SNSが広く普及し、個人が自分の”好き”や”得意”を容易に発信できるようになった今、熱い想いやこだわりを発信するうちに、それが仕事につながるケースも少なくない。また、副業ならぬ”複業”を認める企業も増えており、会社員にとっても働き方の自由度が高まりつつある。

社会が大きく様変わりし、働き方の選択肢が増えた現代において、どのように、そしてどのような「キャリア」を築いていけばよいのか。

第134回IT Search+スペシャルセミナーは、『エバンジェリスト西脇が問う! 「好き」を仕事にする時代のキャリアってなんだ? うしくろくん(チョコミント大学生)×せきぐちあいみ(VRアーティスト)』と題し、講演+パネルディスカッションの2部構成で開催。

第1部では、マイクロソフトの業務執行役員でありながら、ラジオ番組でMCを務めたり、ドローンビジネスで注目を浴びたりと多方面で活躍するエバンジェリスト 西脇資哲氏が登壇。社会や働き方、コミュニケーションの変化を踏まえつつ、「好きなことを仕事にする時代の考え方」について説いた。

日本マイクロソフト エバンジェリスト・業務執行役員 西脇資哲氏

本稿では、西脇氏によるこの第1部講演のスライド資料を提供する。

会員ログインの上、以下の資料紹介のリンク、あるいは本稿下部の「今すぐ資料をダウンロード」「ダウンロードBOXに入れる」ボタンから入手していただきたい。

講演資料の内容


配布用の講演資料は全35ページ。

<PDF内容>

  • 総務省が定める Society5.0 時代の到来
  • 過去の技術革新で無くなった仕事たち
  • AI・人工知能時代に無くなる仕事
  • AI・人工知能時代に生まれる/残る仕事(能力)
  • 疑問と多様性から生まれるイノベーション
  • イノベーションを起こすには自らが……
  • 何か続けていることはありますか?
    ……など

>> ダウンロードはこちらから

[PR]提供:ホワイトペーパー