楽天、ドローン飛行・仕事支援プラットフォーム「楽天ドローンゲートウェイ」をスタート

楽天グループ(以下:楽天)は11月24日、ドローン飛行・仕事支援プラットフォーム「楽天ドローンゲートウェイ」の本格提供を開始した。ドローンを活用する企業や個人とドローンパイロットのマッチングによる仕事支援と、フライトマップや気象情報などによるドローンパイロットへの飛行支援を提供し、ドローンに関わるすべての人の入り口となることを目指す。

楽天はこのほど、仕事支援と飛行支援の2つの機能を提供するWebサービス「楽天ドローンゲートウェイ」の提供を開始した。

仕事支援機能では、空撮、調査・点検などの求人募集を掲載できる。求人募集を行う企業・個人は、ニーズに合うドローンパイロット探しから仕事の依頼までを一括して行うことできる。なお。求人募集を希望する企業や個人は、事前に本サービスにおける発注元審査が必要。審査完了後に業務内容や報酬などの募集要項を作成することができる。

一方、仕事を探すドローンパイロットは、身分証明書や資格証明書などの必要書類を提出のうえ、プロフィール情報を登録することで、ドローン飛行関連の仕事を探し、募集要項を確認して簡単に応募することができる。ドローンパイロットへの報酬は、仕事依頼者である企業や個人からの業務完了後、楽天から支払われる。

飛行支援機能では、操縦時に必要となる飛行禁止空域やフライト予定地の地図や地形、航空写真等の様々な情報を含むフライトマップ、天気予報や雨雲レーダーなどの気象情報といった、これまでドローンパイロットがそれぞれ確認する必要があった情報をまとめて提供することで業務の効率化を支援する。

昨今、ドローンの利活用は様々な分野にひろがっている。2022年6月には、無人航空機の機体と所有者の登録制度が開始され、同年12月には操縦者の国家ライセンス制度の開始が決定されるなど、国によるドローン飛行についての環境整備の動きも見られる。これまで楽天は、「楽天ドローンアカデミー みなかみ校」や、楽天のグループ会社であるSKY ESTATEが運営する「Drone Biz School 東京校」において、ドローンパイロットの育成に取り組んできた。

さらに楽天モバイルの基地局点検、マンションやオフィスビル等の建物外壁調査、建物屋根部の高所損害調査など、様々な領域においてドローンを活用したサービスを提供ており、このほどドローンに関わるすべての人々の入り口(ゲートウェイ)となることを目的に「楽天ドローンゲートウェイ」の提供を開始した。

楽天は今後も、ドローンに関連するサービスの提供やドローンパイロットの育成およびサポートを通じて、ドローン市場のさらなる拡大に貢献していく考えを示した。