「BEAMS」の「Heg.」さんがグランプリ 令和のカリスマ店員を決める接客コンテスト「STAFF OF THE YEAR 2022」結果発表

スタッフDXのアプリケーションサービス「STAFF START(スタッフスタート)」を運営するバニッシュ・スタンダードは8月4日、日本一の”令和のカリスマ店員”を決める接客コンテスト「STAFF OF THE YEAR 2022」の最終審査を開催した。タレントのアンミカさんなどが審査を行い、グランプリには「BEAMS/ビームス」恵比寿店のHeg.さんが選ばれた。

バニッシュ・スタンダードは、「コーディネート投稿機能」や「スタッフレビュー機能」を備え、店舗に所属するスタッフをDX化し、自社ECサイトやSNS上でのオンライン接客を可能にする「STAFF START」を展開する”Staff Tech(スタッフテック)”カンパニー。

同社が主催する「STAFF OF THE YEAR」は、アパレルブランドに所属する店舗スタッフの中から、オンライン接客売上実績や一般投票をもとに日本一の”令和のカリスマ店員”を決めるイベント。

「STAFF OF THE YEAR 2022」は、2022年4月より審査をスタート。1300ブランド、全国8万人の中から勝ち抜いた16名のアパレル店舗スタッフが最終審査に進出し、8月4日に最終審査を開催した。審査委員には、モデル業以外でもさまざまな表現分野で活躍するアンミカさん、ファッションエディター・スタイリストの大草直子さん、販売コンサルタント・販売キャスターの橋本和恵さん、店舗運営コンサルティング会社BRUSH代表の秋山恵倭子さんを迎え、司会進行はアナウンサーの弘中綾香さんが務めた。

▲グランプリのHeg.さんと審査員

最終審査では、「LINE LIVE」の視聴者に向けた「ライブ接客」、客に扮したゲストに接客を行う「接客ロールプレイング」、店舗スタッフとして自身の想いを込めた「自己PR」の計3つの項目で審査を実施。

「ライブ接客」の審査では、16名のファイナリストが巧みなトークでオンラインの顧客に向けて商品の魅力を伝えた。

▲Heg.さんの「ライブ接客」審査の様子

続く「接客ロールプレイング」では、お笑いコンビ「相席スタート」の山﨑ケイさんと、お笑いコンビ「スパイク」の小川暖奈さん、松浦志穂さんが、顧客役として登場。「初デートに着ていく洋服」や「夜景の見えるレストランに合う洋服」「攻めた女子会で着たい洋服」など、様々なシーンを想定した洋服のリクエストに答え、アイテムを紹介していくファイナリストたちに山崎ケイさんは、「今、本当にお買い物の最中だった。自分で買いたいアイテムが沢山あった!」と、タイムアウトで終了してしまったリアルな接客のやり取りに、熱中している様子を見せた。

▲グランプリのHeg.さんはスパイクの小川さんへ接客した

「スパイク」の2人もそれぞれ、「自分たちのネタで、アパレル店員の役を演じるのですが、今日皆さんに接客をしてもらって、店員さんに謝りたい気持ちになりました。リスペクトが溢れ出ます」と、顧客の悩みに沿ったスタイリングや提案することの難しさを熱弁した。

▲顧客役を演じた「相席スタート」の山﨑ケイさん(左)、「スパイク」の小松浦志穂さん(中央)、川暖奈さん(右)

最終審査を通過した「STAFF OF THE YEAR 2022」には、「グランプリ」のHeg.さん(BEAMS/ビームス 恵比寿)、2位の谷口麻美さん(RODEO CROWNS WIDE BOWL/イオンモール京都桂川)、3位の村元七虹さん(MOUSSY /新宿ルミネエスト)、4位の内山綾夕さん(COCO DEAL/ルミネ新宿 LUMINE2)、5位のAYANOさん(23区/大和富山)が選ばれた。

▲最終審査で5位に入賞した5名

見事グランプリに輝いた「BEAMS/ビームス」恵比寿店のHeg.さんは、全国18万人の視聴者が見守る中、画面の向こう側の顧客にジェスチャーを交えて商品のディテールを説明するだけでなく、高い表現力を駆使して接客のスキルを披露した。

