転職に失敗する7つの理由とは?成功のコツと後悔したときの対処法

転職ノウハウ

「転職したいものの、失敗が怖くて踏み出せない……」「またすぐに辞めたくなったらどうしよう」など、転職したいという気持ちはあるけど、失敗したときのリスクを考えて不安に思う人も多いのではないでしょうか。

転職は人生の大きな決断のひとつです。仕事は一日のうち長い時間を過ごすため、不満や悩みがあると体調面や精神面に影響が出ることもあります。悩みを解決するためにせっかく転職をしても、入社後にミスマッチに気が付くケースは珍しくありません。

そこで本記事では、事例からわかった転職に失敗する理由7つと、転職を成功させるためのポイントをまとめました

また、「すでに転職を失敗して悩んでいる」という人向けに、転職を失敗してしまったときの対処法についてもご紹介しますので、ぜひ本記事を参考にしていただき、後悔しない形で転職を目指してください。

【2022年最新】日本の転職事情・動向は?

まず、日本の転職事情について知っておきましょう。どのくらいの人が転職を経験しているか、転職理由、転職を後悔している人の割合などの最新のデータをご紹介します。

正社員転職率は7.03%と高水準

マイナビの「転職動向調査 2022年版(2021年実績)」によると、2021年の20~50代男女の正社員転職率は7.03%でした。前年2020年はコロナ禍の影響もあって転職率が4.94%まで落ち込んでいましたが回復し、過去6年間で最も高い数字を記録しています。

※画像出典元:マイナビキャリアリサーチLab「転職動向調査 2022年版(2021年実績)

なかでも20代は男女ともに転職率が10%を超え、転職意識の高さがうかがえます。

転職意識については、コロナ禍による働き方の変化の影響も大きいようです。コロナ禍で「転職に積極的になった」と答えたのは全体の34.2%で、そのうち20代男性は46.1%と最も高い割合でした。

主な転職理由は人間関係と給与問題

マイナビの同調査によると、転職を始めた理由のなかで最も多かったのは、「職場の人間関係が悪かった」で9.9%、「給与が低かった」が9.8%と続きました。

※画像出典元:マイナビ「転職動向調査 2022年版(2021年実績)

転職先に入社を決めた理由をみてみると、上位は休日や残業時間・給与面・勤務地といった待遇面に集中していました。選考辞退した理由としては、「給与が低かった」「会社の雰囲気が合わないと思った」が多く回答されています。

2人に1人が転職経験あり

続いて転職経験についてみてみましょう。リスクモンスター株式会社が2020年におこなったアンケート調査によると、回答した500名のうち56.6%が転職経験があると答えました。2人に1人が転職を経験しているということになります。

※画像出典元:リスクモンスター株式会社調査結果発表:第1回「社会人の転職事情アンケート」調査(リスモン調べ)

また、転職経験があると答えた人のうち、65.1%が複数回転職を経験していることもわかりました。特に女性は転職経験4回以上が全体の32.0%と最も多く、男性よりも転職回数が多い傾向にあります。出産・育児などによるライフスタイルの変化の影響が大きいでしょう。

10人に1人が転職先に不満を抱えている

厚生労働省が2021年に実施した転職者実態調査によると、転職先の満足度は以下のような結果でした。

満足度項目 「満足」と回答した人 「不満足」と回答した人
職業生活全体 53.4% 11.4%
職種 69.2% 8.7%
賃金 46.6% 27.1%
労働時間・休日・休暇 62.3% 16.3%
福利厚生 53.2% 10.7%
安全や衛生等の職場環境 59.6% 11.3%
役職 34.7% 5.1%
人間関係 59.7% 14.2%
通勤の便 69.0% 11.1%
会社の規模・知名度 53.4% 5.0%
会社の将来性 49.0% 13.2%

“参考:厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況(3.転職について)」”

どの項目でも約半数が転職に満足していると回答しました。職種、職場環境、人間関係、勤務地などに関しては特に、希望条件にあった企業への転職に成功している人が多いようです。

しかし、10%前後の割合で転職先に不満を感じている人もいます。なかでも賃金の面は不満足の割合が27.1%いることから、転職で後悔している人も一定数いるようです。

転職のよくある失敗事例5選

転職にはどういった失敗があるのでしょうか?ここでは、よくある転職の失敗事例5つを取り上げます。

  • 人間関係がうまくいかなかった
  • 業務内容が思っていたものと違う
  • 待遇や環境が説明と異なる
  • 社風が合わなかった
  • 転職しても悩みが解決しなかった

