アリババグループ、Tmall Global(天猫国際)が中国市場で1000ブランドの成長を支援

アリババグループはこのほど、越境ECプラットフォーム「Tmall Global(天猫国際/Tモールグローバル)」において、今後3年間で約1000の国際的なブランドを育てるべく、マーケティングと国際物流において支援すると発表した。

アリババグループの運営する「Tmall Global」は、中国最大級の越境ECマーケットモール。すでに87カ国から2万9000以上のグローバルなブランドが出店しており、そのうちの80%が同プラットフォームを通じて中国市場に参入したことが、最新データから明らかになっている。

7月26日から30日に中国・海南で開催されたイベント「中国国際消費財博覧会2022」においてアリババグループは、「Tmall Global」が今後3年間で約1000の国際的なブランドを育てるべく支援を行うと発表した。

これまでにプロクター・アンド・ギャンブル社の美容ブランド「トゥーラ・スキンケア(Tula Skincare)」やバイエル社のサプリメントブランド「ワンアデイ(One A Day)」など、15社のグローバルブランドが契約しており、各ブランドが2025年末までに年間流通取引総額(GMV)1000万元(約2億円)を達成できるよう、マーケティングと国際物流において支援する。