マーケティングパートナー、中国の「天猫国際」に出店 急拡大する市場に期待

ペットフードのEC事業などを展開するマーケティングパートナーはこのほど、「天猫国際(Tモールグローバル)」に出店、ドライフードの取り扱いを開始した。同社では初の海外展開となる。

 

「天猫国際の輸入プレミアムペットフードの売り上げが前年比で40%増加するなど、中国のペットフード市場は急拡大している。当社も数年前から出店に動いていた」(権田社長)と話す。

 

同社では、5月26日から始まった「618商戦」に向け、3種類の福袋の販売を開始したという。主力商品であるドッグフードと、トッピング用のウェットフードの少量サイズを詰め合わせたものとなっている。

▲愛犬とのお出かけ先での食事に活躍する「お出かけセット」

「当社は新規参入の事業者で、中国での知名度はほとんどない状態だ。認知拡大を考えると、売り上げがついてくるまでに、3年は必要になってくるだろう。日本での販売実績や、マーケティングの知見を武器に、いかにその3年を短縮できるかが成功の鍵になってくると思う」(同)と話している。