それぞれの失敗について詳しくみてみましょう。

人間関係がうまくいかなかった

転職先で人間関係に悩まされて転職を後悔する例があります。転職は、年収の向上などキャリアアップを目指しておこなうことも多いです。待遇面ばかりを気にして転職先を決めることで、職場の人間関係や環境になじめず、後悔する場合があります。

人と関わらずに仕事をするのは難しいため職場の人間関係がよくないと、仕事のモチベーションや生産性にも影響が出ます。給与や待遇ももちろん大切ですが、会社の雰囲気など総合的に見て判断するべきだったと後悔する人が多いようです。

人と関わらずにできる仕事やメリット・デメリットを解説したこちらの記事もおすすめです。

人と関わらない仕事ってあるの?具体例とメリット・デメリットを解説
人と関わらない仕事のなかから、会社員編4選・個人事業主編4選を紹介します。稼げる仕事もあれば副業のアルバイトに向いている仕事もあります。人と関わらないことのメリット・デメリットも解説するので、自分の適正を判断したい人も参考にしてください。

業務内容が思っていたものと違う

想像していた仕事内容とのギャップに戸惑う例も多いです。やりたい仕事ができると思って転職を決めた場合や、経験のある業務内容だから選んだ場合には、現実とのギャップに後悔することもあるでしょう。

条件に惹かれて業務内容をよく確認しないと、こういった認識の違いが起きやすいです。しかし、求人情報に書いてあった内容や面接時の説明と、実際求められた業務が異なる場合もあります。前の会社を退職して入職を決めてしまっているため後戻りができず、不満を訴えにくいと感じる人も多いです。

待遇や環境が説明と異なる

待遇や職場環境が求人情報や面接時の説明と異なる場合、後悔につながることがあります。「給与が説明よりも低かった」「聞いていたよりも長く残業させられる」「希望していた勤務地と違う」など、転職先に不満を抱えるケースが多いです。

書類と食い違っていれば証拠を提出することができますが、面接時の質問の受け答えなど、口頭でのやり取りでは改善できない場合もあります。転職先を選んだ理由が覆されることもあり、モチベーションを大きく損なう可能性があります。また、職場や上司への不信感にもつながり、人間関係の悪化にもなりかねない事例です。

社風が合わなかった

気持ちよく働くためには、社風が肌に合うかどうかも重要なポイントです。入社してみたら社風が合わなかったという失敗事例もあります。

社風までは面接などでつかめないことも多いです。「面接担当者の雰囲気がよかったので選んだが、配属先の雰囲気が合わなかった」といった例もあります。考え方や働く姿勢が違うと、うまくなじめず人間関係の構築にも影響が及ぶ場合もあるでしょう。自分らしく働くために、心地のよい雰囲気の会社を選ぶことも大切です。

転職しても悩みが解決しなかった

転職を決意した理由によっては、希望の転職先に入職が決まっても悩みが解決しないケースも存在します。例えば次のような転職理由の場合、転職したとしても根本的な問題が解決しない場合が多いからです。

  • 正当な評価をしてもらえないから
  • やりがいのある仕事がしたいから
  • 職場に苦手な人がいたから
  • 単純に仕事から逃げたかったから

転職したばかりの頃は責任のある仕事を任されず、能力による評価をされないことも多いです。自分の上げた成果に対する正当な評価をしてもらえなかったから、転職したのに結局何も変わらないと感じる場合があります。また、「仕事がつまらない」「いまの仕事がいや」など、単純な理由で辞めてしまうと転職先でも仕事が続かない可能性が高いです。「苦手な人がいる」という理由で転職した場合でも、新しい職場に苦手な人ができてしまうこともあるでしょう。

やりがいを感じやすい、人のためになる仕事について解説したこちらの記事もおすすめです。

人のためになる仕事とは?おすすめ10種と履歴書の書き方も紹介
人のためになる仕事はさまざまあり、中には無資格でチャレンジできる職種もあります。そこでこの記事では、人のためになる仕事を10種類紹介します。また、志望動機の書き方のコツや人のためになる仕事に就職したときのポイントなども取り上げます。

転職に失敗する7つの理由

転職に関するよくある失敗事例を見てきました。そうした失敗はどのような理由で起きたのでしょうか?次のようなことが失敗の原因として挙げられることが多いです。

  • 自己分析が不十分
  • 待遇面ばかりを重視した企業選び
  • 求人情報の確認不足
  • 入社前のコミュニケーション不足
  • 焦って結論を出した
  • 転職理由が不明確
  • エージェントの言いなりになった

