WISHCOMPANY、韓国スキンケア卸開始 YouTubeで訴求も

韓国の化粧品メーカーであるWISHCOMPANY(ウィッシュカンパニー)は、スキンケアブランド「Klairs(クレアス)」の卸販売を開始し、8月から店舗販売も本格的に始めた。

 

同ブランドは2017年から「Qoo10」で販売している。ECだけの販売だったが、レビューなどで「実際に商品をテストできる場がほしい」との声が多く、オフラインでの販売に乗り出した。

 

また、ユーザーとのコミュニケーションを目的に開設したYouTubeチャンネル「Wishtrend TV」は登録者数が182万人となった。動画は、使用方法などを紹介して商品を理解してもらい、購入につなげている。日本人向けに「Wishtrend TV Japan」も開設している。

 

韓国では定番となっているという購買ルート「共同購入」も日本で積極的に活用していく方針だ。