リクナビ薬剤師の評判は?実際の口コミとメリット・デメリットを解説

医師・薬剤師

リクナビ薬剤師を利用すべきかお悩みではありませんか?リクナビ薬剤師は、大手就職・転職支援業リクルートグループが運営するエージェントサービスです。実績あるキャリアアドバイザーが豊富な薬剤師求人のなかから、自分にぴったりの求人を探し出してくれます。

しかし、「大手だから経験が少ないと求人を紹介してもらえないのでは?」「よい評判だけ取り上げられていて怪しい」など、サービスの利用を不安に思う人もいるでしょう。

そこで本記事では、リクナビ薬剤師を利用すべきか迷っている人に向けて、次のようなコンテンツを紹介します。

  1. 利用者による口コミや評判
  2. リクナビ薬剤師が他の転職サイトとどう違うのか解説
  3. リクナビ薬剤師を利用するメリット・デメリット
  4. リクナビ薬剤師を最大限活用するコツ
  5. リクナビ薬剤師を利用する際に抱えやすい疑問へのQ&A

マイナビ編集部が集めた利用者のリアルな口コミをもとに、リクナビ薬剤師のメリットだけでなくデメリットについてもご紹介します。

リクナビ薬剤師のリアルな口コミ・評判を見てみよう

それでは、実際に利用したユーザーから見て、リクナビ薬剤師どのような評判なのか見ていきましょう。

本章では利用者にアンケート調査を実施して得られた口コミを紹介しつつ、口コミを分析した考察も解説します。

本メディアの口コミは、パートナー企業が独自にクラウドソーシングサービスを利用して収集したものです。そのなかから、信頼性が高いと判断した口コミのみを掲載しています。

調査対象 :対象の転職サービスを利用したことのある人
調査期間 :2022年8月
調査回答数:287件 ※転職関連サービスの口コミ合計数

リクナビ薬剤師を実際に利用した人の口コミを紹介

担当アドバイザーの対応が丁寧

初めての転職で、3人の子供がいたので不安だったが、担当者がとても親切に1時間ほど話を聞いてくれた薬剤師を志した経緯や仕事と家庭の両立について、自分の中で言語化できていないことも、話していくうちにまとめることができた。(大阪/40代/女性/管理薬剤師/年収300万〜500万円未満)

登録してすぐに担当者がつき、連絡をこまめにとってくれ、相談できたことが安心につながりました。(愛知県/30代/女性/調剤薬局薬剤師/年収300万円未満)

担当者が積極的だったのでよかったです。他社で転職しましたが、また転職することがあれば絶対利用させていただきます。(愛知県/30代/男性/管理薬剤師/年収700万〜1,000万円未満)

担当者はサイトに登録後すぐに電話をくれ細めの聞き取りをしてくれたことが信頼できた。(埼玉県/40代/女性/薬剤師/年収300万〜500万円未満)

対応が丁寧。面接同行時も会話を挟む程度なので気分を害さなく面接できた。(広島県/40代/男性/調剤薬局薬剤師/年収500万〜700万円未満)

求人数が多く選択肢の幅が広かった初めての転職だったので不安だったけど担当者が親切丁寧に対応してくれた。(神奈川県/30代/女性/調剤薬局薬剤師/年収300万円未満)

求人情報・求人数が豊富

思ったより多くの薬剤師求人の案件がありました。時給、昇給、有給なども詳しく記載されて安心しました。(東京/30代/女性/薬剤師/年収300万〜500万円未満)

求人数が多く、様々な会社を紹介してくれた。担当の方も連絡がこまめだった。(千葉県/30代/女性/薬剤師/年収500万〜700万円未満)

求人の量は多くて色々あって良かったと思います。定期的に更新もしており、見やすかったです。(東京/20代/女性/薬剤師/年収300万〜500万円未満)

