネットを楽しむ分には問題ない速度がでているので、超高速プランがエリア外であっても安心してください。

マンションの場合はプラン変更になる場合がある

auひかりのマンションプランは、設置してある設備によってプランが決まっています。

したがって、これまで住んでいたマンションとまったく同じ設備があるマンションでない限り、引っ越す際にプラン変更を余儀なくされる可能性があります。

【auひかりのマンションプラン】※月額料金は2年契約の場合
タイプ名 月額料金 最大速度
タイプG 4,730円 664Mbps
タイプV 4,180円 100Mbps
タイプ都市機構 4,180円 100Mbps
タイプ都市機構G 4,730円 664Mbps
タイプE 3,740円 100Mbps
タイプF 4,290円 100Mbps
マンションギガ 4,455円 1Gbps
マンション ミニギガ 5,500円 1Gbps
※表示はすべて税込み

プランによって通信の最大速度だけでなく、月額料金も違うので、「引越したらプランが変わって料金が値上がりしてしまった」というケースもあります。

引越しによって、最大速度が落ちてしまったり、料金が上がったりするのが嫌な方は、引越し先のマンションを決める段階で、その建物にあるauひかりの設備を調べておくことをおすすめします。

電話番号を継続できない場合がある

自宅の固定電話を「auひかり電話」にしている場合、引越しによって番号が変わってしまう可能性があります。

なぜなら、auひかりを契約した際にauひかり電話として取得した番号は、引越ししたり解約したりすると番号が消滅してしまうからです。

そういったケースでは、新住所で新たに電話番号を取得する必要があります。

auひかり電話を利用していても、電話番号が継続できるケースもあります。

電話番号が引き継げるケース
  • NTTの一般加入電話で取得した番号を使っている場合

NTTで発行してもらった電話番号は、auひかり移転時に一度NTTのアナログ電話に戻し、引越し先で再度auひかり電話として登録することで番号を引き継げます。

とくこ
とくこ

電話番号が変わってしまうと、生活のなかでも支障がでる可能性があります。

トラブルになる前に、自分が使っている電話番号が、どこで取得したものかを確認し、電話番号が引き継げるかどうかをチェックしてみましょう。

工事完了まで時間がかかる場合がある

auひかりを新住所でも契約する場合、必ず回線の開通工事をおこないます。

この開通工事は、手続き中に工事日の調整をおこないますが、3~5月の引越しシーズンは予約が混みあう可能性が高いです。

混みあっていない状態でも申し込みから工事実施まで1ヶ月ほどかかるので、繁忙期では2ヶ月以上待つこともあります。

工事が完了しないと、auひかりの利用は開始できないので、その間インターネット環境がない状態に陥る恐れがあります。

こうた
こうた

引越しの日程や新住所が前もってわかっている方は、早めに手続きを開始するのがおすすめです。

auひかりを解約する場合のおすすめ乗り換え先

さまざまな理由があり、もしも新住所ではauひかり以外の光回線を契約しようと検討しているのであれば、以下の光回線がおすすめです。

光回線を選ぶ際の条件は、「料金の安さ」「エリアの広さ」「通信速度」など人それぞれです。

自分にとって、どの条件を一番重視するかを考え、それに合わせた光回線を選びましょう。

全国で申し込めてauスマートバリューを適用できる「So-net光プラス」

auのスマホを使っているのであれば、スマホとのセット割を適用したい方も多いことでしょう。

「So-net光プラス」なら、auスマホとのセット割が適用されるので、月々のスマホ代もお得です。

【So-net光プラスの概要】
エリア 全国(フレッツ光と同じ)
エリア検索
東日本:こちら
西日本:こちら
最大速度 下り最大1Gbps
実測値 平均下り速度 270.55Mbps
平均上り速度 212.12Mbps
平均Ping値 20.58ms
セット割 名称 auスマートバリュー
割引額 毎月最大1,100円
初期費用 手数料 3,300円
工事費 26,400円
 ※キャンペーン適用で実質無料
戸建て マンション
月額料金 6,138円 4,928円
契約期間中の実質月額 4,078円 2,919円
キャンペーン 最大60,000円キャッシュバック
※表示はすべて税込み

