DGフィナンシャルテクノロジー、JR四国のチケットアプリ「しこくスマートえきちゃん」にカード決済を提供

デジタルガレージの子会社で決済事業を手がけるDGフィナンシャルテクノロジーはこのほど、四国旅客鉄道が開始したチケットアプリ「しこくスマートえきちゃん」にクレジットカード決済サービスの提供を開始した。地域交通のキャッシュレス対応やMaaS推進など、公共交通機関のDX を支援する。

DGフィナンシャルテクノロジーは、EC を始めとしたオンライン事業者や店舗などの対面事業者へ総合決済サービスを提供する決済プロバイダー。「VeriTrans4G」クレジットカード決済サービスは、カード情報の非保持化に完全対応した国内最高水準のセキュアなシステムを基盤に、継続課金やカード情報更新機能などの基本機能や不正利用を防止する多様なセキュリティオプションを標準提供している。このほど、四国旅客鉄道が開始したチケットアプリ「しこくスマートえきちゃん」に、クレジットカード決済サービスの提供を開始した。

11月28日にスタートした「しこくスマートえきちゃん」は、スマートフォンアプリから切符を購入し、係員にアプリ画面を提示することで、JR四国の列車がスマートに利用可能になるサービス。アプリユーザーは手持ちのクレジットカードやデビットカードをアプリに登録することで、時間や場所を問わずにスマートフォンからキャッシュレスで切符を購入できる。乗車時には、紙の切符の発券や窓口での受取りは不要。改札通過前にアプリの「使用開始」ボタンをタップし、使用中画面を係員に提示するだけで乗り降りが可能だ。アプリで購入できる切符は、サービス開始時には特別企画乗車券のみだが、2023年春には普通乗車券や定期乗車券など取扱い券種の拡大を予定している。

「しこくスマートえきちゃん」は、チケット購入時の非対面化・利便性向上を目的にJR四国が推進する「JR 四国スマート改革」の取り組みのひとつ。JR四国は本アプリの展開により、鉄道サービスの利便性の向上に加え、駅窓口などの混雑緩和や窓口業務の省力化による生産性向上を一層強化する方針を示している。

JR四国は、地域交通を担う社会インフラとして「いつでも、どこでも、キャッシュレスできっぷが購入できる」アプリを実現するため、セキュリティレベルやシステムの安定性、サポート体制等の観点からDGフィナンシャルテクノロジーの決済基盤の採用に至ったとしている。

コロナ禍による人流抑制や人口減少の影響で、2020年度の鉄道旅客数は前年比29.9%減*と大幅に減少し、地域の公共交通機関は厳しい経営環境が続いている。これらを背景に公共交通機関は、国交省、自治体等との連携なども通じて、サービスの利便性や業務の生産性向上に向け、MaaS推進やキャッシュレス対応などテクノロジーを活用したさまざまな取り組みを積極的に展開している。

DGフィナンシャルテクノロジーはこれまで、JR東日本やJR九州、京王電鉄などの鉄道会社や高速バス会社など、多数の公共交通機関に決済サービスを提供しており、交通業界へのサービス提供で培った知見やノウハウをもとに、公共交通機関のキャッシュレス化を支援していく考えを示した。

デジタルガレージグループは、決済とデータを融合したグループ戦略「DGフィンテックシフト」のもと、公共交通機関へのキャッシュレス決済の提供のみならず、グループが保有するマーケティングやDXサービス等、複合的なソリューションを提供することで、公共交通のDXや地方創生に貢献するとしている。