「BASE」、「TikTok」に広告掲載できる拡張機能提供 動画広告は自動生成、集客拡大に貢献

BASEは5月17日、ネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」において、ネットショップで販売している商品データを活用して、ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」に広告掲載できる拡張機能「TikTok商品連携・広告 App」の提供を開始した。「TikTok」への広告出稿にかかる作業を軽減し、「BASE」を利用する事業者の「TikTok」上での集客を支援する。

「BASE」は、初期費用・月額費用などの固定プランがなく、商品が売れるまでは無料で利用できるネットショップ作成サービス。導入が簡単な決済機能、おしゃれなデザインテーマ、トランザクション解析ツールなどネットショップ運営に必要な様々な機能を備えている。

このほど、「BASE」を利用するネットショップに向けた拡張機能「TikTok商品連携・広告 App」の提供を開始した。同機能を活用し、「BASE」で作成したネットショップや販売している商品を「TikTokクリエイティブツール」と連携することで、自社の商品画像を基にした動画広告を自動で作成し、「TikTok」上に掲載できる。

通常「TikTok」へ広告を掲載するには、で「TikTok広告アカウント」の自身設定、および商品情報の登録を行う必要があるが、「TikTok商品連携・広告 App」を使うことで「BASE」内に登録されているショップや商品データが自動で連携されるため、自身で設定・登録するよりも少ない手順でセットアップすることが可能だ。

入稿フローに沿って広告に掲載したい商品を選択すると、複数の広告クリエイティブ(動画広告)が自動生成され、その中から選択した広告を「TikTok」内の広告枠に表示可能となっており、自身のブランドの認知拡大や新規顧客の獲得を見込むことができる。広告出稿時に手動で設定が必要なトラッキングツール「TikTokピクセル」もワンクリックで設定ができ、広告の効果測定も容易に行うことできる。

昨今、個人やスモールチームがブランドの認知や顧客の獲得にSNSを活用する事例が増加している。特に近年では、「TikTok」を活用するケースが増えており、その勢いはますます加速している。「TikTok」のユーザー数は増加傾向が続いており、ユーザー層も若年層だけでなく、幅広い層へと拡大している。

昨年「BASE」がショップオーナーを対象に行った「オーナーズ調査2021」では、約9割がショップのPRや販促活動のためにSNSやプラットフォームなどを活用していることが判明した。さらに現在は積極活用していないが、今後PRや販促で力を入れたいプラットフォームとして、「YouTube」に次いで「TikTok」への関心が高いことも明らかになった。こうした調査結果も鑑み、今後「TikTok」を活用した集客や販促のニーズ拡大が見込まれることから、「TikTok商品連携・広告 App」の提供に至ったとしている。

「BASE」は引き続き、「TikTok」とのシームレスなプラットフォーム連携を推進することで、「BASE」を利用する個人やスモールチームによる「TikTok」を活用した集客や販促に貢献するとしている。「BASE」を利用するネットショップの販路拡大を強化するとともに、国内外のあらゆる顧客が、便利で魅力的なネットショッピングを楽しめる環境の提供に努めていく考えを示した。