働きたいと思っていたドラッグストアの求人が多かったです。どの求人も、収入や福利厚生など満足度が高いです。(東京/20代/女性/薬剤師/年収500万〜700万円未満)

求人紹介やレスポンスが早い

宮崎から北海道への転職を考えており、面接に行くなど、そういったことも厳しい状況でしたが、紹介のスピードも量も多かったです。(宮崎県/30代/女性/薬剤師/年収500万〜700万円未満)

PCでエージェントに依頼してから、担当者のレスポンスが早く希望する案件の紹介も数件あり、希望が持てた。(東京/60代/男性/病院薬剤師/年収500万〜700万円未満)

口コミからわかったリクナビ薬剤師とは?

リクナビ薬剤師の口コミからは、「担当アドバイザーの対応が丁寧」「求人情報・求人数が豊富」「求人紹介やレスポンスが早い」といった点が評価されていることがわかりました。

リクナビ薬剤師は薬剤師専門の転職サービスで、薬剤師業界を熟知した専任のキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。また、人材領域のプロであるリクルートグループが運営しており、転職ノウハウに関する知識も豊富です。

調合薬局・ドラッグストア・病院・企業・漢方薬局・OTC・クリニックなどさまざまな業種から求人を探すことができ、求人情報も細かく記載されています。それぞれの求人にキャリアアドバイザーからのメッセージもついているため、施設情報を細かく知っておきたいという人におすすめです。

\興味を持った人はこちら/
リクナビ薬剤師公式サイト

リクナビ薬剤師とは?おすすめの人と3つの特徴

※画像引用元:リクナビ薬剤師公式ホームぺージ

次に、リクナビ薬剤師公式サイトの情報と他のサイトを比較してわかった3つの特徴をご紹介します。まずリクナビ薬剤師の基本情報をおさらいしましょう。

・運営会社:株式会社リクルートメディカルキャリア
・主要対応エリア:全国
・求人数:公開14,667件/非公開件数不明(2022年8月時点)
・対応雇用形態:正社員、アルバイト・パート
・対応施設形態(業種):調剤薬局、ドラッグストア(調剤併設・OTCのみ)、病院、企業、漢方薬局、クリニック
リクナビ薬剤師は人材領域大手のリクルートグループが運営する薬剤師転職に特化した転職エージェントです。

薬剤師転職を専門に扱うため、転職サポートも薬剤師向けに充実しています。薬剤師転職が初めての人にも安心です。

また、全国各地の調剤薬局やドラッグストア、病院など幅広い求人に対応しています。そのため、転職先にこだわりの条件がある人や、転職を機に働き方を見直したい人にもおすすめです。

リクナビ薬剤師公式サイト

続いて、リクナビ薬剤師が持つ3つの特徴を解説します。

特徴1:薬剤師の転職に特化したアドバイザーがサポート

リクナビ薬剤師は、その名のとおり薬剤師転職に特化したサービスです。在籍するキャリアアドバイザーは薬剤師転職に特化しており、細やかなサポートを受けることができます。

薬剤師のスキルや経験は、薬剤師業界に知識を持っていないと正しく理解されないことも多いです。リクナビ薬剤師では、薬剤師の転職に精通したキャリアアドバイザーにスキルや経歴を評価してもらうことができるので、自分によりマッチした求人紹介が受けられます。

薬剤師転職に関する疑問や資格取得の悩みの相談や、面接に関するアドバイスなど選考対策にも対応しています。

求人紹介にとどまらず、さまざまなサービスが受けられる点も安心感につながるでしょう。

特徴2:企業・ドラッグストアの求人が多い

リクナビ薬剤師では、他サイトでは取り扱いが少ない企業薬剤師の求人にも対応しています。他にも、ドラッグストアや調剤薬局、病院・クリニック、漢方薬局など幅広い業種に対応しており、希望がかないやすいです。

