トキワ、YouTuber「ヒカル」のコスメブランド「ReZARD beauty」を共同開発 男性でも気軽にメイクできる商品を開発

カラーコスメの受託開発・製造の国内最大手であるトキワはこのほど、人気YouTuber・ヒカル氏が手がけるコスメブランド「ReZARD beauty」と、新商品群となるメイクアップラインを共同開発し、コンシーラーパレットなど4商品を10月4日に発売した。

トキワは、50年以上に渡り、国内外の大手化粧品企業とカラーコスメ製品の受託開発・製造において協業。国内でのカラーコスメ受託製造におけるシェアは10年連続No.1を獲得しており、多くのインフルエンサー、スタートアップとの共同開発も手がけている。

このほど、チャンネル登録者数約485万人(9月30日現在)を誇る人気YouTuberヒカル氏が手がけるコスメブランド「ReZARD beauty」と共同開発を実施。「ReZARD beauty」の新商品群となるメイクアップラインとして、コンシーラーパレット(2200円/税込)、リップスティック(1100円/税込)、アイブロウスティック(1320円/税込)、クッションファンデーション(3520円)の4商品の販売を開始した。

▲リザードビューティ コンシーラーパレット

▲リザードビューティ リップスティック

▲リザードビューティ アイブロウ スティック

▲リザードビューティ クッションファンデーション

同メイクアップラインは、男性でも気軽にメイクを試せる商品を目指し、自然な仕上がりを意識。10代~30代男性を中心に据えつつも、より幅広く男女問わず使えるようなカラーと各種製品を生かす成分が配合された処方を採用しており、男女ともに普段使いできる製品となっている。

コロナ禍でメイクアップコスメは市場が縮小したが、世界では今後も継続した成長が見込まれている。特に女性のみの使用から、男女での使用促進が進む国では大きく市場が伸長。ヒカル氏は、日本の停滞するメイクアップコスメ市場に刺激を与え、改革を起こすために今回のプロジェクトを企画しとたとし、コロナ禍での市場活性化の加速、性別を超える新たな市場構築を目指すヒカル氏の趣旨に賛同したトキワは、企画段階からサポートを行った。