「食べチョク」、9項目でNo.1を獲得 ユーザー数70万人、登録生産者数7500軒を突破

ビビッドガーデンは7月28日、こだわり生産者が集う産直通販サイト「食べチョク」が、国内の産直通販サイトの中で認知度や利用率などの6つのNo.1を3年連続で獲得したと発表した。さらに昨年の調査時にはなかった、生産者数や生産者利用率など3つのNo.1も追加され、合計9つのNo.1を獲得した。登録ユーザー数は70万人、登録生産者数は7500軒を突破した。

ビビッドガーデンの運営する「食べチョク」は、こだわりの生産者から直接食座や花きを購入できる産直通販サイト。4.5万店を超えるこだわりの逸品が出品されている。好みに合う生産者を選んでくれる野菜定期便「食べチョクコンシェルジュ」や、旬の果物が届く定期便「食べチョクフルーツセレクト」があり、定期的なお取り寄せもできるという特徴を備える。友達と分けあえる「共同購入」の機能や、販売前に商品を取り置きできる予約機能などもあり、ライフスタイルに合わせた様々な買い方を提供している。

このほど、国内の産直通販サイトについてのさまざまな調査において、「お客様利用率」「お客様利用意向」「お客様認知度」「Webアクセス数」「SNSフォロワー数」「生産者認知度」の6つの項目で3年連続でNo.1を獲得したと発表した。

さらに今年は「生産者数」「生産者利用率」「生産者利用意向」でもNo.1を獲得し、合計9つのNo.1を獲得した。

利用者も伸長しており、登録ユーザー数は70万人、登録生産者数は7500軒を突破した。ビビッドガーデンは、生産者・消費者双方からより愛されるサービスになるために、一層のサービス改善に努めていくとの考えを示した。