猫の未病・予防スキンケア「MEDICAT」、動物病院パートナープログラムを開始 猫の予防医療の拠点増加を目指す

MEDICATは9月30日、皮膚バリアを整える猫の未病・予防のためのスキンケアブランド「MEDICAT(メディキャット)」において、動物病院にて猫への予防習慣啓蒙を進めるための「動物病院パートナープログラム」を開始した。愛猫家たちが猫の健康習慣をより手軽に続けられるよう、予防医療としての拠点を拡大を目指す。

MEDICATの提供する「MEDICAT」は、「猫に予防の選択肢を。」のコンセプトを掲げる、猫のための高品質スキンケアブランド。「薬剤師社長×獣医師×医療大学」という産学医連携体制により猫の皮膚を徹底的に研究しており、「皮膚バリアを整え、皮膚の感想を防ぐ」新しい発想のケアアイテムとして、猫の保湿化粧水「MOIST LOTION」(3300円/税込)、猫の保湿乳液&トリートメント「MOIST CREAM」(3300円/税込)がラインアップする。

このほど提供を開始した「動物病院パートナープログラム」では、動物病院の専用コードを用いて「MEDICAT」購入したペットオーナーに5%の割引を行うとともに、動物病院に紹介フィーを還元する。

少子化の続く日本では15歳未満の子供の数に比べ、ペットの数のほうが多くなっている。こうした背景もあり、近年ペットの家族化が進むとともに健康志向が高まり、AIM研究や犬猫に合わせた予防医療の研究へなども注目されている。

一方で、人の予防研究と比べるとかなり遅れており、家庭での習慣化まで落とし込まれていないという現状があるとし、MEDICATは今回のパートナープログラムにより、健康診断などで定期的に訪れる動物病院を予防の重要性を伝える場にしていきたいととの考えを示した。

2022年度中に100店舗の導入を目指し、愛猫家たちが猫の健康習慣をより手軽に続けやすくするべく、猫の予防医療としての拠点を増やしていくとしている。