オニオン新聞社、千葉のショッピングセンター「ペリエ千葉」のECモール刷新 出店者の取材記事など配信

ウェブサイト制作や運営を行うオニオン新聞社は、千葉県内のショッピングセンター「ペリエ千葉」の公式オンラインストア「PERIE Online」のライセンス契約を締結し、2022年4月20日、ECモールをリニューアルオープンした。

 

取り扱う商品は千葉県で生産されたもので、農産品や酒などがある。千葉出身の芸術家が制作したアートなども販売している。

 

毎年、収穫の時期になると、採れたての農産物が届く定期購入の登録もできる。月に1度、生産者の近況が書かれた便りが届いたり、製造過程が書かれたリーフレットを配布したりして、生産者とユーザーをつなぐ。

 

生産の背景と生産者のこだわりも伝えるため、出店の際には取材を行っている。「生産者とのコミュニケーションを大切にしている」(ディレクターの北田綾氏)と話す。モール内では、店の代表者の紹介やメッセージ、商品の特徴などを記載する。特に紹介文にはこだわりがあり、「文章をたくさん書いて魅力を伝えたい。買うだけではなく、読む楽しみもある」(同)と言う。

▲ディレクターの北田綾氏 

出店については、オニオン新聞社から打診する。元々フリーペーパーを発行しており、さまざまなつながりやノウハウでサイトのコンセプトに合う生産者や店を見つけている。

 

今後は生産者と実際に会える機会を設けるため、年に数回、リアルイベントを開催する予定だ。顔を合わせて商品を購入できるだけでなく、食材を使用した料理教室なども企画していくという。コメの生産者や酒蔵など、ブランドのPRを行わない人が多いため、「知ってもらえるきっかけを作りたい」(同)としている。

 

千葉県は農業や畜産業、漁業が盛んで、工場などの生産拠点も多く存在し、作り手が多い場所。「まだ知られていない千葉の魅力を発信していきたい」(同)と意気込んでいる。

「PERIE Online」

https://online.perie.co.jp/