「所沢を中心衛星都市に」 【西武HD】が西口再開発に着手

デスク「埼玉・所沢で大規模な再開発が行われるようだね」 

森トラストが奈良に43室の高級ホテル、外国人需要狙う

記者「西武ホールディングス(HD)が車両工場の跡地に商業施設を住友商事と共同で開発します。総事業費は295億円。店舗が約150店入居し、所沢市が運営する公園と隣接。施設内には広場空間も設けられます」 

デスク「どんな意味があるの?」 

記者「西武HD社長の後藤高志氏は『所沢は沿線の中心衛星都市』と位置付けています。コロナ前から『通過するベッドタウン』から『暮らす・働く・学ぶ・遊ぶ機能を兼ね備えたリビングタウン』へと進化させることをコンセプトとしていました」 

デスク「コロナ禍で本業は厳しい」 

記者「2022年3月期の鉄道の輸送人員はコロナ前比で約2割減、国内ホテルの稼働率も40%台と苦戦が続いています。所沢周辺では駅をはじめ、野球場や遊園地をリニューアルし、回遊性を高める施策を展開。西口再開発はその集大成と言えます」