「Yahoo!ショッピング」、母の日トレンドを発表 引き続き防災グッズの人気上昇、アウトドアアイテムも注目

ヤフーは4月26日、来たる母の日に向け、「Yahoo!ショッピング」における母の日のトレンド情報を発表した。2021年に続き防災グッズの人気が上昇しており、2022年の注目として、アウトドアでも利用できる防災グッズを挙げた。

【<画像3点>今年の母の日に人気の防災グッズはこちら】

ヤフーは、「Yahoo!ショッピング」における母の日のトレンド情報を発表し、母の日に防災グッズをギフトとして贈ることが定番化しつつあるとの見解を示した。

ヤフーは、東日本大震災から10年が経った2021年、エシカル消費をテーマに人・環境・社会に配慮した商品のみを取り扱うメディアコマース「エールマーケット」で、大切な人に防災食や防災用品をおくることを提案する企画「#おくる防災」を開始。その後の2021年の母の日における防災グッズの取扱高は、2020年と比べ、約6.2倍になった。さらに母の日だけでなく、父の日や敬老の日などのイベントでも贈り物として人気を博し、「Yahoo!ショッピング」における2021年のギフト用防災グッズ(以下:防災ギフト)の取扱高は、2020年の約7.8倍になった。このことから「#おくる防災」開始をきっかけに、多くの人が防災グッズをギフトとして贈るようになったと推察している。

2022年の母の日は、防災グッズの取扱高が2021年からさらに約2.7倍、2020年と比較すると約16.7倍となっており、母の日に防災グッズをギフトとして贈ることが定番化しつつあるとしている。

2021年は母の日の防災ギフトとして、「非常用持ち出しセット」と「非常食セット」が人気だった。購入者からは、「自分自身で購入するにはハードルが高いようで、ギフトとして贈ったらとても喜ばれた」などの声があがっており、贈る側も受け取る側も満足度の高いギフトであることがうかがえるとしている。非常食セットは、調理が簡単なのはもちろん、味も美味しいと好評の商品も増加。のしやギフト包装に対応しており、おくりものとして商品の幅が広がっている。

2022年の母の日ギフトの傾向としては、「非常用持ち出しセット」と「非常食セット」が引き続き人気商品であるとしたうえで、アウトドアでも使える防災ギフトの人気を挙げた。太陽光で充電ができる「ソーラーモバイルバッテリー」(5280円/税込)、災害時だけでなくキャンプでも使える「封筒型シュラフ」(2580円/税込)、スマートフォンの充電もできる「手回し充電ラジオライト」(4980円/税込)などがある。

密を避けながら楽しめるアウトドアは人気があり、2020年の流行語大賞では「ソロキャンプ」が入賞した。キャンプ場検索・予約サイト「なっぷ」によると、コロナ前の2019年に比べ、2020年・2021年は予約件数が多いという結果も出ている。こうした背景から、アウトドアでも使える防災グッズの人気が高まり、ギフトとして購入される機会が増えたことが推察できるとしている。

「Yahoo!ショッピング」では、「感謝を伝えて、笑顔にしたい 母の日特集2022」を5月14日まで公開。今回紹介した防災グッズのほか、幅広い商品を取りそろえ、「お買い物コンシェルジュ」として個々の好みに合うプレゼント選びをサポートしている。