TikTok、対価を支払った投稿依頼の件で謝罪 Twitterインフルエンサーに「#PR」なしで打診

TikTok Japanは1月25日、動画共有アプリ「TikTok」において、同サービス内のコンテンツの周知を図るため、Twitterのインフルエンサーに対価を支払い投稿を依頼していた件について、公式サイトにて謝罪した。

動画共有アプリ「TikTok」の運営会社は、Twitterのインフルエンサーへ対価を支払い投稿を依頼していた件について、多くの人の不審を招いたとし謝罪した。問題なった施策は、2019年7月から2021年12月末まで、延べ20名のTwitterインフルエンサーに対価を支払って投稿依頼していたもの。「#PR」などの広告表記が必要とされる商品やサービスの宣伝をするものではなく、TikTok内のコンテンツをより多くの人に周知するための活動であったことから、「広告」表記は不要との認識にて実施したとしている。しかしながら、法令に抵触しないとはいえ、結果として誤認を招く可能性があり、人々に不信感を与えたとし、謝罪の意を表明した。

また、同社担当者と当該Twitterインフルエンサーとのやり取りの中で、身分開示等において誤解を招きかねない対応があったことが判明したとしている。

こうした事態を招いたことを真摯に反省の上、管理体制の徹底に向けた組織体制の見直し、社内ルールの整備に加え、専門家や外部機関等第三者の知見を取り入れ、再発防止に取り組むとともに、積極的な情報開示等透明性を高める努力を継続的に行うことによりプラットフォームとして信頼回復に努めていく考えを示した。