60,000円キャッシュバックキャンペーンを利用すれば、auひかりを解約する際に発生した費用をまかなえるので、自己負担を軽くして乗り換えられます。

実測値からわかるように、通信速度も申し分ないので、auひかりと同じように快適な通信が楽しめます。

全国で申し込めて違約金負担もある「ソフトバンク光」

ソフトバンク光_NEXT

フレッツ光回線エリアを使用した光コラボ回線なので、全国のほとんどの場所に対応している「ソフトバンク光」では、auひかりを解約する際に発生した違約金を負担してくれるキャンペーンを実施しています。

【ソフトバンク光の概要】※NEXTの場合
エリア 全国(フレッツ光と同じ)
エリア検索
東日本:こちら
西日本:こちら
最大速度 下り最大1Gbps
実測値 平均下り速度 319.76Mbps
平均上り速度 211.89Mbps
平均Ping値 17.04ms
セット割 名称 おうち割 光セット
割引額 毎月最大1,100円
初期費用 手数料 3,300円
工事費 26,400円 ※キャンペーン適用で実質無料
戸建て マンション
月額料金 5,720円 4,180円
契約期間中の実質月額 5,966円 4,426円
キャンペーン ・最大37,000円キャッシュバック(プロバイダ特典)
・SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン(公式特典)
※表示はすべて税込み

キャッシュバックは最短2ヶ月後に受け取れ、auひかりの解約費用も負担してもらえるので、損をしないどころか、お得に乗り換えられる可能性があります。

とくこ
とくこ

auスマホを使っていた場合、スマホとのセット割はなくなってしまいますが、光回線の乗り換えを機に、スマホもソフトバンクスマホへと乗り換えるのもひとつの方法でしょう。

キャッシュバックなどの特典を受け取りたいのであれば、ソフトバンク光公式ではなく、代理店サイトから申し込みましょう。

トップレベルの高速性能を誇る「NURO光」

NURO光

通信速度を重視して光回線を選びたいのであれば、最大2Gbpsの「NURO光」がおすすめです。

【NURO光の概要】
エリア 北海道・関東・東海・関西・中国・九州の一部
エリア検索:こちら
最大速度 下り最大2Gbps
実測値 平均下り速度 500.27Mbps
平均上り速度 440.22Mbps
平均Ping値 13.36ms
セット割 名称 おうち割 光セット
割引額 毎月最大1,100円
初期費用 手数料 3,300円
工事費 44,000円 ※キャンペーン適用で実質無料
戸建て マンション
月額料金 5,200円 2,090円~
契約期間中の実質月額 4,592円 2,037円~
キャンペーン 最大45,000円キャッシュバック
※表示はすべて税込み

NURO光は、公式特設サイトから申し込むことで、最大45,000円のキャッシュバックが受け取れます。

最大速度はauひかりよりも速いので、ビジネスで利用したり、オンラインゲームをストレスなく楽しんだり、これまでよりもスムーズにインターネット通信がおこなえるでしょう。

