レディースファッション通販「Re:EDIT」、サステナブルなアイテムが人気 自社ECサイトでは「顧客とのつながり」重視

レディース向けのサステイナブル・エシカルファッションブランド「Re:EDIT(リエディ)」などを手掛けるネオグラフィックは、自社ECサイト「レディースファッション通販Re:EDIT」を運営している。ファンからの支持が厚く、右肩上がりで成長しているという。

自社サイト展開において重視しているのは、「顧客とのつながり」なのだそうだ。「自社サイトの購入者には、ブランドのコアなファンが多く、リピート率はモールに比べて約2倍となっている」(工藤正樹社長)と言う。一人一人に「合う商品」を見つけてもらうため、ブランドメッセージごと商品情報を伝えたりしている。ブランドのファンとのつながりを強化するのが狙いだ。

自社サイトで人気の商品は、リサイクルエコデニムシリーズだ。服を作る際に発生する、不均一な糸などを収集して、新しい糸に作り変える。こうした糸で作ったサステイナブルな繊維を採用しているのだという。

リサイクルコットンを採用の「エコデニム」は、体型を選ばないパーソナライズサイズにも対応

サステイナブルなニットも好評だ。ペットボトルなどのプラスチックをリサイクルして作った再生ポリエステルニットで編み上げた製品群だとしている。

同社の商品は、多様な人のニーズに応えられるようにしている。一つの商品について、カラーやサイズ、身長などについて、豊富なバリエーションを用意しているという。

同サイトでは、コーディネートの発信にも注力している。購入の前段階で、「着ている自分」がイメージできるようにしているのだという。

自社サイトでは、スタッフのスタイリングを公開したりもしている。身長や骨格タイプ、靴・トップスやボトムのサイズなども公開。トップスのサイズ違いなど、着用モデルの細やかな情報を掲載することにより、顧客が「自分に合う商品」を探しやすくなるようにしているようだ。コーディネートのページは特にアクセスが多いという。

インスタグラムの運用にも注力しており、2022年1月時点のフォロワー数は28万人以上。自社サイトにも投稿の一部が表示されるようになっている。

インスタグラムでは、同社の専務取締役兼ブランドプロデューサーの工藤由紀子氏が、自らライブ配信を行っている。プロデューサー自身がブランドの情報発信を行うことにより、特定の製品やスタッフのファンだけでなく、「ブランド自体」のファンを作ろうとしている。

同社のサステイナブルな取り組みも伝えている。

体型やシーズン・生活シーンごとに、活用できる着こなしなど、極力視聴者にとってタイムリーで有意義な情報を発信できるようにしているのだという。

「今後もより多くの人に、『サステイナブル=持続可能』『エシカル=人を思いやる気持ち』に満ちた、商品やサービスを届けていきたい」(工藤社長)としている。

「レディースファッション通販Re:EDIT」

https://reedit.jp/