リクナビ薬剤師は、人材領域大手リクルートグループの株式会社リクルートメディカルキャリアが運営しています。

リクルートグループでは、リクルートエージェントやリクナビネクストといった人材紹介・求人紹介サイトを運営しており、大量かつ広範な求人情報を取り扱っています。このような人材紹介業で培ったネットワークで、リクナビ薬剤師でも幅広い求人に対応できているのでしょう。

特徴3:薬剤師専用アプリを運営している

リクナビ薬剤師では、薬剤師が活用できる専用アプリの運営もおこなっています。

アプリ名 概要
ヤクチエ添付文書
  • 添付文書検索アプリ
  • 20,000件以上の添付文書を収載
  • 写真や薬価、同成分薬一覧がわかりやすい
ヤクチエ検査値
  • 検査辞典アプリ
  • 臨床検査項目1,116項目
  • 基準値、高値・低値など解説あり

アプリでは、薬剤師として働く際に役立つ情報を提供しています。このように、薬剤師専用のアプリを運営している点からも、薬剤師業界に関する知識が豊富であることがうかがえるでしょう。

\興味を持った人はこちら/
リクナビ薬剤師公式サイト

その他の薬剤師向けの転職サイトをまとめたこちらの記事もおすすめです。

薬剤師の転職はどの転職サイトがおすすめ?専門家が選ぶ12社を紹介
専門職である薬剤師の転職には、効率的な転職活動ができる薬剤師専門の転職サイトの活用がおすすめです。本記事では薬剤師向けのおすすめ転職サイト、さらにサイトの選び方や疑問などを解説。転職サイトが難しいと感じてる方にも分かりやすくご紹介します。

リクナビ薬剤師を利用するメリット・デメリット

続いて、口コミや評判からわかったリクナビ薬剤師のメリット・デメリットを解説します。以下の表にまとめましたので、参考にしてください。

メリット デメリット
  • スピーディーな転職活動ができる
  • 幅広い求人に対応
  • 初心者でも利用しやすい
  • のんびり転職活動したい人には向いていない
  • 直接面談は都市部でしか受けられない

ここからは、上記のメリット・デメリットをより詳しく見ていきます。

リクナビ薬剤師のメリット

リクナビ薬剤師のリアルな口コミを調査した結果、3つのメリットがあるとわかりました。

  • スピーディーな転職活動ができる
  • 幅広い求人に対応
  • 初心者でも利用しやすい

メリット1:スピーディーな転職活動ができる

リクナビ薬剤師は登録から最短3日で転職が決まった例もあり、スピーディーな転職活動を目指す人におすすめです。

このようなスピード感ある転職を実現するのは、リクナビ薬剤師の保有する求人数の多さや、求人紹介の早さに原因があります。まず、保有する求人は業界トップクラスです。公開されている求人だけでも14,000件以上あり(2022年8月時点)、一般公開されない非公開求人も多く取り扱っています。希望条件に合った求人が見つかりやすいでしょう。

登録の翌日に平均5件も求人紹介が受けられます。リクナビ薬剤師には毎日30件以上の新着求人が入ってくるので(2022年8月時点)、求人紹介の対応も迅速です。

登録してからすぐに求人情報を得られるため、できるだけ早く転職したいと考えている人も満足できるでしょう。

メリット2:幅広い求人に対応

リクナビ薬剤師では、実務未経験者からキャリアアップを目指す薬剤師、正社員転職からアルバイトまで、さまざまな薬剤師転職に対応しています。全国の薬剤師求人を集めているため、各エリアで希望に合った求人が見つかりやすいです。このように、幅広い求人情報を保有している点もメリットのひとつでしょう。

例えば、ハイキャリア向け高年収求人だけでなく、未経験者・就活中の薬学生向けの求人まで取り扱うなど、求人のターゲットはかなり広範囲です。

住宅手当がある求人や転勤なし、土日休みといった待遇や働き方についても多様な求人を取り扱っています。また、処方箋科目から求人情報を絞ることもできるので、自信のある分野での転職も可能でしょう。

