【ずいひつ】 アコール・長沼斉寿代表取締役CEO”オフィスはいるのか、いらないのか?”

オフィスの在り方をどう考えるか─。経営トップの方々であれば、誰もが考えるテーマでしょう。オフィスに出社してオフィスで仕事をし、仕事が終わればオフィスから自宅に帰る。コロナ禍でこの固定概念が根底から覆ることになりました。

【ずいひつ】池田ピアノ運送・池田輝男社長が語る「メイク研修のある運送会社 業界の底上げに寄与したい!」

 オフィス業務中心の職場ではリモートワークが一気に加速し、一部の企業ではオフィスを縮小して固定費の削減に乗り出すところも出てきています。ただ一方で、リモートワークを経験したことで重要性されたのが〝社員同士のつながり〟です。

 たとえ物理的な距離があったとしても、会社のカルチャーを社員が共有し、社員のエンゲージメントを強くしておかなければ今後の競争で生き残れないという危機感を感じたのではないでしょうか。何も手を打たず、社員同士のつながりが希薄化すると、会社にとって損失につながることを感じているからです。

 私はハイブリッドな働き方が正解かどうかは企業によると思います。従来のピラミッド型の組織でなければ自社のカルチャーが守れないという会社であれば、ハイブリッドな働き方を実行する必要はないというケースもあるでしょう。ただ、フレキシブルに働ける環境を整えておかなければ危機時の対応ができないことは確かです。

 そんな中、ハイブリッドな働き方を整備するために増えている動きが、オフィスのフリーアドレス化と働くスポットの分散化です。この動きは、これまでオフィス出社中心で、リアルのコミュニケーション能力が高い人が集まる企業において多く見られています。

 顔を合わせて仕事をするというカルチャーの企業が、完全リモートで仕事をすることは経営上、マイナス効果の方が大きくなることが多いため、オフィスはコミュニケーションの場として、リモートワークは一人作業の場として役割を分ける。

 そして、離れていても、誰がどこにいるかが瞬時に分かり、誰にでもいつでも連絡がとれる。そんな環境づくりが求められてくると思います。そうすれば、社員同士のつながりの希薄化は起きないと考えています。

 当社はこういった新たな環境整備のお手伝いをしています。あの社員は、今日はリモートワークだが、明日は出社するといった情報を見える化し、社員同士のつながりをつくる手助けをしているのです。具体的には、当社の業務管理システム「ワークスタイル・オーエス」はスマートフォンなどからチェックインをすることで、どこで仕事をしているのかが分かります。

 リアルなオフィスでも誰がオフィスのどの階の、どの席に座って働いているのかも分かりますから、社員を探す作業を省くことができます。これまではこういったシステムを構築するためには多大なコストがかかっていましたが、当社のワークスタイル・オーエスはリーズナブルな価格で使うことができます。

 さらに、こういった社員の動きをデータ分析することによって、オフィスの縮小やレイアウトの変更といった経営戦略の重要な判断材料にもなります。お陰様で大手不動産会社のビルづくりにとって、ワークスタイル・オーエスは管理業務の省人化につながり、付加価値も提供しているということで、6000社以上に導入されています。

 働き方がクローズアップされる中、ワークプレイスをコストとして捉えると、決してうまくいきません。社員の働き方に関心を寄せ、社員一人ひとりがワクワクし、本業に集中できる職場をつくることはオフィス縮減以上の価値を生むのです。