楽天、NFTマーケットプレイス「Rakuten NFT」を提供開始 「ULTRAMAN」など注目コンテンツ続々登場

楽天グループは2月25日、NFTマーケットプレイスおよび販売プラットフォーム「Rakuten NFT」の提供を開始した。当初の販売コンテンツは、アニメ「ULTRAMAN」(ウルトラマン)のCGアセットを使用したNFT、漫画家・黒鉄 ヒロシ氏による描き下ろしイラストを含む「黒鉄ヒロシGI激闘史『2010年シリーズ』」のNFTで、今後新たなコンテンツが順次販売予定となっている。

【<画像12点>オンラインローンチイベント「#Rakuten_NFTはじまる」の様子はこちら】

2月25日には「Rakuten NFT」のサービス開始を記念してオンラインローンチイベント「#Rakuten_NFTはじまる」を開催した。イベントには、歌手の鈴木愛理さん、『ULTRAMAN』(ウルトラマン)で早田進次郎役を務める声優の木村良平さんがゲストとして登壇した。シークレットゲストとして俳優・歌手の加山雄三さんも駆けつけた。さらに、東北楽天ゴールデンイーグルスの石井一久監督、田中将大投手、ヴィッセル神戸の大迫勇也選手による応援ビデオメッセージの公開や、「Rakuten NFT」で販売を予定しているNFTコンテンツの紹介を行い、サービスの開始を盛り上げた。イベント終了後のメディア向けセッションに、ユーザー代表として女優の新川優愛さんも登場した。

▲発表会のフォトセッション。写真左から鈴木愛理さん、加山雄三さん、新川優愛さん、ULTRAMAN

「Rakuten NFT」は、スポーツや音楽・アニメをはじめとするエンターテインメントなど、様々な分野におけるNFTをユーザーが購入したり、個人間で売買したりできるマーケットプレイスと、IPホルダーがワンストップでNFTの発行、および販売サイトの構築が可能な独自のプラットフォームを併せ持つサービス。決済には楽天IDを使用でき、「楽天ポイント」を貯めたり、使ったりすることが可能。購入したNFTは、「Rakuten NFT」のマイページにコレクションすることができ、さらにマーケットプレイスに出品し、販売することもできる。2023年以降には、個人によるNFTコンテンツの発行および販売ができるサービスの提供や、国内外のIPホルダーが保有するNFTの発行およびグローバルを含むマーケットへの展開、決済方法の多様化を推進していく予定となっている。

サービス開始日には、第1弾商品となるアニメ「ULTRAMAN(ウルトラマン)」のCGアセットを使用したNFTおよび、漫画家・黒鉄 ヒロシ氏による描き下ろしイラストを含む、競馬をテーマにした「黒鉄ヒロシGI激闘史『2010年シリーズ』」のNFTの販売を開始した。

▲「ULTRAMAN」のCGアセットを使用したNFTを販売

今後は、テレビ朝日より番組の名シーンなどの貴重映像を集めたNFT、ダイキサウンドよりアイドル「アンダービースティー」の「NFTトレカ」、アートパワーズジャパンより現代アーティストが手掛けるNFTアート作品、バンダイナムコピクチャーズより人気アニメ「TIGER & BUNNY 2」のキャラクターを使用したNFT、ビームスよりカルチャー領域におけるNFT、アップフロントグループに関連するNFTに加えて、「コートギアス 反逆のルルーシュ」の監督も務めた谷口悟朗氏が手がけ、楽天グループも一部出資を行うオリジナルアニメ企画「エスタブライフ」のビジュアルを使用したNFTが展開される予定となっている。

Jリーグ公認NFTコレクション「J.LEAGUE NFT COLLECTION PLAYERS ANTHEM」の制作・販売や、「Rakuten NFT」がセレクトするオリジナルNFTアート作品を集めた「Rakuten NFT Art Gallery」の展開も計画。「Rakuten NFT Art Gallery」では、第1弾として歌い手・Ado氏のイメージディレクターを務めるORIHARA氏による作品をはじめ、さまざまなデジタルアート作品を取り揃え、今年5月以降に販売を開始する。

楽天グループは今後も「Rakuten NFT」を通じて、魅力的で新しいエンターテインメント体験の提供とサービスの利便性向上を図り、幅広いユーザーに向けて満足度の高いサービス提供を実現していくとしている。