それぞれの理由を詳しく解説します。

1:自己分析が不十分

転職では十分に自己分析をおこなうことが大切です。自己分析が不十分だと、希望動機や転職先に求める条件などが不明確になり、内定が得られにくくなったり転職しても後悔が残ったりする可能性があります。

紹介した失敗事例では、人間関係がうまくいかなかった・社風が合わなかった・転職しても悩みが解決しなかったなどの原因として当てはまります。

また、自分のスキルや強みの分析も必要です。どういったスキルや資格を持っていて、どのような職場に活かせるのかを把握していないと、ミスマッチにつながります。希望条件と市場価値が見合っていないと、転職に時間がかかる場合もあります。自己分析は十分におこないましょう。

2:待遇面ばかりを重視した企業選び

年収や休日の多さ、福利厚生といった待遇面ばかりを重視した企業選びは、転職の失敗につながる恐れがあります。

もちろん給与など、待遇面はやりがいにもつながる重要な要素です。転職先を選ぶ基準として大いに役立ちます。しかし、そればかりを重視して業務内容や社内の雰囲気などの確認をおろそかにすると、思わぬミスマッチを招く可能性があります。

待遇面だけにとらわれると、転職後の人間関係や社風とのギャップ、業務内容の不一致などに悩まされることがあるでしょう。

給料が上がらないことに悩んでいるなら、こちらの記事もおすすめです。

給料が上がらないのはなぜ?8つの理由と昇給のための交渉術を紹介
給料がなかなか上がらないのは、会社か自分に理由がある場合が多いです。この記事では、給料が上がらない理由を状況別に解説しています。昇給交渉のポイントや交渉以外で昇給を目指す方法のほか、よくある疑問についても解説しているので参考にしてください。

3:求人情報の確認不足

転職サイトやハローワークなどで得られる求人情報は、企業のことを理解するうえで大変重要な資料です。求人情報の確認が不足していると、想像していたものと仕事内容や待遇・環境が違うといった不一致を引き起こす可能性があります。

求人情報には、最低限以下のことを記載しなければならないと定められています。

  • 業務内容
  • 契約期間
  • 就業場所
  • 始業・終業時刻
  • 所定労働時間を超える労働の有無
  • 休憩時間と休日
  • 賃金・賞与
  • 健康保険、厚生年金、労働者災害補償保険・雇用健康保険の適用有無

転職サイトはサイトの基準で入力項目が決められているため、さらに詳しい情報が得られることも多いです。転職活動が長くなるほど確認がおろそかになりやすくなります。書類を確認すれば防ぐことのできるミスマッチも多いため、求人情報の確認には注意が必要です。

4:入社前のコミュニケーション不足

面接時や入社意志を伝える前に、転職を検討している企業とコミュニケーションをしっかり取ることも必要です。書類や面接時の受け答えだけで入社を決めてしまうと、入社後に人間関係不安や契約内容のすれ違いなどが起きる恐れがあります。

面接時に契約条件や希望について聞きづらい・言いづらいと感じる人も多いでしょう。しかし、面接官に聞かれたことに答えているだけよりも、自ら質問や意見をしたほうが高い評価が得られる可能性があります。具体的な質問や意見は、自社への入社を明確に考えているととらえられ、意欲的な印象を与えるためです。

5:焦って結論を出した

早く環境を変えたい一心で焦って転職活動をおこなってしまうと、ミスマッチにつながり転職の失敗の原因となる場合があります。

転職活動は数ヵ月から長くて1年以上かかることもあります。なかなか結果が出ないからと、内定が出たところにとりあえず転職を決めてしまう人も多いようです。しかし、希望条件に合っていない転職先ではストレスが溜まりやすく、早期の退職につながる恐れもあります。

また、焦って結論を出そうとすることで、求人情報の確認不足やコミュニケーション不足といった他の失敗理由につながる危険もあります。

6:転職理由が不明確

転職理由が不明確なまま転職活動を始めると、内定がなかなか得られなかったり、転職後すぐに退職したくなったりする可能性があります。

転職理由を考えることは、転職に大切な自己分析にもつながる部分です。いまの仕事がいやな理由を挙げることも必要ですが、転職後にどうしたいのか、どのような仕事がしたいのかなど、転職したいポジティブな理由を考えることも大切です。

