「予約が取れないエステ」が展開するコスメブランド「DearLily」をネット販売 「楽天市場」にも出店

イノセントリリーは、エステティックコスメブランド「DearLily」を2017年に立ち上げ、楽天市場で販売を行っている。同社の田村貴博社長は、「予約が取れない店」と評判のエステサロンのオーナー・エステティシャンとして活躍しているそうだ。「エステサロンクラスのケアができる商品を、より多くの人に届けるため、一般流通させたいという思いで、ECでの販売を行っている」(田村貴博社長)と話す。

同社のエステサロンは、毎月1回、ホットペッパービューティーで予約の受け付けを行うと、毎回開始30秒ほどで予約枠が埋まるそうだ。成分・技術など、専門機関の知識を活用。エステサロンの技術による施術を行っているという。

「美と健康を生きる力に変える」という思いを大切にしながら、サロンでの施術や、こだわり抜いた商品の開発を行っているとしている。

田村社長は、自分自身が過去に体型などのコンプレックスを抱えていたという。その際に、「美容の力で人生を変えることができた」経験があるとしている。「『美容にコンプレックスを持つ、変わりたい人』の味方でありたいと考えている」(同)と語った。

田村社長は2011年、ヴィジュアル系バンド「ν(NEU)」のベーシスト”ヒィロ”としてメジャーデビューし、ミュージシャンとして活動していたという。数々の音楽活動を経て、2014年にバンドを解散。解散後は、音楽活動を続けながら、美容の仕事などに携わってきたそうだ。

長年蓄積してきた美容に関する知識を基に、2017年に「DearLily」をリリースした。同ブランドのテーマは、「上がるが続くプロポーションサポート」。「理想の体型へ導くためには、エステティシャンとして、質の良いコスメを提案するだけではなく、実感していただくためのお手入れ方法も併せて提供することが必要だと考えている」としている。

「日々のスキンケアの延長で、『無理をしないリフトケア』を行うことを推奨している」(同)と言う。動画やSNSなどを通して、商品を活用した日常的なケアの方法などを積極的に発信しているそうだ。

EC事業では、2019年に楽天市場に出店した。現在同サイトでは、18SKUの商品を展開している。

「DearLilyブルームクレイクレンジング」は、人気の商品の一つ

どの商品もバランスよく購入されているという。リピーターも非常に多いそうだ。商品の良さを体感した人からの口コミが相次いでおり、累計口コミ数は約2万件。ECへの流入や購入については、口コミや、美容に関する発信を行っているSNS、楽天市場の検索を経由したものが多いという。

その中でも特に人気の商品は、「DearLilyブルームクレイクレンジング」だとしている。楽天市場の総合ランキングや、美容部門3枠でそれぞれ1位を獲得した実績があるそうだ。同商品は、98・8%が美容成分だという。「サロンクオリティーのケアができる」(同)としている。1品で、「クレンジング」「洗顔」「毛穴パック」に使用できるという。

「DearLily」

https://www.rakuten.ne.jp/gold/dear-lily/