相鉄グループ、メタバースECに参入 「SOTETSU GOODS STORE」を期間限定で開設

相鉄グループの相鉄ビルマネジメントと相鉄ステーションリテールはこのほど、新しい購買体験を目的にした実証実験として、2022年11月25日から2023年1月31日の期間限定で「『SOTETSU GOODS STORE』バーチャルショップ」をオープンした。相鉄本線の二俣川駅構内に出店する店舗を仮想空間上に再現する。出向くことが難しい人にも実店舗と同様の買い物を可能にし、利用者の利便性向上を図った。 相鉄グループの相鉄ビルマネジメントと相鉄ステーションリテールは、新しい購買体験を目的にした実証実験として、XR(クロスリアリティ)技術を活用した仮想空間上の店舗で、専用のアプリをダウンロードすることなく、スマートフォンやPCのブラウザーから「いつでも」「どこからでも」買い物を楽しめる「『SOTETSU GOODS STORE』バーチャルショップ」を期間限定(2022年11月25日~2023年1月31日)でオープンした。 「『SOTETSU GOODS STORE』バーチャルショップ」は、相模鉄道が相鉄本線の二俣川駅構内に出店し、「そうにゃん」グッズをはじめとした相鉄グッズを取り扱う「SOTETSU GOODS STORE」二俣川の店内レイアウトや運転台などを仮想空間上でリアルに再現。店内中央では、相模鉄道キャラクター「そうにゃん」が来店する顧客を出迎える。 ショップ内に配置された商品は店内の棚に陳列されている。気になる商品のアイコンをクリックすると360度あらゆる角度からまるで手に取ったように見ることができ、質感やサイズを自由に確認するような体験ができる。AR(拡張現実)を活用した商品の試し置きもできるため、自室などを背景に、商品のサイズ感や設置イメージをリアルに近い形で確認してすることもできる。遠方に住んでいるなど二俣川駅の店舗へ足を運ぶことが難しい人も実店舗と同じように買い物を可能にし、利用者のさらなる利便性向上を図るとしている。 オープン記念特典として、「『SOTETSU GOODS STORE』バーチャルショップ」で買い物をした人(先着100名)に「相鉄・東急直通線 開業PRロゴ入り封筒」と「そうにゃん消え色ピット」をプレゼントする。 本実証実験は、相鉄ホールディングスが実施する「相鉄アクセラレータープログラム2021」で採択されたスタートアップ企業で、国内の事例が少ない2017年頃からWebAR技術を用いた開発を続けているpalan(パラン)と共創して実施している。