京王電鉄、LINE上のECモール「トレくる by KEIO」の実証実験開始 最短当日中に駅のロッカーで受け取れる

京王電鉄は8月17日、LINE上に専用ECモール「トレくる by KEIO」をオープンした。注文した商品を最短当日中に駅の専用ロッカーで受け取れる実証実験を開始した。駅で商品を受け取れる利便性の提供、非対面受け取りニーズへの対応に加え、既存インフラである鉄道を活用した配送により環境負荷の低減を図るなど、社会的な課題解決も目指す。

京王電鉄が8月17日にスタートした「トレくる by KEIO」は、注文した商品を、駅にある専用ロッカーで受け取ることができるライン上の専用ECモール。10時までに注文すると、最短当日16時頃から受け取ることができ、最大7日先までの予約が可能。商品をロッカーに納品後、翌々日の正午頃まで保管するため、購入者は店舗の閉店時間や混雑を気にせず、好きなタイミングで商品を受け取ることができる。夏場でも安心して受け取れるよう、専用ロッカーは温度管理機能を搭載している。

専用ロッカーの設置場所は、新宿駅、明大前駅、桜上水駅、八幡山駅、国領駅、調布駅の計6駅。LINEの「トレくる by KEIO」公式アカウントを友だち追加すると、専用ECモールへアクセスが可能になる仕組みで、専用ECモールから受取駅(ロッカー)・受取日・商品を選びクレジットカードで決済をすると注文が完了する。注文後は、専用ロッカーへの配送が完了するとLINEで完了通知が届く。完了通知内には、ロッカー解錠用2次元コードがあり、購入者はそれを用いて専用ロッカーを開け、商品を受け取ることが可能だ。

なお、購入した商品代金のほか、配送料、ロッカー保管料を含むサービス利用手数料が商品ごとに発生する。このサービス利用手数料は商品により金額が異なり、専用ECモール「トレくるby KEIO」内で確認することができる。本実証実験の期間は、2022年8月17日~2023年2月28日。

京王沿線にある京王百貨店や京王プラザホテルのほか、うかい、富澤商店の各店舗が厳選したコスメやお菓子、酒など100点以上の商品がラインアップしており、朝の通勤時に注文して帰宅時に受け取るほか、手土産や贈り物などを前日受け取りで手配し、余計な荷物を持たずに通勤するといった使い方を提案している。

サービス名の由来は、「電車(トレイン)で、商品が届く(来る)」で、鉄道での配送をイメージしやすいサービス名称として採用するとともに、キャラクターも電車と一般的な配送に用いられる段ボールをかけ合わせたキャッチーなデザインとなっている。

京王電鉄は、今回の実証実験を通じて、通勤・通学、買い物の帰りに駅で商品を受け取れる利便性や、コロナ禍における非対面受取といった顧客ニーズに対応するほか、専用ロッカーでの受け取りによる荷物の再配達の削減、既存インフラである鉄道を活用した商品配送により環境負荷の低減を図るなど、社会的な課題解決も目指していくとしている。

京王電鉄ではこれまで、鉄道を活用した商品配送の実証実験として、飛騨高山の農産物の配送やECの返品商品の集荷を継続的に行っており、鉄道配送における安全性と有効な配送手法が確立したことから、2022年度より本格的な運用を開始している。

「トレくるby KEIO」実証事件の商品配送においては、駅近の店舗から商品を集約し鉄道で配送することで、配送の速達性を向上させるほか、道路混雑を回避した定時性を確保する。今後は「トレくる by KEIO」の配送商品およびロッカー設置駅の拡大も見据えるほか、顧客のニーズと社会的課題解決に向けた新たな物流サービスも検討していくとしている。

▲合計100店以上の商品をラインアップしている