イケア、IKEA Tokyo-Bay倉庫を国内店舗で初めて自動化 作業効率8倍へ

スウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケアの日本法人イケア・ジャパンは11月24日、「IKEA Tokyo-Bay」の倉庫を国内のイケア店舗で初めてオートメーション化し、自動倉庫型ピッキングシステム(AutoStore)の稼働を開始した。コワーカーによる従来の商品のピックアップ方法に比べ、約8倍の作業効率を実現。変化する顧客のニーズに合わせ物流環境の整備を図る。

イケアでは、関東全体をひとつのマーケット(One Tokyo Market)として捉え、店舗間でのシームレスな連携およびカスタマーフルフィルメント(顧客が商品を購入して手元に届くまでの業務)能力の最大化を目指している。この取り組みのなかで、従来関東圏の4つのイケアストア(大型店舗のIKEA新三郷、IKEA Tokyo-Bay、IKEA立川、IKEA港北)で担っていた小物配送のピックアップ業務を「IKEA Tokyo-Bay」に集約。より効率よく商品を発送していくとし、ピックアップ業務の集約化に合わせ、「IKEA Tokyo-Bay」倉庫内に自動倉庫型ピッキングシステム(AutoStore)を導入し、11月24日より稼働を開始した。

▲ピッキングロボットの様子

「AutoStore」の導入により、雑貨や小物類のオーダーに合わせてピッキングロボットが高密度保管自動倉庫から商品を自動でピックアップすることが可能になった。今後、関東圏の小物配送商品をAutoStoreが自動でピックアップすることで、コワーカー(従業員)が店内を歩き回る従来の方法と比べ、約8倍の作業効率で発送が完了する。

イケアでは、コワーカーが働きやすい環境を提供することを重視している。AutoStore導入により、コワーカーが待つポートまでロボットが商品を運ぶことで、従来のピックアップ作業がなくなった。エルゴノミクス(人間工学)を取り入れたポートは、コワーカーが商品をピックアップする際の身体への負荷を軽減し、業務をしやすいスペースを実現している。イケアの物流を支えるコワーカーの働き方も改善することで、今後のイケアのオムニチャネル化の成長をさらにサポートする。

▲ロボットがピッキングした荷物を検品する

「IKEA Tokyo-Bay」に導入した「AutoStore」は、酸素低減システムを備えており、空気中の酸素濃度をコントロールした防火設備となっている。これによりコワーカーや商品だけでなく、倉庫全体の安全性を高めている。また、イケア・ジャパンでは、2018年以来店舗および本社にて100%再生可能電気のみを使用しており、「AutoStore」も再生可能電気100%で運用している。

家での暮らしをより快適にすることを目指すイケアは、日々さまざまな取り組みを実施。日本では9つのイケアストア(大型店舗)、3つの都心型店舗、カスタマーサポートセンターを展開。加えてECサイト「IKEAオンラインストア」の開業、「IKEAアプリ」の配信、国内各地での商品受取りセンターの拡大、IKEAポップアップストアの開設により、顧客とのタッチポイントを増やしている。

ECサイト上のオーダー増加を中心とした変わりゆく購買行動のニーズに対応するために、それぞれのタッチポイントを繋ぎ、総合的にアプローチするオムニチャネル化を加速する施策に注力している。オムニチャネル化においてロジスティクス(物流)の整備は重要であるとし、以前よりロジスティクス業務の効率化を目指した取り組みを進めてきた。

▲自動化によってピッキングスピードの向上と省人化を実現する

今回の取り組みについて、イケア・ジャパン カントリーカスタマーフルフィルメントマネジャーのシュテファン・ホーファは、「この度、『IKEA Tokyo-Bay』に『AutoStore』を導入できたことをとても嬉しく思います。日本のイケアストアは物流拠点として、店舗だけでなくECのお客さまを満足させるカスタマーフルフィルメントとしての役割を担っており、日頃よりお客さまとコワーカーのニーズを把握することに努めてきました。今回『AutoStore』導入により、コワーカーがより働きやすい環境を整えることができ、また効率化の向上により、彼らがお客さまのお買い物をサポートする業務の時間が増えることで、よりお客さまに満足していただけるカスタマーサービスを提供できるようになりました」とコメントした。