こうた
こうた

ただし、NURO光は提供エリアが限定されているので、申し込み前に新住所でのエリア確認を必ずおこないましょう。

高速でauスマートバリューを適用できる「地方電力系光回線」

地方電力系光回線とは、日本の各地方にある電力会社が提供している光回線です。

【地方電力系光回線】
地方 光回線名
関西地方 eo光
東海地方 コミュファ光
中国地方 メガ・エッグ
四国地方 ピカラ
九州地方 BBIQ

地方電力系の光回線は、それぞれに特徴があるだけでなく、電気とのセット割など、家庭の光熱費を下げるためのキャンペーンも実施しています。

提供エリアが限定されているため、全国展開している光回線よりもユーザー数が少なく、回線の混雑も起こりにくいのが特徴です。

その土地の方々に寄り添ったサービスを提供しているので、ユーザー満足度も高いです。

auひかりの引越しに関するよくある質問

引越しを予定しているauひかり契約中の方が、とくに知りたいと思っていることを質問形式でまとめました。

とくこ
とくこ

この質問を読むだけでも、auひかりの引越しの際の、さまざまな場面に対応できるようになれるので、ぜひ参考にしてみてください。

引越しの際にauひかりで必要な手続きは?

auひかりで移転手続きをする「継続利用」と、一度解約してから新住所で再度契約する「解約新規」の2種類があります。

どちらにしても、新住所がauひかりの提供エリア内にあるかどうかが一番のカギとなるので、まずは新住所でのエリア確認をおこないましょう。

auひかりの引越し手続きについてもっと詳しく知りたい方は、前述している『auひかりの引越し方法は「継続利用」または「解約新規」の2パターン!』をチェックしてみてください。

具体的な手続きの手順が知りたい方は、『auひかりで「継続利用」手続きをする場合の引越し手順』もしくは『auひかりで「解約新規」手続きをする場合の引越し手順』をチェックしてみてください。

引越し先で継続利用するより解約して再契約したほうが良いって本当?

お得に引越ししたいのであれば解約新規のほうが良いです。

ただし、解約新規は継続利用よりも手続きに手間がかかるので、「面倒な手続きはしたくない」という方には継続利用がおすすめです。

継続利用と解約新規の比較について、もっと詳しく知りたい方は、前述している『お得さを重視したいなら「解約新規」がおすすめ』をチェックしてみてください。

引越し先がauひかりエリア外だったらどうする?

auひかりの提供エリアは全国区ではないため、「引越し先がエリア外だった」というケースもあり得ます。

その場合は、auひかりに代わる別の光回線の契約を検討しましょう。

「スマホとのセット割」や「通信速度」、「乗り換えやすさ」など、他光回線を選ぶ際に優先したいポイントは人それぞれなので、自分が一番重視するポイントに絞って選びましょう。

auひかり以外のおすすめ光回線について、もっと詳しく知りたい方は、前述している『auひかりを解約する場合のおすすめ乗り換え先』をチェックしてみてください。

auひかりの引越しで気をつけるべきことは?

引越しすると、思わぬところでauひかりに関するトラブルにぶつかってしまうことがあるかもしれません。

そうならないように、事前にauひかりの引越しでの注意点をチェックしておきましょう。

これらの注意点は、地域やシステム、時期などの要素によって起こるどうしようもないことですが、事前に知っておくことで、考えを切り替えたり回避したりできます。

auひかりの引越しに関する注意点について、もっと詳しく知りたい方は、前述している『auひかりの引越しに関する注意点』をチェックしてみてください。

まとめ

引越しは荷造りや環境の変化など、体力的にも精神的にも大変なものですが、快適なインターネット環境を維持するためには光回線の引越し手続きも忘れずにおこないたいものです。

auひかりでは、「継続利用」と「解約新規」という2つの方法から手続きを選べるので、自分に合った方法で引越し手続きをおこないましょう。

できるだけ手続きを簡単なものにしたいのであれば「継続利用」、お得に引越したいのであれば「解約新規」がおすすめです。

新住所でもauひかりの快適通信とauスマホとのセット割を活用して、新生活を楽しんでみてください。

auひかりを引越しの時もお得に使える!その方法を紹介!
引越し先でauひかりをお得に継続利用する方法は、一度解約すること!窓口キャンペーンを使って費用ゼロで移転可能!引越し時のauひかり手続き方法やオススメ窓口、乗り換える場合のオススメ回線まで徹底解説!
home5G(GMOとくとくBB)
×
home5G(GMOとくとくBB)
タイトルとURLをコピーしました