ゼロトラストセキュリティという概念は広く知られるようになったが、それを実現するのはなかなか難しい。

「ゼロトラストセキュリティ」をメインテーマに2023年11月29日に都内で開催されたセミナーイベントでは、アイデンティティ管理のOkta Japan 、XDR(EDR&ITDR)のクラウドストライク、SASE/SSEのNetskopeという、マルチプラットフォームの3メーカーによる3点防御のメリットについて言及するセッションが展開された。

セッションでは、各メーカーからセキュリティのスペシャリストが登壇するとともに、ラックの担当者がそれぞれの製品の強みや重要性について解説した。本稿では、その模様をレポートする。

ゼロトラストセキュリティの実現に欠かせないアイデンティティ管理

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/無料会員登録

会員サービスの詳細はこちら

[PR]提供:クラウドストライク、ラック