このようにリクナビ薬剤師は、薬剤師としてのキャリアアップを目指す人から働き方を見直したい人、初めて薬剤師として働く人まで、幅広い薬剤師転職に対応しているサービスです。

メリット3:初心者でも利用しやすい

転職が初めてで不安な人にも、リクナビ薬剤師の利用がおすすめです。リクナビ薬剤師は、リクルートグループが長年培ってきた転職支援ノウハウを活かして運営してきました。業界に精通したキャリアアドバイザーによって、初心者でも利用しやすい工夫が多く施されています。

以下のサポートがその一例です。

  • 転職成功マニュアルの掲載
  • 求人企業や病院の情報を徹底的に事前調査
  • 企業との細かいやりとりをすべて代行
  • 職務経歴書の作成サポート
  • 面接テクニックのアドバイス
  • 円満退社のための退職交渉アドバイス

上記のように、求人紹介から入社まで総合的にサポートが受けられます。また、在籍するキャリアアドバイザーは、公式サイト内のキャリアアドバイザーのご紹介で写真付きの情報が閲覧可能です。

\興味を持った人はこちら/
リクナビ薬剤師公式サイト

リクナビ薬剤師のデメリット

対して、リクナビ薬剤師を利用するデメリットは以下の2つです。

  • のんびり転職活動したい人には向いていない
  • 直接面談は都市部でしか受けられない

デメリット1:のんびり転職活動したい人には向いていない

リクナビ薬剤師は、スピーディーな転職活動に重きを置いているサービスです。自分のペースでのんびり転職活動がしたいと考えている人には、落ち着いて仕事を選べないと感じられる場合があります。

もちろん、転職自体を迷っている場合や、1年後など将来的な転職を検討している人でも、リクナビ薬剤師の利用は可能です。しかし、登録やヒアリングの際に転職時期を明確に伝えないと、いますぐに転職できる求人情報ばかりを紹介される場合があります。

このようなすれ違いを避けるために、キャリアアドバイザーには転職時期をはっきりと伝えましょう。

公式サイトからの登録でも、希望の転職時期を選ぶ項目があります。「よい求人があればいつでも」や「3ヵ月以内」を選択すると早期転職の求人ばかりが紹介される場合があるので、猶予が欲しい人は「半年以内」や「1年以内」を選ぶとよいでしょう。

デメリット2:直接面談は都市部でしか受けられない

キャリアアドバイザーとの対面ヒアリングはリクナビ薬剤師の拠点がある都市部でしか受けることができません。地方で求人を探している人は利用しにくい点はデメリットでしょう。しかし、拠点が近くにない場合には、電話でのヒアリングも可能です。

電話でも対面と同様に、専任のキャリアアドバイザーが丁寧に相談に乗ってくれます。また、感染症対策の観点から電話での対応を希望することも可能です。

地方での対面面談は難しいですが、地方エリアの求人には対応しています。電話でヒアリングを受けて、希望するエリアの求人情報を紹介してもらいましょう。

\興味を持った人はこちら/
リクナビ薬剤師公式サイト

リクナビ薬剤師を最大限利用する3つのコツ

リクナビ薬剤師のメリットを最大限に活用するには、次の3つのポイントを押さえましょう。

  • 自己分析をおこなう
  • 面談では状況を正直に伝える
  • 紹介された求人は自分でも精査する

自己分析をおこなう

キャリアアドバイザーとの面談にのぞむ前に、冷静な自己分析をおこなう必要があります。自己分析を怠ったまま転職活動を始めてしまうと、転職先のミスマッチや早期退職につながりかねません。

次のポイントを中心に、転職についての自分の考えを整理してみましょう。

  • なぜ転職したいのか
  • 転職をしてなにを実現したいか
  • 将来のキャリアプラン
  • これまでやってきたこと・持っているスキル
  • どのような仕事が好きか、どのようなことにやりがいを感じるか

