ぐるなび、島根・松江市と連携 特産品販売に関する協定締結

グルメ情報サイトを運営するぐるなびは11月29日、島根・松江市と「地域活性化起業人制度を活用した特産品ブランディング業務に関する協定」を締結した。市内商品のブランディングや商品開発などを支援し、松江市の活性化に貢献する。

 

協定内容は、①市産品に関する魅力、課題などについての調査・分析 ②市産品のブランディングおよび一般受けする商品の開発 ③市産品に焦点を当てた情報発信・PR――など。

 

「市産品のブランディングおよび一般受けする商品開発」においては、国内外の高所得者層をターゲットにした高価格帯の商品や、時勢を反映したミールキットの開発などを行う。百貨店など多様な外部チャネルへの販路拡大も支援する。本協定に基づき、12月1日より「地域活性化起業人」として、ぐるなびの従業員1人を松江市に派遣する。派遣する社員は松江市に移住し、松江市の魅力開拓や価値向上に努める。