メタバース上の世界最大VRイベント「バーチャルマーケット2022 Summer」が会場&出展企業第1弾を発表

HIKKYはこのほど、8月13日からメタバース上で開催される世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット2022 Summer」の出展企業第1弾として、各企業のブース内容および企業ブースが出展される会場の詳細を発表した。交通インフラ業界からJR西日本グループ、銀行業界からみずほ銀行、保険業界から三井住友海上火災保険など、さまざまな業種の企業が初出展する。体験型バーチャルライブも実施するなど、バーチャルならではの多様なコンテンツがラインアップする。

「バーチャルマーケット」は、メタバース上にある会場で、アバターなどの3Dデータ商品やリアル商品(洋服、PC、飲食物など)を売り買いできる世界最大のVRイベント。その開催を通じて 「バーチャル空間を発展させ、豊かにする」 ことを目指している。

8月13日~28日には、「原点」をテーマに掲げ「バーチャルマーケット2022 Summer」を開催する。今回の企業出展会場の舞台は「パラリアル大阪」と、海外都市から初のパラリアル化となる「パラリアルニューヨーク」となる。現実世界の大阪とニューヨークの街の主要部を精巧に再現した街並みに、多くの企業ブースが軒を連ねる。

▲パラリアルニューヨークのホバーボードとパラリアル大阪の打ち上げ花火

前回同様、パラリアル内の天気は現実世界とリンクする。さらに今回は「パラリアルニューヨーク」に街中を自由に行き来できる”浮遊型ホバーボード”を設置。「パラリアル大阪」では会場内に常時夏を感じる華やかな花火が上がるなど、メタバース上だからこそ創り上げることができるパラリアルな街を表現する。

開催に先がけ7月26日に、出展企業第1弾として、各企業のブース内容および企業ブースが出展される会場の詳細を発表した。

初出展企業では、JR西日本グループがパラリアル大阪内に関西初のメタバース上の駅となる「バーチャル大阪駅」を展開するほか、みずほ銀行はボルダリング体験もできる「みずほ」カラーに染まった建物を出展。三井住友海上火災保険は、同社の手がける自然災害や宇宙事業等を支える保険・サービスのPRを、パラリアルニューヨークにて近未来をイメージした先進的なブースで展開する。

さらにエンタメコンテンツとして、、JVCケンウッドのブースにおいてピンク・レディーと広瀬香美さん、BEAMSブースにおいてELAIZA(池田エライザ)による体験型バーチャルライブも実施するなど、各社多様な、バーチャルならではのコンテンツにより、来場者にメタバースの世界の楽しさを提供する。

【出店企業紹介】

・JR西日本グループ

JR西日本グループがバーチャルマーケットに初出展し、パラリアル大阪内に関西初のメタバース上の駅となる「バーチャル大阪駅」を展開いたします。空港エリアへのアクセスに便利な特急「はるか」への乗車、時空の広場でのステージLIVEの開催、アトリウム広場でのショップブースの展開など、リアル×デジタルの新たな体験を企画しております。(企画内容詳細は改めてお知らせさせていただく予定です)

さらにバーチャル大阪駅の一部はHIKKYが独自展開するメタバース開発エンジン「Vket Cloud」により制作することで、VR機器がなくてもお手持ちのスマートフォンやPCなどから手軽にご来場いただけます。

・みずほ銀行

銀行業界から初のバーチャルマーケット出展となるみずほ銀行は、「パラリアル大阪」のなかに「みずほ」カラーに染まった建物を出展します。建物は1階が銀行店舗をイメージした交流スペースになっており、2階からはボルタリング体験ができるタワーになっています。来場者は1階から入店していただき、2階からボルダリングをお楽しみいただけます。タワーの頂上まで登るには、途中で出題される金融クイズに正解する必要があり、頂上に登るとパラリアル大阪の雄大な街並みを望めます。また、頂上にあるアンケートにお答えいただくと、みずほ銀行オリジナルの「王冠」の3Dモデルを受け取ることができます。この王冠は、バーチャルマーケット内でアバターに着用させることができます。

8月20日には、1階の交流スペースでみずほ銀行の行員による座談会を予定しています。座談会にはゲストをお招きし、来場者の皆さまとともに金融や産業の知見を持った行員とコミュニケーションができます。