転職活動をするなら、まず転職したいと思った理由を考えることが大切です。理由によっては転職しても問題が解決せず、早期の退職を繰り返してしまうケースもあります。

将来のキャリアプランやいま持っているスキルの分析も必要です。自分の理想や能力に合った転職の実現に役立つでしょう。

転職に失敗する理由と対処法をまとめたこちらの記事もあわせてご覧ください。

転職に失敗する7つの理由とは?成功のコツと後悔したときの対処法
せっかく転職をしても、入社後にミスマッチに気が付くケースは珍しくありません。本記事では、よくある失敗事例からわかった転職に失敗する理由7つと、転職を成功させるポイントをまとめました。また、転職を失敗したときの対処法についてもご紹介します。

面談では状況を正直に伝える

キャリアアドバイザーとの面談では、背伸びをせずに正直に状況を伝えることをおすすめします。

人に話しづらい理由で仕事を辞めた場合や、自信のあるスキルがない場合など、「正直に伝えたら求人紹介が受けられないかも…」と不安になることもあるでしょう。しかし、正直に伝えなければ、マッチした求人情報が得られないキャリアアドバイザーとの信頼関係が築けないといったデメリットが生じます。

入社したあとに転職先と揉める恐れもあるため、状況や持っているスキル・経歴は偽らず、正直に伝えましょう。

紹介された求人は自分でも精査する

リクナビ薬剤師で紹介された求人は、キャリアアドバイザーの言いなりにならず自分でも精査するように心がけましょう。

転職エージェントの利用を失敗するひとつの要因として、キャリアアドバイザーの言いなりになってしまうことが挙げられます。「この求人がおすすめです」などの言葉に流されて紹介された求人すべてに応募してしまうケースもあるようです。

キャリアアドバイザーが希望に合わない求人を持ってくることも珍しくありません。信頼している人に紹介されたからといってすぐに応募せず、自分でもよく調べて本当に希望に合った求人かどうか精査する必要があります。

リクナビ薬剤師では、キャリアアドバイザーに企業情報の事前調査を依頼することも可能です。気になる点があれば問い合わせてもらい、ミスマッチを防いで効率的に転職活動をおこないましょう。

リクナビ薬剤師を利用する流れ

リクナビ薬剤師を利用する流れは以下のとおりです。

  1. サイトから無料登録
  2. 担当アドバイザーによるヒアリング
  3. 求人紹介から書類選考へ
  4. 面接から内定へ

各ステップを掘り下げて解説します。

1.サイトから無料登録

まず、リクナビ薬剤師公式サイトから無料会員登録をおこないます。

※画像引用:リクナビ薬剤師「ご登録フォーム

上記のように、当てはまるものを選択・入力していくだけで登録が可能です。また、電話での申し込みも可能です。

電話番号:0120-161-131
受付時間:平日9:30~21:00

夜9時まで受け付けているので、仕事終わりにも利用しやすいです。

2.担当アドバイザーによるヒアリング

登録が完了するとアドバイザーから連絡が届きます。対面か電話でのヒアリングが選べるので、自分に合った方法や希望の日時を指定しましょう。

ヒアリングでは、担当のキャリアアドバイザーに次のようなことを聞かれます。事前に答えを考えておくとスムーズです。

  • 希望の業態・施設形態
  • 希望エリア、雇用形態
  • 勤務時間やシフト
  • 資格取得や今後のキャリアプラン
  • 転職を検討した理由
  • その他希望条件

転職目的や希望条件を考えるポイントを解説したこちらの記事もおすすめです。

転職軸の作り方とは?転職目的や希望条件を言語化する自己分析も解説
転職活動中は「転職軸を決めることが大切」とよくいわれます。転職軸(転職の軸、転職活動の軸)とは、転職するときに譲れない条件のことです。本記事では、転職軸とは何か、転職軸となる条件、転職軸を見つけるための自己分析の方法などについて紹介します。

