ポーラ、OMOで体験型店舗開設 店舗・アプリで顧客と継続的な接点創出【動画レポート付】

化粧品メーカー大手のポーラは11月22日、東京・二子玉川に、蔦屋家電とコラボした体験型店舗をオープンした。体験を通して「自分らしさ」を知ることができる施設だという。体験型店舗の設置はOMO(オーエムオー、オンラインとオフラインの融合)戦略の一環だとしている。店舗に訪れた顧客にポーラのアプリをダウンロードしてもらうキャンペーンも実施している。顧客との継続的な接点を、アプリで作っていくのが狙いだ。

【<動画>「ポーラの体験型店舗の詳細や狙い」はこちら】

体験型店舗は、二子玉川の商業施設「二子玉川 ライズ」の蔦屋家電の店舗内に設置している。体験型店舗には、「その日の気分」「自分らしさ」「好きな香り」などを知ることができる、3つの体験型コンテンツを設置している。

最初の体験では、壁にかけられたドライフラワーから、直感で気になったものを選ぶ。ドライフラワーは持ち帰ることができる。

次の体験では、カメラが設置された特別なトンネルを通る。その際の行動を通して、普段は意識していない「自分の様子」を知ることができるのだという。好みの香りを選ぶ体験もある。

▲トンネルをくぐると知らない自分に会える

体験の中で導き出された「自分らしさ」を基に、その人にあった化粧品のサンプルを提供するサービスも用意している。

▲自分の知らない自分を知ることができるコンテンツも

体験型店舗では、ポーラのアプリのダウンロードを促すキャンペーンも実施している。

店舗を訪れたに、アプリを通じて、ポーラとの継続的な接点を持ってもらうのが狙いだ。ポーラとの接点を持った顧客が、ポーラのECサイトや、ポーラのサロンを訪れた際に、ポーラの商品を購入したくなる効果を期待しているというOMO戦略の一環だとしている。