「あの人と働きたくない」「いまの仕事がつまらない」など、ネガティブな理由ばかり思い浮かぶ場合には、信頼できる上司に相談したり異動を申し出たりするなど、転職以外の選択肢も検討してみましょう。

30代で仕事を辞めたいと感じたときの後悔しない判断基準を解説したこちらの記事もおすすめです。

30代で「仕事辞めたい、疲れた」と感じたら。後悔しない為の3つの判断基準
30代で仕事を辞めたいと考える人は少なくありません。しかし仕事を勢いで辞めるのはリスクが高いです。本記事では30代が仕事を辞めたいと考える理由から、辞めるか・辞めないかの判断基準、30代の転職事情とおすすめの転職エージェントをご紹介します。

7:エージェントの言いなりになった

初めての転職が不安だからと、転職エージェントに頼ってうまくいかないケースもあります。

転職エージェントは、一人ひとりの希望条件やスキル・経歴に適した求人情報を紹介し、企業との連絡といった業務を代行してくれる大変便利なサービスです。しかし、エージェントによっては自分の利益ばかりを考えて条件に合わない企業を勧めてくる恐れもあります。

条件に合わない企業でも、「せっかく内定がもらえたから」「もう紹介してもらえないかもしれない」などと考えて内定を承諾してしまう人も多いです。

しかし、入社したくないと感じる企業に転職する必要はありません。希望に合わないことを伝えて断ったり、必要に応じて担当エージェントを変更してもらったりするとよいでしょう。

転職エージェントの悪い評判や失敗しない選び方について解説したこちらの記事も参考にしてください。

転職エージェントの悪い評判・口コミは本当?失敗しない見極め方
転職エージェントの悪い評判や口コミを見ていると、利用をためらってしまう人も多いでしょう。しかし悪い評判の多くは、自分に合う転職エージェントを選べなかったために生じた不満の可能性が高いといえます。選び方とポイントを知って有効利用しましょう。

転職を成功させるためのコツ

続いて、転職の失敗事例や理由を踏まえて転職を成功させるコツを解説します。転職の失敗を避けて成功させるには、次の5つのポイントを押さえましょう。

  • 転職の目的を明確化する
  • 企業の情報収集を怠らない
  • 面接時に希望条件を伝える
  • スキルを磨く
  • 転職のプロにサポートしてもらう

転職の目的を明確化する

まずは転職の目的を明確化するところから始めましょう。

転職の目的を把握することは、転職の希望条件や希望動機の明確化にもつながります。本当に入りたい企業への転職を目指すことができ、面接の受け答えや応募書類の内容も充実するため、内定も得やすくなるでしょう。

転職目的を探るには、辞めたい理由だけでなく転職後の希望について考えることが大切です。「こんな仕事がやってみたい」「このスキルを磨きたい」など、ポジティブな理由があれば大変な転職活動へのモチベーションアップにもつながります。

企業の情報収集を怠らない

求人情報の確認など、企業の情報収集は入念におこないましょう。転職サイトなどの求人情報は備考欄まで詳しく読むことをおすすめします。ただし、1社1社細かく見ていくのは大変です。まずは募集要項や待遇面など基本的な条件を確認し、自分に適している場合のみ全体を確認するようにすると効率がよいです。

転職サイトやエージェントはそれぞれ求人情報のフォーマットが異なるため、違うサービスを利用すると新たな情報がつかめることもあります。状況に応じて複数のサービスに登録・利用するのもよいでしょう。

また、企業のホームページや口コミサイトなどを閲覧することもおすすめします。実際に働いていた人の意見が見られるサイトもあるので、ぜひ活用しましょう。

おすすめの転職サイトを紹介したこちらの記事も参考にしてください。

転職サイトのおすすめ20選を徹底比較!公開求人数ランキングや選び方も紹介
おすすめの転職サイトを厳選し職種別・タイプ別に20選紹介します。さらに求人の量・質やサポート内容のチェックなど転職サイトの選び方を詳しく説明し、希望条件の明確化やスピード感などスムーズに転職を成功させるために必要なポイントも解説します。

面接時に希望条件を伝える

企業との面接時に、あらかじめ希望条件を伝えてしまうのもおすすめです。

面接時に希望を伝えると印象が悪いのではないかと不安に思う人もいるかもしれません。細かい希望条件まで伝える必要はありませんが、転職先を探すうえでこだわっていた条件については面接官に伝えておくと安心です。