3.求人紹介から書類選考へ

ヒアリングが終わったら、翌日には平均5件の求人を紹介してもらえます。紹介された求人のなかから気になるものを選んで応募に進みましょう。もちろん、希望に合ったものがなければ応募に進まなくても構いません。

応募に必要な履歴書や職務経歴書の記入が不安な人は、キャリアアドバイザーによるアドバイスも受けられます。ぜひ利用しましょう。

4.面接から内定へ

書類選考が通過したら面接に進みます。面接日程の調節もキャリアアドバイザーが担当してくれるので面接対策に集中できるでしょう。

また、面接テクニックのアドバイスも受けられます。面接官の好印象につながるアドバイスが得られるので、初めての転職活動でも安心です。転職成功マニュアル「面接に向けて」を活用したイメージトレーニングもおすすめします。

無事に内定が得られたら、いよいよ入社に向けて動き始めましょう。入社日の調節や退職交渉アドバイスなど内定後も利用できるサービスがたくさんあるため、ぜひ活用してみましょう。

\興味を持った人はこちら/
リクナビ薬剤師公式サイト

リクナビ薬剤師についてよくある質問

続いて、リクナビ薬剤師に関してよくある疑問とその答えを解説します。サービスに関する疑問や不安は、実際にリクナビ薬剤師を利用する前に解消しておきましょう。公式サイト内のよくあるご質問の閲覧もおすすめします。

どうして無料で使えるの?

リクナビ薬剤師のサービスはすべて無料で利用できます。リクナビ薬剤師をはじめ、転職エージェントは求人募集をかけた企業からの報酬で運営しているためです。

リクナビ薬剤師では、人材を求める企業・ドラッグストア・病院などから得る成功報酬で運営しています。求人情報を掲載したり、転職者に情報を紹介したりして、実際に入社する人が決まったら報酬が支払われる仕組みです。

つまり、リクナビ薬剤師は企業や病院などの施設から支払われる報酬で運営するため、ユーザーに料金を請求することは一切ありません。転職先が決まらず途中で解約した場合でも料金は発生しないので安心して利用できます。

退職していなくても使える?

リクナビ薬剤師は、在職中・離職中問わず利用できます。平日の勤務後や休日を使って転職活動を進めることも可能なので、現職が忙しい人にもおすすめです。

また、転職活動を現職に知られる心配もありません。個人情報は厳守しており、情報が漏えいすることはないので安心して利用できます。

「人手が足りなくて辞めることを話しづらい」と悩んでいる場合は、キャリアアドバイザーから円満退社に向けてアドバイスを受けることも可能です。リクナビ薬剤師のサービスを利用し、働きながら効率的に転職活動を進めましょう。

退会はできる?

もちろん退会も可能です。リクルートメディカルキャリアに電話・メールなどで通知すると退会できます。担当するキャリアアドバイザーに連絡するのがすれ違いがなく一番確実な方法でしょう。

退会を申し出たからといって、しつこく引き留められることはありません。「他のサービスで転職先が決まった」などというとスムーズです。なお、退会すると登録された情報も削除されるので注意しましょう。

\興味を持った人はこちら/
リクナビ薬剤師公式サイト

まとめ

リクナビ薬剤師は、人材紹介業大手のリクルートグループ運営の薬剤師専用エージェントサービスです。数多くの公開求人から自分で求人情報を検索したり、プロのキャリアアドバイザーによる転職支援を受けたりすることができます。

在籍するキャリアアドバイザーは、薬剤師転職にノウハウを持った専門家ばかり。豊富な実績と知識で専門的なサポートが受けられます。求人紹介もスピーディーで、幅広い求人対応しているため、希望に合った転職先を見つけやすいです。

本記事の内容を参考に、リクナビ薬剤師を活用して理想の薬剤師転職を実現させましょう。

\興味を持った人はこちら/
リクナビ薬剤師公式サイト

タイトルとURLをコピーしました