受賞の喜びを聞かれたHeg.さんは、「楽しかったコンテストが今日で終わってしまうことが寂しいですが、これからもコンテストを通して成長できた私の接客を見てほしい」とコメント。また、「私以上に素晴らしいスタッフが沢山いる店舗にご来店いただければと思います」と、自身のブランドに寄せる想いを涙ながらに語った。最後に、オンライン接客について「店頭にいる私たちがオンライン接客をするからこそ、伝えられるものが必ずある」と締め括り、会場は歓声と大きな拍手に包まれた。

▲受賞コメントを述べるHeg.さん

昨年度に引き続き審査員を務めたアンミカさんは、大混戦となったファイナリストたちの戦いに「勇気を持って出場された皆さま、その勇気に敬意を表します。お疲れ様でした」と、賞賛の声を送った。また、自身のファッションとの繋がりを振り返りながら「実は今私がここに立っているのは、アパレル店員さんのお陰なんです」とコメント。パリコレ時代に「あなたに1番似合わない白色を着ているから、日本に帰って1番素敵だなと思うアパレル店員さんに声をかけて、似合うお洋服を勧めてもらってと言われたことがある」と、話題の「白は200色ある」というキーワードが生まれたエピソードを明かした。

▲アン ミカさんが総評を述べ、販売員にエールを送った

さらに最後に「アパレル店員さんには、人の人生を変える力があります。この職業を、生き生きと人生の一部にしている皆さんの人生観を感じさせていただいて、素敵な仕事だと改めて感じました。そして、服や人にかける情熱と愛に、感謝の気持ちを持ちました」と、ファッションと人が紡ぐ素晴らしい絆を称え、本コンテストを締め括った。

イベントの終了後、2度目の最終審査員として同コンテストのパワーアップした点を問われたアンミカさんは、「確実にファイナリストの皆さんがレベルアップしています」と、コメント。「今年はファイナリストに男性の方がいるということも、この時代には必要なことだと感じました。トーク力、接客スキルで、純粋に勝負し評価されているからこそ、年齢や性別に関係なく、自分の好きなことに全国の方々も挑み続けて欲しいと思います」と、昨年度より進化したコンテストの内容に賞賛のコメントを送った。

顧客役として参加し、”接客ロールプレイング”の印象的なシーンを問われた山崎ケイさんは、「実は、接客されるのはあまり得意ではないのですが、ファイナリストの皆さんは接客に圧迫感が無く安心しました」とコメント。「『STAFF OF THE YEAR 2022』は、参加者の皆さんが人生をかけて挑んでいることなので、私たちにとっての『M-1』と同じ想いだと思います」と、接客を受けた様子を楽しげに振り返った

同じく顧客役として参加し、「自分がアパレル店員の立場になった時、注意すべき点は?」と問われた

「スパイク」の松浦さんは、「商品をお勧めするのと、自分の買って欲しい!という欲を、出し過ぎないように気を付けたい」と、コメント。また、自身でもブランド制作に携わったことのあるいう「スパイク」の小川さんは、「どのような想いで自身のブランドをお勧めしたらよいか」の問いに、「自分が一番こだわった部分を伝え、お客様に接客いただければ、その想いは絶対に相手に伝わると思います」と真剣な眼差しでアドバイスした。

▲バニッシュ・スタンダードの小野里寧晃代表

バニッシュ・スタンダードの小野里寧晃代表は、「『STAFF START』は、都市部だけではなく沢山の地方店、郊外店のスタッフが輝ける時代、オンライン接客を通じて、アパレル店員を主役にするという文化を作ってきました。店舗売り上げの評価だけでなく、オンライン接客・SNSでアパレル店員が当たり前に評価される文化を、皆さんと共に作り上げられたことを大変嬉しく思います。そして、アパレル店員の皆様に対する敬意の想いから、昨年度より『STAFF OF THE YEAR』を開催しました。今年は、1300ブランド、8万人のアパレル店員の中から勝ち抜いた16名のファイナリストが今日のステージに立っています。ファイナリストの皆さんのパフォーマンスに会場が感動し、愛され、応援されたアパレル店員が頂点に立ちます。その瞬間を皆さんと本コンテストにて見届けられることを嬉しく思います。店員さんの素晴らしい人間性、技術、アパレルを好きな想いが世の中の広いところに届くことによって、もっと応援されるようになる、もっとお客様がつくようになって、未来のアパレル店員が増えることを願っています」とコメントした。