Amazon、ロボット掃除機のiRobot社を約17億ドルで買収

Amazonaは8月5日、ロボット掃除機「ルンバ」を展開するiRobotを買収すると発表した。買収金額は約17億ドル。取引完了後もiRobot CEOのコリン・アングル氏はその職に留まる予定。

ロボット掃除機「ルンバ」で知られるiRobotは、家庭用ロボットの世界的なリーディングカンパニー。2022年に発売した「ルンバ」は、人々がそれまで家事に費やしていた貴重な時間の節約を実現し、ユーザーに支持されてきた。

Amazonはこのほど、約17億ドルでiRobotを買収すると発表した。1株当たりの買収額は約16ドルで、すべて現金で取引される。

iRobotの買収について、Amazon Deviceを統括するデイブ・リンプ氏は、時間の節約により、雑用に費やしていた時間を好きなことに使えるのことの重要性に触れ、「家庭内の障害物を回避しながらの掃除、収集ビンを自動的に空にするなど、iRobotのチームは長年に渡り、信じられないほど実用的で独創的な製品で”掃除”方法を再発明してきた。ユーザーはiRobotの製品を愛しており、そのチームと協力して、人々の生活をより簡単で楽しいものにする製品を発明できることに興奮しています」と述べた。

iRobotのコリン・アングルCEOは、創業以来、顧客の生活を楽にする革新的で実用的な製品を作成するという使命を担い「ルンバ」や「iRobot OS」などを発明してきたとし、「Amazon は、人々が自宅でより多くのことを行えるようにするイノベーションを構築するという私たちの情熱を共有しており、私たちのチームがその使命を継続するのにこれ以上の場所は思いつきません。参加できることをとても楽しみにしています」とコメントした。

なお、コリン・アングル氏は、買収完了後もiRobotのCEOに留まるとしている。