・JVCケンウッド

JVCケンウッドは、グループ会社のビクター・エンタテインメントと共に、ウォータースライダーとライブステージを設置したエンタテインメント・ブース「スター・スライダー」を展開。ピンク・レディー(ペッパー警部)と、広瀬香美(promise)のバーチャルライブをお届けします。楽曲に合わせてアバターのモーションをリッチな演出で楽しめる他、ユーザーも”あのダンス”を一緒に舞台上で踊ることができます。また、楽曲にあわせてウォータースライダーでバーチャル空間を駆け抜けることのできるアトラクションもご用意しました。更に、ビクターブランドの象徴である「犬のマーク」をオリジナルとするキャラクター「ニッパー」を3DCG化して初披露します。

・ビームス

パラリアル大阪に登場するBEAMSバーチャルショップでは、関西の実店舗に勤務するショップスタッフを含む約50名が交代でVR接客を行います。バーチャルマーケット4度目の参加となる今回は、初のD2A(Direct-to-Avatar)商品としてアバター用衣装(3Dモデル)を販売し、アバターファッションを楽しむユーザーコミュニティが集うパーティーを8月20日にバーチャルショップで開催予定です。リアル商品では、初のVRライフスタイルグッズとして企画したVRゴーグルバッグに加え、VRが身近にある暮らしを想像してキュレーションしたインテリア雑貨を販売します。

2階にはELAIZA(池田エライザ)のスペシャルステージが出現し、VR用に演出された臨場感のあるライブ映像が楽しめます。TVアニメ放送中の「ユーレイデコ」とのコラボ商品やミニゲーム、さらに屋上のBBQテラスまで、BEAMSバーチャルショップはスマホからも入場できるブラウザ会場でも一部体験可能です。

・大丸松坂屋百貨店

今回で4回目の出展となる大丸松坂屋百貨店は、パラリアルニューヨーク会場に出展。「発見」をテーマに、リアル店舗の特徴を盛り込んだデザインの百貨店ブースを制作し、夏にぴったりな”ごちそうグルメ”600点をリアルで購入することができる他、オリジナル食品3Dモデル14点の販売も行われます。また、「発見」のテーマにあわせ、大丸松坂屋百貨店の歴史を知ることができるアトラクションをご用意。屋上には昔ながらの「デパートの屋上遊園地」を連想させる遊具も登場します。また、ビアガーデンを楽しめるスペースでユーザーによるメタバース大宴会が行われます。なお、今回初めてスタッフアバターを2体制作し、来場者の皆様にメタバース接客を行います。

・三井住友海上火災保険

三井住友海上火災保険が保険業界から初のバーチャルマーケット出展が決定!三井住友海上が展開する「メタバースプロジェクト」の一環として、同社の手掛ける自然災害や宇宙事業等を支える保険・サービスのPRを、パラリアルニューヨークにて近未来をイメージした先進的なブースで展開します。1Fのシアターブースでは「金のオノ銀のオノ」や「鶴の恩返し」などの昔話を使って、損害保険をわかりやすく解説します。

2Fのブースでは武器を振り回して災害と戦うタワーディフェンスゲームを展開、様々な災害からユーザーを守る保険商品の特性を表したアクションゲームが楽しめます。さらにゲームクリア後には、同社が注力する宇宙をイメージした”月面ワールド”に移動でき、近未来的な宇宙ステーションに加えて、実際に月から見える地球をバックに記念撮影を楽しんだり、アバターに扮した三井住友海上の社員の方と直接保険に関するお話をするなどのコミュニケーションをとったりすることが可能です。

・ベルク

スーパーマーケット業界から初の出展となるベルクは、パラリアルニューヨークに「ベルクバーチャルストア」をオープンいたします。店舗では公式マスコットキャラクター「ベルクック」が3Dアバターとなって来店者をお出迎え。店舗内では、バーチャルストアならではのコンテンツとして、ショッピングカートに乗ってタイムを競うレーシングゲーム「スーパーマーケットカートレース」が楽しめます!レースは1名から最大4名まで同時プレイが可能。スーパーマーケット店内をリアルではなかなか実現できないショッピングカートで駆け回るというレースゲームを、ぜひお友達と一緒にお楽しみください。

・SMBC日興証券

今回のSMBC日興証券は、夏にぴったりな「投資について学べるミステリーダンジョン」ブースをパラリアルニューヨークに出展。投資に関する様々な格言をクイズ形式で学びながら、ダンジョンをクリアしてゴールを目指す体験型アトラクションとなっています。ゴール特典として、証券取引所のセレモニーなどで使われるお祝いの鐘を打つ体験もできます。期間中には、オリジナルアバター(ドラキュラ執事&ゾンビフラン犬)のプレゼントや、メタバース上で行う投資に関する相談会「メタバイス」なども実施予定です。