内定が出たら、労働条件通知書を詳細に確認することも忘れないようにしましょう。面接で伝えた条件を満たしているか、他の条件が求人情報と一致しているかなど入念に確認し、入社に後悔が残らないように心がけてください。

内定後に条件交渉をおこなうこともできますが、必ず書面で残すようにし、口約束にならないよう注意することも大切です。転職エージェントを利用していると、条件交渉についてもエージェントを介してもらえるので安心感があります。

スキルを磨く

希望に合う企業に勤めるためには、自分自身の市場価値を上げることも大切です。経験を積んだり、資格を取得したりしてスキルを磨きましょう

特に、転職後にやりたいことがある人や、年収アップのための転職を考えている人は、スキル磨きで得られるメリットが大きいです。転職したい業界や職種に役立つ資格の取得や、セミナーや講習に参加するなどして、自己研鑽に努めましょう。

転職サイトや転職エージェントのなかには、無料のオンラインセミナーや勉強イベントを開催している場合もあります。ぜひ利用してみてください。

転職に有利な資格を紹介したこちらの記事もおすすめです。

転職に有利な資格とは?幅広く役立つおすすめな資格と注意点も解説
取得していると幅広い職種・業界の転職時に効果的な資格について詳しく解説します。さらに3つの業界別に転職に有利に働く資格についても説明し、さらに資格取得の際の注意点も解説しています。これから転職する人はぜひ参考にしてください。

転職のプロにサポートしてもらう

転職に失敗するのではないかと不安を感じているなら、転職のプロにサポートしてもらうのもおすすめです。転職エージェントでは、転職するかどうか迷っている段階でも気軽に相談できます。スキルや経歴に自信がない場合でも、相談することで自分でも気が付かなかった魅力を発見してもらえることもあるでしょう。

また、転職エージェントは応募書類の添削や面接練習といったサポートも用意されていて、エージェントによっては、入社後の悩みもフォローしてもらえます。

プロが厳選したおすすめの転職エージェントを紹介したこちらの記事もおすすめです。

【プロ厳選】転職エージェントおすすめ15選を比較!選び方や賢い使い方も解説【利用者392人の声も紹介】
転職エージェントに興味があるけど、どれを選べばいいか分からないと困っていませんか?本記事ではサービスの選び方のポイント・専門家おすすめの転職エージェント11選をタイプ別に紹介します。転職エージェントのメリット・デメリットや、転職サイトとの違い、かしこい活用法についても紹介します。

おすすめの転職エージェント2選

こちらでは業界の中でも最大級の案件数をもっている、おすすめの転職エージェントを2つ紹介します。

  • リクルートエージェント
  • dodaエージェントサービス
リクルートエージェント

※画像出典元:リクルートエージェント公式HP

・運営会社:株式会社リクルート
・求人案件数:公開求人17万9,709件 /非公開求人24万734件(2022年4月時点)
・対応職種:営業、経営、事務、IT・エンジニア、電気、医薬・化粧品、コンサルタント、建設など
・対応エリア:全国・海外

リクルートエージェントは、求人数が国内No.1の大規模な総合型転職エージェントです。公開求人の多さもさることながら、非公開求人数も豊富なので新たな出会いにも期待できます。

業界ごとに経験豊富なアドバイザーが在籍していることも魅力です。各業界、職種に精通しているため、経歴やスキルの価値を正しく評価してもらえます。

また、転職者に対するサポート体制の充実度は大手ならではなので、50代の転職にも効果的でしょう。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!

  • 国内最大級の求人数のなかから仕事探しをしたい人
  • 業界に詳しい人からアドバイスをもらいたい人
  • 大手ならではの充実したサポートを受けたい人

リクルートエージェントについて、より詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

dodaエージェントサービス

※画像出典元:dodaエージェントサービス公式HP

・運営会社:パーソルキャリア株式会社
・求人案件数:公開求人13万399件(2022年4月時点)
・対応職種:営業、企画・管理、技術職、専門職、クリエイティブ、販売、公務員・教育、事務、医療系、金融系など
・対応エリア:全国・海外

doda(デューダ)は、転職求人サイトスカウトサービスなど、さまざまな転職支援サービスを提供する総合転職サイトです。各サービスは連携しており、併用することによってより効率的・効果的な転職活動ができます。

エージェントサービスでは、非公開求人を含めて約10万件の求人情報を持っています。業界・職種・エリアごとに詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているため、自身の希望に合わせたアドバイスを受けられるでしょう。

また、年収査定合格診断など、「転職するかどうか迷っている」人に役立つツールもあります。ぜひ活用してみてください。

dodaエージェントサービスはこんな人におすすめ!

