【ヒカル出資で爆売れ】「究極のブロッコリーと鶏胸肉」が通販で売れ切れ 生産体制強化とサブスクで販売再開へ

DORAYAKI(ドラヤキ)が通販とデリバリーで販売するブロッコリーと鶏胸肉のセット商品「究極のブロッコリーと鶏胸肉」が爆発的に売れている。人気YouTuberのヒカルさんがDORAYAKIに1億5000万円を出資すると動画で発表したことで、商品やサービスの認知度が急上昇し、売り上げが急増した。

通販サイトは在庫がなくなり、入荷後に商品を発送する予約販売に切り替えた。デリバリーでも店舗によっては売り切れ状態になっている。ヒカルさんが4月10日に公開した動画では、在庫不足になっている現状を説明するとともに、今後の生産体制強化策やサブスク販売による安定供給する施策などを発表している。

「究極のブロッコリーと鶏胸肉」は、フランチャイズ契約している全国120の拠点から「UberEats」や「出前館」などの宅配サービスで注文することができる。冷凍食品としてECサイトで購入することも可能だ。

▲「究極のブロッコリーと鶏胸肉」

ブロッコリーと鶏胸肉は低糖質食品として人気が高まっている。同社では素材を厳選し、調理方法にもこだわり、オリジナルソースとともに提供。手軽に低糖質食品を食べられるだけではなく、味が良いと高い評価を得ていた。

<ヒカルさんの「おいしい」から資本提携を打診>

ヒカルさんが動画の中で「究極のブロッコリーと鶏胸肉」を食し、「おいしい」と反応したことをきっかけに、DORAYAKIからヒカルさんにコンタクトを取った。ヒカルさんを起用したプロモーションを行う資金はないが、ビジネスパートナーとして事業成長に協力してもらえるように資本提携を提案。ヒカルさんはその提案に乗り、出資が決定している。

▲YouTuberのヒカルさん(左)とDORAYAKIの塚本洸介代表(右)

提案の様子をヒカルさんのチャンネルで3月22日に配信すると、これまでに94万回以上(4月11日時点)再生されている。注目度の高まりから、ECサイトに注文が殺到。現在は予約販売に切り替え、商品入荷後に予約者に順次発送している状態だ。入荷まで2~4週間はかかるという。

▲デリバリーの売り上げも5倍増に

こうした状況を受けヒカルさんは4月10日にDORAYAKIの塚本洸介代表を訪ね、現状を聞く動画を公開した。塚本代表は「(資本提携の)動画公開後、6時間でうちの(通販サイトの)半年分の売り上げを超えて、売り切れてしまった。デリバリーの方も動画配信後、5倍以上売れている」と報告。社員総出で在庫の確保と生産体制の強化を行っている。

<ヒカルさんの提案受け、サブスク始動>

ヒカルさんが「ブロッコリーと鶏胸肉を普段継続して食べたい人からすると『売り切れ』になってしまうことはすごいストレスになる。視聴者からサブスクで定期的に購入できないのかという声が上がっている。それはできないのか?」と塚本代表に提案すると、塚本代表も「当社でもやりたいと思っていて、全力でシステム開発を行っている」と説明した。

ヒカルさんは「サブスクで買った方がちょっと安くなるとお得感が出る。トレーニングする方などはお得に安定的に摂ることができると絶対に良い。サブスクだと10%OFFくらいになるといい。初めて購入する人は不安だと思うので初回は40%OFFくらいできるといい」とさらに提案。塚本代表もしぶしぶ提案を承諾し、初回40%OFFでサブスクの申し込み受け付けを開始することにした。サブスクの販売ページはまだ開設していないが、「サブスク先行案内の予約申し込み」ページを作成している。

▲サブスクの先行案内の申込開始

「究極のブロッコリーと鶏胸肉」は第2弾の動画配信により、さらに注目を集めるだろう。サブスクの開始により、定期購入会員を大幅に確保できると、生産体制強化や在庫確保への投資もしやすくなる。宅配事業での加盟店舗の募集も強化しており、第1弾の動画配信後、数百件の問い合わせが来ているという。影響力や発信力のあるヒカルさんをビジネスパートナーに迎えたことで、ビジネスが一気に飛躍しそうだ。

海外でも有名な俳優が投資家として将来有望な企業に出資することで、その企業のビジネスに脚光が集まり、飛躍的に成長を遂げる事例が出ている。国内でも今後、有名なタレントやインフルエンサーをPRに起用するのではなく、出資者として事業に参加してもらい、ビジネスパートナーとしてプロモーションしてもらうスタートアップが増えそうだ。

「究極のブロッコリーと鶏胸肉」

https://qbt-jp.com/