また、VR機器がなくてもスマホから入場できるVket Cloud会場もご用意。投資のエキスパートによる「日本株と米国株…どっちが魅力的?」をテーマにしたメタバース討論会も開催します。今回はグループ会社の三井住友銀行と三井住友カードも加わり、CM等でお馴染みのあのキャラクターの3Dモデルも皆様をお待ちしています。ぜひお楽しみください。

・ヤマハ発動機

ヤマハ発動機は、昨年の「バーチャルマーケット6」出展時に大好評だった”バイクのVRシェアライドサービス”に続いて、今回は”電動アシスト自転車のVRシェアライドサービス”を展開いたします。電動アシスト自転車シリーズの人気モデルである「YPJ-MT Pro」「City-C」「City-V」の3種類を精巧に再現した3Dモデルを、パラリアルニューヨークの街の入り口に設置。これらバーチャル車両に乗って会場内を自由に移動できます。バーチャル電動アシスト自転車の操作は、ヘッドマウントディスプレイを着用したコントローラー操作とデスクトップ操作に対応しているほか、フルボディートラッキングを着用した方は、足を動かすことで電動アシスト自転車を実際に漕いで操作することも可能です。

・玄人志向

玄人が厳選した自作PCパーツを提供する安心の国内ブランド「玄人志向」がバーチャルマーケットに出展!パラリアル大阪に設置されたゲーミングPCを模した外観のブース内には、新作のゲーミングチェア7種の魅力を体感できるコンテンツが登場。ゲーミングチェアは、リアル商品&3Dモデル商品の両方をご用意しました。また、玄人志向のテーマソングにあわせて、ゲーミングチェアを使った4種の難易度の高いダンスを踊ることができるステージをご用意。その他、新作のゲーミングキーボードや、おなじみのPCパーツの販売も行います。

・ロート製薬

日用品業界からロート製薬が初出展!パラリアル大阪とパラリアルニューヨークの街中に、ロート製薬おなじみの目薬「ロートジーb」の3Dモデルが陳列されるほか、特大サイズの目薬の形をした「目薬鉄砲」を手に取って、まるで水鉄砲かのように目薬の水滴を放ちながら遊んでいただけます。メタバースの世界ならではの目薬鉄砲遊びをご体験ください。また、ロート製薬公式VTuber「根羽清ココロちゃん」も登場し、皆様のお越しをお待ちしております!さらにバーチャルマーケット開催期間中は、Twitterと連動したキャンペーンや、3Dモデルやリアル商品のプレゼントキャンペーンも実施いたしますので、こちらもぜひご参加ください。

・泉佐野市

ふるさと納税3年連続日本No.1であり、ふるさと納税受入額累計1000億円を超える業界のフロントランナー・泉佐野市がバーチャルマーケットに初出展!パラリアル大阪内に出現する、現実の泉佐野市に位置する空港を模したエリア内にブースを展開いたします。ブース内では、泉佐野らしい遊び心がいっぱい詰まった写真映えするイベントを実施します。また、泉佐野市と泉佐野市のふるさと納税のPRを並行して実施し、泉佐野市のふるさと納税返礼品として人気の高い「お肉」や「お米」、「ビール」、定番人気の「泉州タオル」、「水ナス」などを3Dモデル化し、今まで平面のみで見ていた返礼品を3Dでご体験いただくことができます。さらに、ブース内のデジタルカタログに触れると、本ブースから泉佐野市の運営するふるさと納税寄附サイト「さのちょく」に直接遷移し、その場でご寄附を行っていただくことが可能です。

・焼津市

静岡県焼津市がバーチャルマーケット初出展!パラリアル大阪内の空港を模したエリアにて、焼津市のPR動画や、全国第10位の人気を誇るふるさと納税返礼品の紹介など、市の魅力を発信するブースを展開いたします。焼津市で有名な「ミナミマグロ」の巨大3Dモデルが目印となるブース内では、来場者が魚の街・焼津に親しんでいただける体験として、世界初となる「バーチャルマグロ解体ショー」がお楽しみいただけます。さらにブース内にあるデジタルポスターから直接ふるさと納税寄附サイトに遷移し、その場で寄附を実施することが可能です。