「食べチョク」のビビッドガーデン、約7億円を追加調達 地銀系VC12社と地域連携を強化

日本最大級の産直通販サイト「食べチョク」を運営するビビッドガーデンは1月25日、シリーズCエクステンションラウンドとして約7億円の第三者割当増資を実施した。引受先として地方銀行系ベンチャーキャピタル計6社が加わった。全国に地方銀行とのネットワークを作ることで、地方で活躍する生産者のサポート強化を図るとともに、地方で活躍するインターネットに不慣れな生産者のサポート強化や法人事業の拡大を目指す。

ビビッドガーデンの運営する「食べチョク」は、提供を開始してから5年半の2023年1月時点で登録生産者数が8100軒、ユーザー数は80万人を突破。認知度や利用率も3年連続国内産直ECサイトでNo.1を獲得する日本最大級の産直通販サイト。

消費者のSDGsへの関心が高まり、企業の販売促進や福利厚生をより社会貢献性が高いものにしたいというニーズも増え、2022年10月~12月の法人向けサービス「食べチョク for Business」の売上は、前年同期比で約5倍に増加した。

このほど、シリーズCエクステンションラウンドとして、オーシャンリース、第四北越キャピタルパートナーズ、QRインベストメント/BPキャピタル、とっとりキャピタル、NOBUNAGAキャピタルビレッジ、肥銀キャピタル、WCPを引受先とした第三者割当増資による約7億円の資金調達を実施した。これによりシリーズCラウンドでの累計調達額は約20億円になった。

ビビッドガーデンでは前回、2022年6月に6社の地方銀行系ベンチャーキャピタルを含む14社から13億円の資金調達を実施した。地域連携を強化することを目指したこの資金調達では、調達後にベンチャーキャピタルからの紹介で岐阜県飛騨市との連携による生産者向けセミナーの実施や、大手企業との相互送客を目的としたアライアンスなどに繋がっている。

前回の資金調達移行、他の地銀系ベンチャーキャピタルから地元の地域活性化などを目的に出資や連携の相談が多く寄せられていたとし、今回引き受け先として、高知銀行グループのオーシャンリースや第四北越フィナンシャルグループ傘下の第四北越キャピタルパートナーズなど、地方銀行系ベンチャーキャピタル計6社が加わった。これにより前回参加した6社と合わせ、地方銀行系の出資企業が12社に広がった。

ビビッドガーデンでは、これまで全国様々な地方自治体と70件以上連携し、生産者の販路拡大や販売促進をサポートしてきた。今後も株主と連携し、地方で活躍するインターネットに不慣れな生産者のサポートや法人事業の拡大を強化するとし、今回調達した資金を活用する考えを示した。

また、生産者とユーザー双方が安定して継続的に利用できるサービスに成長させるため、エンジニアやデザイナー、人事など経験豊富なエグゼクティブ人材の採用を強化する。日本各地に生産者がこだわりを込めて作った生産物が数多く存在するとし、より多くの人にこだわりの生産物を届けるために、企業との連携による事業の拡大やマーケティング強化にも活用し、ユーザー数の拡大を目指すとしている。

▲ビビッドガーデン 秋元里奈社長

今回の資金調達について、ビビッドガーデンの秋元里奈社長は、「6月のシリーズC 1stクローズ以降、食べチョクと各地域との連携が加速しています。改めて地銀さんとの相性の良さを確信し、またリリースを見た地銀さんよりお声がけもいただきまして、今回のエクステンションラウンド実施を決定しました。追加で7社の企業さんが仲間に加わっていただくこととなり、大変心強く、嬉しく思っています。引き続き各地域と密に連携をしながら『生産者の”こだわり”が正当に評価される世界』に向けて、チーム一丸となり邁進して参ります」とコメントした。

【投資家からのコメント】

・オーシャンリース 代表取締役社長 久保田雅人氏、ファンド事業部 部長 松尾洋平氏

「生産者のこだわりが正当に評価される世界へ」というビジョンに共感し、出資をさせていただきました。我々の地元である高知県は農業が盛んな県でありますが「食べチョク」は生産者の思いやこだわりを消費者に直接伝えることができ、生産者の”職”の魅力向上や販路拡大・販売促進が期待され、地域経済活性化に繋がると考えております。高知銀行グループとしてビビッドガーデン社の更なる成長を支援して参ります。

・第四北越キャピタルパートナーズ 統括部長 圡田直樹氏

「食べチョク」が、生産者と消費者を直接繋ぐことで、生産者のこだわりが正当に評価される世界を実現するという理念を持ったビジネスモデルであることに賛同し、今回の出資を決定いたしました。日本全国、当社の地盤である新潟においてもこだわりの生産品は多くあり、第四北越フィナンシャルグループをあげて、ビビッドガーデン社と共に地域の持続的な成長、発展に向けて支援させていただきます。

・QRインベストメント/BPキャピタル 代表取締役社長 松多洋一郎氏

生産者のこだわりが正当に評価される世界を作るというビジョンに共感し、今回出資をさせていただきました。「食べチョク」は、地方の農業従事者の課題解決につながる素晴らしいサービスであると感じています。今後、ビビッドガーデン様が多くの消費者から支持される食のマーケットプレイスとして、さらに成長していくことを期待しています。

・とっとりキャピタル 代表取締 永田篤哉氏

「生産者のこだわりが正当に評価される世界へ」のビジョンに共感を覚え出資させていただきました。第一次産業は人口減少、従事者の高齢化など様々な課題に直面していますが、ビビッドガーデンの生産者とともに課題解決に真摯に向かい合う姿勢は、やがて各地の地域活性化へ貢献できるものと考えております。今回の出資を通じ、当社が有するネットワークで同社の成長を全力でサポートし、第一次産業の課題解決ならびに地域活性化に取り組んで参ります。

・NOBUNAGAキャピタルビレッジ リーダー 川埜浩之氏

成長スピードやすばらしいメンバーの皆様が”生産者のこだわりが正当に評価される世界へ”の実現に向け愚直に行動する姿を含め、農業領域に対するポテンシャルを強く感じました。農業領域は農業を中核として食品や観光等の周辺産業の基礎となるものでもあり、各取組み等を通じて地域を活性化させることが、持続的な成長に資すると考えます。今後は十六フィナンシャルグループの持つリソースを最大限活用し、ともに東海エリアへ新しい価値提供を創出していきます。

・肥銀キャピタル グループ長代理 中川邦彦氏

この度、ビビッドガーデン様とご縁をいただいたことに改めて感謝申し上げます。「食べチョク」は生産者ファーストの想いが詰まった素晴らしいプラットフォームだと感じております。今回、農業県である我々の地元熊本県においても生産者の所得向上や生産意欲拡大に大いに繋がるものだと考え、出資を決定致しました。今回を機に「生産者のこだわりが正当に評価される世界」の実現を願い、我々も全力でサポートさせていただきます。

・WCP ファンドマネジャー 渡邉拓己氏

秋元さんをはじめ良き経営チーム、持続可能なサービス、そして販売・流通の様々な課題を解決する生鮮食品のゲームチェンジャーとしてのポテンシャルに出資いたしました。 全国の旬のこだわり食材を楽しめるプラットフォームとして日本の農・水・畜産業の発展に寄与する存在であってほしい。主なファンド出資者が日本を代表する富裕層であるWCPグループが、食べチョクチームと一緒になって汗をかき、更なる成長を支援します。