ユミルリンク、メルマガ閲覧1分以内が約7割 ライトアップと共同調査

「メルマガユーザーの67.1%は、メルマガ閲覧にかける時間が1分以内」─。メッセージングプラットフォーム「Cuenote」を提供するユミルリンクが、ライトアップと共同で行ったメルマガの登録ユーザーに対する調査でこんな傾向があることが分かった。

 

20代以上の男女1023人に対してネットで調査した。

 

メルマガの閲覧方法では「上から下まで見るが、気になった情報だけ読む」「気になった情報だけ読む」が多くを占めた。メルマガで素早く情報収集できることを求めており、「1分以内に情報を取得できるコンテンツボリュームがマッチしている」(ユミルリンク)と分析する。

 

望ましいコンテンツボリュームを確認する質問では「1通あたり2~3コンテンツ」という回答が58.7%を占めた。短く簡潔にまとめられたメルマガが好まれているという結果になった。

 

メルマガをきっかけとした行動について質問したところ、「気になった商品やサービスをウェブで購入・申込みする」と回答したユーザーは41.8%。また、最も多い行動は「気になった商品やサービスを店舗に見に行ったり、購入・申込みする」が42.9%となり、間接的な効果も見込めることが分かった。

 

一方で、SNSで情報をシェアするという意見は8.5%にとどまり、拡散性については大きな成果を望めないとみている。