ブイクック、ECサイトを刷新 ネットスーパー型に

ビーガンに関する情報を発信しているブイクックは9月23日、ECサイトを「ブイクックモール」から「ブイクックスーパー」に名称変更し、リニューアルオープンした。

 

「ブイクックモール」は、約200店舗が出店し、1000点以上の商品を取り扱っていたが、それぞれの店舗からの配送となるため、送料負担が課題となっていた。現在は約20店舗、商品数約300に規模を縮小。新たに設けた自社倉庫により商品をまとめて配送できる形をとった。

 

今後はスイーツ類も販売展開していくという。また、食品だけではなく、洗剤やコスメ類も取り扱う予定で、「スーパーに買い物に行く感覚で利用してもらえるようにする」(工藤柊社長)と言う。

 

オフラインの販売も視野に入れている。