Kiva、総額約4.5億円の資金調達を実施 ECサイトの延長保証サービス「proteger」の成長加速

ECサイト向け延長保証サービス「proteger(プロテジャー)」を提供するKivaは12月7日、SBIインベストメントをリード投資家として、ココナラスキルパートナーズ、SMBCベンチャーキャピタル、Arbor Ventures、メディアジーン、ALL STAR SAAS FUND、New Commerce Ventures、Plug and Play JapanなどからシリーズAで総額約4.5億円の資金調達を実施した。調達資金は人材採用の強化及び積極的なプロダクト開発に活用し、「proteger」の成長加速を狙う。

2020年12月創業のKivaは、2021年5月にECサイトに最短即日で延長保証を提供するサービス「proteger」をリリースした。エンドユーザーは商品購入時に延長保証に加入することで、商品が破損した場合に交換・修理を受けられるため、不安要素が多いECサイトからの購入障壁を下げる効果が期待できる。「proteger」の平均保証加入率は32%と、約3人に1人が加入しており、延長保証導入後の対象商品におけるCVR(Conversion Rate=顧客転換率)は1.4倍向上している。

▲「proteger」の利用イメージ

昨今のEC市場は、新型コロナウイルスの影響もあり急速に拡大している。一方で、広告費の増加などの背景から新規顧客の獲得が難しくなり、EC事業者には既存顧客の顧客体験を意識した施策が求められている。こうした状況において、顧客体験を向上させる施策の1つとして延長保証サービスが注目されており、「proteger」は多くのEC事業者に利用されている。

Kivaでは、回収した破損商品は廃棄せず修理やリユースを実施。より良いものを長く使う、サステナブルな延長保証を提供し、提供保証数は5万点、修理パートナーは国内400拠点にまで拡大した。2022年5月には、損害保険ジャパンとの提携を実施。信用力、財務基盤のあるパートナーとタッグを組むことにより、EC事業者、商品を購入するエンドユーザーの両者に安心・安全の延長保証の提供を可能にした。

このほど、SBIインベストメントをリード投資家として、ココナラスキルパートナーズ、SMBCベンチャーキャピタル、Arbor Ventures、メディアジーン、ALL STAR SAAS FUND、New Commerce Ventures、Plug and Play Japanなどから、シリーズAで総額約4.5億円の資金調達を実施した。これによりこれまでの投資ラウンド累計総額は約5億円となった。

今回の資金調達により、安心して買える保証サービス「proteger」をさらに成長させるべく、人材採用の強化及び積極的なプロダクト開発に邁進していく考えを示した。

今後は、EC市場だけでなく、旅行、不動産、自動車、住宅、Webサービス、通信などに組み込み型保証・組み込み型保険を提供していくとしている。

【投資家からのコメント】

▲SBIインベストメント 投資部 長尾陸仁氏

誰もが簡単にECサイトを作れる時代になった今、新規顧客の獲得や顧客の定着に課題を持つEC事業者が増えております。「proteger」はこれらの課題を解決し、サイトに信用力と売上の向上効果をもたらします。従来の保証の在り方を変え、購買体験を向上させる「proteger」というプロダクトへの期待感からこの度ご出資させていただきました。サービスリリースから1年半でカートシステムとの連携や大手保険会社との業務提携を実現し、これからの飛躍が楽しみで仕方ありません!!SBIグループとして最大限ご支援させていただきます。

▲ココナラスキルパートナーズ 代表 南章行氏

「proteger」は、適正のある商品を扱うEC事業者にとっては、収入アップ、CVRアップがリスクなく実現できるという、導入しない理由がないような魅力的なサービスだと感じました。創業者の野尻さんは勉強熱心でビジネスセンスのある、若くてとても優秀な経営者だと思っています。ココナラスキルパートナーズとしても、Kiva社の成長をご支援できることをとてもうれしく思っています。

▲SMBCベンチャーキャピタル 投資営業第一部 今枝秀彬氏

延長保証は、消費者が安心を購入できる選択肢であるにも関わらず、対面に比べてeコマースで利用できる機会は極めて限定的でした。UIUXに優れた「proteger」は、保証加入・履行請求両面においてストレスなく、消費者に安心感と利便性を提供可能です。また、大量生産・大量消費から循環経済へとシフトする上で、「壊れたら買い替えよう」という消費行動を牽制する効果も期待できます。こうしたビジネスモデルに加え、購買体験のアップデートをリードする、野尻さんと磯崎さんの行動力と巻き込み力に更なる成長の可能性を感じました。Kivaの一層の成長を、SMBCグループ一体となってサポートさせていただきます。

▲Arbor Ventures Co-Founder and Managing Partner MelissaCannon Guzy

As more consumers shop online, Kiva is transforming the post-purchase experience and digitizing the extended warranty industry," said Melissa Guzy, Managing Partner at Arbor Ventures. "With its transparent and easy-to-use, embedded platform,

Kiva helps merchants provide access to product protection in the checkout flow and give their customers greater peace of mind when making purchasing decisions. We are excited to support the Kiva team and their ambition of becoming an indispensable part of a merchants e-commerce toolkit.

▲メディアジーン 代表取締役CEO・ファウンダー 今田素子氏

サステナブルな社会に向けて、これからの消費動向は「良いものを買って長く使う」に向かっていくことは間違いありません。環境保全に敏感な生活者に限らず、生活者全体にその意識の高まりが見られます。また、リアル店舗に代わりECでの消費が進む中、EC店舗においてもリアル店舗と同等のサービスの提供が求められるようになるでしょう。

Kivaが「proteger」の提供で実現させる「顧客に寄り添うサステナブルなサービス」に共感し、また、メディアジーンが推進するコンテンツコマース事業とのシナジーも大きいと考え、今回事業での協働開始に合わせて同社の出資者として参加させていただきました。さまざまな面で今後の事業の成長を支援していきたいと思います。

▲ALL STAR SAAS FUND Managing Partner 前田ヒロ氏

Kivaは、代表の野尻さん自身がC2Cサービスを運営してきた経験を持ち、「EC業界の顧客体験を向上させたい」という強い気持ちから誕生したサービスです。そのためファウンダーとマーケットの適合性が非常に強く、結果、導入件数の増加成長率も速いという強みを持っています。 この強みをさらに成長、拡大していただくべく、シードラウンドに続き今回のラウンドにも追加出資をさせていただきました。ECをより安全に、より快適にしていくために、EC業界における重要な存在になっていくことを期待しています。

▲New Commerce Ventures 代表取締役 大久保洸平氏

創業当初より存じ上げていたKiva社をご支援する機会を頂き光栄に思います。Eコマースにおい”買後の体験”を良くするスタートアップは世界的に注目を集め、”create the future of commerce”を掲げる我々としても、注力投資領域でした。野尻さん率いる若い経営陣は、延長保証 as a serviceの領域をイチから切り拓き、ユーザー・EC事業者と三方良しの事業を実現して参りました。「proteger」が新たなお買い物のスタンダードになれるよう、New Commerce Ventures一丸となり支援していきます。

▲Plug and Play Japan Head of Ventures 馬静前氏

EC市場が急成長する中、製品の保証が追い付いていないという課題を解決しようとするKivaは、日本における延長保証業界のパイオニアと言えるでしょう。海外では成功事例が数多く存在し、「延長保証」と相性の合わない業界はほぼ存在しないため、今後更なる成長が期待できると思います。また、創業者の野尻氏をはじめとする経営陣の行動力は非常に印象的で、ご一緒できることを心から嬉しく感じております。日本の延長保証業界及びKivaの更なる成長を信じ、あらゆる支援をさせていただきたいと思います。