  • 約10万件の豊富な情報から自身に適した求人を探してほしい人
  • 転職サイトやスカウトサービスを併用して効率的に転職したい人
  • 年収査定や合格診断といったツールを利用したい人

転職に失敗した場合はどうすればいい?

もしも転職に失敗してしまった場合でも、退職や再度の転職を安易に決断するのは危険です。仕事を続けられない人と判断され、転職活動に響く可能性もあります。転職を後悔したら、次のように順を追って冷静な判断を重ねていきましょう。

  1. 転職の経緯を振り返る
  2. 退職せずに経験を積む
  3. 問題が解決しないなら再転職を検討

それぞれのステップを詳しく解説します。

転職の経緯の振り返りをする

まずは転職の経緯を振り返ってみましょう。なぜ転職をしようと思ったのか振り返ることで、いま感じている後悔の正体を探ることができます。

転職に失敗したと感じる理由は人それぞれです。転職先に求める条件によっても異なりますし、振り返ってみたら別の部分が引っかかっていることもあるでしょう。例えば、給与面の問題で転職したにもかかわらず、人間関係に対して後悔しているようなケースです。

転職の経緯を整理し後悔の原因を見つけることで、次の行動に移りやすくなるでしょう。

退職せずに経験を積む

転職を失敗したと感じる理由が明確になったら、原因の解決に努めましょう。転職先の企業のいやなところが見えたからといって、すぐに退職してしまうのはもったいないです。

転職したばかりは、環境の変化によって職場全体があわただしくなっています。人員が増えたからといってすぐに仕事を割り振れるわけではなく、スキルや人柄を見ながら判断したり、教育をおこなう必要があるためです。

退職せずに経験を積むことで職場環境が落ち着き、問題が解決することも珍しくありません。人間関係が構築され働きやすくなったり、業務に慣れて疲れにくくなったりすることもあります。

また、契約内容の不一致などによって不満を感じていた場合は、採用担当者に確認することで改善する問題も多いです。早々に辞めることばかり考えず、いまの環境をよりよくする工夫をおこないましょう。

問題が解決しないなら再転職の検討

問題の解決に努めても現状が変わらない場合や、採用担当や人事に相談しても契約内容の不一致が認められなかった場合は、再転職を視野に入れることも考えましょう。

努力や工夫でどうにもならない環境で無理を続けると、ストレスによって健康を損なう恐れもあります。思い切って再転職を決意し、転職までのお金を稼ぐ手段として割り切って働くのもよいでしょう。

ただし、転職には具体的なビジョンを描くことが大切です。目的や希望条件が不明確なまま転職活動を始めると、また同じ失敗を繰り返すことにもなりかねません。なぜ転職を失敗したのかを冷静に振り返りながら、自分の意見を大切に転職活動をおこないましょう。

出戻りを検討する

再転職先の候補として、以前の職場への出戻りを検討することもできます。経験やスキルがあるため、即戦力として採用してもらえる可能性があります。連絡が取れる元上司などに相談してみるとよいでしょう。

しかし、円満退社している場合に限られます。転職のために無断欠勤した場合や、ネガティブな理由を伝えて辞めた場合には再雇用は難しいでしょう。

また、出戻り入社にはリスクがあることも忘れてはいけません。まず、これまでに受けた評価がなくなり、給与や待遇が低下するリスクがあります。契約内容が大きく変わる可能性もあるため、入社前の話し合いは必須です。さらに、一度退職した人として見られ、働きにくくなるリスクもあります。

出戻り入社後には、以前働いていたときよりも意欲的な勤務態度をアピールする必要があります。もう一度働くかどうかは、リスクを理解したうえで慎重に検討しましょう。

まとめ

転職を経験している人は多くいますが、転職先に満足している人ばかりではありません。希望をもって転職したものの、人間関係や業務内容、待遇、社風など、さまざまな要因で転職を失敗したと後悔している人も多いです。

転職を失敗しないためにはいくつかのコツがあります。特に大切なのが自己分析を明確におこない、転職の目的を見失わないことです。必要に応じてスキルを磨いたり、長い時間をかけて転職活動をおこなったりすることも必要でしょう。

働きやすい環境を見つけることは、心身の健康にもつながります。転職は人生で大きなターニングポイントのひとつです。失敗して後悔することにならないよう、失敗事例や理由、成功のコツを押さえて慎重に判断しましょう。

タイトルとURLをコピーしました